ニュース
» 2009年06月09日 18時10分 UPDATE

F5、アプリケーション層での防御を強化したWAF新製品を発売

F5ネットワークスは、レイヤ7におけるDoS攻撃への防御を強化したWAF製品の最新版を発売した。

[ITmedia]

 F5ネットワークスジャパンは6月9日、ソフトウェア型のWebアプリケーションファイアウォール(WAF)製品の最新版となる「BIG-IP Application Security Manager v10」を発売した。アプリケーション配信管理のソフトウェア・モジュールとしても提供される。

 同製品では、レイヤ7でのDoS(サービス妨害)攻撃に対する防御機能が追加され、アプリケーションレベルでのパフォーマンスを監視し、正規通信を行うクライアントからの接続のみを適切に処理する。

 また、同社のハードウェアプラットフォーム「VIPRION」上で動作できるようになったほか、Web Acceleratorと統合して運用ができ、パフォーマンスを確保しつつ、セキュリティ強化を図れるようにしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

レイヤ7 | F5ネットワークス | WAF


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ