ニュース
» 2009年07月28日 15時01分 UPDATE

NEC、統合ログ管理ソリューションを強化

NECは「RSA enVision powered by Express5800」による統合ログ管理ソリューションを強化。3年間で200億円の売り上げを目指す。

[ITmedia]

 NECは7月28日、同社のアプライアンス製品「RSA enVision powered by Express5800」による統合ログ管理ソリューションを強化すると発表した。

 強化の背景としてNECは、いわゆる日本版SOX法の初年度監査の結果、多くの企業がシステム管理者自身に対する統制不備の指摘を受け、かつ情報の漏えい事件も頻発していることを挙げる。解決にはログの統合的な分析・活用(統合ログ管理)が有効だが、多くの場合コストや技術的な理由で、不十分な対応にとどまっているのが実情だという。

 具体的には今回、システム管理者によるデータの持ち出しや不正アクセスを監視し統制を強化するソリューションと、データベースやファイルサーバに格納された重要情報へのアクセスを監視・監査するソリューションを追加する。前者は韓国に本社のあるシキューブ社の、後者はインサイトテクノロジーと網屋の製品技術と連携することで実現した。同時にNECはインサイトテクノロジーおよび網屋と、RSA enVision powered byExpress5800の開発検証やマーケティング・販売を行う「UDSパートナープログラム」を締結した。

 NECは関連ビジネスを含め、今後3年間で200億円の売り上げを目指す。また9月3日は本社ビルにおいて、本ソリューションのセミナーを実施する。

関連ホワイトペーパー

NEC(日本電気) | ログ管理 | SOX法


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ