ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Atom」最新記事一覧

Intel、ソフトバンク傘下になるARMベースのSoC製造へ
Intelが、長年のライバルで7月にソフトバンクが買収すると発表したARMの設計ベースのSoCを自社の10nmプロセスで製造すると発表した。Intelは4月の大規模リストラの際、モバイルプロセッサ「Atom」の開発を中止すると報じられている。(2016/8/17)

スマホで便利な環境構築手順書:
AtomをWindowsにダウンロードしてインストール、アンインストールする
本連載では、さまざまなソフトウェアをインストール、実行するためのセットアップ設定、実行確認、アンインストールの手順を解説する。今回は、Atomエディタの概要と、Atomのインストールとアンインストールについて解説。Atomを使い始める参考にしてほしい。(2016/8/8)

サードウェーブデジノス、スティックPC「Diginnos Stick」にCherry Trail/メモリ4GB搭載の新モデル
サードウェーブデジノスは、最新世代のAtomプロセッサを標準搭載したスティックPC新モデル「Diginnos Stick DG-STK4S」の販売を開始した。(2016/7/29)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(7):
Intelモバイル撤退の真相――“ARMに敗北”よりも“異端児SoFIA”に原因か
今回は、2016年5月に明らかになったIntelのモバイル事業からの撤退の真相を、プロセッサ「Atom」の歴史を振り返りつつ探っていく。「Intelは、ARMやQualcommに敗れた」との見方が強いが、チップをよく観察すると、もう1つの撤退理由が浮かび上がってきた。(2016/7/28)

ZOTAC、Atom x5を搭載するファンレス設計のポケットサイズPC「ZBOX PI330」
アスクは、ZOTAC製となる超コンパクト型デスクトップPC「ZBOX PI330 Windows 10 Home」の取り扱いを開始する。(2016/7/21)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
「Atom」開発中止、デスクトップアプリも動く「Windows 10スマホ」の夢は消えるのか?
Intelのモバイル向けプロセッサ「Atom」が開発中止になると報じられた。多数のWindowsタブレットに採用されてきただけに、その影響は大きい。そして「フル機能のWindows 10搭載スマホ」の夢は消えるのだろうか。(2016/6/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Surface 3」後継不在のまま終了へ 薄幸なシリーズに未来はあるか?
Atom搭載の10.8型Windowsタブレット「Surface 3」が2016年内に生産終了となる。いまだ後継機の姿が見えない状態だが、今後Surfaceシリーズはどうなるのだろうか。(2016/6/27)

頭脳放談:
第192回 Intelの消えてしまったプロセッサを思い出してみる
IntelのAtomがリストラされるというニュースが流れてきた。これまでもさまざまなプロセッサが、リリースされては後継モデルもなく消えてきている。その歴史を振り返ってみた。(2016/5/25)

ZOTAC、Atom x5搭載スティックPC「ZBOX PI220/PI221」
アスクは、ZOTAC製となるWindows 10搭載スティックPC「ZBOX PI220」「同 PI221」の取り扱いを発表した。(2016/5/24)

サードウェーブデジノス、Atom x5採用の8型Windowsタブレット
サードウェーブデジノスは、Windows 10を搭載した8型タブレットPC新モデル「Diginnos Tablet DG-D08IW2」の販売を開始した。(2016/5/20)

PC USER 週間ベスト10:
Atomプロセッサ開発終了で激安Windowsタブレットは市場から姿を消す?(2016年5月9日〜5月15日)
今回のアクセスランキングは、米Intelが次期Atomプロセッサの開発をキャンセルしたことによる市場への影響を予測した記事や、値下がりが止まらないアキバのSSD事情にアクセスが集まりました。(2016/5/16)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Atomに見切りを付けたIntel 安価なWindowsタブレットは存続の危機か?
Intelはスマートフォン/タブレット向けの次期Atomプロセッサをキャンセルすると発表。同社の戦略変更は、Windowsデバイス市場にも大きな影響を与えそうだ。(2016/5/11)

Atomシリーズを終了:
Intel、モバイル向けSoC事業を廃止
2016年4月に最大で1万2000人を削減する計画を発表したIntel。それに伴い、モバイル機器向けSoC(System on Chip)の「Atom」シリーズを終了する。(2016/5/6)

FAニュース:
高機能産業用コンピュータのモジュラー/スリム型を発売
デジタルは、高機能産業用コンピュータ「PS5000」シリーズのラインアップを拡充し、新たにモジュラー型とスリム型エントリークラスを発売した。CPUはCorei7/Celeron/Atomタイプから選択でき、全機種ともファンレス構造を採用した。(2016/4/25)

ASUS、Atom x5採用のスティック型PC「ASUS VivoStick TS10」
ASUSTeKは、HDMI端子に直接挿して使えるスティック型PC「ASUS VivoStick TS10」を発表した。(2016/4/6)

ペンディングペインアイテムや新APIを提供:
“Nyan Cat”を見ながらコーディングできるAtomエディタ 1.6
GitHubは、カスタマイズ性が高いオープンソースのテキストエディタの最新安定板「Atom 1.6」を公開した。(2016/3/18)

USB 3.0ポートも追加:
ドスパラの新スティック型PC「Diginnos Stick DG-STK2S」はどこが進化した?
スティック型PCはホビー的な要素の強い製品だったが、今では低価格PCとして一定の地位を築きつつある。そんな中、サードウェーブデジノスからCherry Trail世代のIntel Atom x5-Z8300を搭載した新スティック型PC「Diginnos Stick DG-STK2S」が登場した。新モデルではどう変化したのかを中心にチェックする。(2016/3/7)

オンキヨー、Atom x5を採用した10.1型Windowsタブレット「TW2A-73Z9」
MOLジャパンは、Windows 10 Homeを導入した10.1型WindowsタブレットPC「TW2A-73Z9」を発表した。(2016/3/3)

サードウェーブデジノス、“Cherry trail”Atomを採用した8.9型/10.1型スタンダードタブレットPC
サードウェーブデジノスは、同社製タブレットPC「Diginnos Tablet」シリーズのラインアップに最新Atomプロセッサ採用モデル2機種を追加した。(2016/2/19)

マウスコンピューター、USB 3.0も備えたAtom x5採用スティックPC「MS-CH01F」を発売
マウスコンピューターは、最新のAtomプロセッサを採用したWindows 10搭載スティック型PC「MS-CH01F」の販売を開始する。(2016/2/18)

古田雄介のアキバPickUp!:
「性能向上より端子増がポイントかも」――新世代スティックPCが出回る
Cherry Trail世代のAtomを搭載したスティックPCが秋葉原に出回っている。やや縦長になり、基本スペックも向上しているが、何よりUSB端子の強化が注目されているようだ。(2016/2/15)

SIM通:
ASUS、光学3倍ズーム手ブレ補正付き「ZenFone Zoom」発表
ASUS JAPANは、光学3倍ズーム、光学式手ブレ補正、Atomプロセッサ搭載したSIMフリースマートフォン「ZenFone Zoom」の発売を発表した。プレミアムモデルが2月5日、スタンダードモデルが2月中旬の発売を予定。(2016/2/10)

サードウェーブデジノス、Atom x5採用の新スティックPC「Diginnos Stick DG-STK2S」
サードウェーブデジノスは、同社製スティックPC「Diginnos Stick」の新モデルを発表。プロセッサとして最新のAtom x5-Z8300を採用する。(2016/2/5)

デル、ビジネス向けのAtom搭載Windowsタブレット「Venue 8 Pro 5000」などを発表
デルは、ビジネス向けWindowsタブレットPC「Venue Pro」シリーズ、および2in1モバイルノートPC「Latitude 2-in-1」シリーズを発表した。(2016/1/20)

マウスコンピューター、Atom x5を採用したWindows 10搭載のエントリー8型/10.1型タブレット
マウスコンピューターは、Windows 10を搭載したエントリークラスの8型/10.1型タブレットPC「WN802」「MT-WN1001」を発表した。(2015/12/18)

ラズパイか、こちらか、どっち?:
約8000円からのフルWindows 10マシン「LattePanda」、Kickstarterに登場
Cherry Trail世代のAtomとWindows 10 Homeを搭載する“開発者向け”超小型コンピュータ「ラテパンダ」がクラウドファンディングに登場。価格は約8000円台から。(2015/12/15)

ASUS、Androidタブレット「ZenPad」にAtom x3-C3200搭載のエントリーモデル3タイプを追加
ASUS JAPANは、モバイルデバイス向けプロセッサとなるAtom x3-C3200を採用したAndroidタブレット端末「ASUS ZenPad 7.0」「同 8.0」「同 10」の3製品を発表した。(2015/8/19)

東芝、着脱キーボードを装備したAtom搭載10.1型ノート「dynabook NZ40/TG」
東芝は、タブレットPCとしても利用可能な着脱キーボードを備えたモバイルノートPC「dynabook NZ40/TG」を発表した。(2015/8/11)

“eクーポン適用で5万円台”にも注目:
これは“ほどよい2in1──「Lenovo MIIX 3」の“優れたバランス感覚”を試す(後編)
“Miix”から“MIIX”に変わった三代目を使い勝手を検証。今回は、価格を重視して採用したAtom Z3735の費用対効果を改めて試してみる。(2015/7/22)

「Surface 3」の気になるトコロ(5):
Atom x7はゲームで“熱く”なる?――「Surface 3(4G LTE)」の3D描画性能と発熱をチェック
小型軽量で4G LTE対応の「Surface 3」を大画面の携帯ゲーム機として活用できないだろうか。今回はさまざまなPCゲームのベンチマークテストを行い、3D描画性能や本体の発熱について検証した。(2015/7/5)

GitHub、テキストエディタ「Atom 1.0」を正式リリース
きたぁああああ!(2015/6/26)

GitHubのオープンソースエディタ「Atom」がバージョン1.0に
GitHubのクリス・ワンストラスCEOがサイドプロジェクトとして始めたテキストエディタ「Atom」がパブリックβリリースから約1年で正式版に当たるバージョン1.0になった。(2015/6/26)

「Surface 3」の気になるトコロ(2):
“Atomは遅い”はもう古い?――「Surface 3(4G LTE)」の性能を見極める
日本国内でついに発売された「Surface 3」。Atomプロセッサ搭載と聞くと身構えてしまう人もいるだろうが、果たして実際の性能は?(2015/6/21)

「ネットブックとは違うんだよ」
「Surface 3」、使って分かった抜群の高性能と“やっぱりな限界”
Microsoftの新型タブレット「Surface 3」は、同シリーズの中でも最高の柔軟性と携帯性を誇っている。Atom x7を搭載する新端末は、果たしてどれほどの実力を備えているのだろうか。(2015/6/17)

価格を超えるプレミアム感
徹底レビュー:「Surface 3」、誰もが購入を検討する“圧倒的な正しさ”とは
人気のSurfaceシリーズに比較的低価格な「Surface 3」が登場した。Atomプロセッサーを搭載するが製品の質感や使い勝手は従来製品と変わらない。「Windows 8.1」搭載のプレミアム端末を見る。(2015/5/23)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新Atom x7を搭載した「Surface 3」の気になる性能は?――米Microsoft担当者に聞く
「Surface 3」の国内発表に合わせて、米Microsoftで同製品のセールスとマーケティングを担当するジェネラルマネージャのブライアン・ホール氏が来日。早速、新モデルへの疑問をぶつけた。(2015/5/20)

FAニュース:
Windows OS搭載のパネルコンピュータシリーズに12.1型モデルを追加
光洋電子は、パネルコンピュータ「NX-20」シリーズに12.1型モデルを追加した。CPUにIntel Atomプロセッサを採用した他、LEDバックライトを搭載し、きめ細かな輝度調整機能などを備えた。(2015/5/19)

日本NI cDAQ-9133/cDAQ-9135:
Intel Atomデュアルコアプロセッサ搭載の8スロットCompactDAQコントローラ
日本ナショナルインスツルメンツは、8スロットタイプのCompactDAQコントローラ「NI cDAQ-9133」「NI cDAQ-9135」を発表した。CPUにIntel Atomデュアルコアプロセッサを搭載している。(2015/5/1)

新人Webデザイナー/開発者も知っておきたい:
Web制作に使えるエディターAtom、Brackets、Coda、Sublime Textの現状まとめ
Web制作に長年携わる筆者が数あるテキストエディターの中から代表的な4つをピックアップ。機能別に違いをまとめてみたので、エディター選びの参考にしてほしい。(2015/4/30)

エプソンダイレクト、冷却ファン内蔵型のスティックPC「Endeavor SY01」
エプソンダイレクトは、Atom搭載スティック型PC「Endeavor SY01」を発表。冷却ファン内蔵のコンパクト筐体を採用している。(2015/4/28)

ホワイトペーパー:
タブレットでもPCでも使える“2 in 1”デバイスが切り開く次世代ビジネスシーン
モバイル端末の利用が増加する中、次世代ビジネスユースに最適なデバイスは、タブレットでもPCでも使用できる“2 in 1”デバイスだ。Windows 8とインテル Atom プロセッサ搭載で、最強のビジネス端末になる。(2015/4/23)

組み込み開発ニュース:
日本NI、CompactDAQコントローラーにWindows Embedded 7搭載製品を追加
日本ナショナルインスツルメンツは「CompactDAQ」コントローラーの新製品として、8スロットの「NI cDAQ-9133」と「NI cDAQ-9135」を追加した。いずれもIntel Atom E3825を搭載し、OSにWindows Embedded 7を選択できる。(2015/4/21)

ローム BD2613GW:
次世代インテルAtomプロセッサ向けの高集積パワーマネジメントIC
ロームは、パワーマネジメントIC「BD2613GW」の量産・出荷を開始した。次世代インテルAtomプロセッサ向けに開発されもので、タブレットの超薄型化と低消費電力化に寄与する高集積性と電力変換効率を備えた。(2015/4/10)

組み込み開発ニュース:
インテル、IoTデバイス向け「Atom x3」製品ラインアップを拡大
米インテルは開発者会議「IDF」で、通信機能などを統合したSoC「Atom x3」の製品ラインアップ拡大を発表した。サポート期間も延長され、組み込み機器やIoTデバイスへの搭載を狙う。(2015/4/9)

サードウェーブデジノス、Atom搭載スティックPC「Diginnos Compute Stick」を発表
サードウェーブデジノスは、スティック状のコンパクト筐体を採用したWindows搭載PC「Diginnos Compute Stick」を発表した。(2015/4/2)

日本での投入は検討中:
世界26地域で「Surface 3」発売――新世代Atom、10.8型3:2ディスプレイ、Windows 10に無料アップデート可能で499ドルから
「Surface 3」はAtom x7プロセッサとWindows 8.1を搭載し、シリーズ最薄最軽量に仕上げた10.8型タブレット。価格は499ドルから。世界26地域で販売する(日本での投入は検討中)。(2015/4/1)

Microsoft、Atom搭載「Surface 3」を499ドルで発売へ
Microsoftが、Windows 10にアップデートできる安価なSurfaceタブレット「Surface 3」を発表した(日本での発売は未発表)。プロセッサはARMベースではなく、Intel Atom x7で、価格はSurface Pro 3より300ドル安い499ドルから。(2015/4/1)

ScCなXeonが初登場:
インテル、“Broadwell”世代の「Xeon D ファミリー」発表
サーバ向けAtomと比べて、ノードあたり性能は最大3倍を超えるという。(2015/3/10)

Mobile World Congress 2015:
デジカメスマホ「VIBE Shot」が注目を集めるLenovoブース――Dolby Atoms搭載のミッドレンジモデルも発表
Lenovoブースでは、カメラ機能を重視したスマートフォン「VIBE Shot」、8〜10.1型のAndroidタブレット、コンパクトなモバイルプロジェクターなどを展示している。日本での発売はいずれも未定だ。(2015/3/4)

Mobile World Congress 2015:
「Atom x3/x5/x7」「XMM 7360」「セキュリティ」でIntelが挑む2つのモバイルトレンド
ようやく登場した“SoFIA”世代Atomで、IntelはARMの牙城たる「低価格モバイルデバイス向けプロセッサ」市場に挑戦する。(2015/3/3)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。