ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「シャープ」最新記事一覧

シャープ、電機大手で初の外資傘下入りか 日本企業のM&A姿勢に影響も
シャープが鴻海による再建案を選べば、日本の電機大手が外資に買収される初めてのケースになるとみられる。その影響は。(2016/2/5)

シャープ、鴻海に優先交渉権 「外資傘下」強まる
シャープは鴻海に優先交渉権を与えることを決めた。シャープ解体につながる産業革新機構の再建策と違い、現在のシャープを温存する鴻海案を評価した。(2016/2/5)

製造マネジメントニュース:
揺れるシャープ再建、ホンハイか産業革新機構か、決め手は「液晶以外」
シャープは2015年3月期(2015年度)第3四半期の決算と併せて経営再建に向けての取り組みの進捗状況を説明した。シャープが出資を受け入れる企業として、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と日本の産業革新機構の2社に絞ったことは認めたが「どちらかに優先交渉権を与えたという事実はない」(シャープ 代表取締役社長 高橋興三氏)とした。(2016/2/4)

シャープ再建は鴻海傘下で決定か 株価急騰
シャープ再建は鴻海傘下で決定との報道。(2016/2/4)

電機大手6社4〜12月期、4社が営業増益も、3社が通期見通しを下方修正
経営再建中の東芝とシャープを除く電機大手6社の4〜12月期連結決算は、4社が営業増益で、2社が減益。日立製作所、パナソニック、富士通の3社が通期の業績予想を下方修正した。(2016/2/4)

シャープ「解体」の必然……「再建」より「再編」に狙い、官民ファンドの冷徹
産業革新機構のシャープ再建案が固まった。液晶事業は分社化してJDIとの統合を目指すなど、シャープ再建は主要事業の「解体」につながる可能性がある。(2016/2/2)

本体に3000億円の出資:
シャープ「解体」の必然 再建より「再編」に狙い、官民ファンドの冷徹
経営危機に陥ったシャープを支援する方針の官民ファンドの産業革新機構が1月29日、企業の取締役会にあたる内部委員会を開き、シャープ本体に3000億円を出資し経営権を取得することを柱とする再建案の大枠を固めた。(2016/2/2)

シャープ、「AQUOS 4K NEXT」など5シリーズ9機種でHDR対応ファームウェアアップデートを開始
シャープは「AQUOS 4K NEXT」など5シリーズ9機種に対して新ファームウェアの提供を開始した。Ultra HD Blu-ray DiscがサポートするHDR(ハイダイナミックレンジ)映像信号入力に対応する。(2016/2/1)

ソフトバンク、Y!mobile向けに「AQUOS CRYSTAL Y2」を2月5日に発売
ソフトバンクは、Y!mobileからシャープ製のフレームレススマートフォン「AQUOS CRYSTAL Y2」を2月5日に発売する。(2016/2/1)

“試練の交渉”電機連合の格差拡大 東芝離脱なら歴史上初の事態に
電機連合が月額3000円以上の統一要求を決定。電機の労使交渉は「統一闘争」が特徴だが、日立などと東芝・シャープの業績格差は大きい。(2016/1/29)

シャープ社員、3カ月で4692人減……うち数百人は自主退職 人材流出ショック深刻
シャープの連結社員数が3カ月で4692人減少。自主的な退職も相次いでおり、再建に必要な人材流出の懸念は高まっている。(2016/1/28)

シャープ社員、3カ月で4692人減
経営再建中のシャープは、全世界の連結社員数が昨年12月末で4万4164人となり、9月末から4692人減少したことを明らかにした。(2016/1/28)

鴻海がシャープに6250億円の買収提案か──Wall Street Journal報道
経営再建中のシャープに対し、産業革新機構が出資額を3000億円に引き上げると報じられる中、台湾の鴻海精密工業が6250億円での買収を提案したと、Wall Street Journalが報じた。(2016/1/22)

PR:コンパクト&高画質スマートフォン――「AQUOS SERIE mini SHV33」を選ぶべき10の理由
「AQUOS SERIE mini SHV33」は、KDDIから発売される、シャープ製のコンパクトなスマートフォン。シャープならではの高画質かつ省電力なIGZO液晶や、光学式手ブレ補正対応の約1310万画素カメラを搭載しており、スペックも十分だ。そんな本機の魅力を解説したい。(2016/1/22)

アイリスオーヤマが目指す“次の家電戦略”
2009年に家電分野に参入した生活用品大手のアイリスオーヤマ。シャープやパナソニックを辞めた技術者を積極的に採用し、大手家電メーカーの後を追いかけ始めた同社だが、昨年後半から、家電づくりに対する姿勢の変化が起き始めている。(2016/1/14)

ミカミ氏の限定ステッカーがもらえる!:
ロボット掃除機「COCOROBO」の体験イベント開催へ
シャープ製ロボット掃除機「COCOROBO」(RX-CLV3-N)を体験できるイベントが1月14日にニコニコ本社(東京都豊島区)で開催される。(2016/1/12)

シャープ、「国主導で再建」報道にコメント
シャープが液晶事業を切り離し、産業革新機構から出資を受けるなど国主導で再建を目指すという一部報道に同社がコメント。(2016/1/12)

ソフトバンク、Y!mobileブランドから「AQUOS Xx-Y」「AQUOS CRYSTAL Y2」を発売
ソフトバンクは、Y!mobileブランドからシャープ製Androidスマートフォンを2機種発売する。いずれもソフトバンクブランドで2015年夏モデルとして投入された機種がベースとなっている。(2016/1/8)

シャープとJDI、液晶で“日の丸連合”か 中国発“供給過剰”の泥沼懸念 生き残りのカギは
シャープの液晶事業の買収にジャパンディスプレイが乗り出す見通しだ。台湾・鴻海も好条件で事業買収を打診するなか、日の丸液晶連合で競合する韓国勢などに対抗する構えだ。(2016/1/8)

シャープ、複合機事業売却は「現時点で計画なし」 報道を否定
シャープは、同社が複合機事業を売却するという一部報道について「現時点で売却の計画はない」と否定するコメントを出した。(2016/1/6)

2016 トップに聞く(5):
「シャープ、東芝からも人材受け入れたい」 日本電産 永守重信会長兼社長
日本電産の永守会長は、「希望退職を行ったシャープや東芝などの応募者を幅広く受け入れたい」と話す。(2016/1/6)

太陽光:
シャープのメガソーラーがダブル稼働、売電金額は20年間で30億円規模に
シャープが運営するメガソーラーが続々と稼働を開始している。2015年12月28日から、福島県南相馬市と栃木県塩谷郡に建設を進めていた2つのメガソーラーが同時に商業運転を開始した。(2016/1/6)

なぜシャープの液晶を欲しがる? “盟主”Appleの動向にらむ、JDIのシナリオ
ジャパンディスプレイ(JDI)はなぜシャープの液晶を欲しがっているのか。その背景には、次世代iPhoneの存在がある。(2016/1/5)

太陽光:
北海道に18万枚のシャープ製パネル、1万4000世帯分の電力を生む太陽光発電所
北海道苫小牧市でシャープとオリックスの共同出資企業が手掛ける太陽光発電所「シャープ苫東の森太陽光発電所」の建設が完了し、2016年1月から稼働を開始する。18万枚以上のパネルを設置し、年間発電量は1万4100世帯相当を見込んでいる。(2015/12/25)

シャープとタニタの公式Twitterを漫画化した「シャープさんとタニタくん@」がついにコミックス化
Twitterで表紙案2種を公開して意見を募っています。(2015/12/24)

ジャパンディスプレイ、「シャープの液晶部門買収」報道にコメント
ジャパンディスプレイは、同社がシャープの液晶パネル事業の買収を提案すると伝えた一部報道についてコメントした。(2015/12/21)

「シャープ液晶」混沌の争奪戦 革新機構と鴻海、大義と実績めぐり交渉
シャープの液晶事業をめぐる争奪戦が過熱している。産業革新機構が傘下のジャパンディスプレイとの事業統合を模索し、台湾の鴻海も事業買収を打診。その行方は混沌としてきた。(2015/12/21)

「まさかこの六爪でCleaningすることになるとはな」――しゃべる掃除機「COCOROBO」に「戦国BASARA 伊達政宗ver.」
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」が「戦国BASARA」とコラボ。伊達政宗の名セリフや日常会話を楽しめる。(2015/12/19)

ソフトバンク、高性能なコンパクトスマホ「AQUOS Xx2 mini」を12月25日に発売
ソフトバンクは、コンパクトなシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS Xx2 mini」を2月25日に発売する。(2015/12/18)

シャープのエモパーが「バージョン3.1」に――クリスマス限定の演出も
2015年冬モデル以前に発売されたシャープのスマートフォンも対象。ただしバージョン3.0の一部機能は利用できない。(2015/12/17)

シャープ、「堺工場の保有株、鴻海に売却」報道にコメント
シャープは、テレビ向け大型液晶パネルを生産する堺ディスプレイプロダクトの保有株を鴻海に売却する交渉に入ったと伝えた一部報道にコメントした。(2015/12/17)

シャープ争奪戦 台湾・鴻海が高額オファー 革新機構の検討額上回る
シャープの液晶事業を取り込むため、台湾・鴻海が高額オファーしたことが分かった。産業革新機構が検討している額を大幅に上回る水準で、最大で2500億円に達する可能性がある。(2015/12/17)

“素直なデザイン”で省エネと静音化を実現――シャープ、車載用プラズマクラスターイオン発生機の新モデル
シャープは、車載用プラズマクラスターイオン発生機の「IG-HC15」など3機種を発表した。外観は従来機とあまり変わらないが、“素直なデザイン”によってイオン放出の効率化と消費電力の削減を同時に実現したという。(2015/12/15)

4Kは好調:
4Kテレビはシャープを救うのか 運命の年末商戦に突入
経営再建中のシャープが11月19日、液晶テレビを生産している栃木工場を報道関係者に公開。一時は閉鎖の検討も報じられたが、書き入れ時の年末商戦を控え、注力する大型の4Kテレビの生産現場をアピールし、売り上げの底上げを図る狙い。(2015/12/15)

シャープ「時間との闘い」 運命の年末商戦、4Kテレビは救世主たるか
シャープが液晶テレビを生産している栃木工場を報道関係者に公開した。閉鎖の検討も報じられたが、かき入れ時の年末商戦を控え、注力する大型の4Kテレビの生産現場をアピールした。(2015/12/11)

シャープ、「液晶分社化・JDIとの統合視野」報道にコメント
シャープが液晶事業を分社化するとの報道に対しコメントを発表。(2015/12/9)

“爪に火を灯す”シャープ社員 「収益よりキャッシュ優先」社長が異例発言 エレベーター間引き、新聞も購読停止……
シャープの高橋社長は「時には収益よりキャッシュを優先」とまで言い切った。本社などでエレベーターを間引き運転したり、新聞・雑誌の購読を停止したりと、“爪に火を灯す節約”が実行されているという。(2015/12/8)

SIM通:
待望の国産端末・gooのスマホ第4弾 「g04」レビュー
シャープのSIMフリースマホをベース端末に使用した、gooのスマホ初の国産モデル「g04」をレビューしてみました。(2015/12/8)

東芝、「白物家電をシャープと統合」報道にコメント
東芝が白物家電事業をめぐる報道にコメント。(2015/12/7)

太陽光:
北海道十勝平野東端の遊休地でシャープが2.3MWのメガソーラーを稼働
シャープと芙蓉総合リースが共同出資するクリスタル・クリア・エナジーは2015年11月30日、北海道十勝郡浦幌町で「シャープ浦幌太陽光発電所」の商業運転を開始した。(2015/12/7)

シャープ、「奈良・天理に本社移転」報道を否定
シャープが「奈良県の天理工場に本社移転を検討している」との報道を否定。(2015/11/30)

シャープ、奈良・天理工場に本社移転か
シャープが奈良県の天理工場に本社を移転する検討を始めたという。日刊工業新聞が報じている。(2015/11/30)

省エネ機器:
「直流エアコン」がついに発売へ、12月にシャープが業界初
シャープは業界で初めて、交流電流と直流電流のどちらの電流も受けられるハイブリッド型エアコンを2015年12月中旬に発売する。月産300台を計画する。(2015/11/30)

崖っぷちのシャープ、「4Kテレビ」生産倍増で“生き残り”賭ける 撤退検討の栃木工場も存続へ
シャープは4Kテレビの今年度の国内の生産台数を昨年度の2倍とする方針を明らかにした。撤退も検討されていた、国内向けにテレビを生産している栃木工場は存続する。(2015/11/24)

役員級は20万円:
シャープが全社員を対象に「自社製品購買運動」、社員の士気は?
経営再建中のシャープが国内外の全社員を対象にした数値目標つきの「自社製品購買運動」を呼びかけ、社内の一部で反発を招いている。社員には新たな負担になりかねず、士気に影響しかねない。(2015/11/20)

PR:この冬、「AQUOS Xx2」が「エモパー3.0」でしゃべりまくる!
シャープ製のスマートフォンは常に進化している。デザイン、スタミナ、液晶、カメラとあらゆる面でブラッシュアップが図られているが、他では絶対に使えない機能が「エモパー」だ。(2015/11/20)

シャープの「自社製品購買運動」は“タコ足喰い” 役員20万、管理職10万、一般社員5万……目標設定に社内に反発も
シャープが国内外の全社員を対象にした数値目標つきの「自社製品購買運動」を呼びかけ、社内の一部で反発を招いている。(2015/11/19)

吸い込んだアレル物質は99.99%以上キャッチ、シャープがサイクロンふとん掃除機「Cornet」第2弾
シャープは、ふとん掃除機“Cornet”(コロネ)の第2弾となる「EC-HX150」を発表した。たたき振動数が従来機と比べて約2倍に。(2015/11/18)

シャープの「全社員に自社製品購入呼び掛け」は意味があるのか
シャープが全従業員に自社製品の購入を呼び掛けるという。社員は事実上のノルマと受け止めているというが、取り組みに意味はあるのか。(2015/11/18)

やっぱりスピーカーは横になきゃ:
シャープ、AQUOSの画面両サイドにスピーカーを追加できるシアターシステム
シャープは液晶テレビ“AQUOS”用のオプション製品として、シアターシステム「HT-SP100」を発表した。テレビ背面にある壁掛け金具取り付け部を活用し、画面両サイドにスピーカーを取り付ける仕組みだ。(2015/11/13)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。