ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サーバ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Server & Storage − @IT
質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

amadanaのウォーターサーバーをWebで契約すると扇風機も付いてくる
CLYTIAブランドで天然水の宅配サービスを提供しているプレミアムウォーターが、amadana × CLYTIAのウォーターサーバー契約者を対象に、amadanaの扇風機をプレゼントするキャンペーンを実施中です。(2016/7/22)

広域負荷分散が月250円から:
IDCフロンティア、「IDCFクラウド」を強化──広域冗長化/バックアップ自動切り替え機能を追加
IDCフロンティアは、クラウドサービス「IDCFクラウド」の機能を強化。負荷分散や障害時のサーバ自動切り替えを実現する、「GSLB(Global Server Load Balancing)」機能を追加した。(2016/7/22)

ブランドセーフティなRTB対応広告在庫へリッチメディア対応広告を配信:
AOLプラットフォームズ・ジャパンのDSPとサイズミックの第三者配信アドサーバーが連係
AOLプラットフォームズ・ジャパンは、DSP「ONEbyAOL:Display」において、サイズミック・テクノロジーズの第三者配信アドサーバと連係を開始した。(2016/7/21)

ダウンの原因は過負荷か、DDoS攻撃か:
「Pokemon GO」のサーバダウン、複数のハッカーが犯行表明──8月1日の犯行予告も
「Pokemon GO」のサーバが先週末までにダウンする事態が発生。ハッカーグループが相次いで犯行を主張している。(2016/7/20)

にほんばれ:
「Pokemon GO」日本公開間近か “Japan”が稼働サーバーの一覧に登場
日本での配信開始が待たれる話題の「Pokemon GO」ですが、まもなく日本のユーザーもポケモントレーナーとして旅立つことができそうです。待ちぼうけにサヨナラバイバイ。(2016/7/20)

データセンターのトラブルシューティング5選
速すぎるSSDにシステムが追い付かない? サーバ管理者が取るべき解決策とは
かつてCPUが急速に進化したとき、システム性能のボトルネックとなっていたのはストレージだった。しかし、SSDの登場と進化によって、今やCPUとその接続するバスがボトルネックとなりつつある。(2016/7/19)

「ポケモンGO」の国内配信は「7月中」? 今週中にも配信との報道もあったが
サーバ増強がカギを握るようです。(2016/7/16)

CAEニュース:
OpenFOAM強化版の流体ソルバー「HELYX」がクラウドHPCサービスでオンデマンド利用可能に
CCNV V2.3では、オンラインストレージ「CC-Drive」とオンラインコンテンツビュアー「CC-Cabinet」による情報共有機能を新たに追加した。クラウドCAEのオンデマンドサービス「V-SaaS」を契約すると利用できるSaaS型新サービス「HELYX on Cloud」では、「OpenFOAM」を強化した汎用流体ソルバー「HELYX」を、スケーラブルなHPCクラウドサーバでオンデマンド利用を可能とした。(2016/7/14)

製造マネジメントニュース:
センサー計測データを集中管理するソリューションで提携
日本ナショナルインスツルメンツは、「Big Analog Data」向けソリューションの提供に向け、米Hewlett Packard Enterpriseと提携したと発表した。両社のサーバ機器とデータ管理用ソフトウェアを組み合わせたソリューションを提供する。(2016/7/11)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ネットワーク市場を激変させるNFV
特集は、ルーターやファイアウォールを仮想マシン化してx86サーバで稼働させるNFVの解説。ネットワーク機器は不要になる? 他に、IPv6のセキュリティリスクや銀行業界が直面しているハイテク対応の現状を紹介。また、紳士服ブランドCIOに聞くオムニチャネル戦略と人材登用論などをお届けする。(2016/7/11)

サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する調査レポート
「バックアップ」と「性能」、主要仮想化技術に潜む根深い課題
TechTargetジャパンは2016年4〜5月に、「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2016/7/11)

オラクルのハード事業、Sun買収後では過去最高に
x86サーバに代表されるハードウェア市場の縮小が進むが、サンマイクロシステムズ買収から5年が経過したオラクルのハードウェア事業にとっては、むしろチャンスだという。(2016/7/5)

初心者のためのサーブレット/JSP入門(2):
OSSのアプリケーションサーバGlassFishの基礎知識&ダウンロード、インストール
初めてJavaのWebアプリを作ってみたいという人に向けて、オープンソースのアプリケーションサーバであるGlassFishの基本的な概要や環境構築方法について解説する。(2016/7/19)

レノボのサービス「Lenovo StorSelect」の一環として実施:
クラウディアンの「CLOUDIAN HyperStore」、レノボのSDSソリューションプログラムで選択可能に
クラウディアンは、レノボ製のサーバに同社のSDSである「CLOUDIAN HyperStore」を搭載して提供すると発表した。(2016/7/1)

運用が面倒というのは都市伝説:
PR:無線LANの必需品。今こそ「認証サーバ怖い」を粉砕せよ!
「社内の無線LANで認証サーバの運用? とんでもない」と考える担当者の方々に、知っていただきたいことがある。これは企業無線LAN運用の常識であり、本格利用には避けて通れないトピックだ。(2016/7/1)

社内の放置ファイルにどう対処する
最大で44%の容量削減を実現、手間いらずのファイルサーバスリム術
企業内で、一定期間以上更新や使用されていないファイルは少なくない。だが、それらを放置するとファイルサーバの負担になる。手間をかけずに削除する方法を探る。(2016/7/1)

モリサワのWebフォント30種が「さくらのレンタルサーバ」で無料で使えるようになったぞぉぉぉ!
モリサワとさくらインターネットが提携。(2016/6/30)

3社提供ホワイトペーパー
ナブテスコがSAPを含む200台のサーバをクラウド化、約1年で実現できた理由とは?
グローバルに事業を展開するナブテスコは、SAPシステムなどの運用をオンプレミスで行っていたが、増大を続ける維持管理コストに頭を悩ませていた。そこで、24時間、365日体制で稼働するシステムをクラウド移行した。その結果、どのような効果を得たのか、導入事例を基に紹介する。(2016/6/30)

月間2万5000PVまで利用可能:
モリサワとさくらインターネットが協業、Webフォント30書体をレンタルサーバ利用者に無料で提供
モリサワとさくらインターネットが協業し、「さくらのレンタルサーバ」利用者に向け、モリサワのWebフォントの提供を開始したと発表した。(2016/6/29)

さくらインターネット、モリサワのWebフォントをレンタルサーバ利用者に無償提供
さくらインターネットが提供する「さくらレンタルサーバ」利用者が、モリサワのWebフォント30書体を無償で使えるようになった。(2016/6/29)

レノボ、米沢工場からのサーバ出荷をスタート
System xシリーズやストレージなどで出荷前の特別点検やハードウェア構成の変更、ソフトウェア追加などを行う。同時に新製品なども発表した。(2016/6/28)

APIフレームワーク「Swagger」に深刻な脆弱性、主要言語に影響
攻撃者が悪質な細工を施したSwagger文書を利用して、クライアントやサーバでリモートからコードを実行し、サービスシステムの定義に干渉できてしまう恐れがあるという。(2016/6/24)

講談社「ViVi」通販サイト、不正アクセスで1万946人の個人情報流出
講談社の通販サイトのサーバが不正アクセスを受け、1万946人分の個人情報が流出した。(2016/6/22)

ストレージに「EMC Unity」を採用し、コストメリットを追求:
EMC、オールフラッシュ対応コンバージドシステム「VCE Vblock 350」をリリース
EMCジャパンは、ミッドレンジのオールフラッシュ対応ストレージ「EMC Unity」、サーバ、ネットワーク、仮想化基盤をパッケージ化した「VCE Vblock 350」の販売を本格展開すると発表した。(2016/6/22)

ネット市場に173カ国の大量サーバ情報、サイバー攻撃に悪用の恐れ
世界各国の企業や政府機関などから盗まれたサーバ情報17万件あまりが闇市場を通じて出回っていたことが分かった。(2016/6/22)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
Hyper-Vを有効化したサーバの導入時間を85%短縮、メリットを生み出す秘訣を探る
Windows Server 2008/2008 R2のメインストリームサポートが終了し、延長サポート期間に入っていることから、サーバ環境の移行が進みつつある。このタイミングで仮想化環境を導入しITインフラを刷新するのであれば、全体的なコストや工数を抑えるための製品選びをしたい。(2016/6/20)

実際に検証済み!OSS徹底比較(4)サーバ構築自動化【後編】:
OSSのサーバ構築自動化ツール、4製品徹底検証 2016年版
サーバ構築・運用自動化ソフトの中でも特に利用者の多い、「Chef」「Ansible」「Puppet」「Itamae」の4製品をピックアップ。「各ソフトの実行環境の構築手順」「OSSのBlog/CMS基盤であるWordPressの構築」を通じて、その違いを探り、体感いただく本連載。後編ではPuppet、Itamaeを紹介する。(2016/6/24)

フラッシュメモリのフォームファクタ、インタフェースなどを解説
SSDを購入、その前に知っておきたい最新メモリ技術と“価格問題”
従来のストレージでは解決できなかったサーバサイドストレージの諸問題が最新のフラッシュストレージで解決できる。しかし、そのためにはフラッシュメモリに関する最新知識の習得が必須だ。(2016/6/15)

主要企業は時代遅れの価格設定
実績の少ない新興企業のハイパーコンバージド製品を選んだ理由
複雑化したITシステムに限界を感じたスコットランドの法律事務所が、サーバ環境の刷新を決断。同社が選んだのは、実績の少ない新興企業Gridstoreのハイパーコンバージドアプライアンスだった。(2016/6/15)

約33万人が対象:
「dトラベル」で個人情報流出の可能性――JTBグループ会社の不正アクセスに伴い
JTBのグループ会社のサーバに不正アクセスがあり、個人情報が流出した可能性があることが発表された。これに伴い、ドコモの「dトラベル」でも同様の可能性があることが判明。約33万人分が含まれるとの報告があった。(2016/6/14)

JTBサーバに不正アクセス 最大793万人分の個人情報流出か
個人情報を悪用したケースの報告は今のところ無いという。(2016/6/14)

実際に検証済み!OSS徹底比較(3)サーバ構築自動化【前編】:
OSSのサーバ構築自動化ツール、4製品徹底検証 2016年版
今回は、サーバ構築・運用自動化ソフトの中でも特に利用者の多い、「Chef」「Ansible」「Puppet」「Itamae」の4製品をピックアップ。「各ソフトの実行環境の構築手順」「OSSのブログ/CMS基盤であるWordPressの構築」を通じて、その違いを探る。(2016/6/23)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
既存ネットワーク上に仮想ネットワークを構築、気になるコスト・工数・セキュリティを探る
サーバ仮想化などによりシステム調達の時間とコストは大幅に削減されたが、従来型ネットワークが足かせとなり、リードタイムはなかなか短縮できずにいる。そこで、物理ネットワークの課題を解消する存在として注目される、オーバーレイ型のネットワーク仮想化技術を紹介する。(2016/6/13)

質の高いパートナー連携が可能にする
HDDをオールフラッシュ相当に、「旧式ストレージをSDSで再生する方法」とは
調達しやすいサーバを使って仮想化運用するSDS(Software Defined Storage)では、信頼性の高いサーバベンダーと技術力の高いソフトウェアベンダーの連携でHDDでもオールフラッシュ相当の性能を発揮するという。(2016/6/15)

Ansibleで始めるサーバ作業自動化入門(2):
Ansibleにおける環境構築やリリース作業でよく使う5つのModule+α
本連載では、「マニュアルやシェルスクリプトを使ったサーバ管理に課題を持つ方」を対象に、Ansibleの基本的な使い方を紹介。今回は、環境構築やリリース作業でよく使うモジュールについて、使い方とよく使う引数を紹介します。(2016/6/10)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:FPGA開発に必要なHDLを「Lチカ」で理解する
FPGAはプログラミング可能なデバイスですが、PCやサーバで実行するプログラミングとは違うところも多々見受けられます。掲載記事をPDF化した「エンジニア電子ブックレット」、今回は連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」より第3回「FPGAでのLチカをVerilog HDLで理解する」をお届けします。(2016/6/8)

「AudienceOne」と連係してターゲティング配信に対応:
DAC、音声広告配信アドサーバ「FlexOne APE」の提供を開始
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、媒体社向け統合プラットフォーム「FlexOne」シリーズの新規ラインアップとして、音声広告アドサーバ「FlexOne APE」の提供を開始した。(2016/6/7)

AWS Lambdaによる技術進化
近い将来に消えるかもしれない“IT運用職”、サーバレスの「NoOps」が拡大
自動化と抽象化、クラウドサービスへのアウトソースによって、IT運用の必要性がなくなる――。「NoOps」と呼ばれる、こうした概念は何年も前から存在しているが、技術進化によって現実味が増してきた。(2016/6/7)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(50):
いつでも、どこからでも使える、Windows Server 2016向けリモート管理ツール「サーバー管理ツール」
「サーバー管理ツール」は、Windows Server 2016のリモート管理に対応した、Microsoft Azureのサービスです。最新のWindows Server 2016 TP5は、Nano Serverを含め、このツールでいつでも、どこからでも、どこにサーバがあってもリモート管理できます。(2016/6/3)

大原雄介の「最新ネットワークキーワード」【第4回】
「NFV」編──ネットワーク機器の全てをサーバで代替するNFVがなぜ普及しない
この連載は「いきなりIT部門に転属したら用語が全然分からん!」という担当者を救済するネットワーク入門企画だ。今回は「SDNとNFVの今後」を考えてみる。(2016/6/3)

Dev Basics/Keyword:
Node.js
Node.jsはサーバサイドで動作するJavaScript実行環境。イベントとノンブロッキングI/Oを活用し、高性能なWebアプリを構築できる。(2016/6/2)

人間と同じ?
ファイルサーバ レコーディングダイエット法の知られざる威力
肥大化するファイルサーバはシステム管理者の頭痛の種。ユーザー部門の意識を高め、リソースの浪費を防ぐために効果的な取り組みを紹介する。(2016/6/1)

データベース基盤と管理の「それって本当?」――スペシャリストが真実を暴く:
PR:フラッシュ・ストレージを導入すればCPUコア数は本当に減らせるの?──データベース性能は“わんこそば”で考えよう!
「フラッシュ・ストレージを導入すれば、データベースが高速化する」という話と合わせて、「フラッシュ・ストレージを導入すれば、データベース・サーバーのCPUコア数を減らせて、コスト・メリットもある」という話を聞いたことがないでしょうか。「ストレージが速くなったのだから、代わりにCPUを減らせる」と言われると、なんとなくそんな気もするかもしれませんが、果たして本当なのでしょうか。[パフォーマンス改善][Oracle Database 12c][Engineered System](2016/6/1)

インメモリ技術を実装した“簡単BI”
大規模データがWindowsサーバ1台でも簡単操作で分析できるBIツールのヒミツ
大規模データの分析ができるBI(ビジネスインテリジェンス)ツールにはそれなりの投資額が必要なものだ。しかし、Windowsサーバ1台で始められるBIツールがあるとしたらどうだろうか。(2016/6/1)

個人のファイルはどのフォルダに保存? バックアップは?:
NAS初心者のためのSynologyファイルサーバ使いこなし術
NASを快適に使うためのファイル保存術、および大事なファイルをなくさないためのバックアップ術について見ていこう。(2016/5/31)

カード残高をサーバ管理する「図書カードNEXT」登場 専用サイトで利用履歴などが照会可能に
6月1日提供開始。(2016/5/30)

「図書カードNEXT」6月から QRコード付き、残額はサーバで管理
「図書カード」の新型「図書カードNEXT」の発行が6月1日から始まる。書店の専用端末でQRコードを読み取り、サーバで残額を管理する仕組みだ。(2016/5/30)

震えて眠れ、ブラック経営者 弁護士が示談・裁判に使えるよう設計したアプリ「残業証拠レコーダー」が登場
GPSデータをサーバに記録する徹底ぶり。(2016/5/25)

プロキシ自動設定のWPADに脆弱性、中間者攻撃の恐れ
社内のDNSサーバ上で解決されるはずのWPADに関するDNSクエリが社外に流出している状況が観測された。悪用されれば中間者攻撃を仕掛けられる恐れがある。(2016/5/25)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(49):
Windows Server 2016 TP5の「サーバーの役割と機能」、TP4からの変更点まとめ
マイクロソフトは2016年4月末に「Windows Server 2016 Technical Preview 5(TP5)」をリリースしました。今回は、Windows Server 2016 TP5の「サーバーの役割と機能」について、2015年11月リリースのWindows Server 2016 TP4と比較します。(2016/5/25)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。