レビュー
» 2010年02月08日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:特権ユーザー、誤操作……仮想化環境の見えないリスクをなくすには

企業で起こる情報漏えいやシステム障害の多くは人の操作ミスや不正行為によるもの。仮想化環境ではこうしたヒューマンエラーは見えにくい。サーバ仮想化のリスクを抑え、導入メリットを最大化するポイントを解説(提供:エンカレッジ・テクノロジ)。

[PR/ITmedia]

 今、注目されているサーバ仮想化。サーバの集約化に伴うコスト削減や省電力化、あるいは柔軟かつ容易なITインフラの設計を可能にするだけなく、クラウドコンピューティングを実現するための要素としても必須のテクノロジーである。

 その一方で、安全かつリスクの少ないITインフラを構築するためには、仮想化環境においても特権ID管理やログ管理などIT統制への取り組みが必要だ。

 特にサーバ仮想化環境においては、ホストマシンの管理者がそのホスト上のゲストマシンに対しての操作も行う特別な権限を有する。そのため、管理者による不正操作・誤操作への統制(コントロール)をより強化し、有効に機能させる必要がある。

 本ホワイトペーパーでは、サーバ仮想化固有の仕組みや機能を理解した上で、不正操作・誤操作によるシステムへの影響や、情報漏えいなどのリスク対策として求められる統制のポイントについて紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -