ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スキル」最新記事一覧

利口でかわいい! ジェンガに参加するうさぎさん
ジェンガのピースを選ぶスキルが高いうさぎさんです。(2017/2/25)

キャリアニュース:
20〜40代が身につけたいスキルは「語学力」
アルバイト求人サイト「エンバイト」が「2017年に身につけたいスキル」に関するアンケート調査結果を発表。身につけたいスキルとして最も多く挙がったのは「英語などの語学力」だった。取得したい資格も英語関連に人気が集まった。(2017/2/21)

速過ぎても遅過ぎてもダメ
DevOps移行で陥る「4つのありがちな失敗」と解決策
プロジェクト管理スキルの低さ、計画の取りこぼし、短絡的なスタッフのいずれかを伴うと、DevOps環境への移行は大きな失敗につながる恐れがある。(2017/2/21)

Uberでのセクハラ放置問題、元エンジニアがブログで暴露
UberのSREチームで仕事のスキルでは高評価を受けていた女性エンジニアが、上司のセクハラを放置し、女性差別の訴えを聞き入れない人事部に嫌気がさして退社した後、その経験をブログで紹介した。(2017/2/20)

モノづくり技術者の転職ゲンバから(3):
企業がキャリア採用に求めるものとは? ちょっとリアルなお話【技術スキル編】
転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第3回では、自身が保有する技術スキルの視点から、「企業がキャリア採用に求めるものは何か?」について掘り下げます。(2017/2/15)

豪州でニシキヘビからテニスボールを吐き出させる救助 丸飲みできたのが不思議なくらいお口パツンパツン
飲み込むスキルは高いけど、吐き出すのは大変だったもよう。(2017/2/11)

「ボンバーマン」新作は「ボンバーガール」 “萌えキャラ”が爆破バトル
コナミアミューズメントが「ボンバーマン」最新作のアーケードゲーム「ボンバーガール」を発表。キャラは全員女性で、異なるスキルを使い分けて協力対戦できる。(2017/2/10)

スマホで十分:
7割の大学生「PCスキルに自信がない」
大学1〜3年生の75.7%、大学4年生の70.7%が「自身のPCスキルに自信がない」――。PCの重要度を理解しながらも、求められるスキルレベルには達していないと感じる学生が多いことが、NECの調査で分かった。(2017/2/7)

IoTスペシャリストを目指そう(9):
第9問 IoTシステムによる生産管理
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは「IoTシステムによる生産管理」です。(2017/2/6)

週刊「調査のチカラ」:
ロボットが職場にやってくる時代、ビジネスパーソンに求められるスキルとは
人工知能は仕事を奪うのか。はたまた人口減少に向かう日本の救世主となるのか。これからの時代にビジネスパーソンが身に付けるべきスキルとは?(2017/2/4)

CAEニュース:
IoT時代の製品設計に備える「ANSYS 18.0」を発表
アンシス・ジャパンは同社の汎用CAEソフトウェア「ANSYS 18.0」を発表。設計者向けCAEプラットフォーム「ANSYS AIM」や構造解析ツール「ANSYS Mechanical」、電子・電気設計分野の解析ツール「ANSYS Electronics Desktop」など幅広いツールにおける機能強化を図った。CFDツールについては企業規模やスキルに合わせたパッケージ構成を刷新した。(2017/2/3)

特選プレミアムコンテンツガイド
犯罪に手を染めた“元極悪ハッカー”の採用は是か非か?
セキュリティ人材不足が深刻化する中、企業は十分なスキルを持った人材をどう探し、どう確保すべきか。一見極端に見える“元犯罪者”の雇用も含め、取り得る選択肢を検証する。(2017/2/3)

ストアカの挑戦
「副業でITスキルを教える」時代がすぐそこに
自分の得意な仕事のスキルを副業として「人に教える」ためのスキル共有マーケットプレース「ストアカ」が注目されている。創業者兼CEOの藤本 崇氏に聞いた。(2017/1/27)

“外”より“内”に頼れ
会社の底力を上げるユーザー部門のITスキル活用
エンドユーザーコンピューティング(EUC)が提唱されて久しいが、現状は開発したシステムの継続運用、セキュリティの確保などに課題がある。(2017/1/13)

人工知能ニュース:
業務システムの大規模データを自動で予測分析する技術
NECは、同社のAI技術群「NEC the WISE」の1つとして「予測分析自動化技術」を開発した。データ項目の抽出/設計から、予測モデルの作成までの一連のプロセスを自動化するため、高度なスキルがなくても精度の高い予測分析が可能になる。(2017/1/10)

陽気なギターかと思ったか、ショットガンだよ!(パーン)ショットガンにギターの弦を装着して演奏する謎武器が愉快
となりで一緒に演奏したくない人ナンバーワン、でもスキルは一流。(2016/12/31)

今こそ未来に備えるとき
Fordが自動車開発に活用 急拡大するAR/VRビジネスに必要なスキルとは
自動車メーカーから小売業に至るまで、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)が企業における従業員の働き方や製品の生産方法に変化をもたらしている。具体的な事例を紹介しよう。(2016/12/31)

米国の就職情報サービス会社が調査
“モバイルアプリ開発者”が重宝される理由、年収はクラウド技術者よりも上?
IT関連職業の平均年収を調査したところ、モバイルアプリ開発スキル保持者が上位にランクインした。その理由を紹介する。(2016/12/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
非言語コミュニケーションは、今後のリーダーの必須スキルである
リアルな世界で人脈の広さと深さを作っていくることはリーダーにとって今も昔も変わらぬ重要な関心事だ。同様にネット上でも影響力を持つことが、重要なスキルになってきている。(2016/12/22)

IoTスペシャリストを目指そう(8):
第8問 IoTで用いられるネットワーク
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは「IoTで用いられるネットワーク」です。(2016/12/22)

飛行中の航空機をハッキング――機内システムの脆弱性を突く攻撃、セキュリティ研究者が実験
航空機の機内エンターテインメントシステムの脆弱性を突けば、機内を混乱に陥れることもできるかもしれない、とセキュリティ企業のIOActiveが検証。「高度なスキルを持った人物の攻撃に対し、機内システムが抵抗できるとは思えない」と研究者は指摘する。(2016/12/21)

Microsoft、Cortana版「Amazon Echo」を作れるサードパーティー向けツールを発表
Microsoftが、Alexaのスキルを簡単に移植できる「Cortana Skills Kit」と、Cortanaをサードパーティー製端末に搭載できる「Cortana Devices SDK」を発表した。(2016/12/14)

新人育成、ベテラン獲得、外部委託、それとも?
過熱する「セキュリティ人材」獲得競争、困った企業の選択肢は?
サイバーセキュリティのスキル不足は業界の悩みの種だ。高度化する脅威に対応するには高いスキルが必要だ。企業はこのようなスキルを持った人材を積極的に獲得する必要はあるのだろうか。(2016/12/6)

Googleの「G Suite」(旧Google Apps)にアプリ開発ツール「App Maker」
Googleのプロダクティビティスイート「G Suite」に、プログラミングのスキルがなくてもオリジナルのWebアプリを開発できる「App Maker」が追加される。「Google Cloud」の各種サービスと連係するアプリを簡単なUIで作れる。(2016/12/1)

人脈を科学する――つながる人、引き上げる人、できる人の法則:
「察しろ」ではなく、言葉で示す
古くから日本企業で好まれてきた「何も言わずに察しろ」というのは、現代の企業環境では成立し難い。これからは、自分の思いや考えていることを言語化するスキルが必要になる。(2016/11/29)

大胆かつ繊細なフォームが美しい 英国男性、「バンジージャンプでクッキーを紅茶に浸す」ギネス世界記録を更新
紅茶をほとんどこぼさない謎のスキル。(2016/11/22)

IoTスペシャリストを目指そう(7):
第7問 IoTにおける無線機器の認可
IoTプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。(2016/11/21)

エン・ジャパン 転職後の年収:
40代前半の専門スキル保有者は、転職すると年収がアップする!?
転職支援サイト「ミドルの転職」は、転職後の年収についてのアンケート調査結果を発表した。(2016/11/18)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第44回 未来を見通す力がないなら、「必要とされる自分」になればいい
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2016/11/1)

約32%の企業が「担当者の運用ミス」で毎月トラブル:
システム運用管理担当者のスキル不足が深刻な課題──IDC調査
IDCジャパンが、国内企業のシステム運用管理実態に関するユーザー調査の結果を発表。約3分の1の企業で、毎月1回はトラブルが発生していることが分かり、「担当者のスキル不足が深刻」と警鐘を鳴らした。(2016/10/21)

ガスト、盛りまくり かきフライたっぷりの期間限定メニュー「特盛カキからドーーン」が完全に丼からはみ出てる
店員の盛りつけスキルが試される。(2016/10/20)

IoTスペシャリストを目指そう(6):
第6問 IoTシステムの外部委託
IoTプロジェクトを計画・推進するには、産業システム、法律、デバイス開発、無線ネットワーク、データ分析、セキュリティなど幅広い知識が必要となります。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。(2016/10/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
能力以上の成果を引き出す「思考の整理術」とは?
いつでもどこでも平然とした表情で成果を出すリーダーがいる。特別なエリートコースに乗っていたり、高度なスキルを持っていなくても。秘密はシンプルに考えること。(2016/9/15)

CAEニュース:
ITスキルを定量的に評価するアセスメントツールの販売契約を締結
GDEPソリューションズは、日本サード・パーティが開発したITスキルアセスメントツール「GAIT」に関して、同社と販売契約を締結した。大学や企業の研究開発・設計部門に向けて販売を進める。(2016/9/8)

IoTスペシャリストを目指そう(5):
第5問 センサーと組み込みシステム
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは、センサーと組み込みシステムについてです。(2016/9/8)

人材不足は年々深刻化
仁義なき引き抜き合戦は不要、セキュリティ人材はここにいる
適切なサイバーセキュリティスキルを持った人材を見つけるのは、どの企業にとっても難しい問題だ。このスキルを持った人材が不足している原因はどこにあるのだろうか。(2016/9/7)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第43回 この技術は本当に最適なのか?――専門分野を極めたからこその悩み
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2016/9/1)

【最終回】プロマネ1年生の教科書:
プロマネに「スーパーマン」はいらない
本連載では、プロマネに求められるスキルを「7つ道具」としてご紹介してきました。今回は総まとめとして、これまでの記事を振り返りながら、理想のプロマネの姿を考えます。(2016/8/18)

“伝える”授業でスマートグラス活用:
小学生が若手技術者と製品開発――その狙いと可能性
スマートグラスという最先端の情報機器を使って小学生が製品開発を体験。「誰に、どのように伝えれば関心や理解を得られるか」というコミュニケーションのあり方について学ぶと同時に、サポート側の若手社員にもコミュニケーションスキルの向上効果をもたらしている。(2016/8/9)

OSSのプロフェッショナルが導入や運用にまつわる不安を全て解消:
PR:OSS活用のハードルを解消する「サイオス OSSよろず相談室」が選ばれる理由
IoT、FinTechトレンドも本格化している現在、システム開発・運用には市場環境変化に追従できるスピード・柔軟性が求められている。こうした中、バージョンアップやサポート条件などベンダー側の事情に縛られず、必要なとき、必要な機能を無料で導入・活用できるオープンソースソフトウェア(以下:OSS)は企業に不可欠となっている。だが導入においては「スキルの不安」「万一の障害時の不安」など複数の懸念材料がある。ではどうすればOSSを安心して使えるのか?――OSS導入・活用サポートサービス「サイオス OSSよろず相談室」を展開するサイオステクノロジーに話を聞いた。(2016/8/22)

新連載・甲斐寿憲のキニナルモバイル:
「PCを使えない学生が急増」の問題点
「PCを使ったことがない」という新社会人が増えてきている。「若い人のほうがITスキルは高い」と思っている人が多いと思うが、なぜこうした現象が起きているのか。理由を探っていくと……。(2016/8/4)

創立60周年を記念した「プロボノ」:
アサツー ディ・ケイ、広告会社ならではのノウハウを社会に還元するサービス「ブレーンタル」を開始
アサツー ディ・ケイは、社員が広告会社ならではのスキルを生かして 社会の課題や日常生活の中の悩みに対するアイデアやソリューションを提供するサービス「ブレーンタル」を提供開始した。(2016/8/2)

高給なデータサイエンティストはいらない
「専門家はいません」でもサクサク進む簡単データ分析術
業務実績や経済動向の指標データをリアルタイムで解析し将来動向を予測する動きが多くの企業で進んでいる。高精度の予測には高度なスキルを持ったデータサイエンティストの存在が不可欠というわけでもない。(2016/8/1)

個人のスキルを売買できる「ココナラ」、非公開無料の法律相談サービスを開始
ココナラが、8月下旬に「ココナラ法律相談」を提供する。ユーザーは弁護士に非公開・無料で相談ができる。相談したい内容を投稿し、最大5人の弁護士から送られてきた回答から、どの弁護士に依頼するかを決める。(2016/7/25)

IoTスペシャリストを目指そう(4):
第4問 IoTで注目される「NoSQL」データベースとは?
IoTプロジェクトを計画・推進するには、技術から法律まで幅広い知識が求められます。本連載ではIoT検定制度委員会監修の下、IoT関連の知識・スキルアップに役立つ問題を出題し、その解答を詳しく解説していきます。今回のテーマは、IoTで注目される「NoSQL」データベースについてです。(2016/7/22)

2年の実践的実習で学位も取れる
人材難時代の最後の手段、“使えるIT技術者”は自社で育成
小売業者のSainsbury’sは、各種開発言語、ビジネススキル、チーム開発などの実習を提供する計画を発表。IT技術者不足が常に取り沙汰される昨今、こうした動きは広がるのだろうか。(2016/7/12)

脆弱性の認識力/セキュリティデータの分析力などを査定:
CompTIA、セキュリティ担当者の実務スキルを問う新資格「CompTIA Cybersecurity Analyst+」を開始
CompTIA日本支局は、実務経験2〜3年のセキュリティ担当者に向けた新たな認定資格試験「CompTIA Cybersecurity Analyst+」を開始すると発表。本稼働に向けたベータ試験の配信を始めた。(2016/7/5)

スキルを高め、プライベートも楽しめ:
PR:エンジニア移住、増加中!――島根県はコミュニティー事情がスゴい
「地方に移住するITエンジニアが増えているらしい」。情報としては聞いたことがあっても、「いざ自分が」と考えると、不安や疑問がたくさん湧いてくるだろう。スキルアップの機会が少ないのでは? 不便で暮らしにくいのでは?――IT企業が続々と進出している島根県松江市に移住し、実際に働いているITエンジニアやIT企業社員のリアルな声を聞いてみよう。(2016/7/5)

プロマネ1年生の教科書:
人を心地よく巻き込む――プロマネに必要な「ファシリテーション」スキルとは?
プロジェクトの約束ごとを守らせるにはどうすればいいか――。今回は「ファシリテーション」のお話です。会議を仕切るというイメージを持っているかもしれませんが、本来の意味は参加者の合意形成や相互理解を支援するスキル。では、一体何をすればよいのでしょう。(2016/7/1)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第42回 希望は「優秀な人が辞めない会社」――社会人10年目でたどり着いた「良い」会社の条件
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2016/7/1)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。