ニュース
» 2009年06月26日 15時00分 UPDATE

Panda、クラウドベースの統合セキュリティソフトを発売

Panda Securityは、インターネット経由でマルウェアの検知・駆除を行う統合セキュリティソフトを発売した。

[ITmedia]

 Panda Securityの日本法人PS Japanは6月25日、個人向け統合セキュリティソフトの最新版「Panda Global Protection 2010」など4製品を発売した。オンラインショップで提供する。

 新製品は、マルウェアの検知・駆除をインターネット経由で行うようにしたことで、メモリ消費量を従来に比べて8割削減した。ユーザーなどからのマルウェア情報を蓄積した「Collective Intelligence」というオンラインデータベースを参照する仕組みで、PCにパターンファイルデータを持つ従来型の方法に比べて、パフォーマンスが向上するという。

 製品ラインアップは、ネットブック向けの「Antivirus for Netbooks」とウイルス対策やパーソナルファイアウォール機能を持つ「Antivirus Pro 2010」、フィッシング対策も搭載した「Internet Secrurity」、Global Protection 2010の4つ。Global Protection 2010にはスパム対策やペアレンタルコントール機能、5Gバイトのオンラインバックアップサービスも含まれる。

 年間ライセンスは、Antivirus for Netbooksが3995円から、Antivirus Pro 2010が4995円から、Internet Security 2010が7995円から、Global Protection 2010が8995円から。半年間ライセンスも用意する。Antivirus for Netbooks以外は、3台までのPCにインストールできる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -