ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「子供」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

YouTube、「コンテンツが子ども向けかどうか」申告義務化 対象の動画はパーソナライズド広告非掲載に
児童オンラインプライバシー保護法(COPPA)などの法律を順守するための措置。(2019/11/15)

グランベリーパークに「ひつじのショーン」カフェがオープン かわいいメニューで大人から子供まで楽しめそう
ショップとミュージアムゾーンも!(2019/11/15)

てんかん患者の発作や服薬を素早くデータ化 画像認識を活用して記録の負担を減らす
てんかんの持病がある子供の家族会とITベンチャー企業が患者家族向けのスマートフォンアプリを開発。発作や薬の情報を手で入力しなくてもデータ化して共有できる。介護の負担を減らす狙い。(2019/11/14)

渋谷と広島を5Gで接続 ドコモの“遠隔ダンスレッスン”を見てきた
渋谷と広島の会場をドコモの5Gで接続し、遠隔でのダンスレッスンを実施。5Gを活用した動画をストリーミング配信し、渋谷から広島にいる子どもたちに遠隔でダンス指導を行った。地方ではダンス指導者の確保が難しいという課題もあり、5Gや映像などの先端技術を活用したレッスンが求められている。(2019/11/12)

留守番中の子どもに母親のふりをした化け物が迫る…… ホラーな漫画が涙を禁じ得ない展開に
化け物の思わぬ優しさにホロリと来る。(2019/11/12)

鍋つかみを持って走り回る、背中に乗ろうとジャンピング……小さな子どもを見ながらご飯を作る大変さ描く漫画に共感集まる
「米びつをひっくり返そうとする」「転んで泣く」……子どもを見ながらの食事作りは大変。(2019/11/12)

「ITに頼り過ぎる子ども」を心配する親も
学校や子どもの“IT依存”は是か非か? 教育IT活用の光と影
ベンダーは教育用のIT製品に応用する人工知能(AI)技術の開発を進めている。同時に、学習者側も授業や宿題にITを利用するメリットを見いだしている。(2019/11/12)

「子どもが泣くやつ」 ダイソーで買ったかわいい和風の取っ手 → 扉につけた途端に怖すぎるビジュアルに
取っ手はかわいいのに……。(2019/11/11)

Go AbekawaのGo Global!〜Li Rutong編(前):
「正しい方法を見つけて、それをずっとキープするのは間違い」――中国生まれのCTOが持ち込んだ、西海岸の風とは
コンテンツ配信を担う「U-NEXT」でCTOを務めるLi Rutong(リー・ルートン)氏。電子部品を組み立てて一人で遊ぶような「オタクな子ども」だったルートン氏は、中学で出会ったコンピュータをきっかけにその才能を開花させる。起業での失敗から立ち直り「もっと成長したい」と彼を動かしたものとは何だったのか。(2019/11/11)

子どものころ嫌だった父親の「スネ夫的行動」 大きくなって分かるその理由としんどさを描いた漫画が刺さる
みんないろいろな顔があり、みんなそれなりにしんどいのかも。(2019/11/9)

デザインの力で子どもたちを守りたい 「肩にかけるおまわりさん」コンセプトのトートバッグがTwitterで話題に
悲しい事故を少しでも減らしたいという願いが詰まってます。(2019/11/8)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
カネがなければ諦めろ? “身の丈”に合わせる英語民間試験導入は廃止すべき理由
萩生田文科相の「身の丈」発言も問題視された、大学入試への英語民間試験導入が延期になった。家庭の経済力による機会の格差が、学力、そして“生きる力”に直結する日本社会で、今回の制度導入は貧困世帯の子どもの命をないがしろにするようなものだ。(2019/11/8)

これはスカウト待ったなし 吉川ひなの、デビュー前の“Wピースショット”に「美女は子供の頃から美少女」の声
既にお顔が整ってる。(2019/11/6)

子どもが褒められたら「親が勝手に謙遜しない」「素直に受け取る」 育児で心掛けていることを描いた漫画に共感集まる
こうすれば、きっと自己肯定感が育つ。(2019/11/6)

菊池桃子、一般男性との結婚発表 子どもたちのエールに感謝「何かと臆病な私を応援してくれていた」
めでたい!(2019/11/4)

白石和彌監督が描いた“壊れかけの家族”とは――「ひとよ」の光と影に見る“母と子どもの心の揺れ”
白石監督「(家族って)面倒くさい(笑)」。(2019/11/4)

バスの降車ボタンがカプセルトイになって発売 「押したくても押せなくて泣いてしまう子ども」を笑顔にと開発
子どもの頃に押したかったあのボタン。(2019/11/3)

Spotify、子ども向け単体アプリ「Spotify Kids」 ファミリープランで
Spotifyが子ども向けのスタンドアロンアプリ「Spotify Kids」を発表した。利用するにはファミリープランへの加入が必要。子どもが楽しめるデザインで、専門家が選んだ安全なコンテンツをストリーミングできる。(2019/10/31)

半径300メートルのIT:
豊かな学びは「サブスク読み放題」から?  読書で伸びる子どもたち
ペーパーレス世代のビジネスパーソンにも「本は紙じゃないと」という意識は根強いもの。それでは、電子書籍世代の子どもたちにとってはどうでしょうか? 統計から見える興味深い傾向から、技術が広げる可能性と大人の責務を思います。(2019/10/29)

サンワ、子供の手にもなじむ奥行き78ミリの小型軽量Bluetoothマウス
サンワサプライは、小型筐体を採用したBluetooth対応ワイヤレスマウス「400-MA129」シリーズの取り扱いを開始した。(2019/10/28)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「動くカメラ」を搭載 子ども向けスマートウォッチ「Z6」は大人でも欲しくなる
Apple Watchに代表されるスマートウォッチですが、中国では子ども向けのスマートウォッチが大ブーム。小天才(XTC)の「Z6」は、子ども向けとは思えぬ機能を搭載しています。何と、インカメラとアウトカメラ(合計2つのカメラ)を搭載しているのです。(2019/10/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
職場で見過ごされる“心の暴力” 教員暴行事件に見る、オトナ社会の異常さ
神戸市の小学校教師の問題が「いじめ事件」と報じられていることに違和感がある。これは暴行だ。このような大人の言動を見て子どもは育つ。子どものいじめ問題以前に、「パワハラ」という精神的暴力、“見て見ぬふり”の姿勢をどうにかしなければならない。(2019/10/25)

LINE、iOS版アプリの推奨年齢を12歳以上に引き上げ 青少年保護で
LINEが、iOS版「LINE」アプリの推奨年齢を12歳以上に引き上げると発表した。(2019/10/24)

サラリーマン、プリキュアを語る:
願いと祝福、新時代のプリキュア映画は子どもたちに何を伝えたのか? 「映画スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」を見て
映画スタプリ、2日間で3回見に行くほどには最高の映画でした。心が温かくなります。(2019/10/24)

「子どもの頃から美脚」 さゆり、45年前の“スタイル抜群”美少女ショットに「美しすぎて罪」と反響
45年前というのも驚き。(2019/10/20)

アニメ制作会社「STUDIO 4℃」社員が未払い残業代を求めて提訴 「海獣の子供」の制作進行を担当、労基が是正勧告も未だ支払われず
顔出しで業界の悪習を変えたいと語るAさんにお話を伺ってきました。(2019/10/18)

アカデミー賞長編アニメ部門エントリ32作品発表 邦画からは「天気の子」「プロメア」「若おかみは小学生!」「海獣の子供」
受賞作は出るでしょうか。(2019/10/17)

辻希美、台風対策&4人の子どもの世話でダウン「頭痛や吐き気」 杉浦太陽の不在に「もう恐怖でしかなかった」
杉浦さんはロケのため不在でした。(2019/10/13)

3.4型タッチパネル対応ディスプレイを搭載 ドコモの「キッズケータイ SH-03M」
ドコモが、シャープ製の「キッズケータイ SH-03M」を今冬に発売する。キッズケータイとしては大きく高解像度の3.4型qHD(540×960ピクセル)ディスプレイを搭載した。防水や耐衝撃性能をサポート。見守り機能や、子どもの成長に合わせた機能も用意する。(2019/10/11)

「親が子どもについて無断でSNSに投稿するのは問題」と答えた10代は42%──Microsoft調べ
Microsoftが25カ国で行った調査で、親が自分の知らぬ間に自分の写真や動画を投稿し、そのせいで問題になったと答えた10代が全体の42%に上った。(2019/10/10)

クリップが付いた、あの鉛筆「ペグシル」 44年前に大阪で生まれた
アンケート用紙や場外馬券売り場のマークシートに添えられているクリップが付いた携帯用鉛筆。だれもが一度は見たことのあるこの製品には「ペグシル」という名前がある。ゴルフ製品製造販売会社の「岡屋」が44年前に開発し、単純計算で日本人が毎年1本ずつ手にするまでになった。社長の井尻和子さん(76)は「子供や女性も喜ぶ商品を作りたい」と意気込む。(2019/10/9)

機械学習を活用
いじめに遭った子どもの「心の叫び」に気付くために学校が取り入れたITとは
米国のある学区は、クラウドアプリケーションセキュリティサービス「ManagedMethods」を使用している。学習者が作成するドキュメントにある“有害な言葉”を検出することに役立てているという。その実態とは。(2019/10/9)

Amazonの「Kindle キッズモデル」は1年間子ども向け本が読み放題で1万980円
Amazonが、電子書籍リーダー「Kindle」の初の子ども向けモデル「Kindle キッズモデル」の予約を開始した。か買うは1万980円。「Amazon FreeTime Unlimited」を1年間無料で利用でき、容量は普通のKindleの倍の8GBで、軽量な専用ケースが付属する。(2019/10/8)

幼児教育・保育の無償化で軽減されるお金は「子どもの将来のための貯蓄」へ 高まる保護者の教育志向
堅実さに時代を感じる。(2019/10/7)

国体初のeスポーツ大会 若年層中心に健全性アピール ゲーム産業のすそ野拡大に期待
第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体2019」で、コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の全国都道府県対抗選手権が5日、開かれた。国体では初の試み。eスポーツは国内でも人気が高まってきたが、新たに認知されつつある“競技”だけに抵抗感も根強い。関係者は国体での実施で、青少年を中心にeスポーツの健全性をアピールしたい考えだ。(高木克聡)(2019/10/7)

子ども視点の「虐待体験VR動画」はどのように生まれたか プロジェクト代表者に思いを聞く
多くの反響があった動画の舞台裏とは。(2019/10/5)

こんなに大きくなって! 鈴木福&加藤清史郎、“有名子役”2ショットにファンしみじみ「いつの間にかイケメンに」
子どもの成長は早い。(2019/10/5)

新連載・「イクメン」と呼ばれて:
なぜ私は「イクメン」と呼ばれるとイラっとしてしまうのか
共働きで子どもを育てている筆者。家事と育児をバリバリこなしている。なぜ「イクメン」と呼ばれるとイラっとしてしまうのか。(2019/10/5)

ディズニーストアに大人も子供も楽しめる「アナ雪」グッズが続々 雑貨からリアルなレリゴーごっこが捗る水鉄砲まで
(水がかかっても)すこしも寒くないわ。(2019/10/9)

米映画館チェーン、子どもを映画「ジョーカー」から遠ざけるよう保護者に警告
銃乱射事件の不安から、マスクやおもちゃの銃も禁止に。(2019/10/4)

小学校の画期的な運動会「体育館でのパブリックビューイングスタイル」にTwitterで称賛 保護者は子どもの学年の番に「優先観覧席」に移動
合理的……!(2019/10/2)

水曜インタビュー劇場(絶滅公演):
子どもの数は減っているのに、なぜ「恐竜博」で110分待ちになるのか
国立科学博物館で開催されている「恐竜博2019」が、人気を集めている。9月の3連休には、最大110分待ちのときも。子どもの数は減っているのに、なぜ恐竜を見るために行列ができるのか。恐竜博の監修を務めている真鍋真さんに話を聞いた。(2019/10/2)

バービー人形のマテルからジェンダーニュートラルな人形が発売 自由なカスタマイズで自由な表現を
子どもたちが好きなようにスタイリングできる人形です。(2019/9/30)

子供の懐を直撃か 消費税増税で揺れる「駄菓子」 
 8%か、10%か−。10月1日の消費税率引き上げに伴う軽減税率の導入で、子供に人気の駄菓子にもしわ寄せが及びそうだ。軽減税率の対象となる食料品の消費税率は、原則8%だが、駄菓子の「おまけ」の中身次第で10%になる商品も出てくる。見た目だけでは判別も難しく、店側も対応に苦慮している。(吉国在、江森梓)(2019/9/30)

子ども視点で「虐待をVR体験する動画」がつらい 横浜で起きた幼児虐待をリアルに再現し、被害の早期発見目指す
最後まで見るのは本当につらい。(2019/9/29)

「子供2人をどう抱えて避難したらいいの?」 トルコ在住の平愛梨、M5.8の地震発生に恐怖語る
ファンからは心配する声が寄せられています。(2019/9/27)

【たぶん中学生の数学力でも分かる】政治家の“子ども3人産んで発言”がおかしい理由
結論:仮にその通りになっても、日本の少子化問題は止まらなさそう。(2019/10/9)

「逃げて! 木原さん!」 星野源、新作イラスト「そらジロー」が子どもに見せられないホラー感
歯が……歯が……!(2019/9/26)

ミッキーのつり革がかわいい! ディズニーリゾートライン初めての新型車両を導入、子どもだけでなくバリアフリーにも配慮
早く乗りたい。(2019/9/26)

「子ども欲しい?」「夫婦で財布は別?」 価値観をパートナーと互いに確認できるサービス「ふたり会議」
夫を好きすぎるあまり、結婚生活を円満にするためのサービスを作ったという運営者に話を聞きました。(2019/9/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。