レビュー
» 2009年11月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「RAIDを超えたミラーリング」で完全冗長クラスタストレージを実現

異なるストレージ筐体にまたがったミラーリングで、単一障害点のないストレージシステムを実現するNexsan iSeries。その先進機能を、デモンストレーションを交えた動画で紹介する(提供:Nexsan Technologies)。

[PR/ITmedia]

 Nexsan Technologiesが提供する新世代iSCSIストレージアプライアンス「Nexsan iSeries」。iSCSIポートを通じてサーバと、FCポートを通じてストレージと接続し、ストレージの仮想化やスナップショット、レプリケーションなどあらゆるストレージサービスをアプリケーションに提供する。

 そのNexsan iSeriesが備える先進機能の1つが「ミラードボリューム」だ。この機能を利用すると、異なるストレージ筐体にまたがったデータのミラーリングが可能になる。これにより完全冗長クラスタストレージを構成し、無停止でのシステムメンテナンスや予期せぬストレージシステム障害に対応することが可能になる。

 本Webキャストでは、Nexsan iSeriesのミラードボリューム機能を使ってどのようにストレージシステムの完全冗長化が実現されるのか、実際にデモンストレーションも交えて紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ