ニュース
» 2009年06月03日 13時06分 UPDATE

日本ユニシス、ウイルス定義ファイルの適用を請け負う新サービス

日本ユニシスは、企業のサーバやPCに対するウイルス定義ファイルの適用作業を同社のデータセンターで一括して行う新サービスを始める。

[ITmedia]

 日本ユニシスは6月3日、サーバやPCに対するウイルス定義ファイルの適用作業を同社のデータセンターで一括して行う「ウイルス管理統合サービス」を7月に始めると発表した。

 同サービスでは、ソフォスのウイルス対策プラットフォームを使用して、管理対象のPCやサーバに対する定義ファイルの更新、感染時の駆除支援、定期リポートなどを提供する。WindowsやLinux、UNIXなど25種類のOSプラットフォームに対応している。

 また、オプションメニューとして監査サービスや24時間のヘルプデスク、アプリケーション/デバイスの使用制限、インデント対応演習なども提供する。

 価格は、利用するメニューや管理対象規模によって異なるが、1000台環境の場合で1台当たり月額700円を予定。HDD暗号化などのメニューも計画し、今後3年間で3億円の売り上げを見込む。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -