ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アプリケーションストア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

Fortnite、GeForce NOWのβ機能でiPhoneでのプレイが可能に
NVIDIAがゲームストリーミングサービス「GeForce NOW」のβ機能としてEpic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」のモバイル版の提供を開始する。これにより、いわゆる“Apple税”を巡る争いでAppleおよびGoogle Playストアから削除されたEpic Gamesの人気ゲーム「Fortnite」をスマートフォンでプレイできる。(2022/1/14)

海外医療技術トレンド(79):
注目される2022年上半期EU議長国フランスのデジタルヘルス戦略
前回は、欧州NIS指令2の最新動向を紹介したが、同時に欧州各国レベルでは、さまざまなデジタルヘルス・イノベーション施策が進行している。今回はフランスを取り上げる。(2022/1/14)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
iPhoneが発表されてから15年経ったので、風化してしまった記憶を呼び戻してみた
iPhoneの2年前に発売された「iTunes携帯」、覚えていますか?(2022/1/13)

製造業DXが生む3つの価値(4):
ローコード開発が、環境変化に対応しやすく陳腐化しにくい基幹システムを作る
製造業でも多くの関心が寄せられている「DX」。本連載では、DX基盤を構築したその先で、具体的に「何が実現できるのか」を紹介する。最終回のテーマは「ビジネス環境への対応」だ。現場ニーズに即しつつ、ソースコードに極力手を加えずに基幹システムの追加機能を開発する上で、「ローコード開発」の意義に注目したい。(2022/1/13)

Apple、韓国App Storeに代替決済システム導入へ
韓国の「電気通信事業法の一部改正法律案」にAppleは従うことを表明したという。(2022/1/12)

Windowsフロントライン:
2022年後半のアップデートでWindows 11はどう変わる?
2021年にリリースされた新OSの「Windows 11」。今後の普及に向けて、2022年はどのように展開していくのであろうか。現状から見えることをまとめた。(2022/1/4)

【Amazon 初売り】初売りの目玉はこれ! Fireタブレットシリーズが最大6000円OFF、格安タブレットとしては破格の性能
ゲームから動画視聴まで幅広く使えるAndroidタブレット。(2022/1/3)

Googleさん:
激動の2021年にGoogleはどう動いたか、振り返ってみた
2021年の終わりに、Google関連の出来事を振り返りました。コロナ禍でもスマートホームやスマートフォンの新製品をたくさん出し、規制当局の対応に追われた1年でした。(2021/12/28)

コミケ準備会、政府のワクチン接種確認アプリ使用は「どうしても必要な方のみ」
コミックマーケット準備会は23日、政府の「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」も「コミックマーケット99」入場時の確認に使用できると発表した。ただし「どうしても必要な方のみ」に限定する。(2021/12/22)

NAVITIMEがタクシーアプリ「S.RIDE」と連携 ルート結果から配車可能に
経路検索/ナビゲーション「NAVITIME」と、タクシーアプリ「S.RIDE」が連携。NAVITIMEのルート結果や位置情報がS.RIDE」反映され、乗車地や目的地を再入力せずタクシーの配車が可能となる。(2021/12/22)

Google、「AndroidアプリをChromebookで使う人が50%増」
GoogleはChromebookでのAndroidアプリ利用が50%増えたと発表した。ChromebookではAndroid端末と「ニアバイシェア」でデータのやり取りが可能だ。(2021/12/21)

活用されるかワクチン接種証明アプリ、普及や利用拡大に課題
新型コロナウイルスワクチン接種の電子証明書の運用が始まった。デジタル庁は、緊急事態宣言時でも行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」での使用を主に想定するが、飲食店や観光施設などでどこまで活用されるかは不透明でアプリの普及に課題を残している。(2021/12/21)

Google、Windows版「Google Playゲーム」アプリを2022年に提供へ
Googleは、2022年中にAndroid版ゲームハブアプリ「Google Playゲーム」のWindows版をリリースすると発表した。Windows搭載PCでAndroidゲームをプレイできるようになる。PCとスマートフォンやタブレットとでシームレスに続きをプレイできる。(2021/12/13)

「Google Play ゲーム」がWindows PCに対応 2022年から提供予定
GoogleがAndroid端末向けに提供しているアプリストア「Google Play ゲーム」が、2022年にWindows PCにも対応することが判明した。詳細は今後発表されるようだ。(2021/12/10)

コミケ準備会、「TOKYOワクションアプリ」事前登録呼びかけ 入場時の時間短縮のため
コミックマーケット準備会は、コミケ99参加者に向け、「TOKYOワクションアプリ」の利用を呼びかけた。当日登録しようとしても完了しないため事前登録を求めている。(2021/12/2)

Google、日本の公式Anroidアプリストアの「ベストアプリ 2021」と「ベストゲーム 2021」を発表
Googleは「Google Playストア」における2021年のベストアプリとベストゲームを国別に発表した。コロナ禍の影響もあり、ベストアプリはマンガアプリ「ピッコマ」が獲得した。(2021/11/30)

小寺信良のIT大作戦:
映像スイッチャーがクラウド化に進む 激変する「ライブのおしごと」
2年ぶりのInter BEE開催。そこで目にしたのは大きく変貌を遂げたスイッチャーだった。(2021/11/29)

2段階認証すら突破する場合も フィッシング詐欺から身を守るには? NTTドコモに聞く
携帯キャリアや宅配業者を装った、身に覚えのないSMSやメールが届いたことがある、という人は多いだろう。個人情報を盗まれてアカウントを乗っ取られたり、不正なアプリをインスールしたりする恐れがある。こうした「フィッシング詐欺」で被害に遭わないための対策をNTTドコモに聞いた。(2021/11/26)

モバイル運用環境も「3分」で実現できるHCL Notes/Dominoとは:
PR:「文系ひとり情シス」でもDXを諦めない 今注目のローコードプラットフォームが見せる可能性
DXの機運が高まる中、経営層と現場の意識の乖離が、日本企業を悩ませている。その根本は、ノウハウの蓄積不足や、システム導入にかかる費用や工数などのコストだ。こうした点を解決し、「ひとり情シス」のような企業であってもDXを実現できるようになるツールがあるという。キーワードは「ローコードプラットフォーム」だ。(2021/11/22)

三木谷氏「楽天モバイルの23年単月黒字化は十分可能」と自信、povo2.0の影響は「ほぼない」
楽天グループが11月11日、2021年度第3四半期決算説明会を開催した。売上収益は前年同期比で12.6%増となる4069億円となったものの、基地局建設などモバイル事業への継続的な投資の結果、前四半期に続き営業損失を計上。三木谷社長は、単月黒字化は2023年に十分達成可能だとの見通しを示した。(2021/11/12)

Qualcomm、次世代ARグラス向けプラットフォームを発表
QualcommがAR機能を提供するプラットフォーム「Snapdragon Spaces XR Developer Platform」を発表した。次世代ARグラス向けの技術開発を主眼に置き、ARデバイスメーカーや携帯電話事業者などと提携する。(2021/11/12)

FOX、専用スタイラスペンが付属する7.8型Androidタブレット「BOOX - Nova Air」発売
FOXは、Android 10.0を搭載した7.8型のE-inkタブレット「BOOX - Nova Air」を発売。本体と同様にホワイトカラーの専用スタイラスペンが付属し、画面保護フィルムを最初から本体に貼り付けている。(2021/11/9)

音声SNS「Clubhouse」、日本語ほか13言語へ対応 Androidから順次提供
音声SNS「Clubhouse」が、11月3日(米国時間)に日本語ほか13言語へ対応。Androidから順次提供を開始し、近日中にiOSへ展開していく。(2021/11/5)

Google、韓国で代替アプリ内課金システム提示を可能に 「反Google法」成立を受け
Googleは韓国の公式Androidアプリストアで、Google Play以外の代替アプリ内課金システムを追加できるようにする。9月に成立したいわゆる「反Google法」を受けての改定だ。(2021/11/5)

Windowsフロントライン:
Windows 11のシェア推移とアプリストア環境の行方
Windows 11が正式にリリースされてから1カ月が経過した。この間のシェア推移はどうなっているのか、Windows関連の話題を追った。(2021/11/4)

「ハリー・ポッター:魔法同盟」終了へ 配信開始から2年で ポケモンGOの米Nianticが運営
米Nianticは、スマートフォンゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」を2022年1月31日をもってサービス終了すると発表した。19年7月の配信開始から2年だった。(2021/11/4)

ハリポタGOこと「ハリー・ポッター:魔法同盟」、2022年1月末でゲーム終了へ
数カ月のうちにストーリーは完結。(2021/11/3)

Appleとバグハンターの“対立”【前編】
セキュリティ研究家が“怒り”の公開 Apple「iOS」3つの脆弱性とは
あるセキュリティ研究者が、「iOS」に存在する3件の脆弱性の詳細を公表した。それぞれどのような脆弱性なのか。悪用されるとどのような影響があるのか。(2021/10/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
Xiaomiが本気で作ったタブレット「Xiaomi Pad 5」のPro版と無印版を比較
Xiaomiの「Xiaomi Pad 5」は高性能と高い質感を両立させた高級タブレット。XiaomiはこのXiaomi Pad 5で市場に本格参戦しようとしています。今回はグローバル版のXiaomi Pad 5と、中国版のXiaomi Pad 5 Proを比較してみました。(2021/10/27)

Googleの親会社Alphabet、売上高は5四半期連続の更新 クラウドの営業損失は半減
Googleの親会社Alphabetの7〜9月期決算は、売上高は過去最高の652億1800万ドル、純利益は68%増だった。Google Cloudの売上高は45%増で、営業損失は半減した。(2021/10/27)

Apple、アプリ内課金以外の方法の紹介を条件付きで許可する規約改定
Appleは「App Store Reviewガイドライン」を改定した。7月の集団訴訟の和解を反映し、アプリ開発者がユーザーにメールなどでアプリ外での支払い方法を紹介できるようになった。(2021/10/25)

Google、サブスクと書籍・音楽のアプリストア手数料を実質値下げ
GoogleはAndroidアプリストア「Google Playストア」の有料アプリ登録手数料をまた変更する。サブスクリプションベースのアプリの手数料は初年度から15%になる。電子書籍とオンデマンド音楽ストリーミングサービスは最低10%になる。(2021/10/22)

「Windows 11でAndroidアプリ」、Insiderでテスト開始 仕組みも解説
Microsoftは「Windows 11」上でAndroidアプリを使うテストをWindows Insider向けに開始した。「Kindle」や「Lords Mobile」など約50本のアプリやゲームをテストできる。米リージョンのAmazonアカウントが必要。(2021/10/21)

Steamではブロックチェーン採用ゲーム禁止 Valveが規約に文言追加
ゲーム配信サービス「Steam」では暗号資産やNFTを交換できるゲームを禁止する。提供元のValveが開発者向け文書の禁止コンテンツ項目に文言を追加した。これを受け、EpicのCEOが自社アプリストアはブロックチェーンを歓迎するとツイートした。(2021/10/17)

HTC、コンパクトで軽量なVRメガネ「VIVE Flow」を499ドルで予約開始
HTCはコンパクトで軽量なVRメガネ「VIVE Flow」を発表した。米国での販売価格は499ドル(約5万7000円)。コントローラは付属せず、Android端末で操作する。(2021/10/15)

Apple、「サイドロードと他社アプリストア許可は強固なセキュリティ保護を台無しにする」と主張
Appleは「Building a Trusted Ecosystem for Millions of Apps」というPDF文書を公開した。(2021/10/14)

AppleがAndroidのマルウェアの実態を報告 「サイドローディングが元凶」と指摘
Appleが「Building a Trusted Ecosystem for Millions of Apps」と題したホワイトペーパーを公開し、「サイドローディングがマルウェアを成立させている元凶」と指摘した。その意図を林信行氏が解説する。(2021/10/14)

「Windows 11」と「Windows 10」の10個の違い【中編】
Androidのヘビーユーザーは脱「Windows 10」からの「Windows 11」移行を熱望?
Microsoftの新OS「Windows 11」は、「Android」アプリケーションの実行や画面の簡単整理機能「スナップレイアウト」を新たに搭載する。これらの機能はどのようなユーザーが好む機能になりそうか。(2021/10/13)

Apple、App Store以外での支払い許可命令の保留を申し立て
AppleはEpicとの訴訟の判決で下された命令の保留を申し立てた。同時に判決に控訴した。申し立てが認められれば、アプリストア外支払い機能の追加は数年先になる可能性がある。(2021/10/10)

公取委がスマホOSの市場調査へ 「iOSやAndroidに他のOSが競争圧力与えているか」
公正取引委員会が、モバイル用OSの実態調査に乗り出す。OSとアプリの流通市場の構造や競争の実態を把握する。終了時期は未定だが、何らかの成果物を公表予定で、内閣官房とも連携するとしている。(2021/10/8)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
新車のCMで「Google搭載」が売り文句になった
「Apple搭載」もほしいですね。(2021/9/29)

新生「Microsoft Store」、Amazonに続きEpic Gamesも参加
Microsoftは「Windows 11」で提供開始するアプリストア、新生「Microsoft Store」に、Epic Gamesのストアフロントアプリが登場すると発表。アプリでの決済についてはMicrosoftは手数料を徴収しない。(2021/9/29)

PR:スマホ紛失は業務用PC紛失と同じ危険度 個人情報漏えい、ブランド失墜、身代金要求…… まずは正しい認識を
(2021/9/30)

ホンダの新型車、ナビに直接「Googleマップ」表示へ スマホ不要に
ホンダがGoogleと車載サービスで連携。スマホを使わず、ナビ画面から直接Googleマップなどを利用できる。(2021/9/24)

iOS版「フォートナイト」、訴訟終了まで復活させないとAppleがEpicに通告
iOS版「フォートナイト」は最悪あと5年はApp Storeに再登場しない可能性がある。EpicのCEOがAppleからの書簡を添えてそうツイートした。(2021/9/23)

Epic裁判の判決で認められたApp Store/アプリ内課金の合法性
App StoreにおけるEpic Gamesの「Fortnite」を巡る裁判の判決が下され、Epic Gamesが控訴を申し立てた。現時点の情報をまとめた。(2021/9/13)

Epic Games対Appleの訴訟、Appleに外部の決済手段を認めるよう命令
Appleは独禁法に違反していないとの判断でした。(2021/9/12)

Epic対Apple訴訟に判決 Appleにアプリ内購入の強制禁止命令もEpicは控訴か
Epic Games対Appleの、「Fortnite」のアプリストアからの削除をめぐる裁判の判決が下された。Appleに対し、App Store以外での支払いオプションへの誘導を認めるルール変更を命令した。Apple税に関しては変更を命じなかった。(2021/9/11)

User Enrollmentで実践、iOS/iPadOSデバイスのBYOD【前編】
私物iPhone/iPad管理を楽にする「User Enrollment」とは?
Appleの「User Enrollment」(ユーザー登録)は、「iOS」「iPadOS」端末のBYODに役立つ可能性がある。企業データと個人データの明確な分離を実現するUser Enrollmentの主要機能は。(2021/9/9)

「+メッセージ」が格安ブランドやMVNOでも利用可能に 9月2日から順次
NTTドコモ、KDDIとソフトバンクが共同で運営するメッセージサービス「+メッセージ」が、格安ブランドやMVNOでも利用できるようになる。KDDIと沖縄セルラー電話は9月2日から対応し、ドコモも9月下旬に対応する予定だ。ソフトバンクは、2022年春の対応となる。(2021/9/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。