ニュース
» 2007年12月18日 06時30分 公開

「エンタープライズソフトウェア分野では業界再編が続く」――アナリストが予測

Forresterのアナリスト、ジョン・ライマー氏によると、エンタープライズアプリケーション市場ではMicrosoftの影響力が拡大する一方で、IBMが同市場に参入するという。

[Darryl K. Taft ,eWEEK]
eWEEK

 エンタープライズソフトウェア市場では今後3年間にわたって業界再編が続き、Microsoftの影響力が拡大する一方で、IBMが同市場に参入する見込みだ。

 Forrester Researchのアナリスト、ジョン・ライマー氏は12月13日、フロリダ州ハリウッドで開催された「Spring Experience」ショウでの講演で、このようなシナリオを示した。

 業界再編については、BEA SystemsとTibco Softwareは「急速に成長しなければ」買収のターゲットになる可能性が高いとライマー氏は言う。BEAは既に今年、Oracleによる株式公開買い付けのターゲットになった(Oracleの企ては失敗に終わった)。

 さらにライマー氏によると、成長が火急の課題となっている数社の大手エンタープライズアプリケーションベンダーの1社がBEAだという。同社は1株当たり21ドルの株価を達成しなければならず、真の成長を実現するにはWebLogic以外の製品でライセンス収入を拡大する必要がある、と同氏は指摘する。

 その背景には、大手企業が以前から市場への進出を狙っていることがある。ライマー氏によると、エンタープライズ市場におけるMicrosoftの勢力は拡大を続けているという。「彼らの進出の勢いはすごい」と同氏は話す。

 ライマー氏によると、Microsoftは勢力を拡大しているだけでなく、企業における同社の全般的な影響力も高まっているという。「このことはJavaプロバイダー各社にとって現実的要因になっている」と同氏。

 企業ユーザーを対象とした調査によると、65%が.NETを利用していると答えているのに対し、Spring Frameworkを利用していると答えたユーザーは17%に過ぎない。とはいえ、「Springはこの2年間で最も急速に成長した」とライマー氏は話す。

 またライマー氏は、IBMがエンタープライズアプリケーションビジネスに進出すると予測している。

 「IBMが今後も成長を続けたいのであれば、もはやエンタープライズアプリケーションを無視するわけにはいかない」と同氏は語る。

 ライマー氏のそのほかにも、オープンソースがIT基盤の一部として溶け込む、ポータビリティ標準が廃れる一方で相互運用性標準が普及する、アプリケーションの開発でビジネス部門とIT部門の協力がいっそう盛んになる、といった予測を示した。

 さらに同氏によると、「ビッグ4」――Microsoft、IBM、Oracle、SAP――がエンタープライズ市場で生き残る一方で、専業企業の間から新たな「競争・協業」企業が登場するという。「エンタープライズ市場のプレーヤーが果たす役割は3つある。ビッグ4などが担っているパッケージ化、GlassFishなどのオープンソースコミュニティーによるコモディティ化、そして専業ベンダーによるイノベーション(Ruby on Railsなど)である」と同氏は話す。

 一方、エンタープライズ市場におけるそのほかの大手ベンダー(BEAなど)は、さまざまな理由から成長を迫られている。また、IBMはエンタープライズ予算を確保し、SMB(中堅・中小企業)市場での影響力を拡大する必要があるという。

 「OracleはFusionで100%の成長を実現する必要があり、Sun Microsystemsは影響力を取り戻す必要がある」と同氏は指摘する。

 また、Java分野では、ランタイムの市場とプログラミングモデルの市場が分かれているため、Spring FrameworkなどをIBM WebSphereなどのプラットフォームと組み合わせることが可能だという。「この分野では2つの側面でイノベーションがあり得るということだ」と同氏は語る。

 大手ベンダー各社は、Springのようなイノベーションが普及段階に達したのを見極めた上で採用しようとするだろう、とライマー氏は予想する。

 「SpringSourceは普及が進むのに伴い、ビッグ4各社に1つのレイヤを提供するだろう。これは、例えば、Spring FrameworkをOracleのスタックに連携するといった形でOracleなどの特定のアプリケーションプラットフォームとの深い連携を実現するものだ」とライマー氏は語る。

 さらに同氏によると、革新的なプログラミングモデルやフレームワーク、革新的なコンポーネント、そして開発分野に対するサポートを提供しているのはSpringSourceのような専業ベンダーだという。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -