ニュース
» 2009年08月13日 08時03分 UPDATE

Mac OS Xのセキュリティアップデートが公開、BINDの脆弱性に対処

「Security Update 2009-004」ではBINDに起因する1件の脆弱性を修正した。

[ITmedia]

 米Appleは、8月12日付でMac OS X向けのセキュリティアップデートをリリースし、DNSサーバソフト「BIND」に起因する1件の脆弱性を修正した。

 今回のアップデートは、Mac OS Xに付属するBINDに深刻な脆弱性が見つかり、開発元のInternet Systems Consortium(ISC)が7月末にその脆弱性を解決するパッチをリリースしたことを受けたもの。

 Appleによれば、脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃でDNSサーバが予期せず終了してしまう可能性がある。この問題に対処した「Security Update 2009-004」は、Mac OS X 10.4.11と10.5.8が対象。ただしMac OS X、Mac OS X Serverとも、BINDはデフォルトで無効になっているという。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ