ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

シャープ に関する記事 シャープ に関する質問

「シャープ」最新記事一覧

シャープ、4Kレコーダー「TU-UB1000」のスカパー!4K専門チャンネル対応アップデート
3月1日にスタートする「スカパー!プレミアムサービス」の4K専門チャンネルに合わせ、シャープが4Kレコーダー「TU-UB1000」のファームウェアアップデートを実施する。(2015/2/27)

蓄電・発電機器:
太陽光の電力を売電しながら充電、出力制御に対応できる蓄電池
固定価格買取制度の運用ルールが変更になり、地域によっては住宅用の太陽光発電に対しても電力会社から出力制御を求められるようになった。シャープは出力制御に対応できる蓄電池システムの新製品を5月に発売する。太陽光で発電した電力を売電しながら一部を充電することができる。(2015/2/26)

セガ「セガ大喜利はっじまっるよ〜」→ シャープやタニタなど公式アカウントがよってたかって参加しカオスに
おまえら仲良すぎるだろ!(2回目)(2015/2/25)

シャープ液晶「IGZO」の商標は無効 知財高裁判決
シャープが液晶パネルに使う「IGZO」の商標登録について、知財高裁は無効と判断した。(2015/2/25)

開発陣に聞く:
“ガラケー”ではなく“ガラホ”もちょっと違う、新しい携帯電話です――シャープが「AQUOS K」を開発した理由
シャープの「AQUOS K SHF31」は、Androidを搭載したことが大きくクローズアップされているが、スマホではなく純然たるケータイ。メーカーとしてはどんなところにこだわって開発したのか。シャープの担当者に聞いた。(2015/2/24)

センシング技術 タッチセンサー:
同時にカラフルな書き込みができる電子黒板向け静電容量式タッチパネル
シャープは2015年2月、電子黒板などに用いる大型タッチパネルシステムとして、複数の手書きペン(スタイラス)を用いて、色や太さの異なる文字や線を同時に記入できる技術を開発したと発表した。(2015/2/24)

電機7社、ベア6000円要求 シャープは統一闘争離脱 業界内で温度差
電機メーカーの各労働組合が19日、春闘の要求書を経営側に提出した。各社とも、ベアに相当する賃金改善分で6000円を求める。ただシャープの労組は同日の要求書提出を見送るなど同一業界内で温度差が広がっている。(2015/2/20)

PR:「エモパー」が私の彼氏に?――20代独身女性がAQUOS SERIE mini SHV31で「さくお」と過ごした日々
シャープが開発した、スマートフォンが話しかけてくれる新機能「エモパー」は、スマホを置いたり振ったりすることで、さまざまなことを話しかけてくれる。このエモパーを使ったら生活はどんな風に変わるのか。とある独身女性に「さくお」との3週間をつづってもらった。(2015/2/20)

国内回帰:
中国から戻ってきた日本の製造業――地方創生に追い風?
中国に生産拠点を移した日本企業の「国内回帰」の動きが広がっている。パナソニックやシャープ、キヤノン、ダイキン工業、TDKなどが海外生産する製品や部品の一部を国内に切り替える方針を打ち出している。(2015/2/18)

復調パナ、沈むシャープ横目に“軍資金”4000億円を調達へ……命運握るM&A
パナソニックは4〜12月期連結決算で営業増益を確保し、最終赤字に転落したシャープとは対照的な業績となった。ただ、売上高10兆円目標には遠いのが現状。ギャップを埋めるべく最大4000億円の普通社債を発行し、M&Aなどに投じる。(2015/2/18)

車載電子部品:
シャープの液晶事業が脱スマホ依存を目指す、車載分野に注力へ
シャープは、液晶パネル事業(以下、液晶事業)の方針について、市場変動が激しく売価ダウンのリスクが高いスマートフォンやタブレット端末などの民生機器向けとなるBtoBtoC市場への依存度を軽減し、非民生機器向けのBtoBtoB市場の比率を高めていく方針を示した。(2015/2/18)

シャープの誤算……中国で競り負け在庫の山 経営再建「2年目のジンクス」
シャープの経営再建が「2年目のジンクス」に陥ってしまったようだ。今期は当初の黒字予想から一転して赤字転落の見通しに下方修正。高橋社長は、主力取引銀行に“必達”を公約した中期経営計画の撤回を表明した。(2015/2/17)

セガ「maimai」×シャープ洗濯機のコラボ再び ドラム式洗濯機がmaimaiに入るだと……?
何がどうなっているんだ。(2015/2/16)

シャープ・ジャパンディスプレイ「共倒れ」の危機 中台勢が猛攻、技術的な優位性も揺らぐ
ジャパンディスプレイとシャープの日本勢2社が「展望なき消耗戦」に突入している。中国の新興メーカーが低価格戦略を展開。そのあおりで両社はパネル単価の値下げを余儀なくされている。(2015/2/13)

【ITmedia ニュース読者感謝祭】3000ツイート超えの大反響 萌える“ツンデレ妹”ロボット掃除機がやってきます
「おはようダーリン、起きてー!」――ツンデレ妹声でおしゃべりするシャープの「プレミアムなCOCOROBO<妹ver.>」がITmedia ニュース読者感謝祭にやってきます。(2015/2/12)

誤算:
シャープの経営再建、「2年目のジンクス」に
シャープの経営再建が、「2年目のジンクス」に陥ってしまったようだ。平成26年3月期決算こそ、最終損益は3年ぶりに黒字に転換したが、続く今期は当初の黒字予想から一転して赤字転落の見通しに下方修正した。(2015/2/12)

気分は夏で……:
フローズンデザートも作れる新型「ヘルシオ ジュースプレッソ」
シャープが「ヘルシオ ジュースプレッソ」の新製品2機種を発表。上位機の「EJ-CF10A」は、凍らせた食材を使ってフローズンデザートやフローズンサラダを作れるようになった。(2015/2/11)

電話に出る前に相手の名前と声を確認 振り込め詐欺対策機能がついた電話機、シャープが発売
通話後に冷静になれるきっかけをつくる 「通話後声かけ」など、7種類の機能がついています。(2015/2/9)

被害額559億円:
どんな機能が搭載されている? シャープ、振り込め詐欺対策用の電話機
シャープは振り込め詐欺対策の機能を搭載したファックス・電話機の計4モデルを発表した。東京都足立区の65歳以上の100世帯を対象に無償で貸与し、2015年4月から9月までの半年間で社会実験の実施も予定されている。(2015/2/5)

電機大手、6社が営業増益も家電で苦戦 ソニーは業績改善の兆し
電機大手8社の4〜12月期連結決算が出そろい、シャープと富士通を除く6社が営業増益を確保した。ただ家電部門では海外のテレビ撤退やリストラなどの改革を打ち出す企業が相次ぎ、収益性の回復は道半ばだ。(2015/2/5)

シャープ、300億円の最終赤字転落へ 中小型液晶の価格下落など響く
シャープの今期は300億円の最終赤字に転落する見通しに。「想定を上回る経営環境の変化への対応が遅れた」という。(2015/2/3)

シャープ亀山工場、Apple専属契約見直し 中国向け高精細パネル生産へ
シャープがiPhone用パネルを生産している亀山第1工場で専属契約を見直すことで合意した。シャープは年内にも中国メーカー向けなどに生産を始め、液晶事業の立て直しを図る。(2015/2/3)

石川温のスマホ業界新聞:
「フィーチャーフォン難民を社会的責任で救いたい」 ━━ガラホ「AQUOS K」発表会でシャープ幹部が語ったこと
auの2015年春モデルとして登場したAndroid搭載フィーチャーフォン「AQUOS K」。シャープが「ガラホ」を開発した背景と今後の戦略を語った。(2015/1/30)

3D Printing 2015:
シャープな造形が可能な新フィラメントから「Kinect」を使った3Dスキャンまで
スマイルリンクは、3Dプリンティング技術の展示会「3D Printing 2015 Additive Manufacturing Technology Exhibition」に出展し、シャープな造形が可能な3Dプリンタ用フィラメント「T-PLA」を用いた造形デモや、「BODYスキャン&プリントサービス」のデモを披露した。(2015/1/29)

シャープ RJ3DT3AF0DTなど:
可視光感度1450mVで暗闇でも鮮明に撮影、1/1型600万画素CCDセンサー
シャープは、可視光感度1450mVを実現した1/1型600万画素のCCDイメージセンサー3機種を発売した。ITS(高度道路交通システム)などに用いられる交通監視用カメラの用途に向ける。(2015/1/29)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
光学式手ブレ補正+“リコー印”のカメラはどれだけ進化した?――「AQUOS ZETA SH-01G」
シャープの「AQUOS ZETA SH-01G」は、リコーの「GR certified」を取得したほか、光学式手ブレ補正を採用するなど、カメラスペックが大幅に進化している。早速その実力を試してみた。(2015/1/22)

スマホ時代に誕生した“新世代ケータイ”――シャープが「AQUOS K」を投入する狙い
ここ最近のケータイ(フィーチャーフォン)は、大きな進化が乏しかったが、シャープが投入する「AQUOS K」は、スマホ並みのハードを取り入れた新世代のケータイだ。シャープはどのような狙いでAQUOS Kを投入するのか。(2015/1/21)

シャープが直下型LEDバックライト搭載のエントリーテレビ“AQUOS”「H20シリーズ」を発表――デジアナ変換終了に向けて訴求
シャープはが直下型LEDバックライトを搭載した液晶テレビ「H20シリーズ」2機種を発表した。2015年3月末に予定されているCATVのデジアナ変換終了を見据え、エントリーモデルを訴求していく。(2015/1/20)

好調のはずが……シャープ、最終赤字に転落の可能性 液晶パネルの競争激化や円安で
シャープの通期業績が予想を下回る見通し。円安によって白物家電の採算が悪化したほか、液晶パネルで価格競争が進んだことが主な原因。最終損益は赤字に転落する可能性もある。(2015/1/20)

SIM通:
国産SIMフリースマホ「AQUOS SH-M01」レビュー
シャープがSIMフリースマホ第2弾「AQUOS SH-M01」の販売を開始。日本人にとっておなじみのメーカーのスマホがSIMフリーとして手に入るチャンスが徐々に広がってきています。(2015/1/15)

アニメでも:
ドラマの見逃しをなくす「ドラ丸」搭載、シャープがBDレコーダー新製品を発表
シャープはBlu-ray Discレコーダーの新製品7機種8モデルを2月から順次発売する。連続ドラマやアニメの見逃しを防ぐ「ドラ丸」機能を新たに搭載した“ドラマ丸録りレコーダー”だ。(2015/1/15)

シャープ、スモールオフィスに適したコンパクト設計のA3モノクロ複合機「AR-G200」
シャープは、店舗などでの利用に向く省スペース設計のA3モノクロレーザー複合機「AR-G200」を発表した。(2015/1/14)

取説とはひと味違う、「X68000」シリーズのサービスマニュアルが復刻
無償公開されたのは『サービスマニュアル X68000 CZ-634C/CZ-644C』。サービスマニュアルの公開は、シャープとして初。(2015/1/13)

2015 CES:
シャープが力を入れる「Beyond 4K Ultra HD」とは?
シャープは2年ぶりにCESでの展示内容を大きく刷新、非常に興味深いものとなった。中でも注目は4Kを超える「Beyond 4K Ultra HD」。話題のAndroid TVや量子ドットテレビも展示している。(2015/1/8)

「Google TV」は結局終了 「Android TV」に一本化へ
「2015 CES」でソニーやシャープなど多数のメーカーが「Android TV」採用を発表する中、Googleは「Google TV」の終焉をひっそり告知した。(2015/1/8)

シャープと情報工場が連携 GALAPAGOS STOREでビジネスパーソン向けサービス
ビジネスパーソン向けの厳選書籍を要旨と合わせて提供。(2014/12/22)

一括で税込6万9120円:
ソフトバンクの「AQUOS CRYSTAL X」、12月19日発売 VoLTEも同時にスタート
シャープのフレームレス構造を採用したソフトバンクのスマートフォン「AQUOS CRYSTAL X」が、12月19日に発売される。高音質な通話ができる「VoLTE」も同時に利用可能になる。(2014/12/18)

シャープ、電子書籍の法人向けソリューション事業を拡大
ブラウザビューワにより応用事業展開を加速させる考え。(2014/12/16)

「評判が悪すぎる」 シャープから転身の片山氏、日本電産デビュー“ドタキャン”の真相
日本電産の副会長執行役員に転身した元シャープ社長、片山幹雄氏の社外デビューが“ドタキャン”になった。永守会長が「あまりにも評判が悪い」と出席見合わせを言い渡したのだ。(2014/12/15)

ソフトバンクのVoLTE対応5.5型スマホ「AQUOS CRYSTAL X」、12月13日に予約開始
ソフトバンクのシャープ製スマートフォン「AQUOS CRYSTAL X」の予約受付が12月13日に開始される。ソフトバンク端末では初めてVoLTEに対応する。(2014/12/12)

PR:先進のフレームレスデザインとエモパー 「AQUOS CRYSTAL X」の秘密にブロガーが迫った
ディスプレイの額縁を極限までなくすことを追求したフレームレス構造の「AQUOS CRYSTAL X」は、「エモパー」などシャープ独自の新技術を搭載した先進のスマートフォンだ。その秘密にブロガーが迫った。(2014/12/12)

「楽天モバイル」端末拡充 IGZOスマホなど追加 激化するMVNO競争、楽天の生き残り策は
「楽天モバイル」に、IGZOディスプレイを搭載したシャープ製「AQUOS SH-M01」と、Huawei製ファブレット「Ascend Mate7」が追加。MVNO競争が激化する中、楽天グループの資産を生かして差別化していく。(2014/12/5)

楽天カフェに実機を展示:
「楽天モバイル」に第2弾のセット端末――「Ascend Mate7」「AQUOS SH-M01」が登場
フュージョン・コミュニケーションズが展開している「楽天モバイル」に、スマートフォン2機種が追加された。Huaweiの「Ascend Mate7」が12月11日、シャープの「AQUOS SH-M01」が12月17日に発売される。(2014/12/5)

SEMICON Japan 2014:
椅子に座るだけで健康状態が分かる、シャープの「健康コクピット」
シャープは、「SEMICON Japan 2014」(2014年12月3〜5日)に併設された特別展「World of IoT」に、椅子に座るだけで『リラックス度』などの状態を測定し、表示できる椅子型健康管理機器「健康コクピット」を参考展示した。(2014/12/4)

撮影テクニックを基本から:
シャープに写す! モノや風景を撮るならF8〜F11を活用しよう
“開ける”の次は“絞る”です。ボケを簡単に楽しめる、開けて撮るシーンに対して、被写体の広い範囲にピントを合わせたりする際には、絞って撮ることが重要になります。(2014/12/3)

シャープに聞いた4Kテレビ拡販戦略――そして8Kのこと
NexTV-Fによる試験放送が始まり、市場では製品ラインアップの拡大に低価格化も手伝って大画面4Kテレビが売上を延ばしている。4Kテレビの販売状況と戦略について、シャープに話を聞いた。(2014/12/1)

坂本ラヂヲ、シャープな直線型&なめらか流線型のiPhone 6向けアルミバンパーを発売
電源ボタンや音量ボタン部分まで直線にこだわった「MB514」、手になじむエルゴノミクスデザインを採用した流線フォルムの「MB524」といった2種類のiPhone 6向けアルミバンパーが登場。(2014/12/1)

8割のサプライヤに断られたことも:
あくまで高性能な部品を、シャオミのこだわり
Xiaomi(シャオミ、小米)は、当然ながら最初から順風満帆だったわけではない。新興企業ならではの苦労があった。当時は無名だったために、サプライヤの確保がうまくいかず、ディスプレイの供給ではシャープともめたこともあった。だが、Xiaomiの目指すものはあくまでハイエンドスマートフォンであるため、部品の妥協はしなかった。(2014/11/28)

蓄電・発電機器:
保証期間20年の太陽電池、効率18.2%
シャープは2014年12月9日、単結晶シリコン太陽電池モジュール「BLACKSOLAR NQ-210AD」など4製品を発売する。NQ-210ADの価格は12万円(税別)。従来製品と比較して出力が3.5%高くなった他、新たにモジュール本体と出力を20年間無償で保証することが特徴。(2014/11/26)

PR:「GR」のリコーが認めた高画質――“GR certified”で「AQUOS ZETA」のカメラはどう進化した?
ドコモが発売した「AQUOS ZETA SH-01G」は、カメラがひときわ高画質であることをリコーが認める“GR certified”認定スマホ。モバイル向けカメラで実績あるシャープはなぜ、リコーの協力を仰いだのか? 両社の開発陣に聞いた。(2014/11/21)



オープンソースのコンテナー(アプリケーション実行環境)管理ソフトウェア。Linuxをベースに、ハイパーバイザー型よりも軽量な仮想化を実現する。クラウド、DevOpsなど今風のITシステムの管理に親和性が高く、注目が高まっている。

日本通信をパートナーとして、VAIO株式会社がスマートフォン製品を投入する。3月12日発表予定。

KDDIが12月25日に先行発売を開始した、Firefox OS搭載スマホ。製造はLG。Firefox OSの元々のコンセプトでもある踏み込んだカスタマイズ性、外装の3Dモデルデータの提供、部品が見える半透明ボディなど、「ギークのためのスマホ」としてアピールしている。