ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Avaya」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Avaya」に関する情報が集まったページです。

大同生命保険、アバイアのコールセンターシステムを導入 高齢者には自動応答をやめてサービス向上
大同生命保険が、アバイアのコールセンターソリューションを更新し、ルーティングの高度化と統計情報を活用しアデータ分析の強化を実現した。高齢者からの電話には自動応答システムでの対応をやめ、オペレーターが直接対応するなど、品質向上を図っている。(2016/12/20)

ホワイトペーパー:
調査で分かった日本の顧客心理──カスタマーエクスペリエンス評価のシビアな現実
「2013年アバイア・アジア太平洋地域カスタマーエクスペリエンス調査」の結果を、日本企業にフォーカスしてリポート。調査結果からはカスタマーエクスペリエンスの品質が顧客の今後の意向に大きな影響を与え得ることが浮き彫りになった。(2014/7/4)

ホワイトペーパー:
ソチ冬季オリンピックのネットワークソリューションに求められる要件とは?
ソチ冬期オリンピックにおけるネットワーク機器のオフィシャルサプライヤーとして、アバイアはネットワーク、コラボレーション及び通信機器を提供する。オリンピック運営に求められるネットワークの要件、実際にアバイアが提供するソリューションの詳細を紹介していこう。(2014/3/14)

ロールベースでアクセス制御ができるコラボレーションスイート
日本アバイアは、企業向けユニファイドコミュニケーションツール「Avaya Aura Suite Licensing」を2013年3月4日から提供開始する。従来の同社ユニファイドコミュニケーションツールと違い、ライセンス体系はユーザーライセンスを採用、導入のしやすい価格設定で提供するとしている。(2013/2/12)

ユニファイドコミュニケーションの波が来た――アバイアが製品体系を刷新
2012年にビデオ会議メーカーのRadvisionを買収したAvayaが、ユニファイドコミュニケーション製品の新たな提供体系を発表した。(2013/2/8)

アジアのコンタクトセンター調査:
スマートフォンの普及を見越したコンタクトセンターの運営が重要に、アバイア調査
アバイアが発表したアジアのコンタクトセンターでの各種調査で、「日本の消費者が一度のコンタクトでの問題解決を重視している」ことや、「デジタルネイティブ世代は、コンタクトセンターの対応次第では他社サービスを検討する人が多い」ことが分かった。(2012/11/14)

マルチチャネルでの顧客対応を高度化する3製品を発表:
日本アバイア、「“問い合わせのイライラ”をいかに軽減するか」
(2012/8/1)

日本アバイア、顧客とビジュアルなやり取りを可能にするコンタクトセンター向け製品群を発表
企業が顧客との間で映像や画像を使ったコミュニケーションが行える2種類のアプリケーション新製品を提供する。(2012/8/1)

エンタープライズクラスのスイッチを中小企業に、アバイアが新製品投入
日本アバイアは、エンタープライズ向け製品の機能や信頼性を備えた中小規模オフィス向けのイーサネットスイッチを提供する。(2012/6/1)

日本アバイア、マルチメディアコラボレーションのクラウドサービスを提供へ
オリックス・レンテックと共同で「Avaya Flare Experience Cloud Service」を開始する。同時にiPad向けアプリもリリースした。(2012/3/22)

企業の通信環境を包括管理するアウトソーシングサービス Avaya
米Avayaは、企業の通信業務をトータル的に管理するアウトソーシングサービス「Avaya Communications Outsourcing Solutions」を発表した。(2012/3/1)

日本アバイア、キャンパスエッジ向けイーサネットスイッチ新製品を発表
コラボレーションのためのプラグアンドプレイや電力供給、省電力化などの機能を搭載する。(2011/12/12)

新日本製薬、通販顧客とオペレーターとのマッチングを強化
コンタクトセンターにおける顧客の通話を最適なオペレーターに割り振ることが可能な日本アバイアのシステムを新日本製薬が採用した。(2011/11/15)

顧客の声を品質改善につなげる支援サービスを提供 日本アバイア
日本アバイアは、コンタクトセンターに寄せられた顧客の声から、商品やサービスの改善につなげるアドバイスを提供するコンサルティングサービスを始めた。(2011/11/10)

Maker's Voice:
“使える”ユニファイドコミュニケーションの展開を狙うAvaya
ビジネスコミュニケーションの活性策として注目されたユニファイドコミュニケーションだが、市場でのブレークスルーはいまだに起きていない。「現状打破を狙う」と意気込むAvayaが最近の取り組みを語った。(2011/9/20)

アバイア、仮想ネットワークサービスを構築する新スイッチなどを発表
データセンター間でのレイヤ2接続を可能にするアーキテクチャを採用したトップオブラックのスイッチと管理ソフトを発売する。(2011/8/26)

コンタクトセンター製品の最新版「Avaya Aura Contact Center 6.2」:
日本アバイア、「顧客対応の在り方をもう一度見直すべき」
(2011/7/28)

スマホ時代、SIPの可能性を再考する(1):
社のコミュニケーション基盤が収益・ブランドを左右する
電話や電子メール、インスタントメッセージング、グループウェアなど、コミュニケーションツールを円滑に使える体制があることは、ビジネスを円滑に進めるための前提条件と言える。さらに近年はスマートフォンなども加わり、企業にはマルチメディアを使いこなせる技術基盤の整備が強く求められている。では、そうした基盤整備に最適なテクノロジとは何か? 企業コミュニケーション分野に深い知見を持つ日本アバイアの平野淳氏が、今あらためてSIPに光を当て、その可能性をひも解く。(2011/6/3)

つぶやきをモニタリング、ロイヤルティ向上に生かせる新製品発表:
日本アバイア、企業のTwitter対応基盤整備を支援
(2011/5/24)

アバイア、ソーシャルメディアを通じた顧客対応を可能にする新製品
日本アバイアは、ソーシャルメディア上で発信された情報をコンタクトセンターのシステムに取り込み、必要な対応がとれるようになるソフトウェアを発表した。(2011/5/20)

元ノーテルのCEBPソリューション「Avaya ACE」の最新版を発表:
日本アバイア、業務運用と意思決定の迅速化を支援
(2011/3/4)

業務連絡でのリアルタイム性を高める製品群、日本アバイアが提供
日本アバイアは、業務システムとコミュニケーションツールを統合させる「Avaya ACE」を発表した。通話やチャットなどを活用して業務連絡での伝達ロスを解消する。(2011/3/4)

ビデオ会議でCiscoに対抗:
Skype、ビジネス市場参入を狙いAvayaと提携
IP電話サービスのSkypeが企業向け通信サービスのAvayaと戦略提携を結び、ユニファイドコミュニケーションサービスを提供する。(2010/9/30)

指先で相手とツールを選ぶだけ:
日本アバイア、誰でも使えるUIでコミュニケーションの壁を解消
(2010/9/17)

顧客のたらい回しを防ぎ、CS向上とTCO削減を両立:
日本アバイア、コンタクトセンターの新製品群を発表
(2010/8/6)

日本アバイア、コミュニケーション基盤製品の最新版を発表――コンタクトセンター向けにも展開
企業向け統合コミュニケーション基盤「Avaya Aura 6.0」では管理機能を強化した。同基盤を利用するコンタクトセンター向け製品も発売する。(2010/8/6)

アバイアがイーサネットスイッチの新製品――ネットワーク市場での方向性も説明
キャンパスネットワーク向けのスイッチ製品を皮切りに、ネットワーク市場での新たな戦略を展開する。(2010/7/30)

ネット活用の期待高まる――企業への問い合わせ手段
日本アバイアの調査結果によると、コールセンターへの問い合わせ手段として、インターネットを活用したいと考える日本の消費者が増加傾向にあることが分かった。(2010/7/2)

企業の競争力強化にはユニファイドコミュニケーションが有望――日本アバイアの新社長
日本アバイアの新社長に、デルやEMCジャパンなどで要職を務めたロバート・スチーブンソン氏が就任した。(2010/4/27)

NEWS
日本アバイア、オペレーター業務を可視化するマルチメディア対応ソフトフォンを提供開始
日本アバイアはコンタクトセンター向けソフトフォン「Avaya one-X Agent」を発表した。オペレータ業務を効率化するほか、他者や管理者の作業状況を確認できるなど、業務を可視化する。(2010/3/16)

NEWS
日本アバイア、ノーテル企業向け事業買収後の方針を明らかに
日本アバイアは、2009年12月18日に発表したノーテルのエンタープライズ・ソリューションズ事業買収に関する説明会を開催。新生アバイアのビジョンを語った。(2010/1/26)

日本アバイア、ノーテル事業の買収後について方針説明
日本アバイアは、買収したNortelのエンタープライズソリューション事業との統合について状況を説明した。コンタクトセンター分野やユニファイドコミュニケーション分野へ引き続き注力する。(2010/1/25)

巣ごもりで動く需要:
アバイア、日本発のコールセンター管理者向けソフトウェアを刷新
日本アバイアはコンタクトセンターのオペレーターの状況を管理するソフトウェアの最新版を発表した。通販サイトを中心に需要が伸びているという。(2009/12/16)

仮想化技術を適用したIPテレフォニー製品群を提供開始:
日本アバイア、低コストでIPテレフォニー環境を実現
(2009/11/24)

日本アバイア、仮想化対応のIP通話システムを発表
日本アバイアは、同社の仮想化プラットフォーム動作する中堅企業向けのIP通話システムを発表した。(2009/10/30)

Avaya、Nortelのエンタープライズ事業を買収
破産保護を申請したNortelから、Avayaがエンタープライズソリューション事業を買い取る。(2009/9/16)

ボイスポータル製品の最新版、「Avaya Voice Portal 5.0」発売:
「映像と音声、両方の案内でCSを向上」、日本アバイア
(2009/5/22)

“現実的な使用感”訴え、UCの利便性をアピール:
日本アバイア、「UCを使えばビジネスはもっと快適になる」
(2009/3/27)

会社宛ての電話、伝言はやっぱりメモ? 日本アバイアが調査
「○○様はいらっしゃいますでしょうか?」とかかってくる会社宛ての電話。問題は取り次ぎ方法である。日本アバイアによると、外出や離席時に自分宛にかかってきた着信に対して、96%が「紙の伝言メモを机上に置いてもらう」と回答したという。(2009/3/24)

NEWS
日本アバイア、固定電話と同等機能を持つ企業向け無線IP電話を発表
保留/転送/会議通話などの内線/外線機能を備え、既存のIP-PBXと無線LAN環境を生かして固定IP電話を補完する端末として利用できる。(2008/11/11)

年内の発売へ:
アバイア、iPhone 3G対応の内線通話ソフトを発表
企業内のPBXと携帯電話を接続する「Avaya one-X Mobile」がiPhoneに対応する。(2008/7/17)

マルチベンダーのユニファイドコミュニケーション:
アバイア、複数ベンダーの「在席情報」を収集するUC新製品
日本アバイアは、IBMやMicrosoftのコラボレーションソフトやAOLなどのインスタントメッセンジャーソフトと連携するユニファイドコミュニケーションの新製品を発表した。(2008/6/12)

PHSで“完全なワンナンバー化”――日本アバイアのFMCソリューション
(2008/6/10)

全国ワンナンバーが拡大:
AvayaのPBX、ウィルコムの内線サービスに対応
AvayaのIP-PBXソフト「Avaya Commuication Manager」が、ウィルコムの「W-VPN」サービスに対応した。(2008/6/9)

Windowsケータイで固定もモバイルも:
アバイア、スマートフォン向けオフィス通話ソフトを強化
日本アバイアは、Windows Mobile 6対応のオフィス通話アプリケーションを発売した。(2008/5/20)

NEWS
固定電話番号での発着信を可能にするケータイアプリ、アバイアがX02HT向けにリリース
Windows Mobile 6に対応する携帯電話向けFMCアプリケーションを発売。携帯電話で単一のダイヤルイン番号を使った発着信が可能になる。(2008/5/20)

携帯電話からの営業を安全に支援、アバイアとナイスが新サービス
日本アバイアとナイスシステムズは、携帯電話による営業活動を支援する金融機関向けサービスを始める。(2008/5/8)

ユニファイドコミュニケーションを割安で、アバイアがパッケージ化
日本アバイアは、ユニファイドコミュニケーションの導入に必要なソフトウェアのパッケージを発売する。通常価格より7割引きになる。(2008/3/21)

NEWS
日本アバイア、導入コストを7割削減したUCパッケージを発表
IP-PBXソフトウェアとUCアプリケーションを個別に購入した場合と比較して、7割安の価格でUCソリューションを購入できるという。(2008/3/19)

Cisco、エンタープライズテレフォニー市場で2位に浮上
Ciscoは、Alcatel-Lucent、Avaya、Nortel、Siemensから市場シェアを奪っている。(2008/3/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。