ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GlassFish」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GlassFish」に関する情報が集まったページです。

コード記述を最小限に抑える
アプリ開発に適したOSSローコードプラットフォーム3選
企業は、可能な限り早くアプリを市場投入したいと考える。ローコードプラットフォームは開発プロセスを加速させる。優れた機能や柔軟なカスタマイズ性を持つオープンソースのローコードプラットフォームも登場している。(2018/11/15)

初心者のためのサーブレット/JSP入門(4):
アノテーションが肝! Servlet 3.0で作ったWebアプリの中身とは
初めてJavaのWebアプリを作ってみたいという人に向けて、Servlet 3.0で作ったWebアプリの中身についてコードを交えて解説する。(2016/8/2)

初心者のためのサーブレット/JSP入門(3):
サーブレットを作って分かるJava Webアプリの基本的な仕組み
初めてJavaのWebアプリを作ってみたいという人に向けて、サーブレットを作ってみることで、その基本的な仕組みを理解してもらう。(2016/7/26)

初心者のためのサーブレット/JSP入門(2):
OSSのアプリケーションサーバGlassFishの基礎知識&ダウンロード、インストール
初めてJavaのWebアプリを作ってみたいという人に向けて、オープンソースのアプリケーションサーバであるGlassFishの基本的な概要や環境構築方法について解説する。(2016/7/19)

初心者のためのサーブレット/JSP入門(1):
まだまだ使えるJava SEとNetBeansの基礎知識&ダウンロード、インストール
初めてJavaのWebアプリを作ってみたいという人に向けてJava SEとNetBeansの基本的な概要や環境構築方法について解説する。(2016/7/12)

3つのフレームワークで学ぶエンタープライズJava開発入門(1):
Strutsを使い続けることの問題点&現在有力なJava EE、Spring、Play Frameworkの基礎知識とアーキテクチャ
新規のエンタープライズJava開発において現在有力視される3つのフレームの違いについて解説する連載。初回は、Strutsを使い続けることの問題点と3つの概要、アーキテクチャ、使い分けについて。(2015/7/2)

Struts後時代のJava EE/Javaモダン開発はどうあるべきか〜JJUG CCC 2014 Springまとめリポート(前編)
Java EEにおいてJava 8はどこまで利用できるのか、Java開発でGit、CI、継続的デリバリは、どこまで有効なのか、Struts後時代のJava EE開発における有効なフレームワークなどをお伝えする。(2014/8/26)

ついにJavaがRaspberry Piとフラットデザインでタブレット市場に参入!?〜JavaOne 2013まとめレポート(中編)
Java開発者の年次カンファレンス、JavaOne 2013のテクニカルキーノートを中心に、Java 8で導入されるLambdaの革新性、HTML5/JavaScriptサポート、Raspberry Piベースのタブレット「DukePad」などについてお伝えする。(2013/11/7)

「俺たちのJavaは、まだまだこれからだ」未来の鍵はInternet of Thingsにあり?〜JavaOne 2013まとめレポート(前編)
Java開発者の年次カンファレンス、JavaOne 2013がサンフランシスコで9月22〜26日に開催された。3つの基調講演、そして400を超えるセッションが行われるなど、圧巻のボリュームは、まさに「Java開発者の祭典」といえる。基調講演と主なセッション、全体の雰囲気を前中後編に分けてレポートする。(2013/10/10)

Java Day Tokyo 2013まとめレポート(2):
WebSocket、組み込み、並列処理で進化するJava、そして最強のIDEはどれだ?
Java EEにおけるWebSocket、並列処理の過去・現在・未来、Raspberry Piとの連携、Eclipse、NetBeans、IntelliJ IDEAの中から最強のIDEを決める座談会、ミニ四駆の発表もあったLT大会などの模様をお届け。(2013/6/11)

Java Day Tokyo 2013まとめレポート(1):
Java SE 8、Java EE 7、JavaFX、Java Embeddedはどうなる?
OpenJDKで使えるJava 8の新機能、3Dの表現力が段違いで採用企業が増加しているJavaFX、センサデータを企業で活用するJava Embedded、HTML5、WebSockets、JSON、バッチ処理機能を備え、6月13日にリリース予定のJava EE 7、世界に広がるJava Communityなどの最新情報をお届け。(2013/5/24)

Java Day Tokyo 2013の見どころは?:
PR:Javaの最新動向を1日で! Java EE 7など、今知りたい全てがここに
日本オラクルが2013年5月14日に東京、秋葉原UDXで開催予定の「Java Day Tokyo 2013」。Java技術者の間で、このイベントが話題になっている。本記事では、日本オラクルのJavaエバンジェリストである寺田佳央氏と、Java Embeddedシニアセールスコンサルタントの笹沼満氏に、この注目イベントの見どころについて話を伺った。(2013/4/15)

小山博史のJavaを楽しむ(17):
JBoss Forgeでアジャイルな対話式開発をやってみた
コマンドラインからソースファイルを生成するJava用RADツールの特徴や使い方、MavenビルドやDB操作アプリ作成、テストの方法を解説(2012/12/13)

HTML5やWebSockets対応が進むJavaの今後〜JavaOne 2012基調講演まとめレポート
HTML5やWebSockets対応が進むJava EE 7、シェアを伸ばすJava 7、そしてJava 8とOpenJDK、JavaFXの最新情報をお伝えする(2012/10/12)

OracleがDBなどの定例アップデートを公開、JRockitには極めて深刻な脆弱性
データベース、ミドルウェア、アプリケーション、業界別製品などに存在する計88件の脆弱性が修正された。中でもJRockitの脆弱性は極めて危険度が高い。(2012/4/18)

JavaOne Tokyo 2012まとめレポート(前編):
7年ぶりのJavaOne Tokyoで見たJavaの未来
(2012/4/13)

IT技術書・注目の新刊(2012年3月):
IT技術書新刊・近刊まとめ2
自分研編集部が独断と偏見でまとめた、「IT技術書の新刊・近刊情報」をお伝えします。(2012/3/13)

Oracleが定例アップデートを公開、78件の脆弱性に対処
Oracleが定例クリティカルパッチアップデートを公開した。データベースの脆弱性では完全なサービス妨害(DoS)状態を誘発される可能性があるとして、できるだけ早くパッチを導入するよう促している。(2012/1/18)

Made in Javan!地方コミュニティ探訪記:
沖縄の技術者がアツい!ハッカソンレポ&代表者に聞いた
本連載では、代表者に話を聞いたりイベントに潜入したり名産品を食べたりして、Javaを中心に地方のさまざまなコミュニティを紹介していきます(2011/12/14)

Oracleが定例のセキュリティアップデート公開、データベースやSun製品の脆弱性に対処
7月の四半期アップデートでは合計78件の脆弱性に対処した。Oracle Secure BackupやFusion Middlewareに極めて深刻な脆弱性が存在する。(2011/7/20)

Oracleが定例パッチを公開、ミドルウェアやSun製品に深刻な脆弱性
OracleデータベースやSun、PeopleSoftなどの製品の脆弱性に対処する定例クリティカルパッチアップデート(CPU)が公開された。(2011/4/20)

Oracleがデータベースなどのパッチ公開を予告、79件の脆弱性に対処
データベースなど主要製品の脆弱性に対処する定例のクリティカルパッチアップデート(CPU)を米国時間の4月19日に公開する。(2011/4/18)

Javaから見た.NET(3):
将来性から見たJavaと.NETの違い、そして連携は?
システム開発がますます複雑化していく中、エンジニアには、テクノロジを理解して、さまざまな場面に適した選択が求められます。本連載では、Javaと.NETの基本的な仕組みから最新の傾向や技術などについて、数回に分けて紹介します(2010/8/27)

Oracle、Eclipseベースの開発環境「Oracle Enterprise Pack for Eclipse 11g R1」の最新版をリリース
最新版ではOracle CoherenceやGlassFish Serverに対応した。(2010/8/3)

OracleがSun買収を完了、OpenOffice.orgは独立事業部に
Oracleが発表したSun製品/技術の統合計画は、基本的に「Sun技術は継続、中心となる戦略的製品はOracle Fushion」という方針で、OpenOffice.orgやVirtualBoxなどに関する今後の方針も明らかにされた。(2010/1/28)

企業システムの常識をJBossで身につける(5):
非同期処理と疎結合ができる「メッセージング」の常識
企業向けアプリケーションのさまざまな“常識”をJavaのオープンソース・フレームワーク群である「JBoss」から学んでいきましょう。企業システムを構築するうえでの基礎となる知識をリファレンス感覚で説明していきます。初心者から中堅、ベテランまで大歓迎!(2010/1/8)

米Sun、軽量、モジュラー化を進めた「Java EE 6」を公開
Java EE 5以来、3年ぶりのリリースとなるJava EE 6は軽量とモジュラー構成を特徴としており、生産性の改善を目指す。(2009/12/11)

ホスティングサービス「Kenai」と連係:
Sun、「NetBeans 6.7」をリリース
NetBeansの最新版は、Sunの開発者向けホスティングサービス「Project Kenai」と統合され、同サービスの機能を利用できる。(2009/6/30)

任意のコード実行の恐れ:
SunのアプリケーションサーバにXSSの脆弱性
Sun GlassFish Enterprise ServerとSun Java System Application Serverにクロスサイトスクリプティングの脆弱性が見つかった。(2009/5/13)

MySQLにとって吉か凶か:
OracleのSun買収、MySQLコミュニティーの反応は?
MySQL Conferenceの最終日、参加者に「MySQLにとってOracleは吉か凶か?」という質問を投げ掛けた。彼らの答えは「絶対に凶だ」というものから「MySQLにとって大いにプラスになる」までさまざまだった。(2009/4/27)

地図サービスシステム刷新:
マピオン、サン製品でシステム環境の強化と合理化を実現
地図情報サービスを提供しているマピオンは、データセンター移転に伴い、サン製品を活用して地図基盤プロジェクトやモバイル向け顧客管理システムの再構築などを行った。(2009/4/10)

米Sun、SailFinの基盤となる「GlassFish 2.1」をリリース
GlassFishの最新ビルド版が公開された。SIPサーブレットをサポートし、VoIPに対応する。(2009/1/27)

Sun、商用Webサーバをオープンソースとして公開
Sunは商用Webサーバソフトウェア「Sun Java System Web Server」をBSDライセンスの下で「Open Web Server」として公開した。ただし一部のコンポーネントは公開されていない。(2009/1/20)

オープンソースアプリケーションサーバ調査 懸念はサポート、人気はTomcat
米OpenLogicの調査結果によると、33%の企業がオープンソースのアプリケーションサーバに移行済みという。(2008/12/24)

小山博史のJavaを楽しむ(12):
「Javaは遅い」から「Javaは楽しい」に至る歴史
教育界、技術者コミュニティでJava言語の教育と啓蒙に長年携わってきた筆者が、独自の視点からJavaの面白さを掘り下げていく。(編集部)(2008/12/15)

Weekly Memo:
修羅場を乗り越えてきたJavaの新たなる試練
先週、「Javaの生みの親」といわれるジェームズ・ゴスリング氏が来日し、Javaの最新状況について講演した。その内容とともに、エンタープライズ向けJavaについて考察したい。(2008/12/8)

Sun、商用版「GlassFish Enterprise Server v3 Prelude」をリリース
Sunは2009年に登場予定のJava EE 6の機能を一部先行して実装した商用版Webアプリケーションサーバ「Sun GlassFish Enterprise Server v3 Prelude」を発表した。(2008/11/7)

いま再注目の分散処理技術(中編):
イロイロな分散処理技術とイマドキのWebサービス
最近注目を浴びている分散処理技術「MapReduce」の利点をサンプルからアルゴリズムレベルで理解し、昔からあるJava関連の分散処理技術を見直す特集企画(編集部)(2008/9/16)

Webアプリの常識をJSPとStrutsで身につける(3):
Webアプリにおけるサーバとクライアントの常識
本連載は、JSP/サーブレット+StrutsのWebアプリケーション開発を通じて、Java言語以外(PHPやASP.NET、Ruby on Railsなど)の開発にも通用するWebアプリケーション全般の広い知識・常識を身に付けるための連載です(2008/9/1)

実用レベルに達したJRubyを体感してみよう(後編):
Java屋がTomcatでRuby on Railsを試すには?
(2008/7/24)

他社にないピースを持つ:
Sun、総合的クラウドを提案
Sunによると、ほかのベンダーとは違い、同社にはターンキー型クラウドモデルを立ち上げるのに必要なピースの多くが既にそろっている(あるいは間もなくそろう見込み)という。(2008/5/9)

「1年の集大成」――JJUG CCCで次の時代を照らすJava
4月30日に日本Javaユーザーグループが開催する「JJUG Cross Community Conference 2008 Spring」では、Javaデベロッパーでない方でもJavaが持つ無限の可能性を知ることができるだろう。(2008/4/25)

サン、Ruby on Railsを正式サポートしたNetBeans最新版
サン・マイクロシステムズは2月8日、オープンソースの統合開発環境の新バージョン「NetBeans 6.0.1」の提供を開始した。(2008/2/8)

安藤幸央のランダウン(38):
Cometに代表されるサーバ・プッシュ技術の復権
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします。(編集部)(2008/1/22)

「エンタープライズソフトウェア分野では業界再編が続く」――アナリストが予測
Forresterのアナリスト、ジョン・ライマー氏によると、エンタープライズアプリケーション市場ではMicrosoftの影響力が拡大する一方で、IBMが同市場に参入するという。(2007/12/18)

Sunのオープンソース支援に、元社員が疑問符
Sunの元社員が、Sunに脅されてオープンソースプロジェクトの所有権を放棄したとし、同社の「敵対的戦術」を非難している。(2007/12/12)

サン、アプリケーションサーバのマルチリンガル版を発表
9月にオープンソースアプリケーションサーバ「Sun Java System Application Server9.1」を発表したサンは、アップグレードとなるマルチリンガル版の無償提供を始めた。(2007/10/30)

Sun、「GlassFish V2」リリース
(2007/9/19)

矛盾を抱えつつ進化する“Java”――黒船となったRuby on Rails
インターネット全盛以前に誕生したJava。アプリケーション開発の形態が変化していく中で、Javaもまたいろいろな刺激を受けてきている。これまでのJavaと今後のJava、業界キーマンがコラムで語る。(2007/8/16)

オープンソース化に満足?――Javaの父ゴスリング氏に聞く(後編)
Java言語の優位性、JVMへの課題、次世代の言語には何が必要なのか? ゴスリング氏は、プログラム言語に関するさまざまな見解を、インタビューで語った。 (2007/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。