ニュース
» 2009年09月29日 16時09分 UPDATE

iTunes同期は断念か:Palm、「webOS 1.2」リリース――App Catalogでの有料アプリ販売へ

Palm Pre搭載OSの新版「webOS 1.2」ではメールやアドレス帳など多数の機能が強化されたが、iTunesとの同期機能は復活していないようだ。

[ITmedia]

 米Palmは9月28日、同社製スマートフォン向けOS「webOS」の最新版「1.2.0」をリリースしたと発表した。新版は数日中にPalm Preに自動配信される。

 Palm Synergy機能の強化により、LinkedInのプロフィール情報がPalm Preの連絡帳に同期されるようになったほか、複数のExchange ActiveSync(EAS)ポリシーのサポート、Webページとメールでのコピー&ペースト機能などが追加された。また米Amazonの音楽ストア「Amazon MP3」からの楽曲ダウンロードがこれまでのWi-Fiに加え、3Gネットワークからも可能になった。

 またwebOS向けアプリストアApp Catalogで、有料アプリを購入する準備としてアプリケーションメニューでのクレジットカード番号の登録が可能になった。アプリケーションを購入するには使用許諾契約を結ぶ必要がある。

 この新版ではAppleのiTunesとの同期機能は復活していないもようだ。

 同日、開発者向けにwebOS 1.2に対応するSDK「Mojo SDK v1.2」もリリースされた。Mac OS X 10.6(Snow Leopard)、Windows 7 β(32ビット版および64ビット版)、Windows Vistaの64ビット版に対応し、デバッグツールが改良され、新たなAPIが追加された。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -