ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「子育て」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「子育て」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
小泉進次郎氏が叫ぶ「空気を変える」はズレている 男性育休が増えない真因
小泉進次郎環境相の「育休宣言」が話題になっているが、「空気を変える」と政治家が連呼することには違和感がある。確かに育休を取りづらい空気はあるが、それだけではない。男性が育児をするための「時間」を増やす政策が最も必要なのではないか。(2020/1/24)

夫は何をもっと手伝うべきか:
夫「オレはよくやっている」 妻「まだまだ足りない」 家事育児の「認識ズレ」を埋めるために知っておくべき“需給ギャップ”とは?
共働き世帯の家事育児に関する調査が発表。「自分はよくやっている」と考える男性が多い一方、女性側は「まだまだ足りない」と感じているようだ。では、どのようにすればギャップは埋まるのか。(2020/1/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
小泉大臣も注目すべき「男性の育休」の意外な効果 ダヴが広げる“支援の輪”とは
小泉進次郎環境大臣が育児休暇を取得すると表明し、話題になっている。実は、米国においても男性は育休を取得しにくい状況だ。それを変えようと「ダヴ」と著名起業家が啓発活動を行っている。育休制度の充実は、夫婦だけでなく子ども、企業にも良い効果がある。(2020/1/23)

7割以上は育休取得に賛成:
小泉進次郎氏の育休、「中途半端」が75% 子育て中の女性が“ちょうどいい”と思う長さは?
C Channelが子育て中の女性に実施したアンケート調査によると、小泉進次郎環境相が取得を表明している2週間の育児休暇について、「中途半端」と考える人が75%だった。育休取得に対しては「賛成」が多かったものの、「1カ月はほしい」という意見が目立った。(2020/1/21)

就労や起業支援も:
2020年版「住みたい田舎」ランキング発表 若い世代の間で地方移住への関心集まる
宝島社が「2020年版 第8回 住みたい田舎ベストランキング」を発表した。移住定住の推進に積極的な市町村を対象に、移住支援策、医療、子育て、自然環境、就労支援、移住者数などを含む230項目のアンケートを実施。629の自治体から集めた回答を基に、田舎暮らしの魅力を数値化し、ランキング化した。その結果は?(2020/1/9)

若年層の方が協力的:
「ストレスの限界」「離婚を考えている」 夫にやってほしいのにやってもらえない家事、トップは?
ビースタイルが運営するしゅふJOB総研が、働く女性を対象にした「夫の家事・育児」に関する調査結果を発表した。「不満」と回答した人は52.5%にのぼり、満足している人よりも多かった。妻が望んでいるのに夫がしない家事のトップは「名もなき家事全般」だった。世代ごとに見ると、若年層の方が協力的な夫が多いようだ。(2020/1/7)

“産まれたばかりの乳児視点”で描いた漫画に反響 子育て中の人から「なんか頑張れそう」「ストレス発散になった」
赤ちゃんが泣いている理由をパパもママも理解できませんが、赤ちゃん本人も分かってません。(2020/1/1)

神田うの、“3児の母&42歳”伊東美咲の美ぼうを絶賛 「美しさをキープしながらの子育て」「もはや神レベル」
3児の母には見えない。(2019/12/31)

明石市の「不払い養育費の立て替え」方針に反響 市長に聞く“出生数4年連続増”実現した子育て支援
ねとらぼ読者に向けてのメッセージも。(2019/12/24)

「ドコモ 子育て応援プログラム」d払いでdポイント還元キャンペーン、Amazonで最大10倍に
NTTドコモは、12月8日に「ドコモ 子育て応援プログラム」会員を対象とした「Amazon d払いでdポイント還元 プラス5倍キャンペーン」を開始。実施中のキャンペーンに加え、通常の5倍のdポイント(期間・用途限定)を進呈する。(2019/12/18)

「子どもには母親が一番」「俺が子育てしても懐かない」は“いろいろな意味でウソ”なんじゃないか、というお話
母親になって感じた“母性神話”の微妙なところ。(2020/1/6)

あびる優が離婚をInstagramで報告 「今後ともお仕事も子育ても頑張っていきます」
約5年の結婚生活でした。(2019/12/13)

休みを取っただけ?:
せっかく育休を取ったのに…… 育休中でも育児をあまりしないパパの割合は? 妻側からは痛烈なコメントも
少しずつだが普及してきた男性の育休。しかし、せっかく育休を取得しても育児を積極的にしない父親も多いことが明らかに。こうした事態に妻からは痛烈なコメントが並ぶ。(2019/12/3)

紙パックに装着する乳首登場 ほ乳瓶なしですぐ水分補給できる
育児の強い味方になってくれそう。(2019/11/21)

プロジェクト:
相鉄と伊藤忠、十日市場センター地区22街区事業実施協定を締結
相鉄不動産と伊藤忠都市開発は、「十日市場センター地区22街区」の住宅開発で横浜市との間で事業実施協定と土地売買仮契約を締結した。子育て世帯をメインターゲットにSDGs未来都市の実現を目指す。(2019/11/20)

道の駅やサービスエリアに展開:
紙おむつも買える自動販売機、ダイドードリンコなどが提供 子育て世代の外出支援
(2019/11/14)

水嶋ヒロ、育児のため肌荒れと白髪が増加 「永遠に若いLewisが羨ましい……」ともう1人の自分をうらやむ
絢香さんとそろって寝不足とのことです。(2019/11/13)

iPhoneで「マイナポータル」が利用可能に 行政サービスをスマホから
マイナンバー総合サイト「マイナポータル」が、iPhone 7以降で利用可能に。マイナンバーカードを読み取ってログインすると、子育てや介護などの行政手続きや個人情報の確認ををオンライン上で行える。(2019/11/6)

子どもが褒められたら「親が勝手に謙遜しない」「素直に受け取る」 育児で心掛けていることを描いた漫画に共感集まる
こうすれば、きっと自己肯定感が育つ。(2019/11/6)

リノパートナーズ調べ:
育児休暇、希望する期間はどれくらい? 「女性活躍推進2.0実態調査2019」
人材育成コンサルティングを手掛けるリノパートナーズ(東京都千代田区)は10月25日、「女性活躍推進2.0実態調査2019」の調査結果を発表した。回答した女性の8割が現在の仕事に満足していることが分かった。また、性別を問わず育児休暇を取得する場合には、「できるだけ長く取得したい」という回答が最も多かった。(2019/10/28)

6割超が「転勤は退職のきっかけに」 大きく人生を変える「転勤」で考える将来設計
子育てや介護など、家族にもかかわってくる。(2019/10/25)

「当面は子育てに専念」 道端アンジェリカが活動休止 所属事務所が今後についてコメント
逮捕された夫との共謀が疑われていました。(2019/10/25)

妊娠って大変なの? 男が育児休暇を取るって? 妊娠中の妻の逆鱗に触れまくる夫が動物に命の尊さを教わる漫画『こちらアニマル社商品企画部育児課』が勉強になる
1話+3話試し読みあり!(2019/10/22)

水嶋ヒロ&絢香、第2子女児が誕生「子育て精一杯楽しみます」 手をつないだ幸せショット公開
長女のエピソードほっこり。(2019/10/19)

父親の育児参加当たり前? 9割が「そう思う」と回答も、育休取得は1割以下
家庭だけでなく、社会の力が必要。(2019/10/18)

「息子のためにパパとして」 りゅうちぇるが「育児セラピスト1級」を取得、子育てに悩む人へ「支えになれたらうれしい」
イクメンとして奮闘中のりゅうちぇるさん。(2019/10/18)

子猫たちを寝かしつけるお父さん猫の日常 子育て中のパパ猫ピピくんの姿にほっこり
ピピくんのパパぶりと子猫ちゃんズのかわいさに心が癒される。(2019/10/16)

【漫画】戦闘用ドロイドが捨て子を拾う → 子育ての中で母性に目覚めていく姿が「尊い」と話題に
親子の絆にグッときます。(2019/10/14)

男性の「仕事と育児の両立」理想と現実に差 育児休業取得率は7.2%、1週間の家事時間は「6.2時間」
難しいという雰囲気がそうさせている気も。(2019/10/9)

連合調べ:
育児を全くしないパパの割合は? リアルな家事育児状況が調査で明らかに
連合が、働く父親に関する家事や育児状況の調査結果を発表。育休取得率は7.2%にとどまり、「全く育児をしない」人は13.5%も存在している。行っている家事については「ゴミ出し」が最も多かった。労働時間が短いほど、家事や育児に積極的になる傾向にあるようだ。(2019/10/9)

新連載・「イクメン」と呼ばれて:
なぜ私は「イクメン」と呼ばれるとイラっとしてしまうのか
共働きで子どもを育てている筆者。家事と育児をバリバリこなしている。なぜ「イクメン」と呼ばれるとイラっとしてしまうのか。(2019/10/5)

「テレワークやめました」 子育てITベンチャーが試行錯誤で見つけた「働き方」の考え方
子育て系のWebメディアやアプリなどを運営するITベンチャーのエバーセンスは、一度はテレワークを導入しながらも廃止した。なぜテレワークを廃止したのか、同社で人事を務める前澤宏和さんに話を聞いた。(2019/10/4)

3歳娘が皿洗い→母全身で水を浴びる お手伝い中に起こる子育てあるある漫画が「ショーシャンクしてる」
子育ては常に悲喜こもごも。(2019/10/4)

育児が大変なときは“未来からタイムスリップしてきたつもり”に 「タイムスリップ育児」描いた漫画にママから共感集まる
想像力で育児がハッピーになる!(2019/10/3)

モノづくり業界転職トレンド(12):
U・Iターンの転職を成功させるコツ
常に一定のニーズがあるU・Iターン転職。特にUターン転職は、親の介護や子育てサポートなどで近年は微増の傾向だ。U・Iターン転職の現状、コツや注意点などについて転職コンサルタントに話を聞いた。(2019/9/17)

「ふとした瞬間に悪くなりそうで怖い」 井上和香、突然の体調不良に不安隠せず
仕事に育児にと忙しくしている井上さん。(2019/9/16)

不倫相手に生ませた子どもに、6000万円の養育費を確実に渡したい 聞く耳を持たない相談者がまくし立てる「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談者「子育て詐欺だ!」アドバイザー「そんな詐欺はない」激しい応酬。(2019/9/16)

今日のリサーチ:
一人っ子の理由、過半数のママが「経済的余裕のなさ」と回答――博報堂こそだて家族研究所調べ
子育て世代における子どもの人数や兄弟姉妹に関する調査です。(2019/9/4)

人材流出を防ぐために:
ワーキングマザーを“戦力外”にするな 企業の「小1の壁」「小4の壁」の乗り越え方
いまだに難しい育児と仕事の両立。小学校就学後も子どものケアを理由に退職する女性は多い。パーソル総研の研究員が調査結果を元に処方箋を提案する。(2019/8/30)

「やれやれ、僕は絵本を開いた」 ハッシュタグ「村上春樹で語る育児」が流行、子持ちハルキストたちが“育児あるある”を語る
やれやれ。(2019/8/29)

辻希美、“8カ月”三男のつかまり立ちにびっくり 4人の子育ても「『日々の大変』さの中にある癒しをパワーに」
幸空くんも良い笑顔。(2019/8/27)

LINEで子育て相談、自治体の行政サービス向けに提供開始 モビルス
モビルスは、LINEを活用して自治体と住民とのコミュニケーションを支援する「モビルス×LINE 住民サービス」の提供を開始する。子育て相談や市民広報用の情報配信、道路などの不具合をLINEで通報する機能などを備える。(2019/8/26)

子どもを叱るときの理想と現実 子育ての悩みを描いた漫画に共感の嵐「うちのことかと思った」「なかなか上手くいかない」
理想はわかってる。わかってるんだけれど……無理。(2019/8/23)

「家事・育児の分担」で何度も衝突してきた夫婦 うまくいくようになった方法描いた漫画に「目からウロコ」「タメになる」
具体的に頼むこと、ゴールを明確にしてやり方を任せること。(2019/8/18)

ベテラン育児ワンコと元気いっぱいな赤ちゃんチーター 2匹の関係がほほえましい
セットでかわいすぎです。(2019/8/17)

【育児漫画】薬をジュースに混ぜて飲んでもらおう→開封から自分でやりたい娘を前に撃沈 苦労あるあるに共感
ピッタリの薬の飲ませ方がきっとある。(2019/8/10)

都営地下鉄に「子育て応援スペース」試験導入
東京都交通局は7月31日、地下鉄・都営「大江戸線」の一部車両に「子育て応援スペース」を試験導入した。子ども連れでも気兼ねなく利用できるスペースという。(2019/7/31)

ヤフーと三越伊勢丹、AI活用で子育てママの衣服開発 「Yahoo!検索」「知恵袋」から悩みを抽出
ヤフーと三越伊勢丹が、Yahoo! JAPANのビッグデータとAI技術を活用し、子育て中の小柄な女性向けにロングスカートを開発した。(2019/7/29)

育児が大変なときは“30年後の自分”に頼りたい――ママの妄想描いた育児漫画に共感する人続出
今のうちにたくさん「ぎゅう」しておこう。(2019/7/28)

都営大江戸線に「子育て応援スペース付き車両」登場、車内をトーマス装飾に 7月31日運行開始
安心して気兼ねなく、親しみやすく。(2019/7/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。