ニュース
» 2010年01月28日 16時47分 UPDATE

OracleがSun買収を完了、OpenOffice.orgは独立事業部に

Oracleが発表したSun製品/技術の統合計画は、基本的に「Sun技術は継続、中心となる戦略的製品はOracle Fushion」という方針で、OpenOffice.orgやVirtualBoxなどに関する今後の方針も明らかにされた。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Oracleは米国時間の1月27日、米Sun Microsystemsの買収を完了したことを発表した。同日開かれたイベントでは、Sun製品/技術の統合計画が発表された。

 Sunのオープンソースソフトウェアでは、「MySQL」がオープンソースグローバル事業部門(GBU)の一部となり、独立した営業組織、開発組織の下で進める。Oracleが以前買収したオープンソースのストレージエンジン「InnoDB」と同様、今後も改良を続け、サポートはOracleのグローバルサポートインフラを活用することで改善する、としている。また、OracleとMySQLを併用する顧客が多いことから、管理やバックアップなどOracleスタックに統合する計画も明らかにした。

 オープンソースのオフィススイート「OpenOffice.org」については、独立したGBUとしてSunの開発/サポートチームを維持する。コミュニティーエディションを含め、開発、プロモーション、サポートを継続するほか、Webベースのスイート「Oracle Cloud Office」として提供する計画、BIやコンテンツ管理との統合などエンタープライズ顧客へのフォーカスにも触れた。

 開発ツールの「NetBeans」、Javaアプリケーションサーバ「GlassFish」など、Oracle製品と重複するものについては、基本的に「Sun技術は継続、中心となる戦略的製品はOracle Fushion」とした。仮想化では、「VirtualBox」をOracleの仮想マシン「Oracle VM」ファミリに統合する方針などを明らかにした。

 OSでは「Solaris」とOracleの「Enterprise Linux」の両方へ投資継続が発表されているが、「openSolaris」については言及されなかった。

 Javaの年次カンファレンス「JavaOne」は今年から、Oracleが毎年秋に開催する「Oralce Open World」と共同開催になるという。

 Oracleは今後、詳細な計画を順次発表する予定。



Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ