ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビジネスユース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビジネスユース」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメントニュース:
生成AIのビジネス利用拡大へ、SAPがGoogle Cloud、Metaなどと連携強化
SAPは、ビジネス用の生成AI活用拡大に向けて、Google Cloud、Meta、Mistral AI、NVIDIAとパートナーシップを強化する。(2024/6/18)

ビジネス用生成AIアシスタント「Amazon Q」公開 自然言語でアプリ作れる「Amazon Q Apps」も
AWSがビジネス利用に特化した生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を始めた。(2024/5/7)

「持続可能な生成AIイノベーション」を支援:
最適な学習方法は? 安全にデータを使うには? AWSが解説する「生成AI活用のいろは」
生成AIをビジネス利用しようとしている企業は多いだろう。市場にはさまざまなサービスがあふれているが、「うまく使いこなせないかもしれない」「一時的にしか使わないのでは」といった懸念を持つ人もいるだろう。本稿では、AWSのセミナーを基に、継続的に生成AIを活用するためのヒントを探る。(2024/4/26)

「目指せ↑ワンランク上の仕事術」デジモノ探訪記:
魅惑のスライドキーボード付きポータブルゲーミングPC「AYANEO SLIDE」はノートPCの代わりとしてビジネス利用できるのか?
企業や組織のIT部門を支援してきた石黒直樹氏が、実際に使っていて仕事に役立つと思ったものや、これから登場する新製品、新サービスをいち早く試してレビューする連載。(2024/1/23)

MONOist 2024年展望:
生成AI×設計の現在と未来を見据えた付き合い方
今注目のテクノロジーといえば「ChatGPT」に代表される生成AIが挙げられるでしょう。社内情報資産を活用した業務効率化などビジネス利用が進む中、製造業におけるデザイン/設計業務においても生成AIの存在感が増しています。今どのような活用が進んでいるのか? 2024年メカ設計フォーラム新年展望では、生成AI×設計の現在と、未来を見据えた付き合い方について考察します。(2024/1/9)

ビジネス利用に最適化された生成AI「Amazon Q」登場 月額20ドルから
Amazon Web Services(AWS)が、ビジネス利用に特化した生成AIアシスタントサービスのプレビュー提供を開始した。ライセンス料金は1ユーザー当たり月額20〜25ドルと、競合企業の同種サービスよりも手頃であることが特徴だ。(2023/11/30)

Amazonプライムデー:
最大約22%オフ! マウスコンピューターのデスクトップPCとノートPCがお手頃価格で買える!
7月12日まで、Amazonのビッグセール「Amazonプライムデー」が開催中だ。マウスコンピューターは、ゲーミングデスクトップPCやノートPC、ビジネス利用にちょうどいいデスクトップPCやクリエイター向けノートPCなどをセール出品している。最大約22%オフだ。(2023/7/11)

生成AIの活用・検討率、1位はIT業界 ワーストは?
野村総合研究所は、ビジネスパーソン2421人を対象に、生成AIの「ビジネス利用の現状と今後」について調査を実施した。職場における業務の中の生成AIの導入状況を見ると、「実際利用している」、「検討中」の割合が最も高い業種は「IT・通信」(34.2%)であり、最も低いのは「公共」(9.1%)であることが分かった。(2023/6/16)

ChatGPTなどLLMの弱点“ハルシネーション” 「GPTは要素技術だ。商用という意味では遠い」
ChatGPTのビジネス利用はブームだが、これをビジネスで活用しようとした場合、さまざまな課題がある。AIを活用したチャットボット開発などで知られ、ChatGPTのようなLLMの活用も進めているPKSHA Technologyが、商用利用のポイントについて語った。(2023/5/23)

生産性 vs エンゲージメント? 企業向けSNS「Viva Engage」を日本マイクロソフトが社内実践して分かったこと
企業向けSNSで社内の交流を活性化できるのか――日本マイクロソフトがビジネスユーザーを対象に開催したイベントを開催し、自社が提供する「Microsoft Vivaシリーズ」を用いたコミュニケーションの実践結果を紹介した。(2023/5/19)

ChatGPTの影響は? AIブームはいつまで続く? IDCがAIシステム市場を予測
IDCは、国内AIシステム市場の予測を発表した。DXに取り組む企業が増加し、ChatGPTのビジネス利用が模索される中、市場にはどのような影響があるのだろうか。(2023/5/1)

エイサー、ビジネス利用に向くスタンダード23.8型/27型フルHD液晶ディスプレイ
日本エイサーは、フルHD表示に対応したスタンダード設計の23.8型/27型液晶ディスプレイ「24CV1YHbi」「27CV1Hbi」を発表した。(2023/4/11)

「Slack」と「Teams」で発送手続き、ヤマト運輸が宅急便で新機能
ヤマト運輸は1月30日、ビジネス利用の宅急便において、発送手続きをSlackとMicrosoft Teams上で行える機能を提供すると発表した。配送費用は手続き時に自動で計上され、後日企業に請求するため、個人での立て替えが不要になるという。(2023/1/30)

Social Media Todday:
イーロン・マスク氏に捧げるTwitterの収益を向上させるための5つのアイデア【後編】
Twitterが自社の収益性を高めるためにはまず、ビジネスユーザーに利益をもたらすようにプラットフォームを改善する必要がある。(2022/11/27)

Social Media Today:
イーロン・マスク氏に捧げるTwitterの収益を向上させるための5つのアイデア【前編】
イーロン・マスク氏が主張する「言論の自由」の議論はさておき、Twitterはビジネスユーザーと自社のためにプラットフォームを改善する余地があるはずだ。(2022/11/25)

半径300メートルのIT:
ビジネス利用において「スマホアプリ内蔵Webブラウザ」に気を付ける必要あり!?
人気アプリが起こした一件の騒動が、私たちに大切なことを教えてくれるかもしれません。情報漏えいの危険を減らすためには少しの工夫が必要です。めんどくさいと思ってもまずはトライしてみましょう。(2022/9/20)

QNAP、ホーム向け1ベイ/4ベイNAS新モデル AI人物認識速度を向上する専用プロセッサを搭載
QNAPは、家庭およびスモールビジネスでの利用を想定した1ベイ/4ベイNAS「TS-133」「TS-433」を発表した。(2022/8/3)

MSI、ビジネス利用に向くスタンダード23.8型フルHD液晶ディスプレイ
エムエスアイコンピュータージャパンは、スタンダード設計の23.8型フルHD液晶ディスプレイ「PRO MP241X」を発売する。(2022/6/16)

「現実のビジネス課題」の解決方法
社会実装進む量子コンピューティング 3つの事例から見る効果と活用のポイント
新技術をいち早く取り入れた企業ほど、ビジネスにおいてアドバンテージを得やすいとされる。昨今、社会実装が急速に進んでいる量子コンピューティングについて、実用化の現状と今後の展望、ビジネスユースを踏まえた最新の事例を紹介する。(2022/6/9)

Microsoft 365利用者アンケートで見えた:
PR:複数クラウドツールを使いこなすための課題と解決策
企業の情報システム担当者やビジネスユーザーは「Microsoft 365」をどのように利用しているのか。調査結果から「Microsoft 365」だけでなく、複数クラウドを利用している企業が多いという実態が見えてきた。(2022/4/15)

デル、WQHD表示対応の31型液晶など“プロフェッショナルシリーズ”新モデル8製品を投入
デル・テクノロジーズは、ビジネス利用などに向く“プロフェッショナルシリーズ”となる液晶ディスプレイ計8製品を発表した。(2022/2/28)

製造業メタバース:
メタバースをビジネス用途で、誰でも簡単にワールドを構築できるサービス
凸版印刷はビジネス用途向けメタバースサービス基盤「MiraVerse」を発表した。メタバース内に現実世界の色や質感を忠実に再現する“真正性”を追求するとともに、ビジネス利用に必要となる各種構成要素のデータ管理機能や改ざん対策に加え、アバターの本人認証と安全なコミュニケーションをワンストップで提供する。(2022/2/22)

ロジクール、ビジネス利用に向くフルHD対応Webカメラ
ロジクールは、ビジネス向けをうたったフルHD撮影対応のWebカメラ「C930s」を発表した。(2022/2/16)

Dynabook、ビジネスパーソン向けのオンラインイベント「dynabook Days 2022 Spring」を開催 1月26日/27日
Dynabookは、ビジネスユーザー向けとなるオンライン形式の展示会/セミナーイベント「dynabook Days 2022 Spring」の開催を発表した。(2022/1/12)

CES 2022:
新デザインと新カラーを採用 Lenovoが新型Ryzenプロセッサ搭載の「ThinkPad Zシリーズ」を5月に発売
Lenovoが、ThinkPad Zシリーズを“復活”させる。新しいZシリーズは、AMDの最新APU「Ryzen PRO 6000シリーズ」を搭載し、より広いビジネスユーザーに訴求すべく、従来のThinkPadからデザインの一部を変更すると同時に、環境配慮も盛り込んでいる。(2022/1/5)

英国は「スマホで仕事」が盛ん
「スマホで仕事は無理だ」と思い込んでいないか? ここまで進んだビジネス利用
英国ではテレワークの普及を受け、PCではなく、スマートフォンを使って仕事をする動きが広がっている。「5G」準拠のスマートフォンの充実は、この動きを加速させる可能性があるという。何が起きているのか。(2021/12/15)

AWS、ノーコード機械学習サービス「Amazon SageMaker Canvas」提供開始
AWSはビジネスユーザー向けのノーコードMLツール「Amazon SageMaker Canvas」を発表した。コーディングの知識がなくてもデータセットをアップロードして指定することでモデルを構築できる。(2021/12/1)

エプソンダイレクト、ビジネス利用にも向く45mm幅のスリムデスクトップ
エプソンダイレクトは、本体幅45mmの省スペース筐体を採用したスリムデスクトップPC「Endeavor AT20」の販売を開始する。(2021/12/1)

東北・北海道・上越・北陸新幹線の「8号車」、今後ビジネス向けの“新幹線オフィス車両”に 11月22日から
「座席での通話が許容」となる専用車両。もちろんビジネス利用でなくても使えます〜。(2021/11/15)

「Galaxy Z Fold3 5G」はビジネス市場で存在感を示すか【前編】
Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold3 5G」、仕事でうれしい機能は?
Samsung Electronicsの折りたたみ式スマートフォン「Galaxy Z Fold」シリーズの最新モデル「Galaxy Z Fold3」は、ビジネスユーザーにとってどれほど魅力的な機能を搭載しているのか。専門家が注目する新機能は。(2021/9/11)

「Cortana」ビジネス利用への期待と懸念【後編】
「Cortana」ビジネス利用時の懸念 プライバシーはどうなる?
仮想アシスタント「Cortana」の音声コマンドで「Microsoft Teams」を操作する機能は大きなメリットであり、仕事のやり方を一新する可能性もある。だがセキュリティとプライバシーには問題はないのか。(2021/9/7)

2025年度には売上金額が1200億円に達する:
「AIは『ビジネスユーザーのための道具』として足場を固めている」 ITRがAI関連の主要8市場の市場規模を予測
ITRは、AI関連の主要8市場について、市場規模の推移と予測を発表した。ITRは2020年度の売上金額を対前年度比19.9%増の513億3000万円、2020〜2025年度の年間平均成長率を18.7%と見込んでいる。(2021/8/30)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(43):
テレワーク時代、「仮想FAX」の有用性に注目しよう
インターネットのビジネス利用が進んでいる中、FAXの利用者はほとんどいないと考えている読者もいるだろう。しかし、金融機関や個人事務所など、顧客がFAXによる送受信を望む場合が残っている。企業はFAX管理システムやクラウドを利用した仮想FAXを導入することで、このような顧客にも対応できる。(2021/8/30)

NAVITIMEに月額880円の「プレミアムプラス」登場 MY地点登録が無制限に
スマホ向けアプリ「NAVITIME」と「PC-NAVITIME」へ、月額880円(税込み)のビジネス利用者向け「プレミアムプラス」コースを新設。既存の「プレミアム」コースに加え、専用の機能を利用できるようになる。(2021/8/5)

「汎用人工知能」(AGI)のビジネス利用の展望【前編】
「汎用人工知能」(AGI)はC-3POやR2-D2を実現させることができるか
ビジネス利用可能な汎用人工知能(AGI)はまだ実現していない。だが実現すれば、これまではSF作品の中だけの存在だったものを、現実の世界に生み出せるようになる可能性がある。(2021/7/7)

ドコモ、ビジネス向け「DIGNO ケータイ ベーシック」を6月3日発売
NTTドコモは、6月3日に「ドコモケータイ DIGNO ケータイ ベーシック KY-41B」を発売。カメラ、ワンセグ、おサイフケータイを搭載しておらず、ビジネスでの利用を想定している。(2021/5/27)

従業員端末の多様化を支えるには
「社内Macを安全に使う」が意外と難しい理由 どう管理すればよいのか?
業務アプリケーションのクラウド化によって、「Windows」端末だけでなく「Mac」のビジネス利用が進みつつある。Macのマルウェア対策やID管理を強化して従業員が安全に使えるようにするにはどうすればよいのか。(2021/5/31)

ドンキ、ビジネス利用も想定したCeleron搭載14型エントリーノート Windows 10 Pro搭載で税込み3万2780円
ドン・キホーテは、Celeronを搭載したエントリー構成の14型ノートPC「MUGA ストイックPC4」を発売した。(2021/5/14)

C++との相互運用性向上を望む声:
Rustの利用状況調査、ビジネス利用が進む一方で習得の難しさなどが依然課題
Rust Survey Teamはプログラミング言語「Rust」の利用状況に関する年次調査結果を発表した。Rustの安定性に対する評価が高い一方で、C++との相互運用性の向上や学習のしやすさを改善してほしいという回答が多かった。(2021/1/12)

第3世代「Ryzen 5」搭載で高コスパな2in1ノートPC 「HP ProBook x360 435 G7」を試す
日本HPが主にビジネスユーザー向けに販売している2in1ノートPC「HP ProBook x360 435 G7」は、価格の手頃さの割に機能や処理パフォーマンスが良い注目モデルだ。この記事では、その実像をレビューしていく。(2020/11/27)

出張や受験勉強での利用を想定:
東急リゾーツ&ステイ、宿泊とシェアオフィスが一体となったプラン提供開始
東急リゾーツ&ステイは「東急ステイ」宿泊時にシェアオフィス「Business-Airport(ビジネスエアポート)」を利用できるプランを発売した。ビジネス利用やワーケーション、資格や受験勉強での需要を見込む。(2020/11/16)

Tiger Lake搭載で最軽量構成は966g――Lenovoが13.3型モバイルノートPC「Yoga Slim 7i Carbon」発表 16:10液晶搭載
Lenovoが、Yogaブランドから1kgを切るモバイルノートPCを発売する。新しいカーボン素材を採用することで軽量化と丈夫さの向上を両立し、ビジネス利用に最適な16:10液晶ディスプレイも搭載した。(2020/10/12)

レノボ・ジャパン合同会社提供ホワイトペーパー:
高いコスパと処理能力向上を実現、ビジネス利用に最適化された新型CPUの実力
ITリソースに性能とコストパフォーマンスの両立が求められる中、価格を抑えて処理能力を大幅に向上させた新型CPUが注目されている。ビジネス利用に最適化されたその特長とともに、搭載PCを紹介する。(2021/3/16)

Synology、10GbEポートを標準搭載したビジネス向け高機能6ベイNAS
Synologyは、ビジネスでの利用に向く高性能6ベイNAS「DiskStation DS1621xs+」を発表した。(2020/9/11)

国内唯一のピックアップトラック:
トヨタ、「ハイラックス」をマイナーチェンジ “タフさ”を強調したデザインに
トヨタ自動車は、ピックアップトラック「ハイラックス」をマイナーチェンジした。力強さを強調するデザインに仕上げ、燃費も向上。ビジネス利用や個性を重視する若年層などの需要を取り込む。(2020/8/19)

多様なワークスタイルに対応:
スタバ、“仕事で使える”新店舗オープン JINSの「集中できる空間」も
スターバックスコーヒージャパンは、テレワークなどのビジネス利用を想定した新店舗を東京・銀座にオープンした。予約可能なブース席のほか、メガネブランド「JINS」の研究から生まれたワーキングスペース「Think Lab」を設置している。(2020/7/30)

ASUSTOR、2.5GbE接続に対応したビジネスユースの2ベイ/4ベイNAS
アユートは、台湾ASUS製のビジネス向け2ベイ/4ベイNAS「LOCKERSTOR 2」「LOCKERSTOR 4」の取り扱いを開始する。(2020/7/28)

ファイル共有サービスの選び方
シャドーITに注意 テレワークで導入すべきファイル共有、管理サービス
テレワークに取り組む企業が増加し、ファイル共有の課題が浮かび上がった。ユーザーの利便性を損なうことなくセキュリティ上の課題をクリアし、ビジネス利用に最適なサービスを選ぶには。(2020/7/10)

独自のUXをフル活用
あなたの知らないLINEの取り組み 企業の人材難や業務効率化を支えるAIとは?
コミュニケーションアプリ「LINE」で知られるLINE社が、AI(人工知能)技術を活用した法人向け事業に注力していることをご存じだろうか。同社がビジネスユースのAI技術を推進する理由や、その機能に迫る。(2020/6/16)

UiPath、RPA管理ツールのクラウド版を提供開始 サポート新製品も発売
クラウド版の管理ツールは、RPAプラットフォームの導入から保守運用までをクラウド上で実現できる。また、RPA業務サポート用の新製品群は、ビジネスユーザーやRPA初心者にも簡単に使用できる設計だ。(2020/5/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。