ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シャープ」最新記事一覧

PR:IGZO液晶が進化、さらに高画質&電池長持ちスマホに――新AQUOSスマホの魅力に迫る
シャープが冬商戦向けに開発したスマートフォンが「AQUOS EVER SH-02J」と「AQUOS U SHV37」だ。「液晶の美しさ」と「高いスタミナ」が大きな特徴で、独自機能の「エモパー」にも注目したい。(2016/12/1)

目指したのは“家具”――デザイン重視の小型冷蔵庫に秘められたシャープのこだわり
シャープがデザインに注力した小型冷蔵庫「SJ-GD14C」を発売する。外観から要素を徹底的にそぎ落とし、インテリアに溶け込むシンプルな外観を目指したという。そのこだわりを聞いた。(2016/11/29)

ソフトバンク、「AQUOS Xx3」の新色ピンクを11月25日に発売
ソフトバンクは、シャープ製スマートフォン「AQUOS Xx3」の新色となる「ピンク」を11月25日に発売する。(2016/11/22)

auの「AQUOS U SHV37」、11月18日発売 一括3万7880円
シャープのau向けスマホ「AQUOS U SHV37」が11月18日に発売される。一括価格は3万7880円。実質価格は1万9800円から。(2016/11/14)

「エモパー」が「5.0」にバージョンアップ――「エモパーラジオ」も展開
シャープの「エモパー」が5.0に進化する。11月14日からバージョンアップができる。「声でアラーム&タイマー」や「エモパーとの振り返り機能」などが追加される。(2016/11/14)

軽さは正義! 思い切りの良さが光るシャープのスティック掃除機「ラクティブ エア」
ヘッド部を含めても重量わずか1.5kg。女性でも片手で持ち上げられるスティック掃除機がシャープから登場した。もちろんハンディークリーナーとしても使用可能。(2016/11/10)

なぞって調べるペン型スキャナー辞書「ナゾル」 シャープが発売
分からない言葉をなぞると意味を調べてくれるペン型のスキャナー辞書「ナゾル」を、シャープが12月に発売する。(2016/11/9)

字幕やスタンプでもっと手軽に番組チェック――シャープの新“AQUOSブルーレイ”
シャープがBlu-ray Discレコーダーの新製品5機種を発表した。自動録画機能「ドラ丸」はバラエティー番組に対応したほか、新たに字幕やスタンプを活用して効率的に番組を視聴できるようになった。(2016/11/8)

新「ヒカリエモーション」やエモパー5.0を採用――auの「AQUOS U SHV37」
KDDIがシャープの新スマホ「AQUOS U」を11月下旬に発売する。ラウンド形状のボディーに5.0型IGZO液晶を搭載。画面と連動して光る「ヒカリエモーション」や、進化した「エモパー5.0」を採用する。(2016/11/7)

実働1日17時間? シャープの猛烈社長、戴正呉氏 掟破りの言動で社内に激震
シャープの戴正呉社長が、刺激的な言動で社員を焚きつけている。1日17時間働くとされ「有言実行」を宣言。その流儀はシャープ社員にどこまで浸透するか。(2016/11/7)

製造マネジメントニュース:
シャープ戴社長「IoTによるスマート化の世界では一番強い」
シャープは2017年3月期第2四半期の決算を発表するとともに、IoTを活用したスマート化による「成長軌道への転換」に向けた戦略を説明した。(2016/11/4)

シャープ、今期は営業黒字に 新企業スローガン制定
シャープの17年3月期通期は営業黒字化する見通し。(2016/11/1)

ドコモ、ミドルレンジスマホ「AQUOS EVER SH-02J」を11月4日発売 価格は5万円台前半
ドコモのシャープ製ミドルレンジスマートフォンの新モデルの発売日が決定した。一括販売価格は5万円台前半となる。(2016/11/1)

実働1日17時間:
シャープの猛烈社長・戴正呉氏、掟破りの言動で社内に走る激震
経営再建中のシャープに台湾・鴻海精密工業から社長として送り込まれた戴正呉氏が、刺激的な言動で社員をたきつけている。「有言実行」を宣言する戴社長の流儀は、シャープ社員に浸透するか。(2016/11/1)

ソフトバンクのAQUOS Xx3、アップデートで「256QAM」に対応 下り最大350Mbpsに
ソフトバンクはシャープ製「AQUOS Xx3」をのソフトウェアアップデートを実施。「256QAM」に対応し下り最大通信速度が350Mbpsとなるほか、Eメール専用アプリの不具合などを改善した。(2016/10/28)

太陽光:
スタバに太陽光発電できる椅子、シャープが開発
シャープは椅子に化合物太陽電池を搭載した「ソーラー充電スタンド」を開発した。テラス席などに置くと、利用者は座りながらスマートフォンを充電できる。10月下旬から東京都内にあるスターバックス コーヒー ジャパンの一部店舗に設置される予定だ。(2016/10/28)

スマホ充電できる“ソーラー椅子”、シャープが開発 都内スタバに導入
太陽光でスマートフォンなどを充電できる「椅子型 ソーラー充電スタンド」をシャープが開発。スターバックスコーヒーの都内3店舗に設置される。(2016/10/26)

防水やおサイフに対応、IGZO液晶搭載の「AQUOS L」――UQ mobileから登場
シャープのSIMロックフリースマホ「AQUOS L」が、UQ mobileから発売される。5.0型のIGZOディスプレイや2700mAhバッテリーを搭載。防水・防塵(じん)、おサイフケータイ、au VoLTEにも対応している。(2016/10/24)

「ヘルシオ」でポイントがたまる!? シャープの新サービス「ポイント家電」
シャープのヘルシオ新製品で情報配信サービス「ポイント家電」が始まった。本体のディスプレイに管理栄養士によるワンポイントアドバイスや食品メーカーの広告などを表示。広告の場合はポイントが付与される。(2016/10/17)

よし、生やすぞ〜! シャープ、空気清浄機でおなじみプラズマクラスター技術に育毛効果があることを発表
ありがとう、シャープさん。(2016/10/14)

「プラズマクラスターに育毛効果」 シャープが実証
シャープは、プラズマクラスター技術により育毛効果が得られることを実証したと発表した。(2016/10/14)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ソニーがハイエンド商品を続々投入できた理由、そして欧州のオシャレな有機ELテレビ事情――麻倉怜士のIFAリポート2016(後編)
2016年のIFAでは、多数のハイエンド製品を発表したソニーや、欧米における復活の第一歩を歩みだしたシャープなど、モノとテクノロジーの本質が垣間見えるブースがあちらこちらで見られた。リポート後編は、こうした製品やブースにおける各社のコンセプトを麻倉怜士氏独自の目線で読み解いていく。(2016/10/12)

IGZO液晶搭載のコンパクトスマホ「AQUOS Xx3 mini」登場、AQUOS Xx3の新色も
ソフトバンクがシャープ製の「AQUOS Xx3」を2017年2月上旬以降に発売する。4.7型液晶搭載で幅67mmのコンパクトモデルながら、スペックや使い勝手にもこだわった。カメラ専用キーや、インカメラ専用のフォトライトを備えている。(2016/10/12)

8月に新体制開始:
攻めるシャープ、守る東芝? 外資傘下入りした“日の丸家電”の戦略二分
シャープに加え、東芝の白物家電子会社も外資傘下で経営を立て直すことになり、8月にそれぞれ新体制をスタートさせた。両社は親会社のグローバルな部品調達や販売網を活用してコストダウンを図り、海外市場で競争力を高めるというシナリオを描く。(2016/10/12)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
新生CEATECでまだ家電を展示しているシャープだからできること
他の電機メーカーにできないことがあると思うんです。(2016/10/11)

攻めるシャープ、守る東芝? 外資傘下の“日の丸家電” ブランド価値維持に腐心
今年、“日の丸家電”が外資の軍門に下る動きが相次いだ。シャープと東芝の白物が外資傘下に。多くの課題を背負っての“船出”だ。(2016/10/7)

シャープ、「複合機事業の売却検討」報道を否定 「事実に反する」
シャープが複写機事業の売却を検討しているという一部報道を否定した。(2016/10/6)

CEATEC 2016:
「ココロボ」が歌うロボット掃除機に進化、家族の伝言も歌いながら伝える
シャープは、「CEATEC JAPAN 2016」において、ロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ)」の新たな開発コンセプトを展示。ヤマハの音声合成技術「VOCALOID(ボーカロイド)」とのコラボレーションによって「歌う家電」になっていた。(2016/10/6)

完全に実写だこれ リアル過ぎる3DCG女子高生「Saya」の動く姿が8K画質で初披露!
「CEATEC JAPAN 2016」のシャープブースに足を運び、実際に見てきました。(2016/10/4)

シャープのロボット掃除機「COCOROBO」がボカロと融合 “しゃべる掃除機”から“うたう掃除機”へと超進化!
どこまで進化するんだCOCOROBO……!(2016/10/4)

CEATEC JAPAN 2016:
「♪ご飯? お風呂? 私?」――“ボカロ曲”歌うロボット掃除機「COCOROBO」、シャープが開発
VOCALOID曲を歌うロボット掃除機「COCOROBO」を、シャープがCEATEC JAPAN 2016に出展。ユーザーの気分を読み取って選曲するほか、自動作曲機能も搭載予定。(2016/10/3)

27年の国内販売台数は240万台:
“ホット”な市場「コーヒーメーカー」 変わり種はシャープ
国内のコーヒーメーカー市場が右肩上がりで成長している。IoT技術でスマホをリモコンのように使ってコーヒーを抽出できたり、コーヒーメーカーの技術をお茶に応用した“新機軸”の商品も登場するなど、さらなる盛り上がりをみせている。(2016/10/3)

シャープ、大阪・田辺ビルを買い戻しへ 9月中の契約に向け協議
シャープが、売却した田辺ビルを買い戻す方向でNTT都市開発と合意したと発表。9月中の契約締結に向け、協議を進めているという。(2016/9/21)

シャープ、売却した大阪・田辺ビルを買い戻し
シャープは、売却した大阪の田辺ビルを買い戻す方向でNTT都市開発と一致した。(2016/9/21)

シャープ、鴻海にテレビ生産委託 「テレビ販売倍増へ」
シャープは、平成30年度に液晶テレビ販売を現状のほぼ倍となる1000万台へ引き上げる方針を発表した。(2016/9/21)

ロボホンとSIMフリースマホのセット販売を開始、ロボホン同士の会話も可能に
シャープが9月27日から100台限定で、「ロボホン」とSIMロックフリースマホのセット販売を開始する。スマホのテザリングを使ってロボホンで通信ができる。「ロボ会話」アプリの提供や、ソフトウェアのアップデートも行う。(2016/9/21)

Samsung、シャープ全株式を売却 競合の鴻海傘下入りで資本提携解消
韓国Samsung Electronicsが保有していたシャープの全株式を売却していたことが分かった。(2016/9/16)

シャープ社長室200人「幹部はTV会議で即応厳命!」 戴社長就任1カ月……液晶に焦りも?
経営再建中のシャープが、戴正呉社長の就任から1カ月。液晶パネル事業の立て直しで焦りをにじませる場面もあった。(2016/9/14)

戴社長就任1カ月:
シャープ、200人規模の社長室を新設
台湾・鴻海精密工業傘下で経営再建中のシャープが、戴正呉社長の就任から1カ月を迎えた。再建の具体策は未定。組織改編を推し進める戴社長だが、液晶パネル事業の立て直しで焦りをにじませる場面も。(2016/9/14)

32V型からの買い替えにちょうどいい?――シャープ、4Kテレビ“AQUOS”「USシリーズ」に45V型を追加
シャープは、液晶テレビ“AQUOS”(アクオス)の4K/HDR対応ライン「USシリーズ」に、45V型の「LC-45US40」を追加する。(2016/9/12)

「社員全員残ってほしい」とシャープ新社長 「人員削減」トーンダウン 「アメとムチ」で徹底管理
鴻海の出資を受け、始動した「新生シャープ」。戴新社長は全社員に「早期黒字化を実現し、輝けるグローバルブランドを目指す」と題したメッセージを出し、経営方針を明らかにした。(2016/9/6)

“雪の下”を再現して野菜の甘みをアップ、シャープの新「メガフリーザー」
シャープは、大型冷蔵庫「メガフリーザー」の新製品を9月から順次発売する。雪国で野菜を雪の下に置いて長期間鮮度を保つ方法に近い状態を再現する「雪下シャキット野菜室」などを新たに搭載した。(2016/8/30)

ポケGOに“乗り遅れた”シャープ、ダウンロード障害でスマホ開発陣がポケモン捕獲作戦
Pokemon GOをめぐり、スマホメーカーやMVNOも右往左往。シャープは同社製スマホの一部でPokemon GOのダウンロード障害が起き、開発スタッフが対応する全機種で3匹捕獲し動作確認した。(2016/8/25)

シャープ、ポケGOに乗り遅れた!? ダウンロード障害でスマホ開発陣がポケモン捕獲作戦
スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」のダウンロードをめぐって、ちょっとした“騒動”があった。シャープ製スマホの一部機種でダウンロード障害が起き、同社の開発スタッフが対応に追われたのだ。(2016/8/24)

サラリーマン経営者はどこで誤ったのか シャープ社長を退任した高橋氏の罪と罰
シャープ社長だった高橋興三氏が12日付で退任した。「上司に『NO』と言わなかったから社長になった」と語っていた典型的な日本のサラリーマン経営者は、どこで道を誤ったのだろうか。(2016/8/24)

5型IGZO液晶を搭載――ソフトバンク、シニア向け「シンプルスマホ3」を9月上旬に発売
ソフトバンクが、シャープ製のシニア向け「シンプルスマホ3」を9月上旬に発売する。5.0型のIGZO液晶ディスプレイや、2810mAhのバッテリーにより、3日以上のバッテリー持ちを実現。防水や耐衝撃性能もサポートする。(2016/8/23)

12日付で退任:
シャープ社長を退任した高橋氏の罪と罰
シャープ社長だった高橋興三氏が、台湾・鴻海精密工業グループによる出資が完了した12日付で退任した。(2016/8/22)

「喜ぶのはまだ早い」鴻海のシャープ買収完了 Apple不振が直撃
鴻海傘下で経営再建を目指すシャープにとって、Appleへの依存が足かせになりそうだ。(2016/8/19)

シャープに続く“被買収予備軍”多数……IoTで「モノづくり」再構築急げ
“オンリーワン技術”への過信が経営の病巣を広げたシャープは、巨額投資でコスト競争力と技術力を高めてきたアジア系企業の代表格である鴻海にひれ伏すほかなかった。(2016/8/15)

「買いたくない」と言われたシャープ、吉永小百合さん「続投」のワケ
シャープが、テレビCMなどを駆使してブランドイメージの再構築に乗り出している。吉永小百合さんは、白物家電CMでロングラン登板中だ。(2016/8/10)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。