ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「子供」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ラーメン店に“謎のいたずら電話”、原因はGoogleの音声検索機能? ツイートが話題に
東京のラーメン店「パパパパパイン」で相次いでいた“いたずら電話”は、Googleの音声検索機能が原因かもしれないというツイートが話題に。子どもが「パパ」と連呼し、検索結果から誤って電話をかけてしまった可能性があるという。(2019/7/16)

子どもの勉強を習慣化する「しゅくだいやる気ペン」がコクヨから発売 やる気を“見える化”するIoT文具
子どもの頑張りを“見える化”することで、褒めるポイントもわかりやすく。(2019/7/15)

沖縄の獅子舞がふさふさで完全に生きてると話題 すごい迫力に「子どもの頃滅茶苦茶怖かった」「トラウマ」の声も
怖いけどかわいいけど怖い。(2019/7/14)

コクヨ、アプリで子どもの頑張りを可視化する「しゅくだいやる気ペン」17日発売
コクヨは、IoT文具「しゅくだいやる気ペン」を7月17日に発売する。鉛筆に取り付けると、加速度センサーを使って、データを記録する。たまった「やる気パワー」に応じて、しゅくだいやる気ペンに付いているLEDの色が変化する。(2019/7/12)

子どもたちに伝えたいこと:
村上世彰を、森永卓郎の息子が直撃――「お金の恐さ」を子どもにも経験させることが重要
現在シンガポールに住みながら、投資家としての活動を続けている村上世彰氏。角川ドワンゴ学園が運営する通信制高校「N高等学校」(N高)が設立した「N高投資部」の特別顧問に就任した。村上氏がN高投資部の特別顧問として生徒に伝え、教えたいことは何なのか。日本の金融教育についてどんな考え方をしているのか。その狙いについて、経済評論家の森永卓郎氏の長男で、ライターとしても活動している森永康平氏がインタビューした。(2019/7/12)

遊び疲れて帰った夜、寝たフリしたまま親に運ばれ…… 子どものころの一コマ描いた漫画に懐かしさがあふれる
同じような経験をしたことがある方、多いのではないでしょうか。(2019/7/12)

「私の最も大切な宝物の1つへ」 ウィル・スミスの息子、ジェイデン・スミスの誕生日に母が贈った成長記録が愛情たっぷり
子どもの頃の姿が懐かしい。(2019/7/10)

ラプラスが「みやぎ応援ポケモン」として初仕事 ラプラス型ボートで湖をなみのり!
みちのく杜の湖畔公園、花山青少年旅行村で開催。(2019/7/9)

「こういう子居ますよね」「嵐の大野くんに似てる」 石橋貴明、“子ども化”したショットがかわいさ全開
既視感。(2019/7/4)

イノベーションのレシピ:
子供と楽しく仕上げ磨きできる歯ブラシ、京セラ&ライオン+ソニーが9カ月で開発
京セラ、ライオン、ソニーは、子供向け仕上げ磨き専用歯ブラシ「Possi」を開発したと発表した。ソニーのスタートアップ創出支援プログラム「SSAP」に参加した京セラ発のアイデアを実現するためライオンが賛同して実現。大手企業3社が関わるものの約9カ月で製品化にこぎつけた。(2019/7/4)

歯に当てると音楽が聞こえる“魔法の歯ブラシ”を京セラとライオンが共同開発 仕上げ磨きに悩むパパたちが製品化
子どもが歯磨きを好きになってくれたらなぁ。(2019/7/3)

歯を磨くと音が聞こえる子供向け歯ブラシ「Possi」 開発動機は「子供を甘やかしたい」
ソニー、京セラ、ライオンは、歯を磨いている間だけ音が聞こえる子供向け歯ブラシ「Possi」を開発し、一般販売を目指すクラウドファンディングを行うと発表した。(2019/7/3)

子ども服「motherways」運営会社が破産へ 競合激化で不振に
リーズナブルな自社企画商品で知られています。(2019/7/1)

「子どもを殴りたくなってしまう」相談者は、“親の過干渉で心を殺された子”だった 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談者の両親は心理的暴力団だったのか?(2019/7/1)

デーイジー、デーイジー:
「2001年宇宙の旅」の「HAL 9000」を、2019年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2019年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第5回は「2001年宇宙の旅」だ。(2019/7/1)

「子どものころからスタイル抜群!」「幼少から脚長っ!」 藤原紀香、11歳当時の完成されたプロポーションに驚きの声
48歳というのにも驚き。(2019/6/29)

キッザニア、大人は投票できない子ども向け「模擬選挙」実施 夏の参議院選挙に合わせて
将来を担う子どもたちに選挙に参加することの大切さを学んでもらうため。(2019/6/28)

サラリーマン、プリキュアを語る:
新プリキュア「キュアコスモ」に見る、追加プリキュアの“商業上の重要性”について
ネコ耳、ネコシッポ、ネコポーズ、舌をペロっと出す変身。子どもにも大人にも人気出そう!(2019/6/27)

今日も一日えらかったのう、たくさん頑張ったのじゃろ、って大人も子どもも褒められていい 「世話やきキツネの仙狐さん」12話
甘えるってほんと難しい。(2019/6/27)

早乙女太一&西山茉希、離婚を正式発表 2人の娘を思い「子供達の笑顔を、父親と母親として守っていきます」
正式発表よりも先に報道が出たことに困惑も。(2019/6/26)

子連れに優しい! お盆の東北新幹線に「乳幼児の子ども連れ限定グリーン車」登場
未来の鉄道ファンのために……! 1人当たり指定席を2席分確保できる旅行商品。(2019/6/26)

「すごい発明」「その手があったか!」 娘さんが開発した「自動お掃除ロボット」が天才だと話題に
子どもの発想力ってホントすごい。(2019/6/25)

「なんで抱っこひもつけっぱなし?」「泣いてるなら抱っこしてあげればいいのに」 子どもを持つ前は分からなかったことを描いた漫画に共感の嵐
子どもを持った今ならわかることあるある。(2019/6/25)

【漫画】「大きさがプレッシャー」「自分の体に自信がない」……ティーンエイジャーの“秘密のクリニック“ Netflix「セックス・エデュケーション」が最高
親とはみたくない。でも子供にはみせたい!(2019/6/23)

【オタ母あるある漫画】「子どもを寝かしつけたらオタ活タイム!」→ふと目を開けると朝
絶対に寝かしつけなんかに負けないんだから!(フラグ)(2019/6/20)

バンダイナムコの新VR施設「MAZARIA」、池袋サンシャインシティで7月12日オープン ナンジャタウンと同フロア
料金は大人4500円、子ども2900円のフリーパスチケット制(一部アクティビティは別料金)。11月4日までは200〜300円引きのオープン記念価格になります。(2019/6/20)

岸谷香、長男の入退院を報告 「ブログに載せるな」要請をはねつけての掲載に賛否の声
「親が子どもの写真を無許可でSNSに投稿してよいのか」議論が再燃。(2019/6/18)

点滴袋をテディベアで隠して怖くないように 難病と戦う12歳少女の発明、病気の子どもに無償で寄付
自分も点滴が怖かったという経験から発明。(2019/6/18)

子どもにとっての「読みやすさ」とは? 累計170万部の『10歳までに読みたい名作』シリーズ編集部に聞いてみた
時代によって児童書も変わる。(2019/6/18)

「なつかしい!」「写真撮りたい!」 伝説の玩具店「ハローマック」が東京おもちゃショー2019で復活し、大人が長蛇の列
大人が子どもに写真を撮ってもらうという場面も。(2019/6/15)

「このダサいTシャツが売れればスタッフのTシャツを買い換えられます」 日本モンキーセンターの作戦がTwitterで話題に
子ども用Tシャツやトートバッグも。(2019/6/15)

自販機型の保冷庫「俺の自販機」が楽しそう 350ml缶を10本収納可能
子供も喜びそう。(2019/6/14)

「そっくり」「本人かと」 紗栄子の次男、ママをマネて寝転んだ“肘つきポーズ”がそっくり
子どもは本当によく見てる。(2019/6/13)

子供写真共有アプリ「みてね」500万ユーザー突破 海外でも伸びる
家族写真共有アプリ「みてね」のユーザー数が500万人を突破。400万人突破から約5カ月で100万人増えた。国内だけでなく、英語版を利用する海外ユーザーも拡大しているという。(2019/6/13)

理想と現実に悩む教師が訪れたのは…… 子ども時代に戻って給食を食べる不思議なお店の漫画に涙
子ども時代の思い出が背中を押してくれるお話。(2019/6/12)

ソニー・エクスプローラサイエンス、2019年10月に閉館 17年間で230万人が来館した科学館
今後も次世代を担う子どもたちの支援は継続されます。(2019/6/11)

夢のような:
チコちゃんが画面から飛び出す? NHK放送技研で次世代展
人気番組のキャラクターや出演者がテレビから飛び出してきたら、離れた場所にいる仲間たちと好きな番組を楽しめたなら――。子供の頃に思い描いた夢のようなシチュエーションに、技術が追いついてきつつある。(2019/6/11)

「何してるのかニャ?」 5歳の男の子が撮った猫ちゃんの写真から仲良しな様子が伝わってくる
子どもならではの視点が新鮮です。(2019/6/11)

お台場の「ソニー・エクスプローラサイエンス」10月に閉館 17年の歴史に幕
東京・お台場のサイエンスミュージアム「ソニー・エクスプローラサイエンス」が10月に閉館。「施設の賃貸契約の更新がきっかけで、ソニーの子ども向けCSRについて再検討した」結果という。(2019/6/10)

子どもに見せてはいけない…… 「顔が入れ替わる瞬間のアンパンマン」を再現した粘土細工が狂気のヒーロー
再現度は高いけども……!(2019/6/10)

AIで児童虐待の深刻度や再発リスク予測 今月から実証実験
親などによる虐待で幼い命が失われる痛ましい事件が後を絶たない。児童相談所が虐待に気付いていたのに、事件を防げなかったケースもある。背景には、深刻さの度合いを周囲が把握することの難しさや人手不足がある。こうした状況を改善しようと、人工知能(AI)を活用して、子供たちの命を守る実証実験が今月から始まる。(2019/6/10)

子供たちの命:
AIで児童虐待の深刻度や再発リスク予測 今月から実証実験
親などによる虐待で幼い命が失われる痛ましい事件が後を絶たない。児童相談所が虐待に気付いていたのに、事件を防げなかったケースもある。こうした状況を改善しようと、人工知能(AI)を活用して、子供たちの命を守る実証実験が今月から始まる。(2019/6/10)

子どもをほめるときにどうしたらいい? 「しっくりきた」ほめ方描いた漫画に反響
できたことを具体的に認めるのが大事。(2019/6/8)

Go AbekawaのGo Global!〜Michael Schumacher編(後編):
「参入したら決して逃げない」――エンジニアの誇りを持ち続けるCEOのこだわり
ユーザーのエクスペリエンスとシステムをモニタリングする「SysTrack」製品で知られる「Lakeside Software」の創業者兼最高経営責任者(CEO)のMichael Schumacher氏。釣りやスポーツが好きな「普通の」子どもだったSchumacher氏が、Lakeside Software創業に至ったきっかけとは何だったのか。(2019/6/6)

Go AbekawaのGo Global!〜Michael Schumacher編(前編):
ミシガン生まれの「ごく普通の男の子」がプログラミングにハマるまで
ユーザーのエクスペリエンスとシステムをモニタリングする「SysTrack」製品で知られるLakeside Softwareの創業者兼最高経営責任者(CEO)のMichael Schumacher氏。釣りやスポーツが好きな「普通の」子どもだったSchumacher氏が、Lakeside Software創業に至ったきっかけとは何だったのか。(2019/6/5)

Books&Apps:
定年後、あなたも「孤立老人」に陥るかもしれない深いワケ
いつのまにか妻や子供、兄弟姉妹からも“相手にされない人”になっていたとしたら……。定年後、孤独に涙する寂しい老人にならないためにできることとは。(2019/6/5)

YouTubeでエロ動画を見ると“着替え中”の子どもなどの動画が推奨──New York Times報道
YouTubeでアダルト系動画を見ると、「次の動画」として例えば子どもが水着で泳いだり、着替えたりする普通のファミリー動画が推奨されることがあるとNew York Timesが報じた。YouTubeは推奨アルゴリズムの改善などで対処するとしている。(2019/6/4)

「ビデオ」が通じないジェネレーションギャップに呆然 保育士さんと子どもの日常を描く漫画がかわいくてなごむ
子どもたちかわいすぎ!(2019/6/4)

「どう言葉を発したらいいのか」 フジテレビ内田嶺衣奈アナ、母校「カリタス小学校」殺傷事件に追悼コメント
内田さん「子供たちが守られ安心して笑えるよう」。(2019/5/31)

無事でよかった! 下水道に閉じ込められていた小さなワンコ、子どもたちに救助される
助けてくれてありがとワン。(2019/6/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。