ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アプリケーションストア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

PR:映像スタジオの悩みも解決! QNAPのソリューションで大容量データの共有も快適に!
動画コンテンツはリッチ化が進んでいる。コンテンツと同様に制作環境もリッチになる訳だが、そうなると、スタッフ間のデータのやりとりが作業上のボトルネックとなりうる。データのやりとりに悩んでいるのなら、QNAPの映像スタジオ向けのソリューションをぜひチェックしてみてほしい。(2021/1/19)

AWS、Azure、GCPの「SaaS連携ツール」の違い【中編】
「Logic Apps」「Pub/Sub」――SaaS連携に使えるMicrosoftとGCPの主要ツール
MicrosoftやGoogleは、SaaS連携のためにどのようなツールを提供しているのか。両社の主要ツールとそれらの特徴を説明する。(2021/1/19)

MONOist 2021年展望:
進む産業機械のスマートフォン化、標準化とオープン化がカギに
スマート工場化が進む中、工場内の生産機械や設備にも生産情報や設備情報などを活用するために「つながる」ことが求められるようになってきている。こうした環境に合わせる形で、生産機械についても協調領域については「水平分業型」へのシフトが加速する見込みである。(2021/1/18)

Weekly Memo:
2021年、DXを支える注目のベンダーは? 急成長中の4社を紹介
2021年、企業のDXを支援するベンダーのうち、特に注目すべきベンダーはどこか。筆者が注目するのは、自社だけでなく他社と連携したエコシステムを広げることで台頭する4社だ。それぞれの興味深いポイントを紹介する。(2021/1/12)

AWS、トランプ支持者のSNS「Parler」へのサービスを1月10日に停止
Twitterでアカウントを停止された保守派が流入するSNS「Parler」が1月10日深夜に一時停止する見込みだ。同社が利用するAWSがサービス停止を通告してきたと、マッツェCEOがParlerで発表した。他のサービスに移行するのに最悪1週間かかるとしている。(2021/1/10)

AppleとGoogle、モデレーションフリーなSNSサービス「Parler」をアプリストアから削除
Twitterなどでアカウントを停止されたユーザーの流入で急拡大していたSNS「Parler」のモバイルアプリが、AppleとGoogleのアプリストアから削除された。Twitter上には同プラットフォームの暴力的な投稿のスクリーンショットが紹介されている。(2021/1/9)

「マインクラフト」のARゲームが終了 コロナ禍の影響で
「自由な移動と協力プレイ」がほとんど不可能になったため。(2021/1/6)

Twitter、ソーシャルPodcastのBreaker買収 アプリは数日後にシャットダウンの予定
Twitterが、ソーシャルPodcastアプリのBreakerを買収した。Breakerの創業者でCTOのリア・カルバー氏は「Twitter Spaces」チームに参加する。アプリは1月15日にシャットダウンの予定だ。(2021/1/5)

半径300メートルのIT:
2021年にもう一度“トラスト”を考え直す 「無条件に信頼しない」3つのポイント
2021年最初のコラムは、ITセキュリティにおける「トラスト」について考えます。トラストは、セキュリティの根幹をなす重要な考え方です。本稿でトラストするものとトラストしないものをもう一度確認しましょう。(2021/1/5)

「PCの復権」「ローカル回帰」の次に来るのは? 2021年のテック・ガジェット業界を予測する
西田宗千佳さん2020年最後のコラムは、2021年のテクノロジー予想。(2020/12/31)

Mobile Monthly Top10:
2020年を振り返る(8月編):SIMフリーXperiaが拡充/消えた「フォートナイト」
2020年8月のアクセス数トップ10を紹介。1位は9月のスマホ決済キャンペーンのまとめ。3位は、9月に発表された「Xperia 5 II」の予告に関する記事がランクイン。(2020/12/28)

Mobile Monthly Top10:
2020年を振り返る(3月編):マスクの在庫を串刺しで探せる「マスク在庫速報」/Gooogleアプリ非対応のHuaweiスマホ
新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、マスクの在庫が逼迫(ひっぱく)しました。そんな中登場したWebサービスが、「マスク在庫速報」です。(2020/12/23)

「決済サービスを閉じるときのやることリスト」 Origami終了の実体験、メルカリが明かす
メルカリ傘下の決済サービス「メルペイ」手掛けるエンジニアが、今年6月の「Origami Pay」終了の実体験を基に、「決済サービスを閉じるときのやることリスト」をブログで公開し、注目を集めている。(2020/12/21)

FOX、マルチタスク対応のAndroid搭載E-ink電子リーダー「BOOX Note Air」発売
FOXは、Android 10.0を搭載したE-ink電子リーダー「BOOX Note Air」を発売。Google Playからダウンロードした複数のアプリでマルチタスクが実行できる。(2020/12/17)

ServiceNowがフィールドサポート向け機能を強化、IoTデータでサービス監視から顧客対応の指示までを自動化
ServiceNowにIoTデータを取り込んだ自動化機能が追加された。サービス監視から、プロアクティブな顧客サポート、インシデント対応の指示までを自動でオペレーションできるようになるという。(2020/12/17)

Twitterのライブ動画サービス「Periscope」が終了
Periscopeの中核機能のほとんどはTwitterに統合。(2020/12/16)

Twitter、ライブ動画サービス「Periscope」を2021年3月末に終了
Twitterが、2015年に買収し、自社サービスとして提供してきたライブ動画サービス「Periscope」の提供を来年3月末で終了する。Periscopeのほとんどの機能は2016年にTwitter本体に統合済みだ。(2020/12/16)

App Storeのプライバシーラベルに見るプラットフォーマーの責任
12月15日、AppleはiOS、iPadOS、macOS、tvOSなど同社が提供する4つのOS用のApp Storeで、アプリの説明表示の方法を新しく刷新した。同社がここ数年重視しているユーザープライバシー保護を、さらに一歩押し進めるための変更だ。IT系企業のみならず、公的機関なども含むデジタル時代の大企業が、どのような社会的責任を負うべきか、改めて考えさせられる。(2020/12/15)

Apple、App Store担当幹部としてアプリ企業支援VCのジョシュ・エルマン氏を採用
App Storeのガイドラインで開発者からも規制当局からも批判されているAppleが、アプリストア担当幹部として多数のアプリ企業の取締役経験を持つVC、ジョシュ・エルマン氏を迎えた。(2020/12/1)

「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【中編】
「Chromebook」を安全にする「確認付きブート」「自動更新」「サンドボックス」とは?
「Chromebook」はさまざまなセキュリティ機能を備える。その中から「確認付きブート」「自動更新」「サンドボックス」をざっくりと解説する。(2020/11/13)

Windowsフロントライン:
Windows 10は「May 2020 Update」(2004)が最大勢力に
この10月に、Windows 10の大型アップデート「October 2020 Update」ががリリースされた。直近でのWindows 10のシェアはどうなったのか、バージョン別に見ていこう。(2020/11/6)

「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【前編】
いまさら聞けない「Chromebook」の基礎 “データを持たない”利点と欠点は
「Chromebook」は機能をそぎ落としてコスト効率を追求したノート型デバイスだ。ビジネスでChromebookを利用する上で、IT管理者が考慮すべき点は何か。まずはChromebookの基本的な仕組みを説明する。(2020/11/3)

「Windows Terminal」の基礎解説【中編】
Windows TerminalをGitHubではなく「Microsoft Store」から入手すべき理由
Microsoftのオープンソースターミナルの「Windows Terminal」は、「GitHub」と「Microsoft Store」の両方からダウンロードできる。どちらから入手すべきなのか。(2020/11/2)

Apple決算、「iPhone 12」前の買い控えで増収減益、Macとサービスは過去最高
Appleの7〜9月の決算は売上高は1%増、純利益は7%減だった。iPhoneの新モデル発売が10月になり、買い控えが影響した。コロナ禍の巣ごもり需要でMacとサービスの売上高は過去最高だった。(2020/10/30)

IBMとServiceNow IT運用を自動化する初の共同ソリューションを提供
アイ・ビー・エムとServiceNowは、戦略的パートナーシップを拡大し、両社初の共同ソリューションを提供する。AIとIT運用管理製品を連携してITプロセスを自動化し、ITの生産性を向上させる。(2020/10/22)

「HUAWEI STOREアプリ」リリース 総額8万円相当のクーポンも
ファーウェイ・ジャパンは、10月16日に「HUAWEI STOREアプリ」をリリース。オンラインストア「HUAWEI STORE」でのショッピング機能、サポートセンターへの問い合わせ機能、コミュニティ機能などを備えている。(2020/10/19)

Microsoft、(AppleとGoogleに対して)アプリストアのお手本を示す
Apple(とGoogle)のアプリストアに対する開発者からの批判が高まる中、Microsoftがアプリストアとしてあるべき10の原則を発表し、Microsoft Storeはこの原則を採択したと発表した。競合するアプリストアの存在を認め、自社アプリを特別扱いしないなどの項目がある。(2020/10/9)

アドビ、「Adobe Premiere Rush」モバイル端末専用の低価格プランを用意
アドビは、同社提供のビデオ編集ソフト「Adobe Premiere Rush」の契約プランにモバイル端末専用の低価格プランを追加した。(2020/10/5)

ServiceNowのアプリストアに日本版が登場 国産連携アプリが探しやすく
ServiceNowは、「Now Platform」向けのアプリを提供するWebサイト「ServiceNow Store」の日本版の提供を開始した。国内パートナー企業によるアプリ開発のさらなる加速と、ラインアップ拡大を目指す。(2020/10/2)

違法音楽アプリの根絶に向けて 日本レコード協会が「あの音楽アプリは、もう違法。」開設で啓蒙活動
「リーチサイト・リーチアプリ規制」に関する改正著作権法が10月1日から施行されたことを受けて。(2020/10/1)

改正著作権法きょう施行 「あの音楽アプリは、もう違法。」日本レコード協会がWebサイト
権利者の許諾を得ていない音楽アプリの規制を強化する改正著作権法が10月1日から施行されたことを受け、日本レコード協会が特設Webサイトを開設。法改正の内容や違法音楽アプリの実態を発信し、健全な環境で音楽を楽しむよう呼び掛ける。(2020/10/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
止まらない中国排除 米国の次のターゲット、鍵を握る「クラウド」企業
米国のさらなる中国企業排除が注目されている。米政府の「クリーンネットワーク計画」では5つの分野で情報を守ろうとしているが、特に中心となるのが「クラウド」。中国のクラウドサービスが次のターゲットとなる可能性があり、日本もまた振り回されそうだ。(2020/10/1)

Google Play、アプリ内課金手数料30%を導入すると明記 手数料の回避を防ぐ規約改定
9月28日にAndroidデベロッパー向けに発表されました。(2020/9/29)

Google、公式Androidアプリストアでの課金システム利用(=30%手数料支払)義務付けを明確化
Apple税が話題になる中、GoogleがAndroidアプリストア(Google Play Store)のポリシーを明確にした。NetflixやSpotifyなど、これまでアプリ内課金システムを使っていなかったサービスにもシステム利用を義務付ける。(2020/9/29)

Epic、Spotifyら、Apple税などアプリストアのルール“改善”のための連合結成
Appleを独禁法でそれぞれ提訴しているEpic GamesとSpotifyを含む複数のアプリメーカーが、App Storeのルール改善を求める連合「Coalition for App Fairness」を結成した。(2020/9/25)

米商務省、「TikTok」を9月20日にアプリストアから削除し、交渉がまとまらなければ11月12日に完全停止
米商務省が、大統領令に沿って中国製アプリ「TikTok」を9月20日に米国のアプリストアからのダウンロードを禁止し、TikTok運営に関する交渉が11月12日までにまとまらなければ完全にサービスを停止させると発表した。中国製アプリ「WeChat」は9月20日に使えなくなる。(2020/9/19)

Googleが「ストーカーアプリ」を排除へ
配偶者やパートナーなどの行動監視を目的とした「ストーカーウェア」は禁止される。(2020/9/18)

AppleのApp Storeガイドライン改定でiOS端末でのゲームストリーミングが可能に
Appleが、アプリストアへのアプリ登録のガイドラインを改定した。この改定で、「ストリーミングゲームは、すべてのガイドラインに準拠する限り許可される」という条項が追加された。だが、ガイドラインはストリーミングのメリットを損なうとMicrosoftはメディアに語った。(2020/9/14)

Weekly Memo:
中小企業のDXは「SaaS」だけで実現できる――セールスフォースの新施策が示す可能性
企業のITにクラウドサービスが使われるようになってきた中で、特に中小企業においてはSaaSで全てカバーできるのではないか。筆者はかねてそう思ってきたが、セールスフォースの新施策を聞いて、その意を一層強くした。どういうことか、解説しよう。(2020/9/14)

Windows 10搭載PCで誤って削除したファイルを復活
無料のPCデータ復元アプリ「Windows File Recovery」 クラウド時代に登場の謎
Microsoftの「Windows File Recovery」は、PCに保存したファイルを誤って削除した際に効果を発揮する。クラウドストレージ全盛の今、同社がWindows File Recoveryを提供する狙いとは。(2020/9/13)

Apple、Epicを反訴「ロビンフッドを装う大金持ち」
アプリストアのガイドラインに違反した「フォートナイト」を削除し、Epicから提訴されているAppleが、Epicの行為は窃盗に当たるとして反訴した。(2020/9/9)

スマート工場に潜むサイバーセキュリティリスク(2):
産業用アプリストアの脆弱性を悪用したワークステーションからの侵入
スマート工場化が加速する一方で高まっているのがサイバー攻撃のリスクである。本連載ではトレンドマイクロがまとめた工場のスマート化に伴う新たなセキュリティリスクについての実証実験研究の結果を基に注意すべきセキュリティリスクを考察する。第2回目となる今回は、開発に不可欠なEWS(エンジニアリングワークステーション)の役割と、EWSの接続先である産業用のアプリケーションストアに着目する。(2020/9/7)

Epic、「フォートナイト」のAppleアプリストアでの復活を裁判所に申し立て
EpicがAppleを独禁法違反で提訴した裁判で、EpicはAppleによるiOS版「フォートナイト」の削除を差し止めるよう、改めて裁判所に申し立てた。(2020/9/6)

Apple、iOSアプリのエコシステムはコロナ禍でも米国で30万の雇用創出とアピール
App Storeの30%手数料をめぐってEpic Gamesに提訴されているAppleが、iOSアプリのエコシステムが米国の雇用を支援していると公式ブログでアピールした。(2020/9/3)

Apple、アプリレビュープロセス更新 ガイドライン違反でもバグ修正だけなら更新可能に
Appleが、アプリストアのレビュープロセスを更新し、ガイドライン違反審査中のアプリでも、バグ修正のアップデートは可能にした。また、レビューチームに対し、ガイドライン改善を提案できるようにした。(2020/9/1)

Mobile Weekly Top10:
ドコモは「真水」の5Gを目指す?/Xperiaの新モデルは何が出る?
NTTドコモが5Gネットワークに関する説明会を開催しました。LTE(4G)用帯域の転用を重視しているauやソフトバンクとは異なり、あくまでも5Gで新たに割り当てられた周波数帯を使ったエリア構築を重視する姿勢を示しました。(2020/8/31)

米中摩擦で「TikTok」に利用禁止の動き、日本での事業は継続されるのか?
日本でも大人気の動画投稿サービス「TikTok」が、世界各国でサービス停止の危機にある。その背景には米中摩擦をはじめとした、中国と各国との対立激化が大きく影響している。日本のTikTokのサービスにどこまで影響が及ぶのだろうか。(2020/8/31)

Apple、EpicのApp Storeアカウントを停止(Unreal Engineは無事)
Appleが警告通り8月28日にEpic GamesのiOSおよびmacOSのApp Storeアカウントを停止した。既に削除されているフォートナイト以外の同社のゲームもダウンロードできない。Unreal Engineを管理する別のアカウントは、裁判所命令により停止していない。(2020/8/29)

フォートナイト、macOSもアップデートの対象外に iOSに続き
米Epic Gamesが、人気ゲーム「フォートナイト」のアップデート(v14.00)を、macOSにも配信しないと発表。同社は当初、アップデートを配信しないのはiOSのみとしていた。(2020/8/27)

EpicとAppleの対決で改めて考える「配信プラットフォームの役割」
モバイル配信プラットフォームに突然反旗を翻したEpicの行動はどう考えるべきなのか。西田宗千佳さんが解説する。(2020/8/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。