ニュース
» 2010年02月09日 15時44分 UPDATE

Mozilla Labs、「Weave Sync」のAPIなど開発リソースを公開

Mozilla Labsは、Firefoxの同期アドオン「Weave Sync」向けAPIや各種ドキュメント、ライブラリなどの開発者向けリソースを公開した。将来的にはサードパーティーのアプリケーションやWebサイトが特定のユーザーデータにアクセスするためのAPIも公開される予定。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 Mozilla Labsは2月5日、Firefoxの同期アドオン「Weave Sync」向けAPIや各種ドキュメント、ライブラリなどの開発者向けリソースを公開した。Weave Sync上にサービスを構築する際に利用できるもので、Weave Syncの受け入れを促進し、プラットフォームとして推進する狙いだ。

 Weave Syncは1月に正式版が公開されたFirefoxアドオン。Firefox、モバイル向けの「Firefox Mobile」を拡張し、ブックマーク、パスワード、履歴、ブラウザの設定などを複数の端末間で同期できる。プライバシー保護とセキュリティを特徴とし、データはすべて暗号化される。

 Weave開発チームは今回、開発者リソースとして、Weave User API、各種ドキュメント、PythonおよびJavaScript向けのクライアントライブラリを公開した。今回提供されたUser APIを利用することで、さまざまなデバイス/環境から保存されたデータにアクセスできるようになる。将来的にはサードパーティーのアプリケーションやWebサイトが特定のユーザーデータにアクセスするためのAPIも公開される予定。これにより、ブックマークや履歴に基づいたレコメンデーションを提供できるという。

 開発リソースと同時に、JavaScriptで実装されたWeaveデータビューア「Web-based Weave Client」、iPhone向けのWeaveデータビューア「iPhone Weave Client」などのアーリープロトタイプやサンプルコードも公開されている。

関連キーワード

Weave | Firefox | API | 開発者




Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -