ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Moorestown」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Moorestown」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

COMPUTEX TAIPEI 2011:
薄型軽量ノートPCを“再発明”する「Ultrabook」――Intelモバイル戦略
Intelの基調講演では復帰したショーン・マロニー氏が登壇。次期CPU「Ivy Bridge」や超薄型ノート「Ultrabook」など、PCプラットフォームの“再発明”戦略が語られた。(2011/6/1)

タブレットで出遅れたIntelとMicrosoft、巻き返しなるか
タブレット市場はARMとAndroid、iOSが大勢を占めており、IntelとMicrosoft――“Wintel”陣営――は大きく出遅れている。両社は今、巻き返しを図っているところだ。(2010/12/21)

組み込みイベントレポート:
組み込み業界“不断の進化”を再認識
下半期最大級の組み込み関連イベント「Embedded Technology 2010」では、2011年以降、花開きそうな技術やソリューションが数多く見られた。(2010/12/14)

MeeGoがいよいよ始動、開発者向けリリース公開――「N900」とAtom搭載ネットブックに対応
MoblinとMaemoをマージしたモバイルプラットフォーム「MeeGo」の開発者向けシステムイメージが公開された。レポジトリには、Linuxカーネル、OSインフラ、ミドルウェア層を含むOSベース、MeeGoディストリビューションインフラが含まれている。(2010/4/1)

書籍「モバイル・コンピューティング」第一章(4):
危機感を募らせるインテル
マイクロソフトとともにパソコン全盛期を生み出し、長年にわたってIT業界を牛耳ってきたインテル。IT業界の主たる関心がモバイル・コンピューティングへとシフトしていることに危機感を募らせ、モバイルに注力し始めているが、ARMチップがライバルとして立ちはだかっている。(2010/3/31)

CeBIT 2010:
デュアルディスプレイノートPCでMSIが想定する意外な“使いかた”
CeBIT 2009で「なんか“DS”みたい」と注目されたASUSのデュアルディスプレイノートPC。今回はMSIから2モデルが展示された。その概要とコンセプトを聞いた。(2010/3/3)

Mobile World Congress 2010:
LG、SNS対応「LG Mini」やスマートフォンなどを展示
Mobile World Congress 2010にスポンサーとして参加したLGエレクトロニクスは、会場に隣接する特設ブースで「LG Mini」やAndroid端末など新製品を展示していた。(2010/2/18)

インテルが2010年に力を入れる「3つのテーマ」
「先行きが暗い中で年が明けた」2009年から、「明るい兆しの中で始まった」という2010年。インテルが取り組む「次の活動の源泉」とは?(2010/1/15)

2010 International CES:
“3D化”がより高いCPUパワーを必要とする――Intel基調講演
Intelのポール・オッテリーニ社長兼CEOがCESの基調講演に登場。映像コンテンツの3D化によるCPUパワーの必要性を説き、Atomの新ソリューションなどを紹介した。(2010/1/9)

元麻布春男のWatchTower:
新旧Netbookをテストして次世代Atomの可能性を考える
インテルが2009年12月に発表した新AtomとIntel NM10チップセットだが、その実力はどの程度なのか。MSIの新旧Netbookでチェックした。(2010/1/4)

Larrabee計画中止で盛り上がる「IntelがNVIDIA買収」説
Intelが「Larrabee」を中止すると発表したことで、同社がGPU参入のためNVIDIAを買収するのではないかとの憶測が流れている。一方では、そうした憶測を「世間知らず」と否定する意見も。(2009/12/11)

ミラクル・リナックスは終わってしまったのか?
「今年の下期から来年の上期が勝負だと思っている」――“第2の創業”から1年。かつてはLinuxディストリビューターとして一時代を築いたミラクル・リナックスはどこへ向かっていくのか。同社代表取締役社長最高経営責任者の児玉崇氏に聞いた。(2009/10/23)

CEATEC JAPAN 2009:
インテルのキーノートスピーチでIDF 2009を1時間30分で復習する
CEATEC JAPAN 2009の初日に行われたインテルのキーノートスピーチは、IDF 2009で紹介された話題をダイジェストで紹介。Westmereと22ナノウェハも日本で初披露された。(2009/10/6)

Intel Developer Forum 2009:
うーん、どこかで見たような──IDFで登場した“クアッド”ディスプレイ搭載ノートPC
IDF 2009では、モバイルデバイスにフォーカスした発表も多数紹介されている。MIDが本格始動するのはいつになるのか?Showcaseのトピックも含めて紹介しよう。(2009/9/25)

Intel Developer Forum 2009:
32ナノは当たり前、22ナノがすぐそこに──Intelが“22ナノ”ウェハと「動く!」Sandybridgeを公開
「Intel Developer Forum 2009」(IDF 2009)がサンフランシスコで9月22日(米国時間)から始まった。キーノートスピーチでは“先の先”の技術が紹介された。(2009/9/23)

Windows Insider用語解説:
Atom(アトム)
ネットブック向けとして注目を集めているIntelの低消費電力プロセッサ「Atom」を取り上げる。Atomのラインアップとサポートする機能、登場の背景など。(2009/6/26)

COMPUTEX TAIPEI 2009:
Intel Ultra Mobility Eventで「MooresTown」をプチプチした
これまでも「チラリ」と見せてもらえていた動くMooresTwon。なんと、さわり放題のサンプルがTAIPEIに登場した。これは、プチプチするしかないでしょう。(2009/6/5)

元麻布春男のWatchTower:
袂を分かつインテルのモバイルアーキテクチャ
Intelのモバイル/携帯デバイス分野の次世代プラットフォームについて、いくつか進展があったので、その動きを整理しよう。(2009/5/14)

Intel、新しいAtomプロセッサを発表
Intelは北京のIDFで、Centrino Atomの次期版「Moorestown」のデモも実施した。(2009/4/8)

IntelとLG、Moorestown搭載の小型Linuxデバイスで協力
LGは、IntelのMoorestownプラットフォームとLinuxベースのMoblinを採用したデバイスを投入する。(2009/2/16)

Intel Atomの最新ロードマップが流出か
UBSの調査リポートによると、Intelは2010年後半に、32nm製造プロセスの採用によりAtomプロセッサを小型化する計画だ。(2008/12/11)

AtomとARMは競合しない
“PC USER”的には「Netbook、Nettop、MIDのためのCPU」で十分なAtomだが、その守備範囲はもっと広い。その「Atomの別な顔」をインテルが説明した。(2008/11/27)

iPhoneやAtom搭載端末が優勢に:
ノートPCからインターネットにアクセスするか、スマートフォンからアクセスするか?
IBMがスポンサーとなって行われた調査によると、コンシューマーと企業ユーザーはインターネットにアクセスするための手段として、標準的なPC(ノートPCを含む)よりも、AppleのiPhoneや、IntelがAtomプロセッサを通じて開発に協力しているモバイルインターネット端末などの携帯端末を好むようになってきたようだ。(2008/10/27)

海外ダイジェスト(10月21日)
Appleの「Get a Mac」CMがVistaに言及、Samsungが500ドルBDプレーヤー発表、など。(2008/10/21)

Intel、「Moorestown」プラットフォームをデモ
Intelがモバイルインターネットデバイス(MID)向けプラットフォーム「Moorestown」を初めてデモ。次期マイクロアーキテクチャ「Nehalem」ベースのプロセッサの投入計画などについても明らかにした。(2008/10/21)

CEATEC JAPAN 2008:
「MIDのOSはLinuxが最適」──チャンドラシーカ氏、AtomとMIDを語る
繰り返しAtomを取り上げてきたが、登場前と登場後で方向性が大きく変わったように思えてならない。IntelはAtomを、そしてMIDをどうするつもりなのか。(2008/10/2)

元麻布春男のWatchTower:
ARMはAtomを撃退できるのか
インテルが何度となく挑んできた組み込み向け市場に君臨するARM。「AtomはARMより優れている」と喧伝する“挑戦者”インテルに“王者”ARMが反論した。(2008/9/18)

組み込み向け「x86」の現状に迫る
パソコン向けとして広く認知されてきたx86系プロセッサ。これが、最近では組み込み機器においても検討の俎上に載るようになってきている。実際、Intel社やAMD社、VIA社らは、組み込み機器をターゲットとしたx86系製品をいくつも提供している。本稿では、この3社の過去、現在、そして将来の動向を基に、組み込み分野におけるx86系プロセッサの可能性を探ってみたい。(2008/9/1)

Intel Developer Forum 2008:
ARMからAtomへ――組み込み市場に賭けるIntel
リビングを目指した“Viiv”。小型機器を目指した“XScale”。どちらも「転進」を余儀なくされた。Intelは、その戦場に再度臨もうとしている。(2008/8/27)

元麻布春男のWatchTower:
Silverthorneはどこに行くのか
IDF 2008のメインテーマはNehalemだったが、もう1つの主役はAtom。ビジネスとして多く語られるのは“NetbookのCPU”だが、最初は“MIDのCPU”が注目されていたはずだ。(2008/8/25)

Intel Developer Forum 2008:
Nehalem世代のモバイルプラットフォーム「Capella」が動いたっ!
MIDやNetbookなどの新カテゴリーで盛り上がるノートPCプラットフォームで、Intelはいかにして自分たちの技術を訴求していくのだろうか。(2008/8/22)

Intel、ガジェットやロボット向けのSoCプロセッサ発表
Intelの新しい組み込みSoCプロセッサはPentium MやAtomを基盤とし、家電やモバイルインターネットデバイス、産業ロボットなどで利用される。(2008/7/25)

コンシューマーで重要なのはBlu-ray──インテル、Centrino 2のコンセプトをアピール
Centrino 2の製品発表会で特に強調されていたのは、意外にも「Blu-ray」というキーワードだった。「Montevina SFF」の概要と併せて紹介しよう。(2008/7/16)

インテル、“Montevina”こと「Centrino 2」を発表
インテルは7月16日に、新世代のノートPCプラットフォームとなるCentrino 2を正式に発表した。FSB1066MHzへの対応、切り替え可能なグラフィックス機能、WiMAXを想定した無線LANなどが注目される。(2008/7/16)

COMPUTEX TAIPEI 2008:
FMV-LIFEBOOKやTOUGHBOOKなどMIDの新作がズラリ――Centrino Atomショウケース
Atom搭載のNetbookが話題をさらった2008年のCOMPUTEXだが、Atom搭載MIDも盛り上がっていた。Intelの講演とMIDショウケースの模様をお届けする。(2008/6/8)

Intel Developer Forum 上海 2008:
MID展示は当たり前。IDF上海で「Moorestown」ボードが登場
Atom発表に合わせて日本でもサンプルが紹介されたMID。上海ではCESで紹介されたモデルが再登場。しかし、サプライズはMID以外で用意されていた。(2008/4/3)

元麻布春男のWatchTower:
インテルの小さくて大きな野望
前回に続き、最近インテルが力を入れている携帯デバイス分野の動きを整理する。(2008/3/18)

インテルの携帯デバイス市場進出に最高の武器──それがAtom
ISSCCでその概要が紹介された「Silverthorne」は、3月のCeBITで正式名称「Atom」が公表された。Atomでインテルは携帯デバイス市場に橋頭堡を築けるのか。(2008/3/12)

インテルは2008年も「革新」
インテルが年頭記者会見を行い「2008年にインテルが成すべきこと」を披露。会場ではCESに登場した「Menlow」「Canmore」、そして、その先をいく「Moorstown」が展示された。(2008/1/16)

Penryn以降のIntelのロードマップに注目
45nm製造プロセスへの移行で得をするのはIntelで、一般のユーザーや企業顧客はこの先1年間のIntelのロードマップに注目すべきだとアナリストは指摘する。(2007/11/13)

「5秒以上は待てませんっ」というユーザーのための45ナノプロセス
インテルの定例記者会見で、Intel主席副社長のショーン・マローニ氏が講演。モバイルデバイスにおけるプロセス微細化の必要性を語った。(2007/10/4)

Intel Developer Forum 2007:
WiMAXとMoorestownで広がるモバイルデバイスの行動圏
IDF 2007の2日めは「モバイル・デイ」がテーマだった。ここでは、ノートPC、UMPC、新しいカテゴリの小型デバイス、そしてWiMAXに関するIntelの発言をまとめていく。(2007/9/21)

Intel Developer Forum 2007:
Intel、次世代UMPCプラットフォーム「Moorestown」を披露
MIDおよびUMPC向けプラットフォーム「Menlow」を2008年前半に、Menlowの後には「Moorestown」を投入する。(2007/9/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。