ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

「Docker」最新記事一覧

ブームは去っても重要なインフラに変わりはない
Hadoop 3.0が“控え目”にデビュー、クラウドとGPU対応を強化
今はポストHadoopの時代なのか。支持者に言わせれば、ビッグデータフレームワークの最新版「Apache Hadoop 3.0」は機械学習アプリケーションとクラウドシステムで成功を収めており、まだその時代は終わっていない。(2018/1/19)

Database Watch(2018年1月版):
リレーショナルデータベースの2017年、本流が遂げる進化とそれぞれの目指す道
2017年はHadoopやNoSQLなど新しいデータベースの発展がめざましい年でしたが、その一方でデータベースの本流ともいえるRDBも進化を遂げています。SQL Server、Oracle Database、IBM Db2の技術発展と方向性について興味深いポイントを見ていきましょう。(2018/1/18)

AWS、Microsoft、Googleの対策は
「Meltdown」「Spectre」の脆弱性、大手クラウドサービスが格好の標的に
クラウド環境が「Meltdown」「Spectre」の脆弱性によって狙われる恐れがある。だがAWS、Microsoft、Googleは、攻撃を防ぐ対策は万全と説明している。(2018/1/18)

PR:いま開発ツールの世界に何が起きているのか――最新ツールとVisual Studioサブスクリプションで変わる開発環境
クラウド技術など開発者を巡る環境の目まぐるしい変化に合わせて、開発ツールのトレンドも大きく様変わりしている。日本マイクロソフト テクニカルソリューションプロフェッショナルの井上章氏に鈴木淳也がインタビュー。(2018/1/17)

Visual Studio最新プレビュー版に多数の新機能を追加:
Microsoft、Windows用/Mac用の「Visual Studio 2017」最新バージョンのプレビュー版を公開
Microsoftは、Windows用の統合開発環境の最新バージョンのプレビュー版「Visual Studio 2017 version 15.6 Preview 2」とMac用の「Visual Studio for Mac version 7.4 Preview」を公開した。(2018/1/16)

マーティン・カサド氏に聞いた:
「ITの未来はAPIで形作られる」と、このベンチャーキャピタリストが断言する理由
SDNブームの火付け役として知られるマーティン・カサド氏が、米有力ベンチャーキャピタル、Andreessen Horowitzのゼネラルパートナーに就任して1年9カ月。同氏が自身の投資活動における最重点キーワードに掲げるのはAPIだ。(2018/1/11)

東芝メモリSSDフォーラム2017:
PR:フラッシュメモリ/SSDは個人と企業の日常をどう変革し、そして、東芝メモリはどう貢献できるのか?
2017年11月30日、都内で東芝メモリの主催イベント「東芝メモリSSDフォーラム2017」が初めて開催された。東芝メモリは最先端のフラッシュメモリ/SSD開発を通じ、どのように“より良い日常”への変革に貢献できるかという点において最新の研究開発や新しい生産体制、今後の展望を披露。“新生”東芝メモリのこれからの飛躍を強く印象付けた。同時に、フラッシュメモリ/SSDについてIDC、Dell EMC、日本マイクロソフトからも講演があったので、併せてその模様をお届けする。(2018/1/10)

ぷらっとホーム OpenBlocks IoT VX2:
エッジコンピューティング対応新型IoTゲートウェイ、双方向シリアル通信も強化
ぷらっとホームは、エッジコンピューティングを実現する新型のIoT向けゲートウェイ機器「OpenBlocks IoT VX2」と、双方向シリアル通信機能などが強化された最新ファームウェア「IoT Gateway Firmware 3.0」を発表した。(2018/1/10)

サーバ仮想化はもう古い
コンテナがあればハイパーバイザーやストレージアレイは不要になる
従来のストレージは可視性に乏しいプロセスでプロビジョニングされ、手間も時間もかかっていた。コンテナは従来の仕組みを刷新し、コスト効率の高いシステムを実現するという。(2018/1/9)

2017年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?
2017年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、2017年の大きなトピックを振り返りつつ注目を集めた記事上位20本を紹介します。これを読んで2017年を俯瞰してはいかかでしょうか。(2017/12/28)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンインスタンスの立て方(英語編)
英語圏のインスタンス構築記事は少ない上に古いものが多いので、12月21日公開のこの記事は貴重。(2017/12/27)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(100:年末特別編):
無駄(かもしれない)知識クイズで振り返る、Windows都市伝説2017
本連載では、Windowsの不思議な挙動や、誤解されている、あるいは既に古くなった知識を取り上げてきました。中には、深すぎて無駄に思えるものもあったでしょう。ですが、頭の片隅に置いておけば、いつか必ず役に立つ(あるいは自慢になる)はずです。2017年に取り上げたトピックをクイズ形式で振り返ってみましょう。(2017/12/26)

MONOist IoT Forum 東京 講演レポート:
PR:AI活用は既に製造現場改革の現実解、簡単お試しで成果が得られる時代に
ビジネスに変革をもたらすといわれるAIだが、使いこなすためには巨大なコンピューティング環境と専門知識が要求された。マイクロソフトはこのハードルを下げ、製造業の高付加価値化を支えるためのソリューションの拡充を進めている。IoTが生み出す膨大なデータをいかにして分析し、製造現場で活用していくべきか――。「MONOist IoT Forum in 東京」に登壇した日本マイクロソフトの畠山大有氏がAIの実践的活用法を解説した。(2017/12/26)

製造業IoT:
LoRaWANにも対応するIoT用の小さなサーバ「OpenBlocks IoT VX2」、リモート管理も可能に
ぷらっとホームはIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」と、「OpenBlocks IoT Family」向けファームウェア「IoT Gateway Firmware 3.0(FW3.0)」を発表。LTE/3G通信や次世代IoT通信規格「LoRaWAN」にも対応した。SaaS型遠隔管理サービスである「Air Manage for IoT」も標準で利用可能だ。(2017/12/20)

【特集】Transborder 〜デジタル改革の旗手たち〜:
人工知能で不動産ビジネスを変える――楽天出身のベンチャー「ハウスマート」の挑戦
IT化や効率化が遅れ、ユーザーの利益を優先できない構造になってしまった不動産業界。そんなビジネスモデルを変えようと挑戦する「ハウスマート」。その代表を務める針山さんは、不動産業界を一度離れ、IT企業に勤めたことで得た経験から起業に踏み切った。(2017/12/20)

Computer Weekly製品導入ガイド
DevOpsツールの選択とコントロール
組織がビジネス機能の継続的な開発とデリバリー、統合のためにDevOpsに目を向ける中で、慎重なコントロールが不可欠とされる。(2017/12/18)

オンプレミスで利用可能な仮想マシンイメージも提供:
AWS、LinuxサーバOSの次期バージョン「Amazon Linux 2」のLTS候補版を提供開始
AWSは、Linuxディストリビューション「Amazon Linux 2」の「LTS Candidate」(長期サポート候補版)を提供開始した。Amazon EC2用のAMI、Dockerコンテナイメージ、主要な仮想化ソリューション用の仮想マシンイメージで提供されている。(2017/12/15)

AWS re:Invent 2017、大量発表の文脈(2):
AWSは「インフラを意識しないアプリ運用環境」を進化、コックロフト氏は「オープン」を約束
Amazon Web Services(AWS)は、2017年11月末から12月初めにかけて開催したAWS re:Invent 2017で、Amazon ECS for Kuberneteや「Fargate」、さらにサーバレスコンピューティングの「AWS Lambda」における機能強化などを発表した。こうした発表から見えてくるものは、インフラを意識しない運用環境の進化だ。(2017/12/15)

@IT通信「今週のテーマ」における2017年人気記事とは:
教育と学習に悩みの傾向――@ITの読者は5分で悩みを解決できるのか?
2017年6月に第800回を突破した、毎週水曜日配信のメールマガジン「@IT通信」。2017年配信分のうち、「今週のテーマ」でよく読まれた記事を紹介する。(2017/12/15)

製造ITニュース:
ERPはオンプレからクラウドへ、「Microsoft Dynamics NAV 2018」を発表
パシフィック ビジネスコンサルティングは中堅・中小企業向けERPシステムの「Microsoft Dynamics NAV 2018」を販売開始。2018年4月から、日本などアジア各国の言語や商習慣に対応した機能などに対応する。生産性と業務プロセスをベースに製品改良した。(2017/12/7)

ET2017特別企画:
PR:製造業IoTにおける“最強のコンビネーション”とは何か
日本マイクロソフトは、IoTにおいてクラウドとエッジを融合させて活用する「インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジ」の価値を訴求。「Embedded Technology 2017」「IoT Technology 2017」では、日本マイクロソフトのクラウドソリューションアーキテクトである後藤仁氏が「エッジとクラウドの最強コンビネーションによる正しいAIの在り方」をテーマに講演を行った。(2017/12/18)

Sensuで始めるクラウド時代のシステム監視(10):
Sensuの“これまで”と“これから”
新たなクラウド監視ツールとして注目され始めている「Sensu」の活用方法を解説する本連載。今回は、2017年8月に米国で開催された「Sensu Summit 2017」の内容を紹介します。(2017/12/6)

Microsoft Focus:
全てのOSSテクノロジーをAzure上で 加速するMicrosoftのオープンソース戦略
Microsoftとオープンソースソフトウェア(OSS)の距離が急速に近づいている。デジタル変革を目指す企業の支援策としてオープンソース戦略を加速させるMicrosoftの狙いとは。(2017/11/30)

製造ITニュース:
AIの検証、導入、活用を総合的に支援するAI活用基盤
NECは、AIの検証から導入、活用までのプロセスを総合的に支援するAI活用プラットフォーム「NEC Advanced Analytics Cloud with 異種混合学習」を発売した。AIを活用したソリューション開発の迅速化を支援する。(2017/11/27)

併用がトレンド
IaaSとPaaSを比較 開発者目線で見たメリットは?
開発にIaaSとPaaSのどちらを使うかは、両者の主な違いを理解してから決めるべきだ。本稿ではこの違いを考える。(2017/11/22)

「JavaOne 2017」で学ぶ開発ツールの利用方法
Java開発の現在と将来――Javaはレガシーアプリにデジタル変革を起こせるのか
コンテナへの対応、モジュール化、Java EEの「MicroProfile」など、Java開発ツールのさまざまな強化点について、エンタープライズアーキテクトと開発者が解説する。(2017/11/14)

製造業IoT:
PR:深刻化する人手不足、製造現場の「現場力」を高めるデータ活用に必要なもの
製造や設計など製造業において人手不足が深刻化している。製造業が品質を維持し新たな成長を実現していくためには、先進技術を活用した効率化の実現と新たな付加価値創出が必須となりつつある。その中で重要なカギを握るのが「データの活用」である。インダストリー4.0やConnected Industriesなど産業革新実現のカギを握る「データ」の活用方法とその基盤について紹介する。(2017/11/8)

パブリッククラウドと従来のIT環境を橋渡し:
コンテナ機能強化でポータビリティ促進――IBMが「IBM Cloud Private」ソフトウェア新版をリリース
IBMは、「IBM Cloud Private」ソフトウェアプラットフォームの新版を発表した。企業の基幹データおよびアプリケーションへの多額の投資を有効活用できるようにするとともに、クラウドネイティブなツールをパブリックおよびプライベートクラウド全体に展開することができるよう支援するものだ。(2017/11/7)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(44):
Azure Marketplaceで「Windows Server バージョン1709」が利用可能に
2017年10月第3週に「Windows Server バージョン1709」がリリースされましたが、少し遅れて2017年11月1日より、Microsoft AzureのMarketplaceでこのバージョンのWindows Serverイメージが利用可能になりました。(2017/11/7)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(96):
Windows Server 2016の次は「1709」? いえ、2016の次はまだ出ていません!
Windows 10 Fall Creators Update(バージョン1709、ビルド16299)が一般向けにリリースされた同じ日に、Windows Serverの最新バージョン「Windows Server バージョン1709」もリリースされました。Windows Serverの最新バージョンであることには違いありませんが、“Windows Server 2016の次のバージョン”というのは正確ではありません。Windows Server 2016向けの「機能更新プログラム」では決してありません。“Windows Server 2016とは別の製品の新(初)バージョン”といった方がいいかもしれません。(2017/11/7)

Sumo Logicレポートに見るクラウド市場のトレンド
AWSで最も使用されているOS&データベース、Docker導入率は?
マシンデータ分析プラットフォームベンダーのSumo Logicが、クラウド市場の縮図ともいえるレポートを発表した。この統計データから、クラウド市場の一端がうかがえる。(2017/11/7)

ネットワークの更新や変更、バグの影響を事前に検証:
Microsoft、クラウドネットワークのダウンタイム低減へエミュレータ「CrystalNet」を発表
Microsoftは、クラウドスケールネットワーク向けエミュレータ「CrystalNet」を発表した。同製品は、定期保守や更新、バグ、人的エラーによるネットワークダウンタイムの削減に役立つという。(2017/11/2)

特集:情シスに求められる「SRE」という新たな役割(4):
エンジニア視点で説明する「メルカリ」、リリースから4年の道のり
2017年6月、執行役員 Chief Business Officer(CBO)に、元Facebookのバイスプレジデント ジョン・ラーゲリン氏を迎えるなど、国内はもちろんグローバル展開も加速させているメルカリ。世界に支持される同社サービスはどのように作られ、支えられているのか?――2017年9月に開催された技術カンファレンス「Mercari Tech Conf 2017」にサービス開発・運用の舞台裏を探った。(2017/11/6)

サードパーティー製ツールとの連携強化
「WindowsでDevOps」がにわかに脚光を浴びる理由 Microsoftの“本気度”は
初期のDevOpsではオープンソースソフトウェアを導入するしかなかった。しかしMicrosoftのDevOps製品の登場により、Microsoftの企業ユーザーもDevOpsに取り組む動きが増えつつある。(2017/10/30)

AWS対抗で:
GoogleとCisco、ハイブリッドクラウドで提携 2018年提供開始
Googleが、企業向けクラウドサービス「Google Cloud」とオンプレミスのデータセンターを統合するハイブリッドクラウドサービスでCisco Systemsと提携した。2018年から統合サービスの提供を開始する。(2017/10/26)

オープンソース技術が約束するストレージの変革【後編】
OSSベースのオブジェクト、ファイル、ブロックストレージを一挙に紹介
OSS技術をベースとしたオブジェクトストレージ、ファイルストレージ、ブロックストレージから、主要なストレージを一挙に紹介する。(2017/10/25)

大容量と拡張性は当然
「オブジェクトストレージ」主要製品の詳細過ぎる特性分析
オブジェクトストレージシステムは複数のベンダーが発売しているが、その特徴を把握することは難しい。本稿はその助けとなるべくアクセス方法やデータセキュリティ、導入オプションなどについて解説する。(2017/10/24)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(95):
図解で理解できる(はず)Microsoftの仮想化技術――Windows上で稼働するLinux、動かしているのはどのテクノロジー?(その2)
前回は、Windows 10で実現可能なLinux環境とそのベースとなっているテクノロジーを、実際の動作中のスクリーンショットを使って簡単に紹介しました。今回は、図版でLinux環境とその技術的な背景を解説します。一部はWindows 10 Insider Previewを使用しています。先日、リリースされたWindows 10 Fall Creators Updateとは異なる部分がある可能性があります。ご了承ください。(2017/10/24)

今後はMicrosoft Azure上での稼働も:
PR:統合顧客基盤「eMplex(エンプレックス)」の進化と、それに伴うセキュリティ機能強化の必要性がSQL Server対応への“決め手”に――数百万人の会員にサービスを提供するB2C統合顧客基盤「eMplex」の選択
パッケージソフトウェアを取り巻く環境変化や、SQL Serverの機能やサービスの発展により、パッケージソフトウェアで「Microsoft SQL Server」を利用する例が増えてきている。その1つが、SCSKのB2C事業者向け統合顧客基盤「eMplex」。数百万人の会員にポイント管理などのサービスを提供するCRM用DBとして、大手小売企業でも数多くの採用実績を誇る製品だ。2018年の早い時期に、Microsoft Azure上での稼働も可能になる予定だ。(2017/10/23)

オープンソース技術が約束するストレージの変革【前編】
OSSストレージは良いことだらけ? 商用製品との違いは
OSSのストレージは、既存ストレージインフラよりもコストを抑えることができ、高い柔軟性を提供することから、業界を一変させる可能性がある。(2017/10/20)

VMwareやRed Hatとも連携
AWSでハイブリッドクラウドを構築するための、9つの開発手法
多くの企業がハイブリッドクラウドを目標とするが、その実現には課題が伴う。AWSは、オンプレミスとオフプレミスでアプリケーションを構築するためのハイブリッドクラウドツールを提供している。(2017/10/18)

AI開発の3つのサイクルとは:
CTCがAI開発に必要な要素を体系化、ハイブリッドクラウド「CTC Integrated AI Platform Stack」を提供
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、AIを活用するためのハイブリッドクラウド環境の提供を開始する。AI開発に必要な技術や要件を明確にした上で、関連するソリューションを用意した。(2017/10/17)

AKSの「K」はKubernetesのK:
Microsoft、マネージドKubernetesサービス「AKS(Azure Container Service)」のプレビュー版を発表
Microsoftは、新しいマネージドKubernetesサービス「AKS(Azure Container Service)」のプレビュー版を発表した。Microsoft Azureでホストされるコントロールプレーン、自動アップグレード、自己修復、簡単なスケーリング、シンプルな使い勝手を特徴としている。(2017/10/26)

【最終回】古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第50回 Dockerプライベートレジストリにユーザー認証を付ける(活用編)
前回は、Dockerプライベートレジストリ(DPR)の構築手順をご紹介しました。今回は、実際にユーザー認証付きのDPRを使用してみましょう。(2017/10/16)

「クラウド移行後」を見据えたプラットフォーム徹底解説【第1回】
クラウド移行後に取り組みたい、「コンテナ」「アプリプラットフォーム」「サーバレス」って何?
企業システムを真にクラウドネイティブで競争力のあるものに変革していくには、3つの技術を避けては通れない。その3つとは、コンテナ、アプリケーション、サーバレスだ。それぞれの特徴を解説する。(2017/10/11)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(94):
Windows上で稼働するLinux、動かしているのはどのテクノロジー?(その1)
Windows 10 Anniversary Updateでは「Bash on Ubuntu on Windows」が利用可能になりました。これは、Windows上でネイティブなUbuntu環境を実現するものですが、今後、Windows上でLinux環境を実現するバリエーションがさらに増えることになります。現時点でプレビュー段階のものを含め、Windows 10で実現可能なLinux環境とそのベースとなっているテクノロジーを簡単に紹介します。(2017/10/10)

LinuxとDockerコンテナにも新たに対応し、多数の新機能を提供:
Microsoft、「SQL Server 2017」を正式リリース
Microsoftはデータプラットフォームの最新版「SQL Server 2017」を正式リリースした。クラウドでもオンプレミスでも利用でき、Windows ServerだけでなくLinuxとDockerコンテナにも新たに対応している。(2017/10/5)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(43):
SQL Server 2017が正式リリース、WindowsとLinuxのAzure仮想マシンテンプレートおよびDockerイメージの提供も開始
2017年10月2日(米国時間)、「SQL Server 2017」のGAが発表され、正式リリースとなりました。同時に、Microsoft AzureのMarketplaceでSQL Server 2017がインストール済みの仮想マシンイメージが、Docker HubのパブリックリポジトリでSQL Server 2017を含むコンテナイメージが利用可能になりました。(2017/10/5)

古賀政純の「攻めのITのためのDocker塾」:
第49回 Dockerプライベートレジストリにユーザー認証を付ける(準備編)
インターネットを経由しないDockerプライベートレジストリに、ユーザー認証を用意することで、社内LANなどにDockerイメージ配信システムを構築できます。今回はこのユーザー認証付きのプライベートレジストリを用意する具体的な方法を解説します。(2017/10/6)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(42):
常に最新のコマンド管理ツールが使える「Azure Cloud Shell」がPowerShellに対応
米国オーランドで開催された「Microsoft Ignite 2017」では、Microsoft Azureに関するさまざまな発表が行われました。その中から、手軽に利用できる「Azure Cloud Shell」(プレビュー)の最新情報をお届けします。Azure Cloud Shellでは、これまでのBashに加えて、Windows PowerShellのシェル環境が利用可能になりました。(2017/9/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。