ニュース
» 2009年08月24日 16時40分 UPDATE

SugarCRMにSQLインジェクションの脆弱性

IPAはCRMソフトの「SugarCRM」にSQLインジェクションの脆弱性が存在すると発表。修正版がリリースされている。

[ITmedia]

 CRM(顧客関係管理)ソフトウェアの「SugarCRM」にSQLインジェクションの脆弱性が見つかったとして、情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターとJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月24日、情報を公開した。

 それによると、脆弱性はSugar Community/Professional/Enterprise Editionsの5.2.0g以前および5.0.0k以前、4.5.1o以前に存在する。脆弱性を悪用されると、第三者が管理者権限を取得してデータベースを不正に操作できるようになる。SugarCRM上に登録された個人情報が盗み出されたり、データが削除されたりするなど恐れがある。

 開発元の米SugarCRMは7月下旬に公開したバージョン5.2.0hと5.0.0l、4.5.1pでこの脆弱性を解消した。IPAとJPCERT/CCはユーザーに最新版の適用を呼び掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -