ニュース
» 2010年03月04日 15時44分 UPDATE

大和証券、本店に電子ペーパーを設置――NECと共同開発

大和証券はNECと共同開発した電子ペーパーを本店に設置。来店客への情報発信に利用し、ペーパーレス化を進める。

[ITmedia]

 大和証券はNECと共同で、来店した顧客に対し新商品やキャンペーン情報を伝える「電子ペーパーシステム」を開発した。3月1日から本店にプロトタイプが設置されている。

daiwa1.jpgdaiwa2.jpg 大和証券本店に設置されたプロトタイプのイメージ

 プロトタイプのサイズはA4で、解像度はUXGA(1600×1200ピクセル)相当。また重さは800グラムとなっており、来店客は眺めるだけでなく、電子ペーパーを手に取って閲覧してもよい。NECおよびNEC液晶テクノロジー、NECディスプレイソリューションズが端末の開発を主導した。当面は電子ペーパー本体に保存した情報をスライドショー形式で自動更新する方法を取るが、今後、カラー化、軽量化を進めるとともに、ネットワーク経由で各店舗独自の情報をリアルタイムに配信するなど、システムを発展させる計画だという。

 大和証券はこれまで、事務帳票の電子化をはじめ、電子申請システムの導入などにより、社内帳票のペーパーレス化を果たしたという。これによる事務帳票の削減は、2005年度比98.7%にのぼると公表されている。この取り組みの発展形として、顧客向け帳票のペーパーレス化を推し進めるために、電子ペーパーに着目したとしている。

関連ホワイトペーパー

NEC(日本電気) | 帳票


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -