ニュース
» 2010年01月08日 09時00分 UPDATE

AdobeがReaderとAcrobatのアップデートを予告

Adobe ReaderとAcrobatの四半期アップデートは米国時間の12日に公開する予定だ。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsは1月7日、四半期ごとに公開しているAdobe ReaderとAcrobatの定例セキュリティアップデートを米国時間の12日に公開し、攻撃が多発している深刻な脆弱性に対処すると発表した。

 脆弱性が存在するのはAdobe Reader/Acrobat 9.2までのバージョンで、Windows、Mac、UNIXの各OS向けのアップデートを公開予定。脆弱性は複数あるが、特に2009年12月に発覚した脆弱性ではWindowsを狙った攻撃の拡大が伝えられており、セキュリティ各社が不審なPDFファイルに対して注意を呼び掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

Adobe Systems(アドビシステムズ) | Acrobat


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -