ニュース
» 2010年04月01日 13時23分 UPDATE

MeeGoがいよいよ始動、開発者向けリリース公開――「N900」とAtom搭載ネットブックに対応

MoblinとMaemoをマージしたモバイルプラットフォーム「MeeGo」の開発者向けシステムイメージが公開された。レポジトリには、Linuxカーネル、OSインフラ、ミドルウェア層を含むOSベース、MeeGoディストリビューションインフラが含まれている。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 Linux FoundationMeeGoプロジェクトは3月31日、初のシステムイメージを公開した。ARMベースの「Nokia N900」のほか、「Intel Atom」ベースのネットブックと「Atom Moorestown」ベースのモバイル端末に対応、プロジェクトのWebサイトからイメージをダウンロードできる。

 MeeGoは、米Intelが開始してLinux Foundationに移管したネットブック向けLinuxプロジェクト「Moblin」と、フィンランドNokiaが中心となって開発していたスマートフォン向けLinuxの「Maemo」をマージしたモバイルプラットフォーム。2社は2010年2月にMeeGoを発表、Linux Foundationがプロジェクトをホスティングしている。

 今回、MeeGo開発者が“day1”として公開したのは開発者向けのシステムイメージ。レポジトリには、Linuxカーネル、OSインフラ、ミドルウェア層を含むOSベース、MeeGoディストリビューションインフラが含まれている。ダウンロードしたイメージはCDまたはUSBスティックから起動が可能だが、ユーザーインタフェースは含まれていない。

 MeeGo開発者は、MeeGoアーキテクチャはMeeGoが想定しているネットブック、携帯電話、車載システムなどで共通のコアを利用すると説明している。このコアには、OSライブラリ、通信/テレフォニーサービス、インターネット/ソーシャルネットワークサービス、ビジュアルサービス、メディアサービス、データ管理、デバイスサービス、パーソナルサービスなどのサブシステムが含まれるという。

 正式版のプラットフォームリリースは5月を予定している。

関連キーワード

MeeGo | Intel | Nokia(ノキア) | Maemo | Moblin




Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -