ニュース
» 2009年08月12日 08時00分 UPDATE

JP1 V9 Review:インターネットサービスの稼働分析を改善する

JP1 V9のアベイラビリティ管理では、運用性、操作性を向上するため「クイックガイド」と「キーワード検索」にも改善を施した。その内容を解説する。併せて「IEシナリオによる計測」についても紹介する。

[友成文隆(日立製作所),ITmedia]

JP1 V9 Reviewのバックナンバーはこちらをクリック


運用性、操作性の向上につながるインタフェース改善

 JP1 V9のアベイラビリティ管理では、運用性、操作性を向上するため、「クイックガイド」と「キーワード検索」にも改善を施した。その内容を解説する。併せて「IEシナリオによる計測」についても紹介する。

クイックガイド

 従来のJP1では、監視項目に関する説明は、マニュアルやヘルプを参照し、リポートやアラームを設定していた。だがJP1 V9から、「監視項目を分類したレコード」と「監視項目であるフィールド」を、それぞれ説明文付きで一覧表示し、階層的に見たい項目を探せるようになった。これにより、リポートやアラームの設定が容易になった。

クイックガイド表示例 クイックガイド表示例

キーワード検索

 従来のJP1では、リポートやアラームを作成する場合、どのフィールドを監視項目に設定するかについて、あらかじめ調べる必要があった。だがJP1 V9では、リポート・アラーム定義やクイックガイドから「CPU」「メモリ」などキーワードを使って関連する監視項目を検索できるようになった。この検索結果から表示されるガイドを参照することで、リポートやアラームの設定が容易になる。

キーワード検索の例 キーワード検索の例

サービス計測とは

 サービス計測(Agent for Service Response)は、インターネットサービスのパフォーマンスを監視するために、パフォーマンスデータの収集および管理を行う製品である。

 このサービス計測では監視対象のインターネットサービスから、応答時間などのパフォーマンスデータ収集と集計を行い、その傾向や推移を図示することで、インターネットサービスの稼働状況分析をサポートする。

 サービス計測では、各インターネットサービスのサーバにリクエストを送信し、レスポンスを得るまでの時間やデータ転送のスループットを計測することで、インターネットサービスの応答性能の情報を収集する。「HTTP/HTTPS/SMTP/POP3/IMAP4/DNS/DHCP/FTP/TCP」などのインターネットサービスについて応答時間を計測できる。

IEシナリオによる応答性能監視

 JP1 V9では、Internet Explorer(IE)環境でのWebページの画面遷移を操作履歴としてシミュレートし、体感時間と同等の応答時間を計測できるようにした。

操作の記録

 IEを使って操作した手順を記録するレコーダ機能を提供する。監視したいWebサイトに関する専門知識がなくても、あらかじめ測定したい操作パターンをIEシナリオでレコーデイングできるようにした。

操作の再現と計測

 記録したIEシナリオを使って、操作を再現し応答時間などのパフォーマンスを計測できるようになった。

IEシナリオによる計測手順 IEシナリオによる計測手順

関連ホワイトペーパー

運用管理 | 仮想化 | JP1


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ