ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「インフルエンザ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

リテール&ロジスティクス:
熱中症やインフルエンザの発生リスクを見える化する物流施設を構築、大和ハウス工業ら
大和ハウス工業は、同社が開発したマルチテナント型物流施設「DPL新富士II」に、NTTコミュニケーションズ製の「倉庫環境監視IoTソリューション」を導入した。倉庫環境監視IoTソリューションの採用は、千葉県市川市に位置するマルチテナント型物流施設「DPL市川」で2020年12月に実施した「AIによるマスク着用および混雑度判定システムの実証実験」に続く取り組みとなる。(2021/10/18)

YouTube、ワクチン全般の誤情報禁止 著名チャンネルも停止
YouTubeは、医療誤報ポリシーを拡大し、ワクチンが危険あるいは機能しないと主張する動画を禁止する。インフルエンザや風疹のワクチンも対象だ。新型コロナワクチンについての誤情報は昨年10月から禁止している。(2021/9/30)

物流のスマート化:
IoTで倉庫環境の熱中症対策や感染症対策を実現、大和ハウスとNTTコムが協業で
大和ハウス工業とNTTコミュニケーションズは2021年8月20日、大和ハウス工業が開発したマルチテナント型物流施設「DPL新富士II」において、熱中症やインフルエンザの発生リスクを見える化し、これらを予防する「倉庫環境監視IoTソリューション」の運用を同年8月23日から開始すると発表した。(2021/8/23)

司書みさきの同人誌レビューノート:
鳥インフルが発生したとき獣医師はどう対応するのか 同人誌『鶏殺処分日記』が伝える、現場のリアル
過酷な現場をかわいらしい絵で表現。(2021/6/27)

SNS活用などデジタルマーケ特化の転職エージェントサービス サイバーバズが提供
企業のSNSアカウントの運用やインフルエンザ―マーケティングを手掛けるサイバーバズの子会社が、デジタルマーケティングのスキルを持った人材に特化した転職エージェントサービスを始めた。業界初だという。(2021/6/21)

ゆず、最新MVが21世紀にはまだ早すぎる仕上がり 「ゆず史上イチ、カオス」「インフルエンザの時に見る夢みたい」
見る前「なんだこれ」→見た後「なんだったんだこれ」。(2021/4/7)

武田真治、新型コロナ&インフルエンザから復活報告 ネットで見つけた“キレキレの揶揄”に「自分でも面白かった」
武田さん「エゴサーチしたら“筋肉に裏切られた武田真治”って……」(2021/1/27)

医療機器ニュース:
季節性インフルエンザの流行リスクを見える化するソリューションを発売
フジクラは、絶対湿度から季節性インフルエンザ流行リスクを見える化するソリューションを発売した。「熱中症予防IoTソリューション」とパッケージにして提供する。(2020/12/2)

医療機器ニュース:
新型コロナ、インフルエンザA型、B型を同時検査できる高速PCR検査装置
澁谷工業とスディックスバイオテックは、新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスA型およびB型を、1つの唾液検体から同時に検査診断できる高速PCR検査装置の共同開発を開始した。(2020/9/24)

製造ITニュース:
HACCP対応で、IoTを活用したデータ収集や可視化できるサービス開始
エヌ・ティ・ティ・スマートコネクトは、IoTプラットフォームを活用した、データ収集、蓄積、可視化サービス「HACCP対応サービス」「熱中症/インフルエンザ対策サービス」の提供を開始した。(2020/9/18)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
「緊急事態宣言」解除後の携帯電話ショップはどんな様子? 話を聞いてみた
新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が解除されました。携帯電話の販売店の様子はどうなっているのでしょうか。数人の現役スタッフに話しを聞いてみました。(2020/9/16)

独禁法違反の恐れも指摘:
「時短営業の交渉を拒絶」「無断で発注された」「インフルエンザでも休めない」 コンビニ加盟店と本部のトラブル、公取委の調査で浮き彫りに
公取委が、全国1万2093店舗のコンビニ加盟店へのアンケート結果を公開。「時短営業の交渉に応じてもらえていない」「本部指導員に無断で発注された経験がある」といった現状が浮き彫りに。(2020/9/2)

「ドコモショップ」の業務限定が5月20日から一部緩和 新型コロナ「緊急事態宣言」解除39県が対象
新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が39県で解除されたことに伴い、解除された県に所在するドコモショップにおいて、5月20日から一部業務の受け付けを再開する。当該ショップでは、6月1日からは通常営業に戻る見通しだ。(2020/5/15)

キャリアショップの「時短営業」「受け付け業務縮小」が5月31日まで延長
新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の有効期間が5月31日まで延長されたことに伴い、大手キャリアの「キャリアショップ」における時短営業や受け付け業務の縮小が同日まで延長されることになった。(2020/5/5)

緊急速報メール(エリアメール)の災害・避難情報に「外出自粛要請」が追加
携帯電話に緊急地震速報、津波警報や災害・避難情報を配信する「エリアメール」「緊急速報メール」の配信内容に「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく感染を防止するための外出自粛要請」が追加された。都道府県知事が、対象地域にいる携帯電話宛に一斉にメッセージを送付できるようにある。(2020/4/30)

帰省時に実家でインフルエンザをうつしてしまった…… 体験談を描いた漫画が考えさせられる
今年はやっぱりステイホーム。(2020/4/27)

工場ニュース:
新型コロナ対策に効果が期待の「アビガン」、原料の供給強化も進む
新型コロナウイルス感染症が広がる中、治療薬として期待されている富士フイルムグループの抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」(一般名ファビピラビル、以下アビガン)の原薬供給の強化も進んでいる。2020年4月2日には、デンカが原料となるマロン酸ジエチルの生産を再開することを発表した他、同年4月16日にはカネカが原薬供給を行うことを発表している。(2020/4/23)

専門家のイロメガネ:
期待のアビガンが簡単に処方できない理由
新型コロナウイルスの感染者数が急増している現在、「アビガン」という薬が特効薬として期待されている。しかし、アビガンは他のインフルエンザ薬が無効、または効果が不十分な新型もしくは再興型のインフルエンザが発生した場合で、なおかつ国が承認した場合のみ使える薬だ。アビガンの「催奇形性(さいきけいせい)」というリスクががその理由の一つだ。(2020/4/21)

工場ニュース:
新型コロナ対策で富士フイルムが「アビガン」増産、政府の200万人分備蓄要請受け
富士フイルムは2020年4月15日、子会社である富士フイルム富山化学において新型コロナウイルス感染症に効果が期待される抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」を増産すると発表した。(2020/4/16)

抗インフルエンザ薬「アビガン」〜開発への2つのポイント
もともとは新型インフルエンザの治療薬として開発されていた。(2020/4/6)

まずは各省庁の関連情報を確認
新型コロナウイルスのパンデミック対策で「BCP」を改善する3つのステップ
新型コロナウイルス感染症や季節性インフルエンザなどのパンデミックに対処する上で、「BCP」が果たす役割は大きい。企業のBCPを十分な状態に整えるにはどうすべきか。(2020/4/6)

WHO、新型コロナを「パンデミック」と表明
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が11日に会見を開き、「新型コロナウイルス(COVID-19)はパンデミック(pandemic)として特徴付けられると評価した」と語った。WHOがパンデミックと認めたのは2009年の新型インフルエンザ以来だ。(2020/3/12)

赤ブーブー通信社、体調不良者はイベント参加を見合わせるよう呼びかけ 
インフルエンザが多い時期であることに加え、中国国内で新型コロナウイルスが流行していることを受けて。(2020/2/5)

今日のリサーチ:
インフルエンザ大流行でジェルタイプなどの手指消毒剤が売り上げ前年比178%――インテージヘルスケア調査
2019年12月度市販薬(OTC)市場薬効別ランキングの結果です。(2020/2/3)

「インフルエンザにかかった社員が出社してきた」43%が経験あり 診療所による「仕事とインフルエンザの認識」調査
インフルを押して出社する人の大部分が、上司や先輩など責任ある立場だったそうです。(2020/1/26)

「インフルでも出社した人がいた」は4割:
「インフルかも」でも出社検討が3割 休まない人はどんな人?
インフルエンザのシーズンが到来。この時期はちょっとした体調不良でも、「インフルエンザかも」と思って休養をしっかりとる必要がある。一方で、「インフルエンザかも」と思って出社する人も少なからず存在するようだ。(2020/1/21)

「迷惑」と伝える勇気:
それでも“インフルエンザ出社”がなくならないワケ くだらない「武勇伝」づくりはもうやめよう
インフルエンザが流行する季節になった。その感染力の強さから、り患した場合には自宅で静養することが望まれる。学校などでは出席停止の措置が義務付けられており、熱が下がったからといってすぐに登校できるようにはならない。一方、職場では「季節性インフルエンザ」に関する明確な規定がない。そのため、インフルエンザになっても無理を押して出社する人も少なからず存在する。また、熱が下がれば「すぐに出社しないと」といった空気も存在する。なぜ、はた迷惑な「インフル出社」が起こってしまうのか。(2020/1/17)

医療技術ニュース:
サンタクロースが感染症の場合、流行規模がどれだけ拡大するのかを解析
京都大学は、差分方程式を用いた数理モデルにより、サンタクロースがクリスマスイブに感染症にかかっていた場合の被害を解析した。例えばインフルエンザでは、流行規模が12%増大することが分かった。(2020/1/15)

「インフルエンザが例年より早めに拡大」 ヤフーがビッグデータで予測
ヤフーがビッグデータを分析してインフルエンザが流行する傾向を予測。2019年は例年より早めに拡大する傾向にあるとし、注意を呼び掛けている。(2019/12/25)

インフルエンザの流行、AIで予測 予防・外出見直しの参考に さいたま市で実験
AIを活用し、さいたま市内のインフルエンザの流行状況を予測する実証実験を、日立製作所と損害保険ジャパン日本興亜が実施する。予測結果はWebサイトなどで配信。期間は12月6日〜2020年3月20日まで。(2019/12/5)

無視できない額:
インフルエンザによるマイナスの経済効果は? 関西大学名誉教授が試算
インフルエンザによるマイナスの経済効果を関西大学名誉教授が推定。無視できない額になった。(2019/11/27)

昨冬インフルエンザにかかった会社員の22.1%が「治る前に出勤した」と回答 インターネット調査で
いろいろと心配になる調査結果。(2019/11/1)

医療技術ニュース:
多剤耐性化を引き起こす薬剤排出ポンプの進化を解明
大阪大学は、細菌の多剤耐性化に関与するRND型薬剤排出ポンプを解析し、インフルエンザ菌のRND型薬剤排出ポンプによって、多剤耐性化が引き起こされる潜在的リスクを解明した。(2019/10/7)

今年は早めの対策を 都内で例年より早めにインフルエンザが流行開始
例年12月〜3月にかけて流行するインフルエンザ。今年は早めの対策を。(2019/9/27)

福田昭のデバイス通信(196) 2019年度版実装技術ロードマップ(7):
インフルエンザウイルスを高い感度で検出するバイオセンサー
今回は、「メディカル・ライフサイエンス(医療・生命科学)」から後半部分の概要を報告する。特に、2017年度版ロードマップの読者アンケートで関心が高かった「バイオセンサー」に焦点を当てる。(2019/8/20)

医療機器ニュース:
スマートフォン小型蛍光顕微鏡による高感度デジタル計測に成功
東京大学は、スマートフォンのカメラを検出器として活用し、高感度で定量性の高い1分子デジタル計測法に対応した小型蛍光顕微鏡を開発した。持ち運びが可能で、高感度デジタルインフルエンザ計測にも成功した。(2019/8/9)

医療技術ニュース:
インフルエンザウイルス感染時の解熱の必要性を細胞レベルで証明
東北大学は、インフルエンザウイルス感染時の発熱に相当する、39〜40℃の高温下における呼吸器細胞の生存率を研究。感染時の治療において、解熱の必要性があると細胞レベルで証明した。(2019/6/11)

メーカー各社に聞いた:
インフル猛威の裏で「季節外れ」のある商品が売れている、なぜ?
猛威を振るうインフルエンザ。対策が急がれる中、本来は夏向けのある商品が売れている。(2019/2/8)

医療技術ニュース:
インフルエンザウイルスを1個レベルで認識するナノバイオデバイスを開発
大阪大学は、ナノポアセンサーとペプチド工学を融合させ、インフルエンザウイルスを1個レベルで認識可能なナノバイオデバイスの開発に成功した。(2019/2/4)

うがい・手洗い・マスクだニャ インフルエンザ予防を呼びかけるキュートな黒猫ドクターさん
無理は禁物ニャ。(2019/1/31)

インフルエンザを乗り切るためのスマホ活用術
一人暮らしなのにインフルエンザ……そんなときに。(2019/1/29)

インフルエンザは「うつされない」だけでなく「うつさない」も大事 予防を呼びかける漫画に注目集まる
大事な誰かにうつさないために、「何をして、何をしないか」が大切。(2019/1/27)

会社、家庭で集団感染しないために インフルエンザにかかった後の“正しい対応”
例年、“ブラック企業のダメ対応”が話題になりますが、厚労省が勧める対応は?(2019/1/28)

インフルエンザ急拡大 ビッグデータによると「大流行した昨年のピーク並み、最警戒を」
インフルエンザに関連するワードの「Yahoo! JAPAN」での検索数を分析した結果、20日までの数値が過去の値と比べて非常に高くなっているという。「今が最も警戒しなければならない状況」とし、うがいや手洗いなどによる予防を呼び掛けている。(2019/1/21)

【マンガ】インフルエンザにも「熱が出るタイプ」「お腹にくるタイプ」がある
「型」が違うと、症状の傾向も変わるのだとか。(2019/1/3)

東京でインフルエンザが流行開始 学級閉鎖は小学校ですでに73件 患者最多は荒川区で週6人超え
これから本格的な流行が予想されるので、予防を心掛けましょう!(2018/12/14)

インフルエンザ、あす「流行入り宣言」か ヤフーがビッグデータ解析で予想
インフルエンザの患者数が増えており、14日にも「流行入り宣言」が出そうだ――ヤフーが、インフルエンザに関連するワードの「Yahoo! JAPAN」での検索数と、厚生労働省が公開している情報を解析した結果を発表した。(2018/12/13)

医療機器ニュース:
インフルエンザの陽性陰性を約5秒で判定する診断用医療機器
デンカ生研は、インフルエンザウイルス検査キット「クイックナビ−Flu2」専用の光学密度測定分析装置「クイックナビリーダー」を発売した。検査キットのテストラインなどを読み取り、約5秒で結果を表示する。(2018/10/26)

医療機器ニュース:
3分で陽性判定が可能なインフルエンザ迅速検査システム
キヤノンメディカルシステムズは、インフルエンザ迅速検査システム「Rapiim」に最短3分で陽性判定できる機能を追加した。8分で最終判定する従来機能に加え、ウイルス量が多い場合は最短3分で陽性判定ができる。(2018/10/11)

インフルエンザを診断するAI、ディープラーニングで実現へ 医療機器ベンチャー「アイリス」の挑戦
タイミングの制限があり、精度もそこまで高くはないインフルエンザの初期診断。これをディープラーニングで支援できないか、と挑むベンチャー企業がある。(2018/9/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。