ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

シャープ に関する記事 シャープ に関する質問

「シャープ」最新記事一覧

台数限定キャンペーンならSpecial Editionが13万8000円:
1.2キロの薄型ボディに注目の「HP EliteBook Folio 1020 G1」フォトレビュー
2014年12月の発表以来、そのシャープな姿に多くのユーザーが注目した薄型ノートが日本でも出荷を開始した。その姿をまずは画像で紹介しよう。(2015/5/22)

4Kテレビの先へ――シャープが8K時代を見据えた液晶テレビ「AQUOS 4K NEXT」を発表
シャープは、8K時代を見据えた液晶テレビの新ライン「AQUOS 4K NEXT」を発表した。“4原色”技術とアップコンバート回路により、4Kパネルを用いながら8K解像度の表示能力を持つという「AQUOS史上最高峰のテレビ」だ。(2015/5/21)

液晶に「こだわり」:
“ゾンビ企業”と認定されれば「解体」に現実味 不透明な再建の行方
経営危機に陥ったシャープは、主力行の資本支援を受け再建の機会を得たが、これから何をつくり、何で成長するのか。漂流するシャープのたどり着く先はいまだ見通せない。(2015/5/21)

シャープの“ゾンビ企業”化、避けられるか 液晶にこだわり、頼みの車載は「周回遅れ」 脱家電いまだ見えず
シャープは主力行からの資本支援でひとまず生き延びた。「金融支援がゾンビ企業を生み出す措置になってはいけない」と主力行の頭取は話すが、将来的な成長の道筋は明確ではない。(2015/5/20)

「決断しない社長」:
シャープが抱える「負の遺産」――なすすべもなく立ち尽くす“指示待ち社員”
「社員が自らの判断で挑戦し上からの指示を待たない、そういう企業風土に変えたい」。就任以来、高橋社長は現場の声を上層部に直言できる企業風土づくりに心を砕いてきたが、指示待ちに慣れていた社員の意識を変えることは簡単ではなかった。(2015/5/20)

漂流 シャープ危機再燃(中):
シャープ再建にのしかかる「けったいな文化」 「指示待ち」風土、払拭できず
上層部には「聞こえの良い情報」しか届いていなかったシャープ。主力の液晶事業で競合による攻勢も上層部に伝わらなかった。その背景にある「けったいな文化」とは。(2015/5/19)

1億円減資計画:
シャープ、1億円減資計画 損失穴埋めなりふり構わず
シャープは約1200億円の資本金を1億円に減らし、経営再建は仕切り直しとなった。99%以上の減資は取り崩した資本金で累積した損失の穴埋めに充てる奇策だ。再度の危機の原因を分析し、今後の行方を追う。(2015/5/19)

漂流 シャープ危機再燃(上):
シャープ奇策にパナソニック幹部も動揺 「中小企業なんて……」迷走する再建策
シャープの経営再建が仕切り直しとなった。再度の危機の原因を分析し、今後の行方を追う。(2015/5/18)

シャープ公式Twitter「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」
シャープが国内3500人のリストラなど経営再建策を発表した15日、公式Twitter「@SHARP_JP」が「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」とつぶやき、フォロワーから応援の声が集まっている。(2015/5/15)

日本とアジアに注力:
赤字に苦しむシャープ、AV・家電事業はどうなる? 中期計画で再建策を表明
液晶事業の不振などで赤字に苦しむシャープが中期経営計画を発表。カンパニー制度の導入や資本金の減資、本社売却などで2016年度中の黒字転換を目指す。(2015/5/14)

ビジネスニュース 企業動向:
シャープが赤字2223億円、カンパニー制や3500人削減など新中期計画
シャープの2014年度連結決算が2223億円の赤字に。経営再建策として新たな中期経営計画を発表した。(2015/5/14)

製造マネジメントニュース:
“血まみれ”で夢を描くシャープ、止血策は十分か?
シャープは2015年3月期(2014年度)の決算で2230億円という巨額の最終赤字に転落。2017年度(2018年3月期)までの経営再建策を発表した。本社の売却や3500人の人員削減により固定費削減を推進するが、具体的な事業再建策は不明確なものとなった。(2015/5/14)

本社ビルも売却 「聖域なし」「不退転」シャープの再建策、成否は
「不退転の覚悟」──再建策を発表したシャープの高橋社長。本社ビルの売却も決めるなど「聖域なし」だが、液晶の分社化には踏み込まなかった。(2015/5/14)

シャープ、中期計画発表 資本金5億円へ減資、社内カンパニー制導入 希望退職3500人募集
資本金5億円への減資や社内カンパニー制の導入などを柱とした中期経営計画を発表した。(2015/5/14)

「GR」認定のカメラを搭載、エモパーも進化――「AQUOS SERIE SHV32」
au向けのハイスペックなシャープ製スマホがさらにパワーアップ。ディスプレイがさらに見やすくなったほか、カメラは「GR Certified」を取得し、エモパーの機能も拡張された。【画像追加】(2015/5/14)

goo Simseller、SIMフリースマホ「AQUOS SH-M01」を4万6000円で販売開始
NTTレゾナントが運営するSIM関連専門ショップ「goo Simseller」で、シャープ製のSIMフリースマートフォン「AQUOS SH-M01」を4万6000円で販売開始する。(2015/5/13)

みんなに“ちょうどいい”:
使い勝手とコスパを重視した5型スマホ「AQUOS EVER SH-04G」
シャープ製の「AQUOS EVER SH-04G」は、ケータイからの乗り換え組やライトユーザーの利用を想定した、使い勝手とコストパフォーマンス重視のスマートフォン。防水ボディに5型液晶を搭載した。【写真追加】(2015/5/13)

世界最軽量クラスで通話もOK:
7型IGZO液晶搭載のAndroidタブレット「AQUOS PAD SH-05G」
ドコモは、シャープ製のAndroidタブレット「AQUOS PAD SH-05G」を発表した。7型のIGZO液晶を搭載し、210グラム台の軽量ボディを実現した。VoLTE通話やおサイフケータイにも対応している。(2015/5/13)

ディスプレイとカメラがもっと“きれい”に――5.5型IGZOスマホ「AQUOS ZETA SH-03G」
シャープの「AQUOS ZETA SH-03G」は、前モデル「SH-01G」を継承したEDGESTスタイルのスマートフォン。ディスプレイとカメラを強化したほか、エモパーもバージョンアップ。スマホとしての性能も上がっている。【画像追加】(2015/5/13)

スマホアプリ「家電少女」がシャープとコラボ 「お茶プレッソ」などシャープ家電が美少女に
これからの暑い季節に大活躍しそうな3Dファンのふりなちゃん。(2015/5/12)

「家電少女」にシャープの家電が登場 プラズマクラスタドライヤーやお茶プレッソが美少女化!
家電かわいいよ家電。(2015/5/12)

IT株式ウォッチ:
決算延期の東芝、ストップ安 99%減資報道のシャープも大幅安
不適切な会計処理が見つかったとして決算発表を延期した東芝がストップ安。(2015/5/11)

シャープ、「99%減資」報道にコメント
シャープが財務改善のため99%以上の大幅な減資を行うと伝えた日経新聞などの報道について、同社がコメントした。(2015/5/11)

車両デザイン:
「CX-3」のシャープな外観を生み出した3Dスケッチは「挑戦的アプローチ」
マツダの小型SUV「CX-3」の外観デザインは、同社の新世代商品の中でも「シャープでモダン」とされている。このシャープでモダンなデザインは、従来の車両デザインとは異なる“3Dスケッチ”によって生み出された。(2015/5/4)

「報道に惑わされるな」シャープ社長が緊急メッセージ、社員「玉音放送か」と陰口も……疑心暗鬼に陥る社内
「シャープが3000人規模の希望退職を募る」と伝えるニュースを受け、高橋社長は社内の音声放送で「報道にあまり惑わされないようお願いしたい」と訴えた。不安の払拭を狙うが、明確なメッセージを出せないもどかしさがのぞく。(2015/5/1)

セバスチャン(小野D)がいつでも愛の言葉と掃除を……「黒執事」モデルの「COCOROBO」を見てきました
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」が「黒執事」とコラボ。日常会話だけでなく、「愛してる」「キスしよう」など愛の言葉にも応えてくれる。(2015/4/27)

シャープ、タッチ精度を高めた業務用80型タッチパネル液晶「BIG PAD」新モデルを発表
シャープは、業務用となるタッチパネル搭載80型ディスプレイ「BIG PAD」の新モデルを発表。精度を高めた静電容量方式タッチパネルを採用した。(2015/4/27)

シャープ支援、液晶事業分社化で交渉難航 三菱UFJ、みずほ銀が内定
経営再建中のシャープの今後の焦点は“看板”の液晶事業の分社化。官民ファンドに出資を求めているが、交渉は難航している。三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行は資本支援を内定した。(2015/4/24)

石川温のスマホ業界新聞:
中国市場なくしては生きていけない世界のスマホ業界━━シャープのスマホ用4Kパネルは「爆買い」してもらえるか
シャープがスマートフォン向けに、4K解像度に対応した液晶パネルを発表。日本での発表は予定していないそうだが……。(2015/4/24)

シャープ、タブレット端末用のデジタル学習システム「STUDYFIT」を開発
シャープは、児童の学習サポート用となるデジタル学習システム「STUDYFIT」を開発した。(2015/4/23)

消臭効果も:
シャープ、温風でダニを吸引する「ヒートサイクロン」採用のふとん掃除機「コロネ」を5月21日に発売
シャープは、温風でふとんの繊維からダニを引きはがして吸引するふとん掃除機を発表した。プラズマクラスターと合わせて気になる臭いを消臭する。(2015/4/22)

蓄電・発電機器:
電力自由化で電気料金が「上がる」、そのとき役立つ太陽光
シャープは2015年4月、住宅用太陽電池モジュール「BLACKSOLAR」の新製品「NQ-220AE」など4モデルを発表した。同社のパワーコンディショナーと組み合わせることで、複雑な屋根形状であっても高い出力を得ることができるという。(2015/4/21)

シャープ、「本社売却・資本増強」報道にコメント
シャープは、同社が優先株による資本増強を行うなどと伝えた同日付の日経新聞の報道にコメントした。(2015/4/16)

首ふり機構も復活!:
シャープ、画像処理エンジンをリニューアルした4K対応“AQUOS”「US30/U30」
シャープが4Kテレビのミドルレンジおよびエントリーに位置する「US30/U30ライン」を発表。新しい映像エンジンを採用してパフォーマンスを底上げしたほか、日本でも秋にサービスを開始する「Netflix」対応などコンテンツ面の充実も図った。(2015/4/16)

電子書籍読み放題サービス「yomel.jp」でコミックの配信開始、5月には雑誌も
ブラウザビューワにはシャープのソリューションを採用している。(2015/4/8)

シャープ、「液晶事業切り離し・産革機構に出資要請」報道にコメント
シャープが液晶事業を分社化して切り離し、官民ファンドの産業革新機構に出資を要請するという報道についてコメント。(2015/4/6)

シャープ正念場 「まだ危機感の薄い社員いる」 高橋社長、「外科手術」の強権発動か
経営再建中のシャープの企業風土改革が、業績悪化のため岐路に立たされている。“外科手術”といえる3000人規模のリストラが迫られるいま、強権発動という即効薬を求められる場面が増えそうだ。(2015/4/3)

シャープの過去機種でも利用できる「エモパーLite」、提供開始
スマートフォンから話しかけてくれるシャープの「エモパー」が、Android 4.1以上の過去機種でも利用可能になった。Google Playで「エモパーLite」を入手すればよい。(2015/3/31)

シャープが贈るレトロ家電の復刻カタログ、ユーザー人気により特集ページをリニューアル
カテゴリ別に整理されより見やすく、新たに20冊のコンテンツも追加された。また、全商品を対象とした48時間限定の最大40%ポイント還元キャンペーンも実施している。(2015/3/30)

猫舌の人に朗報:
温度を下げてさらにおいしく――新型「ヘルシオお茶プレッソ」は“ゆざまし”機能付き
シャープは、お茶メーカー「ヘルシオお茶プレッソ」の新製品「TE-TS56V」を4月に発売する。一度沸騰させたお湯を70度まで冷ましてからお茶をいれる「ゆざまし機能」などを追加した。(2015/3/25)

「注文がとれなくなった」シャープの嘆息……再建に立ちはだかった“日の丸連合”との消耗戦
シャープは主力の液晶パネル事業が失速。きっかけは、ジャパンディスプレイがシャープの上得意の小米から受注を獲得するなど巻き返したことだ。日本勢の消耗戦は価格競争を加速させ、背後から迫る中国、台湾メーカーに利することになりかねない。(2015/3/25)

シャープ、さらに2000人の人員削減を検討 銀行にリストラ案示す
経営再建中のシャープは3000人規模の希望退職を来年度中に行う計画。さらに海外でも約2千人の人員削減を検討している。(2015/3/23)

「この程度のことができなくてどうします?」 シャープのしゃべるロボット掃除機「COCOROBO」に「黒執事Ver.」登場
セリフはすべて小野大輔さん録り下ろし!(2015/3/21)

「あなたの執事ですよ」と掃除機が シャープ「COCOROBO」が「黒執事」とコラボ 小野Dの声でしゃべる
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」が「黒執事」とコラボ。執事とおしゃべりを楽しめる。(2015/3/20)

「なんだか三洋と似てきた?」 “誤算”シャープ、主力行に資本支援要請で迎える重大局面
「三洋と似てきたとよく言われる」――シャープ関係者はこうこぼす。再び経営危機に陥り、金融への依存度が高まるシャープの運命はどこに向かうのだろうか。(2015/3/20)

シャープ「国内で希望退職3000人募集」報道にコメント
シャープが国内従業員の1割超に当たる3000人規模の希望退職を募集する方針を固めたという報道に対し、同社がコメント。(2015/3/19)

第3世代へと進化:
シャープ、風量1.5倍で「床面浄化モード」搭載のプラズマクラスタースリムイオンファン「PF-HTC1」発表
シャープが3月16日、洗浄しづらいカーペットなど床面をも消臭・除菌する「床面浄化モード」搭載のプラズマクラスターイオンファン「PF-HTC1」を発表した。4月15日発売予定。価格はオープンで、予想実売価格は3万8000円前後(税別)。(2015/3/16)

なめらかな風を実現:
シャープ、“ネイチャーウイング”を採用した5機種のプラズマクラスター扇風機発表
3月16日、シャープはプラズマクラスター扇風機5機種を発表した。4月15日発売予定。価格はすべてオープンで、予想実売価格は1万2800円(税別)前後から。(2015/3/16)

ますますしゃべくり上手:
空気の力で部屋の隅までキレイに――シャープ「ココロボ」の新製品
シャープは、ロボット掃除機“COCOROBO”(ココロボ)の新製品として「RX-V95A」など2機種を発表した。部屋の隅にたまったゴミを風の力で飛ばし、吸引する「エアーすみブラシ」を新搭載。サイドブラシの届かない場所もキレイにする。(2015/3/12)

「IGZO」商標で敗訴のシャープ、上告断念 無効確定へ
「IGZO」商標は無効とした知財高裁判決をシャープは受け入れ、上告を断念。無効が確定する。(2015/3/11)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。