ニュース
» 2009年08月24日 07時45分 UPDATE

VMware、デスクトップ仮想化製品の脆弱性に対処

VMware WorkstationとPlayer、ACEの脆弱性を解決する更新版が公開された。

[ITmedia]

 米VMwareはデスクトップ仮想化製品のアップデート版をリリースし、複数の脆弱性に対処した。

 8月20日付で公開されたセキュリティアップデートは、デスクトップ仮想化製品のVMware Workstation、Player、ACEが対象。サードパーティライブラリのlibpngとApace HTTP Serverに脆弱性があったため、問題を修正して最新バージョンに更新した。

 更新版のVMware Workstation 6.5.3、Player 2.5.3、ACE 2.5.3は、それぞれVMwareのサイトからダウンロードできる。なお、libpngの脆弱性はVMWare Server 1.xと2.xも影響を受けるが、パッチは開発中となっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -