ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新製品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新製品」に関する情報が集まったページです。

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
アプリを通じてモバイル市場を攻略するMicrosoft
Microsoftが、「MWC 2019」の開催直前にプレスイベントを実施する。そこで新製品だけでなく、今後に向けた発表も行われる見込みだ。(2019/2/23)

BeatsXイヤフォン新色「スカイブルー」発売
Beats by Dr. DreはBeatsXイヤフォンの新色「BeatsXイヤフォン - スカイブルー」を販売開始した。(2019/2/22)

LGエレ、アスペクト比21:9の超ワイド曲面ゲーミング液晶ディスプレイ2製品
LGエレクトロニクス・ジャパンは、曲面デザインのウルトラワイドゲーミング液晶ディスプレイ計2製品の販売を開始する。(2019/2/21)

マウス、RTX 2060搭載デスクトップPCを各ブランドから発売
マウスコンピューターは、同社PCブランド「mouse」「DAIV」「G-Tune」からそれぞれGeForce RTX 2060搭載デスクトップPCの販売を開始する。(2019/2/21)

シャープがモバイルロボ「RoBoHoN」の新製品発表 着座タイプも登場
家庭を見守るRoBoHoN。(2019/2/21)

AirPods 2とAirPowerは今年前半? iPod touchニューモデルも?
クオ氏、Appleが新しいAirPods 2とAirPowerを2019年前半に発売すると予想。新iPod touchも今年発売?(2019/2/20)

アンカー製窒化ガリウム急速充電器の実力
アンカー・ジャパンが、窒化ガリウムを採用した超コンパクト30W USB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」を販売開始している。(2019/2/19)

教本が付属:
ボードコンピュータ「micro:bit」と教材をSB C&Sがセット販売、児童のプログラミング学習向け
SB C&Sは、プログラミング学習用ボードコンピュータ「micro:bit」とオリジナル教材をセットにした「micro:bit はじめてセット」と「micro:bit アドバンスセット」を販売開始する。主に小学生に向く製品だ。(2019/2/19)

最大2000mの長距離測定を実現した地上型3Dレーザースキャナーを発売へ、TIアサヒ
TIアサヒは、災害調査やインフラメンテナンスに最適化した地上型3Dレーザースキャナー「PENTAX S-3200V/S-3075V」を発売。S-3200Vの最大測定範囲は2000mと、地表面からでも1回のスキャンで広範囲にわたる計測を実現した。その精度にも優れ、1回のレーザー照射で4つのリターン信号を記録でき、植生と地表面のデータも分離可能とした。同社では今回を皮切りに、新製品を連続でリリースしていく。(2019/2/18)

”歩かないロボホン”「RoBoHoN lite」発売 歩行機能なしで安く 7万9000円
シャープが「RoBoHoN」の新製品3機種を発売する。二足歩行タイプに加え、着座タイプ「RoBoHoN lite」を追加。(2019/2/18)

ASUS、3月8日に「ZenFone Max」の新製品を発表
ASUS Japanが、3月8日に「ZenFone Max」の新製品を発表する。Maxシリーズは、大容量バッテリー搭載で高いスタミナを持つのが特徴。当日はASUSの新しい取り組みも発表するという。(2019/2/15)

太陽光:
台風や積雪に強い“高耐圧”太陽光パネル、ネクストエナジーが新発売
ネクストエナジー・アンド・リソースが台風や積雪に強い高耐圧型の太陽光パネルを開発。単結晶・多結晶のそれぞれで展開する。(2019/2/15)

駅前市街地に人気集中:
タワマン開発活況 大手デベロッパー、競争激化
大手不動産会社が都内を中心とした駅前近くの密集市街地で、タワー型の分譲マンションを開発する動きが相次いでいる。三菱地所レジデンスは北千住駅(JR東日本など、東京都足立区)周辺で地上30階建ての「千住 ザ・タワー」の販売を開始。住友不動産は駅前再開発が進む武蔵小山駅(東急電鉄目黒線、同品川区)で地上41階建ての506戸の物件を供給するほか、野村不動産や東急不動産も都内で大型案件の計画を進める。首都圏マンション市場の減速感が強まる中、消費者の人気は駅前物件に集中し、再開発はさらに活発化しそうだ。(2019/2/15)

NEC、ページプリンタ「MultiWriter」に新製品3機種 ネットワーク分離や認証印刷で企業や官公庁のセキュリティ強化を支援
NECは、A3対応モノクロページプリンタ「MultiWriter」の新製品3機種を発表。企業や官公庁でセキュリティ強化策として求められるネットワーク分離、顔認証やICカードを使った認証印刷に対応する他、印字性能の向上、小型化、静音化を図った。(2019/2/14)

第1回 次世代3Dプリンタ展:
小さくても高性能、個人利用も意識したフルカラー3DプリンタをXYZが投入
XYZプリンティングジャパンは「第1回 次世代3Dプリンタ展」に出展し、FFF(熱溶解樹脂積層)方式フルカラー3Dプリンタの新製品「ダヴィンチ Color mini」を発表した。本体サイズの小型化と低価格化を実現しながらも、高精度なフルカラー造形が可能だという。(2019/2/14)

「攻めのIT」「経営への貢献」の具体像:
PR:RPAと運用管理ツールの連携で実現する「ビジネスの運用管理」とは
ビジネスの成果とITが直結している今、IT部門は「コスト削減」「システムの安定運用」だけではなく、「ビジネスへの貢献」が強く求められている。では近年、ビジネス部門が大きな関心を寄せているRPAやAIに対し、IT部門はどう取り組むべきなのだろうか?――2019年1月23日から販売開始された「JP1 Version 12」の新機能を軸に、「運用管理とは、システムの運用だけでなく、ビジネスの運用にまで拡大している」という現状を、伊藤忠テクノソリューションズ(以下CTC)と日立製作所との対談を通じて具体的に掘り下げる。(2019/2/18)

ASRock、耐久性を重視したAMD B450チップセット採用マザーボード2製品
ASRockは、AMD B450チップセットを採用したATX/microATXマザーボード計2製品の販売を開始する。(2019/2/13)

レノボの大和研究所がアジャイルで開発した「ThinkSmart」とは?
レノボ・ジャパンがオンライン会議システム「ThinkSmart Hub 700」を発表、3月より販売を開始する。価格は税別39万8000円となっており、2年目以降にフル機能を使う場合は「ThinkSmart as a サービス利用権」の購入が別途必要となる。(2019/2/13)

サイバネットシステム/ビーライズ:
フォークリフトの接触事故をVRで体験、「VR安全シミュレータ」の販売開始
サイバネットシステムは、ビーライズが開発する安全教育用ソリューション「VR安全シミュレータ」の第1弾“フォークリフト(接触事故)編”の販売開始を発表した。(2019/2/20)

FAニュース:
ネットワークシステムへの統合ができる高耐久性スマート光電センサー
Rockwell Automationは、スマート検知の新製品、光電センサー「42AF RightSight M30」を発表した。ネットワークシステムに容易に統合できる高耐久性の高性能センサーで、長距離検出に対応する。(2019/2/12)

セキュアなWi-Fi接続も簡単:
PR:あれもこれもできる! 高性能IoT端末向けマイコン「PSoC 6」に2MBフラッシュ品が登場
サイプレス セミコンダクタはこのほど、Wi-Fiなどの無線通信に対応するIoT機器に向けたマイクロコントローラ「PSoC 6 MCU」の製品ポートフォリオを拡大し、2Mバイト容量のフラッシュメモリ、1MバイトのRAMを搭載し、IoT機器でより高度な処理が行えるよう機能強化した新製品を投入した。これにより、Wi-Fi対応のスマート家電やスマートスピーカーなどインテリジェントなIoT機器の主要機能をPSoC 6 MCU 1チップで担えるようになった。(2019/2/12)

緑色のイクラのような見た目が人気の「わさビーズ」 転売行為について販売元が注意喚起
一般販売開始からSNSで人気を集め、現在売り切れが続いています。(2019/2/10)

ビジネス購入者向けコマースプラットフォームの新製品:
セールスフォース・ドットコムが「Salesforce B2B Commerce」を提供開始
セールスフォース・ドットコムは、ビジネス購入者向けコマースプラットフォームの新製品「Salesforce B2B Commerce」を提供開始すると発表した。(2019/2/8)

米国で19年秋発売:
SUBARU、新型「レガシィ」世界初公開 大画面の縦型ディスプレイ採用
SUBARUは、シカゴオートショーで新型「レガシィ」を世界初公開した。2019年秋から米国で販売を開始する。(2019/2/8)

CORSAIR、最大1万8000DPIの光学センサーを採用したUSBゲーミングマウス
リンクスインターナショナルは、CORSAIR製USBゲーミングマウス「M65 RGB ELITE」の販売を開始する。(2019/2/8)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ポケットに入る超望遠、イマドキのコンデジはここまで進化していた(前編)
スマホとデジ一眼が注目される一方、話題に上らなくなってきたコンパクトデジカメ。でも、市場から消えたわけではない。今回はソニーとキヤノンの新製品を取り上げ、その実力をチェック。(2019/2/8)

東芝インフラシステムズ FA2100T model 600:
処理能力が従来比約2倍向上、エッジコンピューティングに最適な産業用PC
東芝インフラシステムズは、スリム型産業用コンピュータシリーズの新モデル「FA2100T model 600」の販売開始を発表した。(2019/2/8)

Razer、スリム13.3型ノート「Razer Blade Stealth」日本語キー採用モデルの販売を開始
Razerは、薄型筐体採用13.3型ノートPC「Razer Blade Stealth」の日本語レイアウト採用モデルを発表した。(2019/2/7)

マウス、デスクトップ向けCoreプロセッサを装備したハイパフォーマンスノートPC 税別7万4800円から
マウスコンピューターは、デスクトップ向けCoreプロセッサを標準装備する15.6型ノートPC「m-Book G」シリーズの販売を開始する。(2019/2/7)

「たばこらしさ」は?:
加熱式たばこ新製品を喫煙歴25年の記者が吸ってみた
加熱式たばこ市場が文字通り熱い。日本たばこ産業(JT)とフィリップ・モリス・ジャパン(PMジャパン、東京)が1月下旬に加熱式たばこの喫煙器具(デバイス)と専用たばこの新製品を相次いで全国発売するなど、新たな顧客獲得に向けて余念がない。ただ、一度は加熱式たばこに移行しても、「たばこらしさ」といった味わいの問題などで、紙巻きたばこへと戻ってしまう人も多いという。果たして、新型デバイスでの味わいはどうかを試してみた。(2019/2/7)

CADニュース:
大臼歯向けCAD/CAM冠用ブロック材料を発売
デンケン・ハイデンタルは、大臼歯向けCAD/CAM冠用ブロック材料「ブリージョ CAD Hブロック」の販売を開始した。高精度なハイブリッドレジンのブロック材を開発し、製品化している。(2019/2/6)

3Dプリンタニュース:
クラレが3Dプリンタ用サポートフィラメントの新製品、溶解性と接着性を向上
クラレは、3Dプリンタ用サポートフィラメントの新製品を発表した。同社のポリビニルアルコール製品「MOWIFLEX」の溶解性や接着性がさらに向上したもので、複雑な構造の造形物を3Dプリントできる。(2019/2/5)

グリーンハウス、4K対応の5ポートHDMI切り替え器
グリーンハウスは、5ポート搭載HDMIセレクター「GH-HSWH5-BK」の販売を開始する。(2019/2/4)

マウス、狭額スリムデザインを採用した15.6型ノート「m-Book B508H」など2製品
マウスコンピューターは、狭額スリムデザイン筐体を実現する15.6型ノートPC「m-Book B508H」など計2製品の販売を開始する。(2019/2/4)

協働ロボット:
NECが協働ロボットのインテグレーターに、「匠」によるライン設計が違いを生む
NECは、玉川事業所(川崎市中原区)内にある「NEC DX Factory共創スペース」で会見を開き、次世代のモノづくりを具現化するコンセプト「NEC DX Factory」の展開を説明。併せて、生産ラインのスループット向上を支援する「ロボット導入トータルサポートパッケージ」の販売を開始すると発表した。(2019/2/4)

パナソニック モバイルコミュニケーションズ:
Android 8.1搭載の7型タブレット「TOUGHBOOK FZ-L1」、頑丈設計ながら薄型軽量
パナソニック モバイルコミュニケーションズは、7型頑丈タブレット「TOUGHBOOK FZ-L1」を国内法人向けに2019年2月14日から順次販売開始することを発表した。(2019/2/4)

アーク、静音ミドルタワー筐体を採用したCore i5搭載ゲーミングPC
パソコンショップアークは、静音設計のミドルタワー筐体を採用するゲーミングデスクトップPC「CY-IC6Z39A-Co」の販売を開始した。(2019/2/1)

「在庫調整は2月ごろに落ち着く見込み」:
村田製作所3Q、MLCC好調で前年比増収も受注残減少
村田製作所は2019年1月31日、2018年度(2019年3月期)第3四半期(10〜12月期)業績を発表した。3カ月間の売上高は4276億円で、前四半期比では3.4%減となったものの、前年比では3.4%伸長。第3四半期の営業利益は、新製品販売比率の高まりや生産性改善などにより、前年より89.8%増え856億円。営業利益率は20%だった。(2019/2/1)

LINEチケット、プロ野球やJリーグの公式戦も販売開始
LINE TICKETが電子チケットサービス「LINEチケット」でスポーツチケットの販売を始める。プロ野球やJリーグの公式戦チケットを、LINEから購入できる。(2019/1/31)

G-Tune、「Team:GODSGARDEN」お勧めゲーミングPCを期間限定で5000円引き
マウスコンピューターは、同社がスポンサーを務める「Team:GODSGARDEN」推奨のゲーミングPCの割引販売を開始した。(2019/1/31)

自然エネルギー:
風力発電の稼働率向上に貢献、NTNが監視システムを拡販へ
NTNは大型風力発電装置向けの状態監視システム「Wind Doctor」を拡販する。2012年に発売を開始した同システムは、国内設置数がまもなく200台に到達する見込みだという。(2019/1/31)

ウェイト調整もできる光学式USBゲーミングマウス 税別1799円
サードウェーブは、USB接続に対応した光学式ゲーミングマウス「DN-915679」の販売を開始した。(2019/1/29)

電力供給サービス:
再エネを生かす「変なエネ」、ハウステンボスが家庭向けに販売
ハウステンボスは再エネ比率が高い家庭向け電気料金プラン「変なエネ」を発表。エネルギーベンチャーのみんな電力と提携し、2019年2月から販売を開始する。(2019/1/29)

ユニットコム 3D CAD編集・解析向けパソコン:
初心者からプロまで幅広く対応、3D CAD/解析業務に最適化されたデスクトップPC
ユニットコムは、iiyama PCブランドのSENSE∞から、CG・MOVIE GARAGEシリーズ「3D CAD編集・解析向けパソコン」の販売開始を発表した。(2019/1/29)

G-Tune、Core i7+RTX 2080搭載の“15周年記念モデル”を販売開始 記念キャンペーンも実施
マウスコンピューターは、ゲーミングPCブランド“G-Tune”の15周年を記念した特別モデルの販売を開始する。(2019/1/28)

ファーウェイが1月30日にスマホの新製品を発表 「初めて使ってみたい方」向け?
ファーウェイ・ジャパンが、公式Twitterで新しいスマホの発表を予告。約1年前には「HUAWEI nova 2」を発表していたが、2019年には何を出すのだろうか……?(2019/1/25)

製造業IoT:
日立は冷蔵庫もコネクテッド、下側の引き出しはなぜ2つとも冷凍室になるのか
日立アプライアンスが冷蔵庫の新製品「R-KX57K/R-KW57K」を発表。冷蔵庫下部の2つの引き出しを、それぞれ冷凍室、冷蔵室、野菜室として使える「ぴったりセレクト」などの新機能を採用した。また、Wi-Fi機能により通信接続が可能で専用の「日立冷蔵アプリ」を利用できるコネクテッド家電モデルも用意した。(2019/1/25)

3Dプリンタニュース:
HPがフルカラー3Dプリンタなどを日本でも販売、金属3Dプリントサービスは2019年中を予定
日本HPは2019年1月23日、同社が開発する3Dプリンタ新製品「HP Jet Fusion 500/300シリーズ」を日本でも2019年中に本格展開すると発表した。HP Jet Fusion 500/300シリーズはオフィスユーズを想定しており、従来の同社3Dプリンタ製品と比較してコンパクトなことが特長である。(2019/1/24)

ソルティスター/日本ミクロン SmaCoクラウド:
クラウドと連携した金属対応RFIDタグシステム、金属製品の棚卸しなどに活用
ソルティスターは日本ミクロンと共同で、金属に対応したUHF帯電子タグとクラウドが連携したシステム「SmaCoクラウド」を開発し、2019年1月16日から販売開始したことを発表した。(2019/1/24)

WD、リード最大3470MB/sのM.2 NVMe SSD ヒートシンク付きのゲーミングモデルも用意
ウエスタンデジタルは、最大2TB容量のモデルまでを用意したM.2 NVMe SSD「WD Black SN750 NVMe SSD」の販売を開始する。(2019/1/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。