ニュース
» 2009年11月17日 08時00分 UPDATE

Jetpackをコード50行以下で作成するコンテストがスタート

日本でも今後注目されるであろうFirefoxの次世代拡張機能Jetpackを積極的に売り込んでいるMozilla Labsは、コード行数が50行以下のJetpackアドオンを募集するコンテストを開始した。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine
tnff.jpg (Photo by baron von fogel

 Mozilla Labsは11月13日、Firefoxの次世代拡張機能「Jetpack」の開発コンテスト「Jetpack 50-line Code Challenge」を開始した。コード行数が50行以下のJetpackアドオンを募集するもので、優秀なアドオンを開発した人には台湾ASUSのEee PC 1000HEが贈られる。

 同コンテストは、Jetpackの最新版となるバージョン0.6が11月10日に公開となったことを記念したもの。Jetpackは、ユーザー側は再起動不要でインストールでき、開発者側はCSS、JavaScript、HTMLなどのWeb開発知識を使ってアドオンを開発できるという容易さを特長の1つとする。最新版ではバグの修正などのほか、新たにAPIも追加されている。

 コンテストは、コード行数50行以内のアドオンを募集し、18歳以上の開発者なら専用ページから応募できる。期間は2009年12月13日まで。最優秀賞となる「Best New Jetpack」に選ばれた開発者には、約399ドルのEee PC 1000HEが贈与されるほか、入選者にはステッカーやTシャツなど100ドル相当のパッケージが贈られる。詳細はMozilla LabsのJetpackのプロジェクトページを参照のこと。

 Mozilla Labsは11月11日、Jetpackを集めたギャラリー「Jetpack Gallery」も開設するなど、Jetpackを積極的に売り込んでいる。



Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -