ニュース
» 2009年08月24日 17時07分 UPDATE

NEXCO東日本、PC8000台を管理するセキュリティプラットフォームを導入

NEXCO東日本は、8000台のPCを対象にハミングヘッズの統合セキュリティ管理プラットフォーム製品を採用した。

[ITmedia]

 東日本高速道路(NEXCO東日本)はこのほど、グループ企業を含めた約8000台のPCを対象に統合型のセキュリティ管理プラットフォーム製品を導入した。提供元のハミングヘッズが発表した。

 採用したのは、情報漏えい対策の「セキュリティプラットフォーム」とログ分析ツールの「高速フルテキストサーチエンジン」。NEXCO東日本はグループ会社も対象に同一ドメインのネットワーク環境を構築しており、統合的なセキュリティ対策が実現できるとして両製品を採用したという。

 当初は、USBメモリなどの持ち出し用リムーバブルメディアに対する暗号化機能を利用しており、グループ全体に展開した段階で電子メールの添付ファイルの暗号化や、外部に持ち出されたファイルを上司が確認できる仕組みを構築した。両製品を利用してアクセスログや操作ログを容易に収集、分析でき、セキュリティレベルの向上に活用しているという。

 今後はPCや社内システムの利用状況を把握する仕組みも構築していく予定だとしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -