ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「開発者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で開発関連の質問をチェック

フルハーネス徹底解剖!:
PR:全ラインアップが新規格に適合済み、3Mのフルハーネスがプロに選ばれる理由
1940年に世界初のハーネス“安全ブロック”の特許を取得して以来、墜落防止ソリューションを世界中で80年近くも提供してきた3M。2019年2月1日のフルハーネス義務化と、新構造規格の告示に合わせて、日本法人のスリーエム ジャパンが発売する全モデルは、既に新しい規格への対応を済ませている。3Mのフルハーネスが、なぜ世界の建設現場で選ばれているのか?日本向けフルハーネス開発者へのインタビューを交え、徹底解剖する。(2019/2/19)

開発者向けドメイン「.dev」、Googleが有料で先行登録開始
米Googleは2月19日(米国太平洋標準時)から、開発者向けのドメイン「.dev」の先行登録プログラムを開始する。(2019/2/18)

Apple開発者アカウント、2ファクタ認証必須化
Appleは2019年2月27日から、Apple Developerアカウントへの2ファクタ認証を必須化する。(2019/2/18)

文法の習得に終始していないか?
最初に学ぶのに最適なプログラミング言語が存在しない理由
開発者が最初に学ぶのに最適なプログラミング言語はJavaだという意見がある。だが本当にそうだろうか。どの言語でも構成要素はほぼ変わらない。(2019/2/15)

macOSのプライバシー保護機能に開発者が問題指摘 Safariの閲覧履歴を見られる恐れ
macOSとiOSアプリを手掛ける開発者が、不正なアプリを使ってSafariの閲覧履歴を盗み見できてしまう問題を見つけたと伝えた。(2019/2/14)

低価格のゲートウェイも発表:
LoRaWAN、中国Tencentとの提携で普及拡大に弾み
2019年1月31日〜2月1日にオランダのアムステルダムで開催されたLoRaWAN開発者会議「The Things Conference」で、69米ドルという超低コストのLoRaWAN対応屋内ゲートウェイなどが発表された。これにより、LoRaWANの普及が加速する可能性がある。(2019/2/14)

Microsoftの「Build 2019」は5月6日から またGoogle I/Oの1日前
Microsoftは、年次開発者会議「Build 2019」を5月6〜8日に開催すると発表した。参加申し込みは2月27日開始だ。昨年同様、Googleの「Google I/O」より1日前のスタートだ。(2019/2/7)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(42):
開発者に朗報! Windows 10でWindows Serverコンテナが実行可能に
Windows 10の開発者向け機能として、Dockerによる「Windowsコンテナ」のサポートがあります。これまでは、Hyper-Vで分離された「Hyper-Vコンテナ」だけがサポートされていましたが、最新の「Docker Desktop for Windows」では、「Windows Serverコンテナ」もサポートされました。(2019/2/7)

Alexaスキルに「うんこボタン」的育児支援機能を追加する「Baby Activity Skill API」
Amazon.comが、おむつ交換や授乳を記録・追跡するための「Baby Activity Skill API」をスキル開発者向けにまずは米国で公開した。(2019/2/6)

組み込み開発ニュース:
モデルベース開発環境に新機能を追加、航空宇宙設計の開発期間を短縮
MathWorksは、MATLAB、Simulinkに航空宇宙設計向けの新しい飛行解析、可視化機能を追加した。R2018bでの機能追加により、開発者は設計精度を高く保ち、かつ多くの規制や標準に対応しながらも、迅速に航空宇宙機の開発を進めることができる。(2019/2/5)

個々の機能や特性を比べる
Dockerと仮想マシンを比較 アプリ開発環境で使うなら?
仮想マシン(VM)とコンテナには技術的に大きな違いがある。コンテナを選ぶ開発者が多いのは、コンテナの方により整合性があると考えているためだ。(2019/2/5)

PR:いま「宅配ボックス」が増えているワケ 三種の神器(テレビ・冷蔵庫・洗濯機)に代わる必須アイテムを目指して
パナソニックの開発者に話を聞きました。(2019/1/31)

「Google I/O 2019」は5月7〜9日に前回と同じ会場で開催へ
Googleが例年通り開発者カンファレンス「Google I/O」の開催をクイズ形式で告知した。1時間後には5月7〜9月に昨年と同じShoreline Amphitheatreで開催という正解がツイートされた。(2019/1/26)

「ゆっくりしていってね!!!」の声はどうやって生まれたのか 開発者が語る“起業エンジニアの生存戦略”
いわゆる「ゆっくりボイス」のエンジン開発者に取材しました。(2019/1/26)

“脱Excel”か“活Excel”か
「VBA最強」とは限らない スキルに合わせてExcelツール作成方法を導く「5W1H」とは
「Excelツールを作成する際、関数とVBAのどちらを使うべきか」。この判断を、それぞれの機能だけを見て下してしまうと、後々、利用者の利便性や開発者のサポートの手間に大きな影響を及ぼす場合があります。(2019/1/15)

第1回 ヤバわか勉強会 レポート:
「学生のうちに、プロ以上の力を身に付けられる」 Fate/Grand Order開発者が“ゲーム業界志望者”にアドバイスしたこと
ITmedia NEWSが開催した学生向けイベント「第1回 ヤバわか勉強会」に、スマートフォンゲーム「Fate/Grand Order」の開発にも携わる塩川洋介さんが登壇。「ゲーム業界を目指す上で、“実は”大切なこと」を語りました。(2019/1/11)

Mobile Weekly Top10:
やはり関心の高い「Xperia」/予断を許さない「Huawei」問題
今回のITmedia Mobile Weekly Top10では、2018年12月24日から2019年1月6日までのアクセスを集計。年末年始に最も読まれた記事は、「Xperia XZ3」の開発者インタビューでした。iOS 12で進化した「Apple Pay」についてまとめた記事も好調でした。(2019/1/9)

ナントカ警備隊っぽくてステキ トヨタ、近未来の自動運転実験車「TRI-P4」をCES 2019で発表
開発者いわく「最も美しい自動実験車」。新型レクサスLSがベース。(2019/1/8)

2018年を振り返る:
「読解力がない子どもにプログラミングを教えても、意味がない」――2018年、Facebookで反響があった開発者、プログラマー向け記事ベスト10
2018年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、2018年に@ITが公開した記事の中で注目を集めた上位10記事を紹介します。(2019/1/8)

パートナー連携と企業買収でエコシステムを拡充
Tableauの開発者向け新機能、拡張APIでサードパーティー製ツールの連携強化
Tableauの新しいデベロッパープログラムによって、開発者は「Tableau Online」開発サンドボックスとサンプルコードを無料利用できるようになった。サービス概略と同社の販売戦略を考察する。(2018/12/26)

Arm Mbed Connect 2018 Japan:
トレジャーデータ創業者が語る「データファースト時代の開発者像」とは?
開発者イベント「Arm Mbed Connect 2018 Japan」において、2018年8月にArmに買収されたトレジャーデータの創業者兼CTOで、現Arm IoTサービスグループ テクノロジー担当バイスプレジデントを務める太田一樹氏が「データファースト時代の開発者像」をテーマに講演を行った。(2018/12/25)

iPhoneアプリの課金アイテム、他ユーザーに贈与可能に 「App Store審査ガイドライン」改定で
Appleがアプリ開発者向けの「App Store審査ガイドライン」を改定。アプリ内課金アイテムを他のユーザーにプレゼントする機能を、iOSアプリで使えるようにした。(2018/12/21)

KubeCon + CloudNativeCon 2018詳報(2):
KubernetesとCNCFの、デベロッパーエクスペリエンス改善への取り組み
アプリケーション開発者およびアプリケーション運用者にとってのKubernetesの使い勝手に関する課題は、KubeCon + CloudNativeCon 2018でも多くの参加者が口にしている。KubernetesコミュニティーとCNCFはどう対応しようとしているか。(2018/12/19)

「サービスとしてのWindows」は道半ば
Windows 10更新プログラムの不具合はなぜ発生? Windows as a Serviceの課題を指摘する声も
アナリストや開発者は、「Windows 10」更新プログラムの不具合問題で苦慮するMicrosoftについて、その品質管理プロセスや「Windows as a Service」における課題を指摘する。(2018/12/19)

組み込み開発ニュース:
電子機器やIoTデバイスを音声操作可能にする開発キット
ユカイ工学とNTTドコモは、開発者向けの音声対話開発キット「codama」を発表した。同キットを「ドコモAIエージェントAPI」と連携することで、電子機器やIoTデバイスを音声で簡単に操作できるようになる。(2018/12/18)

Discordのゲームストア、開発者の収益分配率を90%へ
ゲーマー向けチャットサービスDiscordの運営するゲームストア「Discord Store」での開発者の収益分配率が2019年に70%から90%に引き上げられる。競合するEpic Gamesは開店したばかりのゲームストアの分配率を88%に設定している。(2018/12/17)

Alexaスキル開発者向けにリマインダー機能のAPI公開
「Alexaスキル」の開発者向けに、リマインダー機能のAPIの提供がスタート。このAPIを活用し、薬を飲む時間をリマインドするスキルなどが提供されている。(2018/12/13)

「フォートナイト」のEpic Games、クロスプラットフォームゲームSDKを無償公開へ
オンラインゲーム「フォートナイト」を手掛けるEpic Gamesが、フォートナイトでも採用するクロスプラットフォーム技術を含むSDKをゲーム開発者に無償で提供する。同社は独自のゲームストアをオープンしたばかりだ。(2018/12/13)

KubeCon + CloudNativeCon 2018:
Red Hat OpenShift、サーバレス実装の開発者プレビューを発表
 Red Hatは12月10日(米国時間)、「Red Hat OpenShift」で、Googleが2018年7月に発表した「Knative」などによるサーバレス機能を、デベロッパープレビューとして提供すると発表した。(2018/12/11)

オープンソースを基盤に:
Microsoft、「Microsoft Edge」を「Chromium」ベースに――互換性を高め、Web開発者のテストを軽減
Microsoftは、PC向けの「Microsoft Edge」ブラウザの開発にオープンソースプロジェクト「Chromium」を採用する。(2018/12/11)

使いやすく、割安なのは?
AWS、Azure、GCPのコンテナレジストリを比較 Docker Hubとの違いは?
コンテナイメージのレジストリとして「Docker Hub」を使っている開発者は少なくないが、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft、Googleが提供するサービスを利用するという選択肢もある。これらの特徴を比較してみよう。(2018/12/11)

Google、知らずに広告詐欺SDK利用のアプリ開発者に警告、削除依頼
Googleが、Google Playストアに登録されている複数のアプリに広告詐欺コードを含むSDKが利用されていたとして、該当するアプリの開発者に削除を求めた。猶予期間中にSDKを削除しない場合は措置をとるとしている。(2018/12/10)

Microsoft、Webブラウザ「Edge」をChromiumベースに ブランドは保持
Microsoftがデスクトップ版Webブラウザ「Edge」をオープンソースのChromiumベースにシフトすると発表した。一般ユーザーが何かする必要はない。開発者向けプレビューを2019年初頭にリリースする計画だ。(2018/12/7)

開発ツールやオープンソース、サーバレス技術の新展開:
Microsoft、「Visual Studio 2019 Preview」など開発者向けに多数発表
Microsoftは開発者向けカンファレンス「Microsoft Connect(); 2018」で、各種開発ツールの正式版や新バージョンの他、オープンソースの新展開や新しいサーバレスコンピューティング技術などを発表した。(2018/12/6)

「手のひらプレステ」今日発売 CMと収録タイトル開発者インタビュー公開
12月3日、本日発売のプレイステーション クラシック。CMとインタビューも公開された。(2018/12/3)

無償の自動作曲ツールも
AIによる作曲はゲームに新たな命を吹き込むのか?
インディーズのゲーム開発者は、プロシージャル生成を活用してゲームにさまざまな要素を組み込んでいる。その世界にAIが生み出す音楽が加われば、活気に満ちた現実のような世界を作り出せるかもしれない。(2018/12/3)

AIBO初代開発者、独自AI搭載の実用ロボ本格運用 Pepperを“転レンタル”
AIBOの初代開発責任者だった大槻正氏は、ソフトバンクの「Pepper」に独自の顔認識人工知能を積んだ接客・警備ロボットの本格運用を開始。さらに高度なサービスを開発中で、日本の実用ロボット市場拡大に期待がかかる。(2018/11/27)

いろんな「はぁ」をみんなで演技して当て合う! 「ぷよぷよ」の開発者考案「はぁって言うゲーム」が楽しそう
力をためる「はぁ」、感心の「はぁ」、失恋の「はぁ」。(2018/11/25)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(37):
WindowsとLinuxの混在環境が標準で扱いやすく――Windows 10のLinuxサポート最新情報
Windows 10には、Linuxをサポートするための機能が次々に実装されています。中でも、Linux環境では当たり前に利用できるユーティリティーに関係する新機能は、WindowsとLinuxの混在環境をより扱いやすくしてくれます。オフィス(インフォメーション)ワーカーには影響ないかもしれませんが、アプリ開発者とってはうれしい機能です。(2018/11/22)

手ごろなコストでDNN推論アプリケーションの開発を支援:
Intel、AI開発者向けの小型デバイス「Intel Neural Compute Stick 2」を発表
Intelは、スマートAIアルゴリズムの作成や、ネットワークエッジでのコンピュータビジョンのプロトタイピングに対応できるUSBスティック型のハードウェア「Intel Neural Compute Stick 2」(Intel NCS 2)を発表した。(2018/11/16)

市民開発者と熟練開発者の役割
「aPaaS」によるノーコード/ローコードのアプリ開発は企業文化に浸透するか
企業はアプリケーション開発の頓挫や、ビジネスに精通する熟練したアプリケーション開発者の不足に悩んでいる。こうした中、ドラッグアンドドロップのみでアプリケーション開発する手法への期待が高まる。(2018/11/15)

有機ELのAndroid端末では「ダークモード」にするとバッテリーが節約できるとGoogle
Googleが開発者会議のセッションで、有機ELディスプレイでは「ダークモード」で表示した方が、ノーマルモードよりもバッテリーを節約できると、YouTubeやGboardでの実験数値を挙げて説明した。(2018/11/12)

【木村祥朗×堀井直樹×なる×ZUN】「BLACK BIRD」爆誕祭 なぜゲーム開発者はシューティングを作りたがるのか、「原点にして究極」と語るその魅力
「moon」「Million Onion Hotel」などを手掛けてきた木村祥朗さん(Onion Games)の最新作がなぜシューティングなのか。「BLACK BIRD」開発のきっかけや、シューティングというジャンルの魅力について語ってもらいました。(2018/11/9)

これからのAIの話をしよう(音楽編):
機械が作った音楽は人の心を動かすか 「AIで自動作曲」研究するワケ
人工知能は作曲家になれるのか? 自動作曲システム「Orpheus」の開発者に、自動作曲が浸透した時代の音楽文化はどうなっていくのかを聞いた。(2018/11/9)

Androidアプリ、使いながらアップデートが可能に 「Google Play In-app Updates API」で
Googleがアプリ開発者向けに、アプリをバックグラウンドでアップデートできるようにする「Google Play In-app Updates API」を提供する。このAPIでは、緊急アップデートを全画面で通知するオプションも設定できる。(2018/11/8)

CPUコア従量課金の理由:
開発者向けツールSaaSのRocro、InspecodeとDocstandを正式提供開始
ソニーの開発者たちが立ち上げた開発者向けツールSaaS企業のRocroは2018年11月8日、自動コードレビューの「Inspecode」とAPIドキュメント生成の「Docstand」を正式提供開始した。(2018/11/8)

これからのAIの話をしよう(音楽編):
人工知能で「ヒット曲」難しい理由 ”良い音楽”は科学できるのか
人工知能による自動作曲サービスがいくつも登場し、誰もが気軽にAIを使った楽曲の自動生成ができるようになった。今の自動作曲システムの実力や、AIはヒット曲を生み出せるのかなどを、自動作曲システム「Orpheus」の開発者に聞いた。(2018/11/8)

フィードバック集める:
Samsung、折り畳み式スマホの一部詳細明らかに 開発者会議で
Samsungがアプリ開発者向けに折り畳み式スマホの一部詳細を明らかにする見通しだ。(2018/11/6)

Samsung、11月7日のイベントに向けてSNSのロゴを“折りたたみ”に
Samsung MobileのFacebookとTwitterのプロフィール画像が、ロゴを折りたたむ形に変わった。11月7日開催の開発者会議で発表するとみられる折りたたみスマートフォンの予告のようだ。(2018/11/6)

プロジェクトの単一ビューを提供:
Google、「G Suite Developer Hub」でG Suite開発者を強力にサポート
Googleは、「G Suite Developer Hub」で、G Suite開発者を支援するさまざまな新機能を提供開始した。作業を迅速に開始できるハブやトリガーを一目で確認できる仕組みを取り入れた。(2018/11/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。