ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Netbook」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Netbookとは、基本的なインターネットの利用を想定し価格を抑えた小型ノートPC。Intelが提唱したセグメントであり、同社のAtomプロセッサを搭載した製品が多い。
●代表的なNetbook
Eee PCASUS
HP MiniHP
CloudBookEverex
dynabook UX東芝
 
Aspire oneAcer
Wind NetbookMSI
Inspiron MiniDell
LaVie LightNEC
VAIO Wソニー
IdeaPad S シリーズLenovo
Endeavor Na miniシリーズエプソンダイレクト
SOTEC C1シリーズSOTEC
FMV-BIBLO LOOX M富士通
Mebius NJシリーズシャープ

One-Netbook、7型WUXGA液晶を搭載した2in1モバイルノート 日本語配列キーボードを搭載
テックワンは、One-Netbook製の2in1モバイルノートPC「One-Netbook A1」国内版の取り扱いを開始する。(2020/10/22)

超小型PCの道:
ゲーマー視点で超小型PC「OneGx1」をいじってみた
One-Netbook Technologyの7型ゲーミングミニノートPC「OneGx1」が、8月22日から量販店で発売される。発売前のプロトタイプ機をゲーマー視点でチェックした。(2020/8/21)

テックワン、超小型ゲーミングPC「OneGx1」を8月22日から量販店で発売
6月から予約販売を開始していた、One-Netbook Technologyの7型ゲーミングミニノートPC「OneGX1」が8月22日から量販店で発売される。予約キャンペーンは8月9日で終了する。(2020/8/7)

8月に店頭販売開始:
超小型PC「OneGX1」でどこでもゲームを楽しめる! 税別6万円台の「OneMix1S+」も
超小型PCに相次いでゲーミングモデルが登場している。中国One-Netbook Technologyの「OneGX1」は、ボディーの左右にゲームコントローラーを着脱できる、ユニークな1台に仕上がっている。日本では8月に登場する予定だ。(2020/7/1)

ONE-NETBOOK、7型ゲーミングミニPC「OneGX」用の着脱式コントローラー画像を公開
中国One-Netbook Technologyは、現在開発中のゲーミングPC「OneGX」用コントローラーの画像公開を行った。(2020/5/25)

One-Netbook製7型ミニノートPC「ONE-GX1」の本体写真が公開
One-Netbookは、2020年発売予定のミニノートPC「ONE-GX1」の本体写真を公開した。(2020/4/28)

超小型ゲーミングPC「ONE-GX」の日本語キーボードレイアウト案を募集開始
中国One-Netbook Technologyが、7型の超小型ゲーミングPC「ONE-GX」シリーズの日本語配列キーボードについて、レイアウトの募集を開始した。締め切りは5月7日だ。(2020/4/9)

超小型ゲーミングPC「ONE-GX1」のテスターを募集開始
中国One-Netbook Technologyが、7型の超小型ゲーミングPC「ONE-GX」シリーズのテスター募集を開始した。締め切りは4月29日で当選発表は5月1日となっている。(2020/3/18)

選べる超小型PC:
超小型PC「OneMix3 Pro」に赤い限定モデル「Koi Limited Edition」が登場
テックワンは12月27日、One-Netbook Technologyの超小型PC「OneMix3 Pro Koi Limited Edition」の取り扱いを発表、数量限定で2020年1月30日より発売する。(2019/12/27)

8.4型2560×1600ピクセルとちょっと大きい:
第10世代Coreの超小型PC「OneMix3 Pro」をねちっこく触ってみた
One-Netbook Technologyが8.4型の液晶ディスプレイ搭載超小型PC「OneMix3 Pro」の出荷を開始した。第10世代Coreを備え、キー配列も変更された上位モデルの出来栄えはどうなのだろうか。(2019/12/24)

7型液晶ディスプレイを搭載:
新たな超小型ゲーミングPC「ONE-GX1」を2020年に投入
新モデル「OneMix3 Pro」を発表したばかりの中国One-Netbook Technologyが、7型の超小型ゲーミングPC「ONE-GX」シリーズの開発を表明。2020年に投入予定だという。(2019/11/21)

真っ赤なKoi Editonも用意:
日本語キーボードをひっさげた第10世代Core搭載の超小型PC「OneMix3 Pro」が国内販売開始
One-Netbook Technologyが8.4型の液晶ディスプレイを搭載した超小型PCの上位モデル「OneMix3 Pro」の日本国内モデルを発表、予約販売を開始した。発売は12月23日の予定だ。(2019/11/21)

テックワン、2in1ミニPC「OneMix1S」の量販店取り扱いを開始 ヨドバシカメラとビックカメラ専売
テックワンは、One-Netbook Technology製の2in1ミニノートPC「OneMix1s」の取り扱いを発表した。(2019/10/24)

テックワン、OneMix3シリーズの発売日を8月3日に確定 正式に予約受付を開始
テックワンは、中国One-Netbook製ミニノートPC「OneMix3」シリーズの発売日確定をアナウンスした。(2019/6/28)

テックワン、Celeron搭載の7型モバイルPC「OneMix 1S」先行予約を開始 100台限定で税込み4万9800円
テックワンは、One-Netbook製7型モバイルノートPC「OneMix 1S」の取り扱いを発表した。(2019/6/24)

テックワン、OneMix3シリーズの先行予約販売を実施 各50台限定
テックワンは、One-Netbook製ミニノートPC「OneMix3」シリーズの予約販売を開始した。(2019/6/13)

深紅のKoi Editionも:
Core i7入り超小型PC「OneMix2S Platinum Edition」が発売
中国One-Netbook Technologyの超小型PC「OneMix2S」のバリエーションモデル「OneMix2S Platinum Edition」と「同Koi Edition」が6月7日から発売される。(2019/6/7)

ベンチマークテストも:
「OneMix2S さくらピンクエディション」開封レビュー!
中国One-Netbook Technologyの超小型PC「OneMix2S」の国内正規版が、代理店のテックワンから5月31日に発売される。早速、カラバリモデルをチェックした。(2019/5/31)

ファブレスではない強み:
ポケットに入る高性能なPCしか作らない 「OneMix」シリーズのこだわりを社長に聞く
超小型PC「OneMix」シリーズを手がけるOne-Netbook Technologyの幹部が、日本での本格展開を機に初来日を果たした。同社の社長と副社長に話を聞いた。(2019/5/23)

8.4型2560×1600ピクセル表示:
超小型2in1 PCの最新モデル「OneMix3」をチェック 発売は7月下旬予定
「OneMix」シリーズなど超小型ノートPCを手がけるOne-Netbook Technologyの最新モデルが「OneMix3」だ。試作機を入手できたので、早速見ていこう。(2019/5/23)

「OneMix2s」の国内正規版を限定200台でモニター予約受付開始 発売は5月下旬から
超小型ノートPCを手がけるOne-Netbook Technologyと国内代理店契約を締結したテックワンが、「OneMix2s」の国内正規版を5月下旬から発売すると発表、限定200台の先行モニター予約を開始した。(2019/4/9)

超小型PC「OneMix」シリーズが国内市場に参入
3月13日、テックワンが超小型ノートPCを手がけるOne-Netbook Technologyと国内代理店契約を締結したと発表。2019年春に日本市場向けの「OneMix2S」をリリースする見込みだ。(2019/3/13)

ネット死語:安価・小型・軽量な「ネットブック」
(2016/2/29)

現代版のネットブック?:
3万円でお釣りが返ってくる14型モバイルノートPC「Altair VH-AD」の実力を検証
サードウェーブデジノスが、税込3万円以下というお手頃価格な14型ノートPC「Altair VH-AD」を発売した。価格を抑える一方で、多くのユーザーニーズを満たすスペックを持っており、さながら現代版のネットブックともいえる興味深い製品となっている。今回はその実力をチェックする。(2016/2/11)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Windows PCを価格破壊するChromebook――廉価モデルは100〜200ドルが主戦場へ
PCの低価格化を加速させたNetbook、そのブームを終わらせたタブレット、そして今、Chromebookの台頭により、Windows PCはさらなる低価格化へ向かおうとしている。(2014/7/22)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(10):
逆襲のネットブック
「タスクスケジューラ」を触っていて、面白いアイデアを思いつきました。ネットブックやUMPCと呼ばれたモバイルPCで、Windowsストアアプリを動かすという実験です。“へぇ〜”という感じで、気楽に読んでください。(2014/7/14)

BYODやBYOAでよみがえる“亡霊”
「ネットブック」が廃れて、「タブレット」が流行っているのはなぜか?
小型で軽量なモバイル端末として人気を博した低価格なネットブック。最近は全く話題に上がらなくなってしまったが、昨今のスマートデバイスや企業ITに多大な影響をもたらしたといえる。(2014/6/18)

iPadの累計販売台数は1億7000万台──Appleが発表した数字のまとめ
「3年半前に初代iPadを発表した際にはこんなものはNetbookに取って代わることはないと言われたが、今Netbookを覚えている人はいるだろうか?」とティム・クックCEOは笑った。(2013/10/23)

ビジネスニュース 業界動向:
ネットブックが絶滅の危機に
数年前までは注目の製品だったネットブック。タブレット端末や超薄型ノートPCが次々と登場する中、人気は年々衰え、2015年以降の出荷台数は、ついに実質的にゼロになる見込みだという。(2013/4/24)

CRMとセキュリティ対策:
スマートデバイス普及の影で忘れがちなモバイルCRMのセキュリティ
スマートデバイスが普及したおかげで情報共有やコミュニケーションが円滑になった。しかし、セキュリティ対策は大丈夫だろうか。Inside CRMでは2013年4月3日、“Mobile security for CRM”(「CRMのためのモバイルセキュリティ」)と題する記事の中で、ノートパソコンだけでなく、スマートフォンやネットブック、タブレットのセキュリティにも気を配るべきだと警鐘を鳴らしている。(2013/4/12)

「戦国BASARA」の武将イラスト入り 武将ノートPC
伊達政宗や真田幸村などを天板にデザインしたノートPCとネットブックが発売される。(2012/5/11)

Ultrabookを選ぶ5つの理由とは?
今までのノートPCはとにかく重い。一時期話題になった「Netbook」も仕事でバリバリ使うには性能・機能があまりにチープだった。そんな我慢も、もう終わる。「Ultrabook」がモバイルワークを新時代に導いてくれるのかを検証する。(2012/3/30)

2012年PC春モデル:
新世代Atomを採用した低価格ミニノート――「dynabook N301」
「dynabook N301」は10.1型ワイド液晶を搭載するNetbookだ。春モデルではCPU性能やHDD容量が強化された。(2012/2/10)

2012年PC春モデル:
23型REGZA PC、Ultrabookなど──東芝「dynabook」シリーズ新モデル第2弾
東芝が2012年PC春モデルの第2弾を発表。大画面液晶一体型、スタンダードA4ノートの主力モデルに加え、グラスレス3D、Ultrabook、Netbookのリニューアルモデルを投入する。(2012/2/10)

ビジネスニュース 市場動向:
破竹の勢いで成長するタブレット市場、ネットブックをのみ込む
タブレット端末市場は、2015年まで年平均成長率81%で成長するとみられている。この勢いに完全に押されているのがネットブック市場だ。同市場の成長は鈍化している。(2011/12/2)

2011年PC秋冬モデル:
写真と動画で見る「LaVie Touch」
NECから、ライトユーザー向けのWindowsタブレット「LaVie Touch」が登場。NetbookクラスのPCを望むなら、タッチスタイルでも使えるこちらはどう? といった感覚で使えそうな2Wayタブレットだ。(2011/9/13)

モバイルWi-Fiホットスポットの企業利用【後編】
Windows 7搭載機をモバイルWi-Fiスポットとして使う
業務用に適したモバイルホットスポットソリューションとは? Windows 7搭載Netbookを例に、設定方法や各種役立つ情報をまとめた。(2011/9/7)

2011年PC秋冬モデル:
実売5万円の10.1型ノートで7時間駆動を実現――「dynabook N300」
3色で展開する10.1型の「dynabook N300」は、低価格モデルながらharman/kardonスピーカーを内蔵する音質にこだわったNetbookだ。秋冬モデルではバッテリー性能を強化した。(2011/9/5)

“Sabine”のコストパフォーマンスは?:
もはや“3万9900円のノートPC”でもここまで使える時代――「HP Pavilion g6-1100AU」に驚く
ついこの前までNetbookでワイワイ騒いでいたかと思ったが、気が付けば、もっと“使える”ノートPCまで驚くほど安くなっていた。その代表格ともいえる1台をレビューする。(2011/8/2)

ユニットコムより「電王ネットブック」、参上!
ユニットコムは、「仮面ライダー電王」デザインモデルのAtom搭載ミニノートPC「VN-電王/7HP-N550502G/KOF」を発売する。(2011/6/24)

2万9800円の「1011PX」も:
ASUS、WiMAX+約8.7時間駆動のNetbook「Eee PC 1015PX」
ASUSTeK Computerは「Eee PC Seashell」シリーズのNetbook新モデルとして、「Eee PC 1015PX」と「Eee PC 1011PX」を5月21日より順次発売する。(2011/5/19)

2011年PC夏モデル:
東芝、「dynabook/dynabook Qosmio」夏モデル――CPUやテレビ機能を強化、“節電”にも対応
東芝が2011年PC夏モデルを発表、5月20日より順次発売する。Netbookを除く全モデルでSandy Bridge世代のシステムに移行したほか、テレビ機能の強化や“節電”に対応しているのもポイントだ。(2011/5/16)

2011年PC夏モデル:
実売5万円のNetbookがCPUを強化――「dynabook N300」
10.1型のNetbookながら音質にもこだわりを見せる東芝の「dynabook N300」は、CPUにAtom N570を採用して処理性能を底上げした。(2011/5/16)

起動時間は10秒足らず 「Chrome OS」搭載Netbook、6月に登場
GoogleのChrome OSを搭載したNetbook「Chromebook」がSamsungとAcerから6月に登場。Samsungのモデルは10秒足らずで起動するという。(2011/5/12)

Googleの「Chromebook」が一般発売へ まずはSamsungとAcerから
GoogleのChrome OS搭載NetbookがSamsungとAcerから6月15日に米国ほか数カ国で発売される。(2011/5/12)

オーディオ処理技術 MEMSマイク:
Akusticaが業界最小のMEMSマイクの製造開始、寸法は3.76x4.72mm2
Akusticaは、外形寸法が3.76mmx4.72mmx1.25mmと小型のデジタルMEMSマイクの製造を開始した。ネットブック、タブレットPCといった、あらゆるPCの筐体に実装可能な寸法だ。(2011/4/1)

CeBIT 2011:
「Netbookに満足していないのは日本だけ!」というIntel
Intelは、CeBIT3日目となる3月3日に“第2回目”のプレスカンファレンスを行い、Oak TrailやNetbookの展望について説明した。(2011/3/4)

Intel、デュアルコアの「Atom N570」発表
N570はNetbook向けプロセッサで、4つのスレッドをサポートする。ASUSやLenovoなどが搭載機をリリースする。(2011/3/2)

2010年に投げ売りされるのはなんだ!:
Androidタブレットデバイスは「玩具扱い」
2009年は「主役Kindle」「投げ売りNetbook」だった米国の年末商戦。消費者の好みがはっきり示される米国の現場から注目ガジェットの“扱われかた”を報告。(2010/12/17)

Google、Chrome OS搭載Netbookを初公開 Chrome Web Store立ち上げ
GoogleがChrome OS搭載Netbookのプロトタイプを発表した。米国で申し込みベースのパイロットプログラムを開始する。製品は2011年前半に、AcerとSamsungから発売される見込みだ。(2010/12/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。