ニュース
» 2009年10月30日 15時09分 公開

日本アバイア、仮想化対応のIP通話システムを発表

日本アバイアは、同社の仮想化プラットフォーム動作する中堅企業向けのIP通話システムを発表した。

[ITmedia]

 日本アバイアは10月30日、同社の仮想化プラットフォーム「Avaya Aura System Platform」で動作する中堅企業向けのIP通話システム「Avaya Aura for Midsize Enterprises」を発表した。11月24日から出荷する。

 Avaya Aura System Platformは、1台の物理サーバ上で複数のIP通話システムを運用するためのプラットフォームとして3月に発表された。物理サーバの台数やコストを削減できるという。

 新製品はAvaya Aura System Platformに対応した初の製品で、複数システムの導入や運用に伴うコストや人的リソースに制約がある中堅企業での課題に対処した。音声やビデオ、留守番電話、SIPなどの機能を搭載するほか、Avaya Aura System Platform向けの管理やメンテナンスなどのサービスアプリケーション、DHCPサーバ、HTTPサーバなどの機能も提供する。

 参考価格は、1ユーザーライセンスが205ドルから、サーバライセンスが8500ドルとなっている。

過去のニュース一覧はこちら

企業向け情報サイト「ITmedia エンタープライズ」へ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -