ニュース
» 2009年07月15日 17時21分 UPDATE

これもビジネスユース狙い?:Gmailの「ToDoリスト」がLabsを卒業

Googleが、GmailのToDoリストの正規機能への昇格とGoogleカレンダーに独自機能を追加できるAPIの公開を発表した。

[ITmedia]

 米Googleは7月14日、Gmail Labsから実験的機能として提供してきた「ToDoリスト」を正式機能としてGmailに組み込んだと発表した。Gmailの「連絡先」の下に追加された。

 また同社は13日、「Google Calendar Labs」の立ち上げを発表した。Gmail Labsの成功を受け、Googleカレンダーに関連する実験的な機能の発表の場とするという。設定言語を英語にしてGoogleカレンダーを起動すると、Gmailと同様にLabsへのリンクのアイコンが表示される。既に、カレンダーを共有しているユーザーの予定が確認できる「Free or busy」や「World clock」(世界時計)など6種類のツールが公開されている。

 Google Calendar Labsの立ち上げとともに、カレンダーに独自機能を追加できるGoogle Calendar APIを公開した。Google Appsのユーザー企業はこのAPIを使って自社の予定表に機能を追加することができる。

関連ホワイトペーパー

Google(グーグル) | API


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -