ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「子育て」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「子育て」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

大企業にもイクメンの波:
製薬世界トップ3の日本社長が育休を!? 「ノバルティスファーマ社長」の子育て術
仕事をしながらの子育てで大事なことは――ノバルティスファーマ社長の綱場一成氏の子育て術とは?(2019/6/18)

「受け止めるのに時間がかかりました」 井上和香、1カ月ぶりのブログで父親の死去を報告 “育児”が心の支えに
井上さん「涙がでてきてしまいます」。(2019/6/16)

小田桐あさぎさんに聞く:
仕事も育児も「嫌なことはやらない」 女性起業家が語る、女性“無理ゲー”時代の攻略法
仕事、結婚、育児――女性にとっての“無理ゲー”時代を生き抜く方法は? 「嫌なこと全部やめたらすごかった」の著者、小田桐あさぎさんに聞いた。(2019/6/18)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
パタハラ回避で50代が転勤? カネカ騒動が示した“辞令と家族”のリアル
カネカの「パタハラ」騒動は、SNSに書き込んだ側も炎上するなど、さまざまな見方が出ている。一方、本来は個人の成長にもつながる「転勤」がネガティブに捉えられた。育児だけでなく「介護」とも密接に関わる転勤。そのメリットを生かす経営が求められる。(2019/6/14)

「子ども最低3人産んで」桜田前五輪相の発言に批判 ネットの声は「まず子育てできる環境と経済状況を」「今の日本は産んでも育てにくい」
産める社会になってほしい。(2019/5/30)

「ストロベリーナイト・サーガ」黒沢あすか演じる育児放棄クズ母に震えた6話 「知らないでしょ、私のそういう怖いトコ」亀梨和也はこれから何を知っていくのか
ネグレクト母と捨てられた息子の苦しみ、演技合戦も白熱。(2019/5/23)

発達障害の子ども、療育の効果は? 育児漫画「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」インタビュー(3)
「子どものころに療育を受けることに意味があると私は思います」。(2019/6/15)

後から分かった「周りが発達障害の子に合わせて」の意味 育児漫画「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」インタビュー(2)
アドバイスされた「かんしゃくがひどい子どもへの接し方」。その真意は?(2019/6/8)

母はADHD、子は発達障害グレーゾーン 育児漫画「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした」インタビュー(1)
2019年2月に「入学準備編」が刊行された育児エッセイ漫画。著者に話を伺いました。(2019/6/4)

蒼井そら、助産師からのアドバイスに「凄く安心につながった」 息子の“へその緒”から出血で不安に
育児って本当に大変だ。(2019/5/13)

「辛かったことの方が沢山」 インリン、双子からもらった“母の日”のプレゼントに母親になって約9年の思いを明かす
「今もけして子育てが得意とは言えなく、ギリギリな毎日」とインリンさん。(2019/5/11)

「何回目? ママは飽きたな その絵本」 出産・育児あるある集めた“産後カルタ”書籍化
400作以上を収録。(2019/5/3)

「愛する我が子になぜイライラするのか理解できない」 そんな主張に「そっとしておいて」とつづった漫画に共感集まる
育児に一律の答えはない。(2019/4/24)

育児中の体調不良は「THE・地獄!!」! しんどくても寝てられないつらさを訴える漫画に共感
体調が悪くても子どものお世話が……。(2019/4/17)

「おれはTwitterで育児をわかった気になっていた……」出産した友人に言われて初めて気付いたこと
大事なのは「人それぞれ」という、すごく当たり前のこと。(2019/4/11)

子どもの衝撃行動を集めたハッシュタグ「育児衝撃画像」が大盛況 「ドライヤーにたくあん詰め込み」「ガラス越しに変顔ぶちゅーっ」
大変でもあり、いとおしくもあり。(2019/3/29)

大手の大半が参入に消極姿勢:
「液体ミルク」販売開始 育児負担軽減も価格は割高
乳児向けの液体ミルクの日本での販売が今月、開始された。粉ミルクと違って湯で溶かす手間が要らず、育児負担の軽減や災害時の備蓄用への期待が高まるが、認知不足や高コストに懸念があるほか、大手の大半が参入に消極姿勢であることなど、浸透にはなお課題が残っている。(植木裕香子)(2019/3/29)

PR:旦那「こういうのは尻が痛いよ」 子育てママの「腐女子あるある座談会」レポ漫画が赤裸々トークの嵐だった
「Renta!」と「ちるちる」がコラボ企画で腐女子座談会のルポ漫画を連載。ママさん腐女子によるBL本の隠し方も必見です。(2019/3/26)

洗濯物を干している間に子どもがカギを ベランダに締め出された実録漫画 「自分もやられた」「幼い頃やった」共感の声
育児あるある案件。(2019/3/1)

通勤ラッシュに“子育て応援車両”を―― 「満員電車にベビーカーで乗車」問題で市民団体が小池都知事に要望
子どもにとって安全とは言いがたい満員電車。どう変えていくべきなのか?(2019/2/26)

アナウンサーも:
“コケ女子”に“キノコ女子” 物言わぬ植物にはまる女性たち その理由とは
森林や日本庭園などの自然美を静かに彩る植物、コケやキノコ。ここ数年、そんな名脇役の魅力を再発見し、愛でる女性たちが“増殖”している。「コケ女子」「キノコ女子」と呼ばれており、ゆっくりと育つ様子や独特なフォルムに癒やされるという。仕事や家事、子育てなど何かと忙しい女性たちの心を掴み、ボタニカル(植物)ブームの主役に躍り出たコケやキノコの魅力に迫った。(2019/2/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「しつけで体罰」禁止? 褒める子育て? “美徳”に潜む現実
東京都が「しつけでの体罰」を禁止する条例案を提出した。さまざまな反応があるが、法制化しただけでは「体罰を容認する空気」はなくならない。啓発活動とともに、子育てをする親が追い詰められない社会にすることが必要だ。(2019/2/22)

学びの本質:
定年後の予定は? シニア世代、「知る面白さ」探求
大学や大学院で学問に取り組むシニア世代が増加している。子育てが一段落したり、定年後の時間を利用し、一度は諦めた研究テーマや仕事を通じて抱えていた課題をじっくり探求できるという。人生100歳時代に突入し、AI台頭などを背景に社会の激変が予想される。学び続ける必要性が指摘される一方、知的好奇心に向き合い、主体的に学習する姿に“学びの本質”が浮かび上がってくる。(2019/2/21)

子どもの「居場所確認」と「病院の予約」にニーズあり 子育て世代の母親がIoTに求めることは?
MMD研究所が自社で行った調査をもとにしたコラム「子育て世代(30-40代)の母親の育児をIoTで支えるために必要なことは?」を公開。IoTで育児や子育てに取り入れたいことは、働く母は「子どもの病院の予約」、専業主婦は「子どもの居場所確認」がともに高く、安全確認を非常に気にかけていることがわかった。(2019/2/20)

育児を「よくわかんないから」で断るパパに反論 “育児の初めて”は誰もが怖い ママの訴えに共感集まる
授乳もおむつ替えも赤ちゃんの爪切りも、卒なくこなしているようで最初は大変だった。(2019/2/21)

「子供の未来を奪わないで」 木村カエラ、子育ての持論に共感の声集まる「暗いニュースが無くなりますように」
木村さんは2児の母。(2019/2/16)

MONOist IoT Forum 大阪2019(前編):
延命ではなく子育てを、パナソニックが目指す“アップデート”の向かう先
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2019年1月22日、大阪市内でセミナー「MONOist IoT Forum in 大阪」を開催した。大阪での同セミナー開催は3度目となる。本稿では、前編で基調講演に登壇した、パナソニック 専務執行役員 CTOの宮部義幸氏の講演「100年企業のイノベーション〜次の100年に向けて〜」の内容を紹介する。(2019/2/12)

「日本の首都なのか? と驚くほどの不自由さ」 大谷みつほ、育児専念のため事務所退所 少子化対策に嘆きも
あくまで休業であることを伝えています。(2019/2/7)

Alexaスキルに「うんこボタン」的育児支援機能を追加する「Baby Activity Skill API」
Amazon.comが、おむつ交換や授乳を記録・追跡するための「Baby Activity Skill API」をスキル開発者向けにまずは米国で公開した。(2019/2/6)

シリコンバレー式「時短育児術」:
服も買わずに借りる時代 アメリカで人気のレンタルサービスを比べてみた
子育てに関する負担をITで解消する「Baby Tech」。シリコンバレー在住の女性筆者が、“母目線”でぐっときたテクノロジーを紹介する連載をお届け。今回はアメリカで人気のファッションレンタルサービスについて。(2019/2/1)

みんなえらい! 人知れず子育てを頑張るみんなをねぎらう漫画に涙する人続出
時には自分を甘やかしてあげてほしい。(2019/1/26)

辻希美、4人育児をねぎらう「頑張ってるね」に感涙 ネット批判には「全く気にしない」と胸中明かす
辻ちゃん偉い……。(2019/1/23)

育児や介護離職防止に効果あり
薄軽PCを「働くおかん」が使ってみて分かったモバイルワークのうれしい効果とは
モバイルPCを使ったら、育児や介護をしながらの仕事も楽になるのか? 本稿では、実際に育児をしながら働く方に薄型で軽く、持ち運びしやすいモバイルPCを1週間試用してもらい、働き方の変化と感想を伺った。(2019/2/22)

母乳育児でも「1杯なら大丈夫」? 米女優の「赤ちゃんを抱っこしながらワイン」写真が賛否呼ぶ
2018年11月に長女を出産したばかりのケイト・アプトン。(2018/12/27)

キャリアニュース:
トヨタ、30代が働きやすい企業ナンバー1に
企業口コミ・給与明細サイトの「キャリコネ」が「30代が働きやすい企業ランキング」を発表。子育て支援策に力を入れている「トヨタ自動車」「ソニー」「荏原製作所」がトップ3となった。(2018/12/14)

遠隔地で介護や育児と両立できる「ショートタイムテレワーク」 ソフトバンクが実験
ソフトバンクが、介護や育児で長時間勤務が難しい人に、企業の業務の一部をテレワークで委託する「ショートタイムテレワーク」の実証実験を始めると発表した。(2018/12/13)

サイバーエージェントの「エステ制度」も人気:
女性が「働きやすい企業」ランキング、2位はかんぽ生命 1位は子育てしながら活躍できる……
グローバルウェイが、女性ビジネスパーソンが「働きやすい」と感じる企業を調査。産休・育休・時短勤務を取得しやすい企業が上位に多くランクインしていた。1位になった企業は……?(2018/12/12)

「子どものしつけや成長」は人それぞれ。“あいさつが苦手な子ども”のエピソードに子育て世代「救われた」
お互いを尊重しあいたい。(2018/12/10)

プライベートと仕事を両立しやすい企業は?:
マネジメントや育児に多忙な「40代」が働きやすい企業 ヤフーなど上位、1位は……
40代が働きやすい企業は? グローバルウェイが調査結果を発表。ヤフーなどが上位に挙がった。1位は……(2018/12/9)

「あなたの大切な趣味に時間を使って」 あびる優、育児方針めぐる批判に反論 反響の声やまず
「誰に何と言われても私は娘を世界一愛していて、娘に世界一愛されてる自信はある」(2018/12/3)

おにぎり→「コメの集合体」 食いしん坊の子どもの前で食べ物の名前を隠語に変える漫画に子育て中のママからの共感の声多数
連想ゲームかっ!(2018/12/3)

「常に手抜きしたいと思ってる」 あびる優、完璧を目指さない“家事育児の本音”が反響を呼ぶ
人それぞれやり方がある。(2018/11/28)

パーフェクトウーマン 女性が拓く新時代:
育児でブランク14年 障がい者のシングルマザーが楽天子会社の副社長になるまで
完璧な人間はいない――。だが、仕事も私生活も充実させ、鮮やかにキャリアを築く「女性リーダー」は確実に増えてきた。企業社会の第一線で活躍する女性たちの素顔に迫り、「女性活躍」のリアルを探る。(2018/11/27)

「むやみにおもちゃを買い与えない」千秋の子育て術 欲しければ「作るしかない」
誕生日とクリスマスにはプレゼントするそうです。あとは交渉次第なのだとか。(2018/11/19)

「たくさん わらってくれて ありがとう」 娘への感謝を単語帳につづる「子育てライフハック」が温かい
単語帳は、現在は成長した娘さんの宝物になっているそうです。(2018/11/9)

新米ママ頑張れ! 元フジテレビアナ本田朋子、出産5日目で子育ての大変さ実感し「一歩ずつ一歩ずつ」
先輩ママたちからのアドバイスが温かい。(2018/11/7)

シリコンバレー式「時短育児術」:
「子どもの様子がスマホで分かる」は当たり前 最新ベビーモニターの実力は?
子育てに関する負担をITで解消する「Baby Tech」。シリコンバレー在住の女性筆者が、“母目線”でぐっときたテクノロジーを紹介する連載をお届け。今回は、離れた場所からでも子どもを見守れる最新ベビーモニターについて。(2018/10/30)

子育てにかかる費用:
子育て、理想の年収は? 現実との差は274万円
子育てをするにあたっての理想の年収は? 0〜6歳までの子どもがいる既婚男女に聞いたところ、理想の世帯年収は……。明治安田生命保険調べ。(2018/10/22)

りゅうちぇる&杉浦太陽&中尾明慶、「イクメンオブザイヤー」受賞の3人が思う“パパの育児”とは
こんなパパ最高だ。(2018/10/19)

「2歳児が30分近く静かになった」 “シンカンセンスゴイカタイアイス”が育児の神アイテムと注目集まる
硬さが決め手。(2018/10/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。