ニュース
» 2009年12月17日 07時59分 UPDATE

FirefoxとSeaMonkeyの更新版が公開、深刻な脆弱性に対処

「Firefox 3.5.6」と「SeaMonkey 2.0.1」では7件の脆弱性を修正した。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは12月15日付でFirefoxブラウザの更新版を公開し、複数の深刻な脆弱性に対処した。

 Mozillaのアドバイザリーによると、更新版の「Firefox 3.5.6」では計7件の脆弱性を修正した。このうち危険度が最も高い「最高」レベルは3件あり、libtheora動画ライブラリの整数オーバーフロー問題、liboggplayメディアライブラリに関するメモリの安全問題、メモリ破壊の形跡があるクラッシュ問題がそれぞれ解決された。いずれも悪用された場合、任意のコードを実行される恐れがある。

 また、同日公開された統合アプリケーションの更新版「SeaMonkey 2.0.1」でも、Firefoxと同じ脆弱性が解決された。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連キーワード

Firefox | Mozilla | 脆弱性 | ブラウザ


関連ホワイトペーパー

Firefox | 脆弱性


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -