ニュース
» 2009年07月14日 19時59分 UPDATE

ジュニパー、分散型環境向けのセキュリティソリューションを発表

ジュニパーネットワークスは、異なるシステム環境でもIDとアプリケーション単位でユーザーを自動的に保護するソリューションを発表した。

[ITmedia]

 ジュニパーネットワークスは7月14日、企業向けセキュリティソリューション「分散型企業向けAdTMソリューション」を発表した。システム環境が拠点単位などで分散している場合でも、ユーザーなどの単位で自動的にセキュリティポリシーを適用させるという。

 ソリューションは、アプリケーション高速化の「WXシリーズ」、ネットワークアクセス管理の「UAC 3.1」、リモートアクセス管理ソフト「SAシリーズ SSL VPNバージョン6.5」、IPS(侵入防御)技術、セキュリティ管理ツールの「STRM 2009.1」、ネットワークの管理分析ツール「NSM 2009.1」で構成される。

 同ソリューションを導入することで、データセンターや地方拠点、パートナー企業といった異なるシステム環境でも、ユーザーIDや利用するアプリケーションの種類からユーザーを識別し、自動的に必要なセキュリティポリシーを適用させることができる。

 同社では、クラウドコンピューティングなどを利用したリモートからアプリケーション利用において、セキュリティの強化とアプリケーション配信の最適化を支援すると説明している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -