ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新製品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新製品」に関する情報が集まったページです。

SDGs商品として展開:
貝印、脱プラスチックの「紙カミソリ」を商品化 ハンドル部分は組み立て式
貝印は4月、ハンドル部分に紙を使用した「紙カミソリ」の販売を開始する。従来製品と比べて98%のプラスチックを削減。SDGsをコンセプトとした商品として展開する。(2021/3/2)

goo Simseller、「AQUOS sense5G」を期間限定1万7490円(税込み)で販売
NTTレゾナントは、3月12日から「AQUOS sense5G」と「OCN モバイル ONE」のセット販売を開始。これを記念し、4月21日までgoo Simseller本店では1万7490円(税込み)で提供する。(2021/3/2)

スマート工場最前線:
技術者が行けない! タイでの新製品量産を遠隔立ち上げしたOKIデータの挑戦
COVID-19により人の移動が制限される中、従来は技術者を派遣していた海外工場での量産立ち上げなどが行えない状況が生まれている。こうした中で、新規設計製品の量産立ち上げを完全リモートで行い成功したのがOKIデータである。カラーLEDプリンタ戦略製品の遠隔立ち上げへの取り組みを紹介する。(2021/3/2)

蓄電・発電機器:
集合住宅に置ける家庭用蓄電池、太陽光や系統連係も可能な小型モデル登場
住友電工は2021年2月26日、小型モデルの家庭用蓄電池システム「POWER DEPO ?」の販売を開始すると発表した。太陽光発電や系統との連系が可能なモデルのリチウムイオン電池で、小型かつ軽量の特性を生かし、マンションなどの集合住宅にも置けるのが特徴だという。(2021/3/1)

FAニュース:
市販のタブレットに非常停止用押ボタンなどを実装できるセーフティコマンダ
IDECは、タブレットに安全機器を実装できる、セーフティコマンダ「HT3P 形」の販売を開始した。市販のタブレットに非常停止用押ボタンスイッチとイネーブルスイッチを搭載でき、導入コストの低減や安全性の向上を図れる。(2021/2/26)

NEC、GIGAスクール向け学習用端末のラインアップを強化
NECは、教育機関を対象とした学習者用端末や教育支援サービスなどの製品群の拡充を発表、販売を開始する。(2021/2/25)

三菱電機 MGFK45G3745A、MGFK45G3745:
出力30Wの衛星通信地球局用GaN HEMT
三菱電機は、「Ku帯 衛星通信地球局用 GaN HEMT」の新製品として、出力電力30Wでマルチキャリア通信に対応した「MGFK45G3745A」および、シングルキャリア通信に対応した「MGFK45G3745」を発売する。(2021/2/25)

協働ロボット:
自動化領域を大きく拡大へ、ABBが6軸アーム型協働ロボット2機種を発表
ABBは2021年2月24日、グローバルプレスイベントを開催し、協働ロボットの新製品2機種を発表した。新たな協働ロボットは5kg可搬の6軸アーム型の「GoFa」と4kg可搬の6軸アーム型の「SWIFTI」で、製造業の新たな使用領域を拡大するとともに、物流や小売りなどの新たな領域での使用を提案していく。(2021/2/25)

「高速化」と「効率化」を実現:
Xilinx、データセンター向け新製品などを発表
Xilinxは2021年2月23日(米国時間)、データセンターにおける「高速化」と「効率化」を実現するための新たな製品とソリューションを発表した。(2021/2/24)

ソニーのスマートウォッチ「wena 3」を試す 実用性向上も、Bluetooth接続は改善の余地あり
ソニーのバックル型スマートウォッチ「wena 3」。ソニーの社内スタートアップ発の製品として登場したwenaシリーズの新製品だ。アナログ時計と組み合わせて使えるコンセプトはそのままに。第三世代になって連携アプリを一新。ディスプレイを拡大してスマホの通知表示が快適になった。このwena 3を試してみたのでご紹介しよう。(2021/2/25)

現場安全対策と健康管理を支援する腕時計型端末の先行予約販売を開始
アイフォーカスは、現場安全対策と健康管理を支援する、リアルタイム体調管理ウェアラブルデバイス「AAASWatch(アースウォッチ)」の先行予約販売を開始した。(2021/2/24)

組み込み開発ニュース:
保護機能を多数搭載し、繰り返し使用可能な電子ヒューズを発売
東芝デバイス&ストレージは、繰り返し使用可能な電子ヒューズの新製品「TCKE712BNL」の出荷を開始した。過電流保護など保護機能を多数備え、民生機器、IoT機器、サーバなどの電源ライン回路保護に利用できる。(2021/2/24)

アンカー、出力770W/容量21万6000mAhのポータブル電源を発売 最大11台を同時充電
アンカー・ジャパンは、2月24日に超大容量ポータブル電源「Anker PowerHouse II 800」を販売開始。778Wh/21万6000mAhのバッテリーを備え、合計出力最大500WのACポートを2つ採用している。最大11台まで同時充電可能だ。(2021/2/24)

FORE WINDS(フォアウィンズ):
岩谷産業がアウトドア向けこんろなどを発売 ブランド刷新で米国同時展開
岩谷産業はアウトドアブランド「FORE WINDS(フォアウィンズ)」のロゴデザインとメッセージを刷新。3月に折りたたみ式カセットこんろやシングルバーナーなど新製品5点を発売すると発表した。(2021/2/22)

FAニュース:
AI技術を搭載したエッジコンピュータ、インテル「OpenVINO」採用
日立製作所は、AIを活用した日立制御エッジコンピュータ「CEシリーズ 組み込みAIモデル(CE50-10A)」の販売を開始した。IntelのAI、ディープラーニング技術を搭載し、物体検出などのソリューションの導入が可能になる。(2021/2/22)

PR:揚げせん界にスーパールーキー現る! 亀田製菓の新発売「無限エビ」がうますぎて無限にイケる
ストック用も買っておきたくなっちゃう。(2021/2/22)

製造業IoT:
LPWAで得た停電予測情報を自動で発電計画に生かす、パナの第7世代エネファーム
パナソニックは2021年2月17日、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファーム」の戸建て住宅向け新製品を同年4月1日から発売すると発表した。同社のエネファーム製品としては初めて搭載したLPWA(省電力広域ネットワーク)通信機能を経由して、停電リスク情報を自動的に取得して発電計画に生かす。(2021/2/19)

ワイモバイル、iPhone 12 mini、iPhone 12を2月26日から販売開始
iPhone 12と12 miniをワイモバイルも扱い始めた。(2021/2/18)

シャープ、ロボホンでプログラミング体験ができる宿泊プラン発表 「変なホテル舞浜」で販売
シャープは、コミュニケーションロボット「ロボホン」を活用したプログラミング体験を提供する宿泊プランを発表した。H.I.S.ホテルホールディングスが運営する「変なホテル舞浜 東京ベイ」にて2月16日より販売を開始している。(2021/2/18)

ピザってこんなにふくらむっけ? 風船みたいなチルドピザの写真が話題、メーカーに原因を聞いた
てっきりそういう新製品かと。(2021/2/18)

FAニュース:
HSK25Eサイズに適合する、直径25×長さ42mmの赤外線プローブを発売
キャプテンインダストリーズは、直径25×長さ42mmの赤外線プローブ「IRP40.50」の販売を開始した。HSK25Eサイズにフィットするため、従来のプローブのように、干渉を気にせず運用できる。(2021/2/18)

太陽光:
両面発電が可能なソーラーカーポート、工場や施設の自家消費向けに
ネクストエナジー・アンド・リソースが、ソーラーカーポート「TM2 Dulight」の販売を開始した。製品コストや施工コストを極力低減させ、事業性を重視した産業向けモデルで、両面発電パネルを採用した。(2021/2/17)

サードウェーブ、クリエイターPC「raytrek」に“東京カメラ部10選”監修モデル
サードウェーブは、写真投稿サイト「東京カメラ部」とコラボレーションしたクリエイター向けデスクトップPCの販売を開始した。(2021/2/15)

ルネサス 9SQ440:
CK440Q準拠のクロックジェネレーター
ルネサス エレクトロニクスは、次世代サーバ向けに、PCI Express 5.0に対応したCK440Q準拠のクロックジェネレーター「9SQ440」の販売を開始した。サーバのCPUやPCIeクロック向けに、中央集中型のクロックジェネレーターとして機能する。(2021/2/15)

組み込み開発ニュース:
C/C++言語対応テストツールの新バージョン、AIサポート機能などを追加
テクマトリックスは、Parasoft CorporationのC言語およびC++言語対応テストツールの新バージョン「C++test 2020.2」の販売を開始した。AIサポート機能やカバレッジアドバイザー機能などが加わっている。(2021/2/15)

Spigen、AQUOS sense5G向け耐衝撃ケース「クリスタル・シェル」「リキッド・エアー」を発売
Spigenは、AQUOS sense5G用ケース「クリスタル・シェル」「リキッド・エアー」を販売開始。AQUOS sense4/sense4 basic/sense4 liteにも対応する。(2021/2/8)

古田雄介の週末アキバ速報:
旧正月を前に入荷少数&価格上昇が目立つGeForce RTX 3060 Ti搭載グラフィックスカード
今週は旧正月前のまとまった入荷があったと語るショップが多く、ここしばらくの間では新製品や再入荷品が充実している。しかしハイエンドグラフィックスカードの枯渇状況については「焼け石に水」という。(2021/2/6)

Minisforum、Ryzen APUを採用したミニPC「UM270」を正式発表 Makuakeで提供開始
中国BESSTAR TECHは、Minisforumブランド製のRyzen APU搭載ミニデスクトップPC「UM270」の販売を開始した。(2021/2/5)

米国市場で競争力強化:
日産、“堅牢さ”強調の新型SUV・ピックアップトラックを投入 北米向けに攻勢
日産自動車は、2021年夏に北米市場で発売する新型車を発表した。大型SUVの「パスファインダー」をフルモデルチェンジして投入するほか、ピックアップトラックの新型「フロンティア」の販売を開始。米国市場の収益力向上へ、新型車を相次ぎ投入する。(2021/2/5)

TSUKUMO、第10世代Core採用の省スペースデスクトップPC
Project Whiteは、本体幅80mmの小型筐体を採用したデスクトップPCの販売を開始した。(2021/2/5)

VR:
明電舎、VR安全体感教育コンテンツ全9種をサブスクで販売
明電舎は、明電システムソリューションを通じて月額定額のサブスクリプション方式によるVR安全体感教育コンテンツの販売を開始した。導入費用を抑え、常に最新で多様な教育コンテンツを提供する。(2021/2/5)

3Dプリンタニュース:
“フルカラーなし”のマルチマテリアル対応3Dプリンタ「J850 Pro」登場
Stratasysは、PolyJet方式3Dプリンタ「J8シリーズ」の新製品「Stratasys J850 Pro」を発表した。マルチマテリアル対応の3Dプリンタで、フルカラーでの造形を必要としないエンジニアリングニーズに応え、最適な機能を手頃な価格で提供する。(2021/2/5)

Y!mobileで5G対応「iPhone 12」「iPhone 12 mini」を発売 2月下旬以降に
Y!mobileが、初めての5G対応端末として「iPhone 12」「iPhone 12 mini」を発売する。2月下旬以降に販売を開始する予定で、詳細は今後明らかとなる予定だ。(2021/2/4)

ジェラートピケ×「あつ森」コレクションが帰ってきた! 春向けの「つぶまめ」新アイテムもそろえた受注販売を開始
人気のアイテムの再販も実施します。(2021/2/4)

電源ラインの保護と安全性を追求:
東芝、保護機能を強化した電子ヒューズを追加
東芝デバイス&ストレージは、繰り返し使える電子ヒューズ(eFuse IC)の新製品として、保護機能を強化した「TCKE712BNL」を追加し、出荷を始めた。(2021/2/4)

3軸補正で手ブレを防ぐスマホ用ジンバル「HACRAY V-life Pro」、クラウドファンディングで先行販売
ロア・インターナショナルは、スマホ向け3軸ジンバル「HACRAY V-life Pro」をクラウドファンディングサービス「Makuake」で先行販売開始。手ブレを補正し、ワンタッチでの縦横の切替なども行える。(2021/2/3)

低価格と機能性で勝負:
AOKIが上下セットで4800円のスーツを発表 作業着から普段着まで対応
紳士服大手のAOKIは2月1日、シーンを選ばず気軽に着られる「アクティブワークスーツ」を発売すると発表した。公式オンラインショップで予約販売を開始し、2月20日からは一部店舗でも取り扱う。(2021/2/3)

GIGABYTE、Core i7+RTX 3060搭載で税別13万円台からのエントリーゲーミングノート
GIGABYTE Technologyは、GeForce RTX 3060を標準で搭載したエントリーゲーミングノートPC「GIGABYTE G」シリーズの販売を開始する。(2021/2/3)

年間約4000時間の事務処理を削減 NTTテクノクロスが稟議や申請をAIでサポートする製品を発表
NTTテクノクロスは、AIを活用した申請書作成支援ソリューション「BizFront/SmartUI Decision Manager」を販売開始する。稟議や申請などの事務処理の際、企業独自のシステムやルールに合わせて書き方や注意事項を自動で提案し、入力業務を効率化する。(2021/2/3)

日本マイクロソフト、「Microsoft 365 Personal 15ヶ月版」を販売開始 PC/周辺機器との同時購入時のみ提供
日本マイクロソフトは、PC/周辺機器との同時購入時に選択可能な「Microsoft 365 Personal 15ヶ月版」の販売を開始した。(2021/2/2)

金融機関のDX促進へ MSが新製品とパートナー向け事業で目指す「モード2」とは
日本マイクロソフトが、金融機関のDX支援に向けて新たなパートナー向けプログラムと製品を発表した。自社のクラウドやブロックチェーン技術などに他社のソリューションを組み合わせることで「金融機関のDX」に「モード2」領域の提案力を加えるとしている。その中身とは。(2021/2/2)

古田雄介のアキバPick UP!:
2〜4TBのM.2 PCIe 4.0 SSDが相次ぎ登場、徐々に浸透中
グラフィックスカードの流通状況が厳しさを増す中でも、新製品は続々と登場している。先週は大容量クラスのM.2 NVMe PCIe 4.0 SSDが複数店頭に並び、それぞれヒットを期待されていた。(2021/2/1)

医療ITニュースフラッシュ
医師に聞く、「オンライン診療」をやめざるを得ない“切実な理由”
顔認証を使った病棟への入室管理システムの導入事例やオンライン診療システムの新製品など、医療機関のIT活用に関する主要なニュースを紹介する。(2021/1/31)

電子ブックレット:
センサーの技術動向・市場動向 〜2020年10〜12月〜
「EE Times Japan」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、2020年10〜12月に掲載された、センサーの技術動向、市場動向、注目の新製品をまとめた1冊をお届けします。(2021/1/28)

Apple決算、全ジャンル2桁増収で売上高が初の1000億ドル超え
Appleの2020年10〜12月期決算は、10月発売の「iPhone 12」を含む新製品も、「Apple Music」などのサービスも、すべてのジャンルの売上高が2桁台の増加で、総売上高は初の1000億ドル超となった。日本での売上高も過去最高を更新した。(2021/1/28)

一般向け日本円ステーブルコイン、JPYCoin(JPYC)がリリース 1億円分発行
日本暗号資産市場(東京都港区)は1月27日、日本円に価値が連動したいわゆるステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」を1億円分発行し、一般に販売を開始した。(2021/1/27)

VRニュース:
キヤノンが小型、軽量、低価格を狙ったMR用HMDを発売、遠隔ニーズで市場拡大へ
キヤノンは2021年1月26日、現実映像とCGをリアルタイムに融合するMR(Mixed Reality:複合現実)システム「MREAL(エムリアル)」シリーズの新製品として、ヘッドマウントディスプレイ「MREAL S1」を2021年2月下旬に発売すると発表した。(2021/1/27)

組み込み開発ニュース:
ニューノーマル時代のデジタルサイネージは空間演出へ、IoTセンサーとも連携
パナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)がデジタルサイネージソリューション「AcroSign(アクロサイン)」の新バージョン「AcroSign Version 3.0」の開発と販売開始を発表。パナソニックが得意とするプロジェクターを用いた空間演出が可能になり、IoT(モノのインターネット)センサーなどとの連動も行えるという。(2021/1/26)

デル、15.6型ノート「Inspiron 15 3000」にCeleron搭載のエントリーモデルを追加
デル・テクノロジーズは、Celeron採用のエントリー15.6型ノートPC「Inspiron 15 3000(3502)」の販売を開始した。(2021/1/22)

日立、「JP1」新バージョンを発表 SaaS型も提供予定
日立は、統合システム運用管理基盤の最新版「JP1 V12.5」の販売を開始する。同基盤の一部機能をSaaSで提供する「JP1 Cloud Service」も提供を開始する予定だ。今回のバージョンアップは、システム状況に応じて最適な対処手順を提案する機能などを追加した。(2021/1/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。