ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「システム管理者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!運用・管理→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で運用・管理関連の質問をチェック

DX運用のためのITIL 4(5):
ITIL 4でサービスリリースを短縮するには? 「HVIT:ハイベロシティIT」を解説(前編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第5回は、ビジネス目標を達成するためにデジタル技術をどう活用すべきかのヒントとなる「HVIT」(ハイベロシティIT)を取り上げる。(2024/2/15)

業務用端末のリサイクルで得られる利点【前編】
「PC」や「スマホ」をいいかげんに捨てたら“絶対NG”な理由
企業のIT管理者は、業務用デバイスの調達だけでなく廃棄のプロセスも入念に計画を立てるべきだ。デバイスを廃棄する際に、できる限りリサイクルを選択することにはさまざまな利点がある。それは何か。(2024/2/3)

開発と運用で重みを増す「自動化」【後編】
DXの影で疲弊するIT管理者、AIOpsは救世主になるのか
DXが進展するほど社内には管理対象のシステムが増え、IT管理者は疲弊する。効率化だけではない、AIOps(AI技術を使ったシステム運用)の価値とは。(2024/1/29)

主要クラウドのIAMを比較する【中編】
AWS、Azure、Googleの「IAM」を比較 見落としがちな“微妙な違い”とは
IT管理者はクラウドサービスのユーザーを管理するために「IAM」を利用する必要がある。主要クラウドサービスが備えているIAMツールを比較する。(2024/1/26)

SBOM基礎知識:
Windows OSのシステム管理者も無関係じゃない、これから始めるSBOM
使用していたオープンソースのソフトウェアに使われていたライブラリに脆弱性があったことに気付かないでいたことで、攻撃を受けてしまったという事例が発生しています。これはLinuxだけでなく、Windows OSでも起こり得る事態です。こうしたリスクを軽減する方策として、SBOMと呼ばれるOSSのサプライチェーン管理の手法があります。今回はSBOMとはどういったものなのかについて解説します。(2024/1/19)

開発と運用で重みを増す「自動化」【前編】
「手作業の運用管理は非効率」 調査が示す、IT管理者の悲鳴
手作業によるシステム運用管理は、どれほどの生産性損失につながるのか。調査会社Forrester Researchのレポートから、IT運用に関わる現場の声を紹介する。(2024/1/15)

管理者、一般従業員の双方で徹底した対策が必要:
当たり前過ぎて忘れていない? アクトが提言する「年始に気を付けたいセキュリティ対策」
アクトは、年末年始の休暇明けにとるべきサイバーセキュリティ対策について提言した。徹底すべき対策として、システム管理者には修正プログラムや定義ファイルの更新など、ユーザーには不審なメールやURLへの注意を挙げた。(2024/1/9)

DX運用のためのITIL 4(4):
5つのステップでうまくいく! 関係者の価値を最大化する方法(後編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第4回は、前回に引き続きITIL 4の資格体系の一つ、カスタマージャーニーに関する7つのポイントを取り上げ、それがどのように顧客や関係者の体験を向上させるかについて解説した資格体系の一つ「DSV(Drive Stakeholder Value:利害関係者との価値の創造)」を取り上げる。(2023/11/21)

TechTargetジャパンエンジニア読本集:
PowerShell「foreach」「ForEach-Object」「while」「do while」の根本的な違い
「PowerShell」によるタスクの反復処理は、「Windows」を扱うIT管理者の業務を楽にしてくれる場合がある。PowerShellで利用可能な4つのループ処理構文の違いを学び、使いこなせるようになろう。(2023/11/23)

オンプレミスでの生成AIアプリ開発を容易に:
VMwareが生成AI関連でGoogle Cloudと共同発表、AlloyDBをオンプレミスでサービス化
VMwareとGoogle Cloudは、「企業のオンプレミスでの生成AI活用を容易にする」として、協業を発表した。AlloyDBのAI関連機能を生かしたアプリ開発を、IT管理者、データ管理者、開発チームが連携して迅速に進められるという。(2023/11/13)

この頃、セキュリティ界隈で:
安易すぎるパスワード「admin」、IT管理者も使っていた 管理者用パスワードランキング、スウェーデンの企業が公開
組織のシステムをサイバー攻撃から守る対策を徹底すべき立場にあるIT管理者の多くが、実はエンドユーザーと同じくらい安易なパスワードを使っていた――スウェーデンのサイバーセキュリティ企業の調査でそんな実態が明らかになった。(2023/10/27)

DX運用のためのITIL 4(3):
関係者の価値を最大化する――ITIL 4でカスタマージャーニーを描くには?(前編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第3回は、ITIL 4の資格体系の一つ、カスタマージャーニーに関する7つのポイントを取り上げ、それがどのように顧客や関係者の体験を向上させるかについて解説した資格体系の一つ「DSV(Drive Stakeholder Value:利害関係者との価値の創造)」を取り上げる。(2023/10/30)

「Mac」の暗号化機能とデータ保護【第4回】
実はこんなにある「Mac」の暗号化機能 使えるのは“FileVault”だけじゃない
IT管理者はストレージ暗号化機能のFileVaultに加えて、Macで利用できるその他の暗号化機能を活用すべきだ。ストレージだけでなくファイルを個別に暗号化することで、セキュリティ対策をより強固にできる。(2023/10/18)

NTT西日本子会社で約900万件の個人情報流出 元派遣社員が不正持ち出し
NTTビジネスソリューションズに派遣された元派遣社員が、ユーザー情報を不正に持ち出し、第三者に流出させていた。NTTマーケティングアクトProCXにテレマーケティング業務を委託していた一部クライアントの情報が持ち出された。元派遣社員がシステム管理者アカウントを悪用した。(2023/10/17)

ハイブリッドワークに適したPCの選定基準を考える
未来を見据えて考え直したい「テレワークを快適にするPC」の選定基準
ハイブリッドワークが続くことを見越して、ノートPCの選定基準を再考する必要がある。ユーザーの生産性を引き上げるだけではなく、システム管理者が納得できるセキュリティや管理性も備えたノートPCとは。製品選びのポイントを探る。(2023/10/24)

生成AIでバックアップはどう変わる?【第2回】
生成AIが「バックアップ」にもたらす“自動化”よりすごい可能性
生成AIなどのAI技術を、IT管理者のタスクの自動化に活用する動きが広がっている。AI技術はタスクの自動化だけではなく、他の業務にも活用できる可能性がある。(2023/9/13)

いずれ訪れるメモリとストレージの変化【後編】
次世代技術「CXL」がメモリだけじゃなくストレージさえも変える日
ストレージ分野に相互接続プロトコル「CXL」の影響が本格的に波及してくる前に、企業のIT管理者は、今後何が必要になるのかを考えておいた方がよい。CXLによる影響とは。(2023/8/21)

DX運用のためのITIL 4(2):
ITIL 4でサービス管理業務のフローを決めよう 運用業務設計者必見のCDSを解説
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第2回は、ITIL 4のITIL 4の資格体系の一つ、運用業務設計者としてシニアレベルに達するための必須知識をカバーするCDSについて解説する。(2023/7/18)

「ソフトウェア開発作業の一部を含む、技術に特化した役割への移行を迫られる」:
厳しいのは従来型のIT管理? IDCが仕事の激減するIT職種と、増えるIT職種を予測
IDCは、クラウドプラットフォームの採用拡大が、ITチームのデプロイメントモデルを大きく変化させていると指摘。2027年までの今後5年間で従来型のIT運用やシステム管理者の需要が減少すると予測した。(2023/6/22)

DX運用のためのITIL 4(1):
「ITIL 4」がDXに運用に効果的といえる理由 進化したITILの概観を学ぼう
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第1回は、ITIL 4の概観とDX時代のシステム運用について。(2023/5/25)

「RDP」の注意喚起と対策【中編】
「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)が“安全だ”と信じてはいけない理由とは?
エンドユーザーやIT管理者がテレワークをする上で「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)は役立つ技術だが、業務の安全性を保つためには注意すべき点がある。その理由を解説する。(2023/5/23)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(36):
「私がシステム管理者です」は魔法の合言葉
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第36列車は「プロンプトインジェクション」です。※このマンガはフィクションです。(2023/5/1)

リモートデスクトップでマウスが動かない場合の対処法【第1回】
リモートデスクトップでマウスが使えないときに“真っ先にやること”はこれだ
リモートデスクトップでマウスがうまく利用できないとき、IT管理者はどう対処すべきなのか。基本的な手順と考え方を説明する。(2023/4/20)

企業ユーザーに贈るWindows 11への乗り換え案内(10):
WSUSでWindows 11 バージョン22H2向けUUP配信がスタート、これまでの更新とは何が違う? 注意点は?
Microsoftはオンプレミスの更新プログラム配信基盤に対して、Windows 11 バージョン22H2向け品質更新プログラムおよび機能更新プログラムを「Unified Update Platform(UUP)」ベースのものに切り替えました。これに対応して、企業のIT管理者は、オンプレミスの更新プログラム配信基盤をUUP対応に移行する必要があります。(2023/4/11)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(232):
IT管理者を泣かせるWindowsの製品名変更やバージョン形式変更まとめ
IT管理者は、スクリプトを使って管理対象のコンピュータから各種情報を収集することがあります。Windows 10 バージョン20H2以降の「YYH1/YYH2」形式への変更、Windows 11の登場はそうしたスクリプトの修正を余儀なくさせます。(2023/3/29)

「華麗なるセキュリティ対策」IPAがアニメ公開 “ローウェイ姉妹”がてんやわんや
IPAが、情報セキュリティ対策の周知に向けたアニメを公開する。架空の企業・ローウェイ社の社長「ローウェイ瑛美」と、妹で秘書の「ローウェイ美幸」を情報システム管理者「情ヶ崎」が指導するストーリーという。(2023/3/6)

AI名寄せ、秘匿情報の自動検知機能を持つデータカタログ整備ツールを発表 インサイトテクノロジー
全社を挙げてのデータ活用を推進する前に、自社保有データのカタログ整備や秘匿情報の適切な管理、セキュリティ面の対策をどう実現するかはIT管理者らの大きな課題だ。(2023/2/21)

TechTargetジャパンエンジニア読本集
PowerShell「foreach」「ForEach-Object」「while」「do while」の根本的な違い
「PowerShell」によるタスクの反復処理は、「Windows」を扱うIT管理者の業務を楽にしてくれる場合がある。PowerShellで利用可能な4つのループ処理構文の違いを学び、使いこなせるようになろう。(2023/2/10)

マルチデバイスを一括管理
今変わるべきデバイス管理 故障対応やセキュリティをどうする?
多様化するデバイスの管理が大きな課題となっている。従業員、IT管理者、経営者がそれぞれに抱えるキッティング作業やセキュリティ対策などの運用管理の悩みと解決策について、分かりやすく解説する。(2023/2/7)

シングルサインオンが解決するID管理の負荷
IDやパスワードの管理が面倒 「シングルサインオン」で解決するのか
従業員やシステム管理者はIDやパスワードの管理に苦しんでいる。SaaSの利用拡大に従って状況はさらに悪化した。管理の負荷を下げるにはシングルサインオンが役立つという。既存の認証基盤を入れ替えることなく導入できるのだろうか。(2023/2/15)

IT企業デスクツアー:
「NURO 光」で働く人たちのデスク環境 ITエンジニアからマーケター、工事の運用管理者まで
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。転職先の雰囲気を把握したい人に向け、さまざまな職種の社員がどんな環境で働いているかをチェックする。今回は光インターネット回線の「NURO 光」に携わる人たちのデスク周りを見ていく。(2022/12/28)

年末年始はいつも以上にご用心! IPAの「情報セキュリティ注意喚起」で万全な仕事納めを
年末年始の長期休暇では、システム管理者が不在になるなど平時とは異なる状況になるため、IPAの注意事項を確認していつも以上に情報セキュリティ対策には気を付けないといけない。(2022/12/16)

迫る長期休暇、休み前のIT管理者がやっておくべき3つのこと
IPAは、年末年始の長期休暇を迎えるに当たり注意すべきセキュリティのポイントを紹介した。長期休暇前と長期休暇後でそれぞれ取るべき対策が異なるため確認の上、準備を始めてほしい。(2022/12/16)

医療機関にセキュリティ知識を ソフトウェア協会が講習事業スタート
ソフトウェア協会が「医療機関向けサイバーセキュリティ対策研修事業」を始める。経営者、システム管理者、医療従事者など向けに講座を実施する。(2022/12/9)

山市良のうぃんどうず日記(246):
“ワンオペ”はつらいよ、複数台のWindows Update作業にかかる手間を減らすには
米国時間で毎月第2火曜日は、毎月恒例の「Windows Updateの日」です。2022年も残すところ12月のあと1回。11月のBリリースを例に、前日と当日で筆者のルーティンとなっている作業を紹介しましょう。一般ユーザーやIT管理者にはこのような作業は必要ないはずですが、ちょっとしたテクニックもあります。(2022/12/7)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(134):
Windows Update for Businessとは異なる新しい「WUfB展開サービス」でIT管理者はもっと楽になる?
Microsoftは2021年3月に「WUfB展開サービス」を発表し、現在、パブリックプレビューとして提供しています。これまでのWUfBは、機能更新プログラムと品質更新プログラムの延期設定やバージョンのターゲット指定を、管理者が制御するグループポリシー設定でした。WUfB展開サービスは単なるポリシーではなく、Windows 10またはWindows 11の主に機能更新プログラムを確実かつ徐々に展開するための「Microsoft Endpoint Manager」に追加される新しいクラウドサービスです。(2022/10/4)

「過大な報酬を得ている」と思っている人は4%:
31%のIT管理者が「自身のキャリアで最も重要なものを得られていない」と回答 ソーラーウインズ・ジャパン
ソーラーウインズ・ジャパンは、技術者の採用市場の状況に関する年次調査「IT Pro Day 2022」の結果を発表した。自身のキャリア選択に自信を持っていると答えた人は67%だが、過去1年以内に転職を検討した人の割合は51%だった。(2022/9/26)

VMのパッチ管理「6ポイント」【前編】
仮想マシン(VM)の面倒なパッチ適用を“楽”にするには?
仮想マシン(VM)の「パッチ適用が大好き」というIT管理者はあまりいないだろう。だからこそ、パッチ管理の計画を立てて体系的に行動することが重要だ。パッチ管理を「楽」にする具体的な方法とは。(2022/9/20)

「IT管理者よ、休暇前と休暇明けにこれだけはやってくれ」NISCらが念押しの注意喚起
NISCらは夏季長期休暇における適切なセキュリティ対策の検討/実施を求める注意喚起を発表した。長期休暇前、長期休暇期間中、長期休暇後に実施すべきセキュリティ対策をまとめている。これらを確認、実施の上で休暇に入ってほしい。(2022/8/10)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(130):
Microsoftのクラウドサービスに接続できない場合、確実な情報を得る方法は?
突然、Microsoft TeamsやMicrosoft 365、Microsoft Azureに接続できなくなったら、どうしますか。企業のシステム管理者やエンドユーザーは、第三者から情報ではなく、Microsoftの「サービスの正常性」を確認できる場所に最初にアクセスする方が確実です。今回は、Microsoft AzureとMicrosoft 365についてその方法を紹介します。(2022/8/5)

ビジネス向け「Windows 11」の“いろは”【第2回】
「Windows 11」は優秀なOSなのか? セキュリティと業務効率で問う
PCのOSは、エンドユーザーの業務に大きな影響を与える要素だ。IT管理者は、「Windows 11」が業務効率にどう影響するのかだけではなく、セキュリティにどう影響するのかも含めて検討する必要がある。(2022/6/24)

「MAM」の10大機能と7大製品【第2回】
業務スマホを安全にする「MAM」ツールを使いこなすために知っておきたい6機能
「MAM」(モバイルアプリケーション管理)ツールは、IT管理者がモバイルデバイス向けアプリケーションを安全に運用するためのさまざまな機能を持つ。その主な機能を取り上げる。(2022/6/24)

Microsortが「Windows 11 22H2」をRelease Preiewチャネルで公開 組織のIT管理者が検証可能に
米Microsoftが「Windows 11 22H2 Build 22621」をRelease Previewチャネルで公開した。(2022/6/8)

そのログ、ただためているだけではもったいない:
PR:ログの統合管理はセキュリティ対策の「最後の砦」――サイバー攻撃の詳細を調査・報告、被害の拡大を防止するために必要な手段とは
意識している人は少数派かもしれないが、ビジネスがさまざまなITシステムやクラウドサービスに依存する中で日々大量に生成されているのが「ログ」だ。一般にログというと、「障害が発生したときなどにシステム管理者が参照するもの」といったイメージが強いかもしれない。だが実は、今深刻化しているサイバー攻撃に備えたセキュリティ対策の「最後の砦」として活用できる。どのように活用すべきかを見ていこう。(2022/6/7)

「Windows 365」を使うメリットと2大プランの違い【前編】
クラウドPC「Windows 365」を使いたくなる“あのメリット”
「Windows 365」は「Windows」の仮想デスクトップを容易に利用できるようにするDaaSだ。エンドユーザーだけではなくIT管理者にとっても役立つ、Windows 365の主なメリットを説明する。(2022/5/25)

DXに悩むITマネジャーにささげる! クラウドネイティブ講座(2):
ITマネジャーはクラウドネイティブ思考をどう活用すればいい?
本連載では、忙しいITマネジャーのために、クラウドネイティブを本質から解説している。第1回は「クラウドネイティブ思考」を解説したが、今回はそれをどう活用できるかについて、例を使って説明する。(2022/4/27)

DXに悩むITマネジャーにささげる! クラウドネイティブ講座(1):
ITマネジャーよ、クラウドネイティブ思考でいこう
「クラウドネイティブ」、やってみたいけど、手元の運用で手一杯。何がクラウドネイティブなのかも分からないし、難しそう……。そういうITマネジャーのためのクラウドネイティブ講座。第1回はクラウドネイティブの本質に迫ります。コンテナやKubernetesといった言葉は出てきませんよ。(2022/4/12)

クラウド活用で浮上した3つの課題とは
企業が直面するセキュリティ課題、もはや個別対応では難しい
クラウド活用でITシステムは柔軟になり、利便性も高まった。だが、攻撃対象が増え、システム管理者の対応が難しくなった。解決するには「ゼロトラストセキュリティ」の適用が望ましい。どうすれば全社横断の取り組みが可能になるだろうか。(2022/3/18)

出社再開のための「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)チェックリスト【後編】
ファン不具合でサーバ加熱も 止めていた「HCI」の再稼働時に注意すべきこと
オフィス出勤再開とともに取り組みたい「HCI」のチェック。セキュリティを含めたソフトウェア更新から細かいパーツの動作確認まで、チェック対象はさまざまだ。IT管理者のやるべきことをまとめた。(2022/3/10)

「社外秘のファイルをうっかり共有」を防止
「Box」と「Slack」「Teams」が連携強化、利便性と安全面でうれしいポイントは
「Slack」や「Microsoft Teams」が、「Box」との連携機能を進めている。こうした動きは、IT管理者にとってどのようなメリットがあるのか。利便性の向上やガバナンス強化といった「うれしい」要素をまとめた。(2022/3/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。