「Microsoft Copilot」をスマホから使おう その手段は3つあるChatGPT使いこなし術(1/3 ページ)

» 2024年03月26日 15時40分 公開
[井上晃ITmedia]

 Microsoftが提供している生成AI活用のアシスタントツール「Microsoft Copilot(以下、Copiliot)」は、Windows PCがないと使えないと思っていないだろうか。実は、Webブラウザからアクセスすることもできる上に、スマートフォンのアプリからも利用できる。本稿では、スマホのアプリから扱う際の、基本的な操作について紹介したい。

photo

「Copilot」が使えるアプリは?

 Microsoft謹製の生成AI活用アシスタントツールを利用できる主なスマホ向けアプリとしては、次の3つを押さえておきたい。1つ目は「Microsoft Copilot」、2つ目は「Microsoft Edge」、3つ目は「Bing」である。

 1つ目の「Microsoft Copilot」は、AIチャットツールそのものの名前が付いているように、主たる用途は生成AIを活用したアシスタントツールとのチャットだ。

photo iOS版の「Microsoft Copilot」アプリ

 2つ目の「Microsoft Edge」はご存じの通りWebブラウザであり、情報検索などの用途を主に据えつつ、アシスタントツールも使えるという建て付けになっている。

photo iOS版の「Microsoft Edge」アプリ

 3つ目の「Bing」(ビング)は、Copilotにリブランドされる以前に使われていたAIチャットツールの名称だ。本記事公開時点(2024年3月下旬)において、Bingアプリを起動すると、「Copilot」のアイコンが中央に表示されるようになっている。また、アプリ画面の要素は、細かい部分を除けば「Microsoft Copilot」のそれとおおむね共通している。

 そのため、本稿では「Bing」アプリについては割愛する。以降、1つ目の「Microsoft Copilot」アプリと、2つ目の「Microsoft Edge」アプリにフォーカスして、基本の使い方を紹介していこう。なお、本稿の手順説明では、iOS版アプリをベースにしているが、Android版でも同様のアプリが配信されている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年