ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「インサイトテクノロジー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インサイトテクノロジー」に関する情報が集まったページです。

既存SQLクエリをテストしてすぐ書き換え可能
動的SQLも漏れなくチェックするDB移行支援ツール「Insight Database Testing」
インサイトテクノロジーが新たに販売開始したデータベース移行支援ツールが「Insight Database Testing」だ。ユーザーは移行先データベースでSQL文を実行した結果を確認し、その場でSQL文の修正とテスト実行ができる。(2019/5/8)

ImpalaやHiveより120倍速い処理速度:
PR:「Hadoop」が抱える分析速度と運用性の課題、どう解決する? 攻めの経営戦略を実現するデータ分析基盤とは
攻めの経営戦略を進めるために、大量のデータ分析ができる「Hadoop」の導入を検討している企業は少なくない。しかし。そのほとんどで、性能やアプリケーションの保守性、運用性、コストなどの課題が浮かび上がっている。どうすれば解決できるのか。2人の専門家に聞いてみた。(2018/4/25)

東芝メモリSSDフォーラム2017:
PR:TSV、NVMe-oF、MariaDBチューニング――東芝メモリの技術力が起こすフラッシュメモリによる革新
2017年11月30日、都内で東芝メモリの主催イベント「東芝メモリSSDフォーラム2017」が初めて開催された。イベントは2部構成になっており、第二部講演では「一挙公開 デジタル変革を支えるフラッシュ&SSDテクノロジー」と題し、東芝メモリのエンジニアらが、東芝メモリのフラッシュメモリ/SSDの詳しい技術解説やデモを行った。(2018/1/10)

SQL Server対応を進める業務パッケージが急増中:
PR:独立系ソフトウェアベンダーはなぜデータベースにSQL Serverを選択するのか――対応を成功させるための数々の支援施策が決断を後押し
進化の速度でも経済性でも業界トップクラスにある「Microsoft SQL Server」――。このところ、業務パッケージソフトウェアのデータベースとしてSQL Serverを選択する独立系ソフトウェアベンダーが増えている。その理由は「業務パッケージの高付加価値化」「Microsoft Azureとの親和性」「コストメリット」の3点。アセスメントを提供するコンサルタントの存在や、日本マイクロソフトによる支援施策の効果も大きい。(2017/11/15)

データベースアクセス監査と不正アクセスの統合検知を実現:
インサイトテクノロジーのデータベース監査ツール「PISO」がMySQLにも対応
インサイトテクノロジーのデータベース統合監査ツール「PISO」が「MySQL」にも対応。データベースの種類やバージョンが混在するシステムにおいても、ログ形式の違いを意識せずに監査の統合運用を実現できる。(2017/2/13)

Oracle、DB2、Hadoopなどの動作状況をまとめて可視化:
インサイトテクノロジー、データ分析基盤の統合管理ツール「Attunity Visibility」をリリース
インサイトテクノロジーが、データ基盤の統合監視ツール「Attunity Visibility」をリリース。Oracle Database、DB2、Hadoopなど、各種データベース/データウェアハウス/データ分析基盤のデータ使用量、負荷、アクセス頻度などを統合管理できる。(2016/11/11)

OSS対応を強化:
データベース監査ツール「PISO」が刷新、PostgreSQL対応版をリリース
インサイトテクノロジーは、データベース監査ツール「PISO」を刷新。Oracle Database、SQL Server、Symfowareなどに加え、新たにPostgreSQLにも対応した。(2016/8/2)

SQL Server 2005のEOSも目前に控える
SSDを柱にハード最適化を目指す「SQL Server SSD Appliance」が存在する意味
処理性能を高め、導入コストを抑える工夫を凝らした「Microsoft SQL Server SSD Appliance」。この製品はどのようなものか。また、今後のロードマップとは。(2016/1/22)

Database Expertイベントリポート:
“Hadoopエンジニアは年収3000万円”――「DW 2.0」とDBエンジニアのキャリア、米国エンジニア事情
“データウエアハウスの父”ビル・インモン氏が日本のデータベースエンジニアを前に講演、データの性質が変わってきたいま、データウエアハウスの次の形態としてインモン氏が示したのは「DW 2.0」。その根幹を支えるテクノロジを扱うスキルを持つエンジニアが、いま北米で“引く手あまた”だという話も。(2015/7/7)

Database Watch(2015年6月版):
クエリストアって何だ? SQL Server 2016のパフォーマンス向上に注目
2015年6月に開催されたイベント「DB tech showcase」の講演の中から、2016年にも正式版がリリースされる次期SQL Serverの目玉機能をウオッチ。(2015/6/23)

「Microsoft SQL Server」とSSDを組み合わせる10種のアプライアンス
【徹底比較】データベース処理を“超”高速化する「SQL Server SSD Appliance」10製品の違いは?
日本マイクロソフトが主導となり、2012年から提供するアプライアンス製品「Microsoft SQL Server SSD Appliance」。現在、提供されている10製品を比較した。(2014/11/18)

Database Expertイベントレポート:
SQLチューニングだけじゃないデータベースチューニングを知る
フラッシュストレージアレイの登場、最新バスやストレージコントローラー規格の登場、大容量メモリの普及など、データベースと記憶装置にまつわるハードウェア事情はここ数年で大きく変化しつつある。運用やチューニング環境を考える上では、こうしたハードウェアの進化はもちろん、製品実装技術にも深い理解が必要だ。編集部主催セミナーを基に、多様化するデータベース周辺のハードウェアのうち、フラッシュストレージとの組み合わせ方についての最新情報を紹介する。(2014/9/25)

すべての企業にデータ活用の価値を:
PR:真の目的は企業成長のため ビジネス部門が使いこなせるビッグデータ基盤とは?
当初ビッグデータはCIOやIT部門がテクノロジーの観点から関心を寄せていた。しかし、今やその活用の担い手はビジネス部門となった。いかにして企業の成長に貢献できるか、その武器としての役割がデータに強く求められているのだ。そうした“データドリブン経営”を推進するためのビッグデータ分析基盤が日本でも本格展開されることとなった。(2014/6/23)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第29回 社外活動が縁となって日本オラクルの社員に――チューニングを熟知したDBAが目指したものとは?
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」―― 読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなた自身のキャリアプラニングに、ぜひ役立ててほしい。(2014/4/30)

米Actianのビッグデータ分析基盤を国内販売 インサイトテクノロジー
インサイトテクノロジーとActianは国内総販売代理店契約を締結した。(2014/4/11)

Database Watch(2012年11月版):
アジャイルな分析を可能にするカラムナデータベース、プラガブルなDB
最近注目を集める列指向データベースを標榜するVectorwiseとは? Oracle 12cが目指すプラガブルなデータベースにはどんな利点がある? 注目情報をまとめてウォッチ!(2012/11/22)

インサイトテクノロジー、特権IDの使用を警告するDB監査製品を発表
インサイトテクノロジーは、データベース監査製品の最新版を発表した。(2010/5/26)

おら! オラ! Oracle再検証 @IT出張所(2):
リーフ分割検証:意外と増えていたリーフブロック!
サイジングに頭を悩ませている技術者の皆さん、 インデックスのリーフ分割はどうして発生するのか、知りたくありませんか? 今回はリーフ分割の増え方を徹底的に検証します(編集部)(2010/1/18)

ゼロからのリレーショナルデータベース入門(11):
データベースセキュリティの必要性とその対策
前回は、データベースシステムの安定稼働を実現するためのデータベースシステムの監視について説明しました。今回は、データそのものを守るためのデータベースセキュリティについて、その必要性や種類を考えるとともに、データベースセキュリティの中心となる「監査」のポイントについて説明します。【更新版】(2018/12/27)

NEC、統合ログ管理ソリューションを強化
NECは「RSA enVision powered by Express5800」による統合ログ管理ソリューションを強化。3年間で200億円の売り上げを目指す。(2009/7/28)

インサイトテクノロジーの「PISO」:
PR:データベースセキュリティで重要な特権ユーザーのアクセスログをシステムに負荷なく取得
データベースには、取引先情報や個人情報など重要データが格納されている。機密情報に誰がアクセスし、どんな操作をしたのかを記録しておくことは、データベースセキュリティや内部統制の観点から重要だ。ログを取る際に問題になるシステムへの負荷を気にせずに、アクセスログを収集できる「PISO」について、開発、販売するインサイトテクノロジーに聞いた。(2009/5/11)

PR:Performance Insightによるパフォーマンス管理でコストを削減
情報システムを支えるデータベースとして最も使われているのがOracleだ。だがOracleの管理には高度なスキルが必要である点が悩みどころ。インサイトテクノロジーが提供するパフォーマンス管理ツール「Performance Insight」がこれを解消する。システムの性能を引き出し、効率的な運用を強力に支援するツールとして多くのユーザーから支持を集めている。(2009/4/20)

おら! オラ! Oracle再検証 @IT出張所(1):
パフォーマンス劣化はインデックスのせいなのか!? をみっちり検証
本連載は、インサイトテクノロジーが発行しているメールマガジン「おら!オラ! Oracle どっぷり検証生活」で過去に取り上げたテーマを、最新のバージョンや新しい切り口で再検証してみようという企画です。最初に取り上げるテーマは、メルマガの歴史の中でも最も古いテーマであるインデックス検証(B-Treeインデックスのパフォーマンス劣化に関する検証)についてです。(2009/4/7)

稼働報告書作成時間を短縮:
インサイトテクノロジー、IIJテクノロジーに運用管理ツールを提供
インサイトテクノロジーは、アイアイジェイテクノロジーが展開するデータセンター事業向けに、データベース運用管理ツールの最新版を提供する。(2009/3/24)

トラブルの原因究明が可能に:
インサイトテクノロジーのパフォーマンス管理ツール、デルの標準ソフトに組み込み
インサイトテクノロジーは、データベース管理ツール「Performance Insight 5.4.1」がデルが提供する「Oracle SE RAC パッケージ」の管理ツールとして採用されたと発表した。(2009/3/3)

英語と中国語に:
インサイトテクノロジー、海外対応したDB監査の「PISO 4.1.1」を発売
インサイトテクノロジーはデータベースDB監査ツール製品の最新版となる「PISO 4.1.1」を発売した。(2009/1/30)

混在環境に対応:
セキュアヴェイル、IBM DB2対応の統合ログ管理システムを発売
セキュアヴェイルは、DB2の監査ログに対応した統合ログ管理システムの最新版「LogStare Tetra」を発売する。(2009/1/9)

やるなら今! DBセキュリティ対策
脆弱性診断ツールだけでは見つけられないDBセキュリティの脅威
Webサイトと連動するデータベースが今、狙われている。SQLインジェクション攻撃によるデータ詐取やサイト改ざんが再燃し始めた。大切なデータを不正攻撃から守る手段をツール、サービス、運用で見ていく。(2008/9/2)

Oracle DBのパフォーマンス管理ツール最新版を発表
インサイトテクノロジーは、DBのパフォーマンス管理を行う「Performance Insight 5.4」を4月28日に発売する。(2008/4/22)

インサイトテクノロジー、DB監査ツール「PISO 4.0」を提供
インサイトテクノロジーは、データベース監査ツール「PISO 4.0」の提供を開始する。(2008/4/2)

インサイトテクノロジー、DB監査ツールの最新版を発表
インサイトテクノロジーは、データベース監査ツールの最新版「PISO 4.0」を4月2日から出荷すると発表した。(2008/2/27)

アシストとインサイト、IT全般統制でのサービス提供で協業
アシストとインサイトテクノロジーは、両社の製品を連携させるサービスを開始すると発表した。(2008/1/24)

大企業に強いSymfowareをサポートした点は大きい〜石井氏:
データベース監査ツール「PISO」が富士通のSymfowareをサポート
(2007/12/18)

NEWS
インサイトテクノロジー、Oracle E-Business Suiteの内部統制を強化するコンサルティングサービスを開始
「Oracle E-Business Suite」で利用しているOracleデータベースのすべてのアクセスをデータベース監査ツール「PISO」を用いて監視。パッケージシステムの利便性を損なわずに内部統制の強化を実現(2007/11/1)

「内部統制」に振り回されない賢いログ活用とは:
一挙紹介、ログ管理ソリューション(前編)
管理対象も対象となる企業規模も多種多様なログ管理ソリューション。内部統制の構築に際しては、目的に沿って適切な製品を選んでいく必要がある。まずは、基幹系システムと情報系システムのログ管理ソリューションに目を向けてみた。(2007/4/27)

SQLクリニック(12):
1つのSQL文で複数の表にINSERTする絶品テクニック
(2006/3/1)

デルとインサイトテクノロジー、Oracle DBの診断・チューニングサービス
デルとインサイトテクノロジーは、Oracleデータベースの診断とパフォーマンスチューニングを行う「データベースクリニックサービス」の共同提供を開始した。(2006/2/22)

SQLクリニック(11):
IF文のネスト地獄から抜け出せるMERGE文
(2005/12/27)

SQLクリニック(10):
まだまだあるぞ! 分析関数の究極テクニック
(2005/11/26)

SQLクリニック(9):
SQL分析関数をさらに深く追求してみよう
(2005/10/29)

SQLクリニック(8):
極めよう! 分析関数によるSQL高速化計画
(2005/9/27)

APMを盛り上げよう――ITX-EGとAPMツールベンダーが診断サービス
「APM市場を盛り上げていきたい」――ITX-EG、ベリタス、インサイトテクノロジーの3社がアプリケーションパフォーマンス管理分野で協力。「SiGN」診断サービスを発表した。(2005/9/20)

SQLクリニック(7):
PL/SQLでBLOBデータを自由自在に入出力
(2005/8/26)

デル、国内ISVの支援プログラムを開始へ
デルは8月9日より、国内のISV(独立系ソフトウエアベンダー)との連携強化を目的とした「デル ISV アリーナ」プログラムを開始する。(2005/8/4)

SQLクリニック(6):
SQLの抽出結果を階層構造で表示するテクニック
(2005/7/28)

SQLクリニック(5):
月別売り上げを四半期別に集計する関数ワザ
(2005/6/25)

SQLクリニック(4):
日付データ演算の達人技を伝授する 【第3話】
(2005/5/27)

SQLクリニック(3):
日付データ演算の達人技を伝授する 【第2話】
(2005/4/28)

SQLクリニック(2):
日付データ演算の達人技を伝授する 【第1話】
(2005/3/26)

SQLクリニック(1):
Oracle 10gの正規表現で文字列操作を極める
(2005/2/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。