ニュース
» 2010年03月18日 18時28分 UPDATE

ALSI、USBメモリにセキュリティ機能を付加するソフトに上位版を追加

アルプス システム インテグレーションは、市販のUSBメモリに暗号化などの機能を付与するソフト製品の上位版を発売する。ウイルス対策の確認や期限切れデータの無効化機能などを追加した。

[ITmedia]

 アルプス システム インテグレーションは、市販のUSBメモリに暗号化などの機能を付与するソフト製品の上位版「InterSafe SecureDevice Professional」、3月26日に発売すると発表した。

 InterSafeは暗号化のほかにも、USBメモリと接続するPCとの間でのデータ転送を制限する機能などがある。上位版では接続するPCでウイルス対策が実施されているかを検知して、不十分な場合に利用できなくする機能や、有効期限が切れたUSBメモリ内のデータを破棄する機能などを追加した。

 既存機能の強化なども図っており、価格はサーバライセンスが14万7000円から、セキュリティUSBメモリライセンスが7560円からとしている。

関連キーワード

USBメモリ | ALSI | 暗号化


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -