ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「運用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「運用」に関する情報が集まったページです。

省スペース・高収容設計の機械式駐車場、パーク24に導入
駐車場運営の最大手パーク24が建設を進める東京・品川区西五反田の本社ビルに、技研製作所の地下駐車場「エコパーク」が採用された。エコパークは、平置式に比べて省スペースで済み、工期短縮や運用コストの削減なども期待できるエコ駐車場だ。(2018/7/17)

ビットコイン価格は上昇:
米大手資産運用会社BlackRock、仮想通貨などについてのワーキンググループ設置
7月16日、米大手資産運用会社BlackRockが仮想通貨とブロックチェーン(分散型取引台帳)に関するワーキンググループを設置したと報じられたことを受け、ビットコインを含む主要仮想通貨の価格が上昇した。(2018/7/17)

Brexitも予測していた:
科学的アクティブ株式運用、市場上回る成績=ブラックロック
世界最大の資産運用会社BlackRockの科学的アクティブ株式運用部門では、ビッグデータやAIを活用した投資戦略で運用する資産の9割が市場を上回る成績を上げているという。(2018/7/13)

【ホワイトペーパー/事例】 デル株式会社:
PR:PC調達は社内ヘルプデスクに任せない――それでも現場が納得した高コスパPCとは
社内PCに複数メーカーの機種が混在すると、保守・運用業務の複雑化を招きがちだ。コスト重視の調達によって同様の課題を抱えていたゼンリンデータコムは、その解消を図るべく社内PCの標準化に取り組んだ。重視したポイントは何だったのか。(2018/7/13)

利用料金はそのまま:
クラウド広告運用ツール「Shirofune」にディスプレイ広告の出稿・運用管理の新機能
Shirofuneは、クラウド広告運用ツール「Shirofune」に、年齢や性別、行動や関心などから自動でターゲットを選定して広告を配信する「ブロードターゲティング広告機能を追加した。(2018/7/12)

HubSpotと「マーケティングの民主化」:
中小企業よ、マーケティングオートメーションを恐れるな
マーケティングオートメーションやCRMは導入コストも高く運用負担も重い――。本当にそうでしょうか。(2018/7/12)

電子公告のスムーズな運用のために
知られざる電子公告運用の世界、企業が抱える課題とは
2005年に法務省により電子公告制度が導入され、インターネット上でも公告の掲示が可能となった。だが、電子になることで新たな課題が生まれた。その課題をどう解決するか。(2018/7/12)

ツイート数に連動して広告クリエイティブを最適化:
サイバーエージェントが「ツイート数連動型広告」の提供を開始
サイバーエージェントは、ツイート数に連動してTwitterの運用型広告のクリエイティブが最適化されるサービス「ツイート数連動型広告」の提供を開始した。(2018/7/11)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(32):
【トレースフラグ 2335】──クエリ最適化時のメモリ割り当て動作を変更する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ2335の詳細と使い方」を解説します。(2018/7/11)

医療機器ニュース:
「スマート治療室」がIoTを本格活用、ORiNベースの「OPeLiNK」で医療情報を統合
日本医療研究開発機構、東京女子医科大学、信州大学、デンソー、日立製作所が、IoTを活用して手術の精度と安全性を向上する「スマート治療室」について説明。信州大学病院に導入された「スタンダードモデル」は、デンソーの「OPeLiNK」を組み込むことで、医療機器のさまざまな情報を統合運用可能で本格的なIoT活用になる。(2018/7/10)

西日本の大雨災害に伴い、携帯各社が災害用伝言板を提供 Wi-Fiスポットの無料開放も
台風7号や梅雨前線による大雨の被害が拡大している。携帯各社は、災害用伝言板や災害用音声お届けサービスを運用中。被災地ではWi-Fiスポットを無料で開放している。(2018/7/9)

VMwareのハイパーコンバージドインフラを採用:
NEC、NTTドコモの「ドコモ5Gオープンクラウド」向けにIaaS基盤を提供
NECは、NTTドコモの「ドコモ5Gオープンクラウド」向けにIaaS基盤を提供する。VMware製品を活用したハイパーコンバージドインフラを採用し、NEC Cloud IaaSの運用実績を活用することで、高い可用性と機密性を備えたIaaS基盤を短期間で構築し、提供する。(2018/7/9)

AIがIT運用をサポート
AIOpsツールはIT運用担当者の「働き方改革」を実現するか
AIOpsツールでは、予測分析、正常性評価、予防措置の提案が可能になる。発生した問題に反応して解決するために面倒な作業全てをこなす管理業務はなくなる。(2018/7/9)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(31):
【トレースフラグ 2312】──互換性レベルが110以下の場合、互換性レベル120の基数推定モデルを使用する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ2312の詳細と使い方」を解説します。(2018/7/6)

相互運用性の問題を解決する第一歩
Apple「Health Records API」公開へ ヘルスケアアプリ開発の現場に変化は?
Appleは「Health Records API」を公開すると2018年6月に発表した。このおかげで優れたヘルスケアアプリが年内に登場するかもしれない。だがセキュリティや相互運用性に関する懸念は残る、と専門家は指摘する。(2018/7/5)

プランニングから運用後のサポートまで
DevOpsに必要なツールとは? 開発と運用の両チームを連携させる方法
近年、それぞれ独立していた開発(Dev)チームと運用(Ops)チームが連携する方法にシフトしている。ライフサイクル全体を通して開発チームと運用チームが連携する、効果的なDevOps管理に必要なツールとは。(2018/7/4)

Googleが実践するSREに学ぶ
「システムのお守りをあまりしないインフラ部隊」が必要な理由
ITインフラ運用部門は新しいことに挑戦する予算も人員も限られている。それでもよりよい状況を求めるならばAIの力が必要だ。運用業務をGoogle並みに高める方法を探る。(2018/6/29)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(30):
【トレースフラグ 2301】──実行プランの作成方法を変更する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ2301の詳細と使い方」を解説します。(2018/7/3)

広告主と代理店それぞれの課題:
働き方改革、そしてビジネスの成長 マーケティングの可視化が今こそ必要な理由
過重な運用負担に伴う長時間労働やレポート虚偽など、デジタルマーケティングの闇の部分が問題視されるようになってきた。課題を解決する第一歩は「可視化」にある。(2018/7/2)

3D設計推進者の眼(32):
工程能力指数のCp、千のうち本当のことは3つしか言わない千三つ
機械メーカーで3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者から見た製造業やメカ設計の現場とは。今回は、工程能力指数について解説する。(2018/6/29)

オペレーターへの問い合わせ件数が20%減った例も:
AIが回答精度を高めて運用を支援――日立がチャットbotサービスを販売開始
日立製作所は、「チャットbotサービス」を販売開始する。FAQや業務シナリオなどから適切な回答を自動的に返す。人工知能を活用して、回答精度を高める機能も備える。(2018/6/28)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(29):
【トレースフラグ 1800】──512Bと4096Bのセクタサイズの違いを吸収する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ1800の詳細と使い方」を解説します。(2018/6/29)

富士通マーケティングの働き方改革:
PR:富士通マーケティングがRPAの全社導入に乗り出した理由
企業の生産性アップに寄与することが期待されるRPA。しかしこのメリットを十分に引き出すには、あらかじめRPAの運用や管理を全社レベルで統括するためのルールや体制作りが欠かせない。この点を考慮し、全社を挙げてRPA導入・運用のルールや体制作りを着々と進めているのが富士通マーケティングだ。(2018/7/4)

事例インタビュー:クラウドのセキュリティ
NTTドコモの事例に学ぶ、AWSの機能と拡張性を生かすセキュリティの実装法
NTTドコモにおけるさまざまなビジネス開発を支えるクラウド基盤。基盤管理と、サービス開発の双方の視点からセキュリティの実装、運用について話を聞いた。(2018/7/2)

即日利用開始可能:
ブレインパッドの広告運用支援ツール「AdNote」がオンラインサインアップに対応
ブレインパッドは、広告運用支援ツール「AdNote(アドノート)」がオンラインサインアップに対応したと発表した。(2018/6/27)

オンプレミスを生かすクラウド
事例:通信コストが3分の1、通信速度が安定――クラウド移行の明暗を分けるもの
すぐに全てをクラウド移行できるとする夢物語をよそに、基幹系システムを運用する多くの企業は現実味のあるクラウド移行とオンプレミス活用を考える。事例が語る真実とは?(2018/6/28)

PVJapan2018:
住宅太陽光をAIで賢く運用、パナソニックのスマートホーム技術
パナソニックは「PVJapan2018」で、同社のスマートホーム向けソリューションなどを披露。AIによる予測と運用で、太陽光発電の電力を効率よく活用する技術などを訴求した。(2018/6/25)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(28):
【トレースフラグ 1462】──可用性グループでのデータ転送時に圧縮を無効にする
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ1462の詳細と使い方」を解説します。(2018/6/26)

「Office 365」への対抗
Googleの「ハングアウトMeet」、Skype for Businessなど競合製品との相互運用可能で支持拡大?
GoogleはWeb会議プラットフォーム「ハングアウトMeet」で、Microsoftの「Skype for Business」や、Cisco、Polycomのビデオ会議システムとの相互運用を可能にする。この対応は企業ユーザーの支持を集めそうだ。(2018/6/25)

PR:ERPのSuperStreamが会計・人事業務をオフィスロボットとしてパッケージ化〜経理・人事の定型業務をRPAで自動化〜
せっかくRPAを導入したのに、運用管理に手間がかかってせっかくの時短効果が台無しに――。そんな事態にならないよう、ERP大手のSuperStreamが考えた方法とは。(2018/7/11)

衛星や防衛産業を狙う中国のサイバースパイ、運用妨害狙う痕跡も
中国を拠点に攻撃を仕掛けている集団は、正規の管理ツールを使って狙ったシステムに侵入し、衛星などの運用妨害を狙った痕跡もあるという。(2018/6/21)

ワイヤレスLANの運用コストを押し上げる要因を解消:
PR:1人管理者でも容易な導入・運用を可能にする中小企業向けの「Cisco Mobility Express」
今やあらゆる場所でワイヤレスLAN(Wi-Fi)接続は使えて「当たり前」。それだけに、設定を最適化し、障害を迅速に解消し、快適に使える環境を維持するには高い運用コストがかかりがちだ。「Cisco Mobility Express」はこのような運用の課題を解消するさまざまな仕組みを備えている。(2018/6/21)

FinTech時代、金融セキュリティの現実とは
先進性と堅牢性が求められる金融業界で見直されるメインフレームの価値
FinTech時代、API連携やモバイル決済の普及など、金融業界のIT活用が大きな変化を迎えている。安定運用、安全性の確保という従来の課題と併せてどう対処すればいいのか。(2018/6/21)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(41):
「経営に寄与する」インフラ運用の在り方とは? SREに学ぶ情シスの新しい役割
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第41弾は「情シスに求められる『SRE』という新たな役割」だ。IT活用の在り方がビジネスの差別化要素となっている中で、インフラ運用者にはどのような役割の変革が求められているのか、その具体像をまとめた。(2018/6/19)

SFA導入のホンネ
営業導入のSFAは運用が大変 情シス導入は仕様固めが大変 第三の選択肢は?
SFAを営業が導入したA社は「使えないから改修して」、情シスが選定したB社は「もっと使いやすく」という声が。SFAの導入と運用に大きな負担がないというC社のSFAとは?(2018/6/20)

導入に必要な“本当の要件”
HCIは「簡単でシンプル」、プロが明かすその本当の意味とは
シンプルに運用できるとされるHCIが急速に浸透しつつある。しかし、「導入するだけで全てが解決」とはいかない。自社に最適なシステムを実現するにはどうすればよいか。(2018/6/18)

NTT西の電話回線復旧 災害用伝言ダイヤルも運用中
大阪府北部で発生した地震により不通になっていたNTT西日本の電話回線が復旧。「災害用伝言ダイヤル(171)」「災害用伝言板(web171)」の運用も開始した。(2018/6/18)

低ネットワーク負荷でWindows 10アップデートを効率化――横河レンタ・リース、「Flex Work Place Unifier Cast」を開始
横河レンタ・リースが、Windows 10のアップデート運用を支援する「Flex Work Place Unifier Cast」の提供を開始。「機能更新プログラム」の適用などに伴うネットワーク負荷や管理運用負荷といった企業の課題を解決する。(2018/6/14)

IT活用:
AIで燃料調整を効率化、火力発電の運用コストを1億円削減
三菱日立パワーシステムズが台湾の火力発電所に導入したAIシステムの効果を検証。ボイラーの燃料調整を効率化することで、年間1億円程度のコスト削減を可能にしたという。(2018/6/14)

新たな販路拡大を支援:
Instagram「ショッピング機能」を活用したEC企業向け公式アカウント運用代行、サイバー・バズがサービス提供
サイバー・バズは、Instagram「ショッピング機能」を活用した、EC企業向けの公式アカウント運用代行サービスを2018年6月11日から提供開始した。(2018/6/12)

AIチャットbotの可能性について識者が対談
女子高生AI「りんな」は人間に投資信託を買わせることができるか?
AIチャットbotを、例えば個人の資産運用にどう活用することができるか。日興アセットマネジメントの神山直樹氏とLINEの砂金 信一郎氏が語り合った。(2018/6/12)

AWSとオープンソース(1):
AWSはなぜ、ECSがあるのにKubernetesのサービスを始めたのか、コックロフト氏に聞いた
Amazon Web Servicesが、オープンソースへの取り組みを強めている。同社は具体的に、何をどのようにやろうとしているのか。AWSクラウドアーキテクチャ戦略バイスプレジデントのエイドリアン・コックロフト氏へのインタビューを、2回に分けてお届けする。前半では特に、Kubernetesベースのコンテナ管理基盤運用サービスを提供開始した理由などを聞いた。(2018/6/11)

使い道はWindows 10の更新準備だけではない
Windows 10のクラッシュ原因や脅威が見える「Windows Analytics」とは
Windows 10マシンを運用する上で役立つのが、Microsoftが提供するデバイス監視ツール群「Windows Analytics」だ。その主要ツール「Upgrade Readiness」「Update Compliance」「Device Health」の機能を紹介する。(2018/6/10)

MA導入済み企業に運用支援:
シンフォニーマーケティング、製造業の海外市場での営業案件創出に向け「MAステップアッププラン」を提供
シンフォニーマーケティングは、マーケティングオートメーション導入済みの企業に向けて、MAをより効果的に運用する支援サービス「MAステップアッププラン」の提供を開始した。(2018/6/8)

2018年内に正式リリース:
Microsoft、IoTの安全な運用を支援する「Windows 10 IoT Core Services」を発表
新たに発表された「Windows 10 IoT Core Services」では、10年間にわたってサポートが提供され、併せてデバイスの更新管理と健全性評価を行うサービスも提供される。(2018/6/8)

久納と鉾木の「Think Big IT!」〜大きく考えよう〜(11):
日本ハムファイターズの本拠地移転、本当の狙いとは?〜野球場とERPの意外な共通点〜
前回はサービスマネジメント=運用ではない! 新しいサービス、素晴らしい体験、新たな価値を創造する取り組みもサービスマネジメントそのものである! と述べた。今回は野球場を題材に、ビジネス革新へのサービスマネジメントの適用を一緒に考えてみたい。(2018/6/8)

製造マネジメントニュース:
デジタル技術で生産設備の高度活用を支援する新会社設立
DMG森精機と野村総合研究所は、製造業のデジタル化を推進するシステムやサービスを提供する新会社「テクニウム」を2018年1月に設立した。デジタル技術を活用して、生産支援ITサービスなどの企画開発・運用に取り組む。(2018/6/8)

明日の開発カンファレンス 2018:
スクラム崩壊からの復活、神Excel手順書ベースの運用からAnsibleでの自動化へ――泥臭い現場の取り組みに学ぶ、明日から使える開発ノウハウ
より良いサービス、より良いモノを作るため、現場で泥臭く試行錯誤を重ね、前進し続けている現場のエンジニアの「声」を、「明日の開発カンファレンス 2018」で行われたセッションの中から拾ってみた。(2018/6/12)

AWS Summit Tokyo 2018:
音声から顧客情報まで「いまやクラウドに置けないデータはない」 ドコモが乗り越えた「茨の道」
NTTドコモは、顧客の行動を分析し、音声を通じて必要なサービスや情報を最適なタイミングで提供する「AIエージェント基盤」などをAWSで構築し、運用している。「大量の顧客情報を外部のクラウドに乗せるなんて、全く話にならなかった」。そんな同社は、どうそれを実現したのか。(2018/6/4)

組み込み開発ニュース:
分散テスト・計測システム管理に特化したアプリケーションを発表
日本ナショナルインスツルメンツは、分散テスト・計測システム管理向けソフトウェア「SystemLink」を発表した。分散テスト・計測システムの接続、実装、管理に対応し、運用効率向上につながる。(2018/6/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。