ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サーバ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Server & Storage − @IT
質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

ラック型とブレード型を比較
意外と知らない? サーバフォームファクターの違い
データセンターのサーバを選ぶ際、サーバの型(フォームファクター)は無視できない。環境に必要な種類を考え、サーバが最適に機能するユースケースを理解することが重要になる。(2018/10/16)

「金持ち向けサービスしかやっていない」とよく言われるが……:
ラックの力を中小へ――デジタルデータソリューションが保険付き出口対策「DDH BOX」を発表
中小企業向けにもラックのナレッジを――デジタルデータソリューションが中小企業の“出口対策”として、C&Cサーバへの通信を検知する新製品「DDH BOX」を発表した。(2018/10/15)

信憑性を問う声も:
「米通信大手のサーバに不正なハードウェア」 Bloomberg報道
Bloombergは、米通信大手のデータセンターで使われていたサーバから不正なハードウェアが見つかったと伝えた。一連のBloombergの報道については信憑性を問う声も強まっている。(2018/10/10)

AppleとAmazonが全面否定する中国不正チップ疑惑、米政府が両社を支持
AppleやAmazonが購入したサーバで中国政府が情報収集目的で仕込んだ不正チップが見つかったというBloombergの報道をAppleとAmazonが否定し、米国土安全保障省が両社の否定は「疑う余地がない」と支持した。(2018/10/8)

サーバ用マザーボードに不正なマイクロチップ、中国軍がバックドアに利用か AmazonやAppleも利用――Bloomberg報道
AmazonやAppleは、Bloombergの報道内容を全面的に否定している。(2018/10/5)

おやつカンパニーが謎の「スマートベビースターサーバー」開発 見た目スマートだけど話しかけても答えない
スマートな対応が求められています。(2018/10/3)

サーバ今昔物語【第1回】
「サーバが不安定になると自分も不安定になった」 安定稼働までの長い道のり
サーバと共に社会人生活を過ごした著者が語るIAサーバ進化の歴史。そこから何が見えるか。(2018/10/2)

組み込み開発ニュース:
IoT機器の遠隔管理がより便利に、AzureのAIやディープラーニングとも連携可能に
ぷらっとホームは2018年9月27日、IoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT Family」の全モデルにおいて、IoTゲートウェイ遠隔管理システム「AirManage 2」を標準搭載すると発表した。OpenBlocks IoT FamilyはIoT用マイクロサーバのシリーズ製品である。(2018/9/27)

Visual Studio Code+PHPの可能性を探る:
VS CodeからPHPアプリをローカル実行/デプロイ!
VS CodeからPHPアプリをホスト可能な拡張機能やWebサーバへのデプロイに使える拡張機能などを紹介。(2018/9/25)

サーバ1台で10台分のインメモリ性能:
サーバ主記憶の拡張技術で処理性能が3.6倍に――富士通が実証実験
富士通研究所と富士通は、フラッシュメモリを利用してサーバの主記憶容量(DRAM)を仮想的に拡張する技術「MMGIC」の実証実験をインドSify Technologiesの協力を得て実施した。その結果、同技術を適用すると、サーバ1台で10台分と同等の処理性能を発揮することを確認した。(2018/9/20)

LGWAN接続系にプライベートクラウドを採用:
NECが新宿区のシステムを刷新、SDNや自社クラウド活用でセキュリティと事業継続性を強化
NECは、東京都新宿区のプライベートクラウド基盤を、「NEC Cloud System」を活用して刷新した。仮想化技術とセキュリティ対策を連携させて、サーバラック数を約4割削減すると同時に、未知のサイバー攻撃への備えや、災害時の事業継続性を強化した。(2018/9/19)

SDNで仮想IPアドレスを動的に変更:
米陸軍研究所と大学の研究者チーム、サーバのIPアドレスを隠蔽するプロアクティブ防御技術を開発
米陸軍研究所とニュージーランドのカンタベリー大学、韓国の光州科学技術院の研究者から成るチームが、SDNによる「Moving Target Defense(MTD)」技術の開発に向けた研究を進めている。目的はサーバの仮想IPアドレスを攻撃者が発見する確率を下げることだ。(2018/9/18)

無計画な運用がもたらすリスク
御社のファイルサーバ運用が必ず破綻する理由
ビジネスに必要なデータは爆発的に増え続けている。ファイルサーバの容量や快適性に対する現場の要求も厳しくなる一方だが、「安易にサーバ増設」は避けるべきだ。(2018/9/14)

「バックプレーンなし」だけではない:
Dell EMCのモジュラーインフラ「PowerEdge MX」、その仕様と用途とは
デルとEMCジャパンは2018年9月12日、モジュール型インフラ製品「PowerEdge MX」の国内における提供開始を発表した。同社はこれを「キネティックインフラ」とも呼んでいる。従来の一般的なサーバとは、構造の異なる製品だ。その仕様と用途を探る。(2018/9/13)

運用スキルの見直しが迫られている
サーバレスを使いこなすにはIT運用専門家の「コーディング能力」が必要な理由
サーバレスインフラの管理を成功させるには、IT運用部門の協力が欠かせない。だが運用のプロフェッショナルも、システムエンジニアリングのスキルやインフラをコードで表現するスキルを磨く必要がある。(2018/9/11)

ブラウザの閲覧履歴を密かに中国に送信、不正アプリがMac App Storeから削除
Mac App Storeで提供されていた「Adware Doctor」を調べたところ、主要ブラウザの閲覧履歴などの情報が中国のサーバへ送信されていたことが分かったという。(2018/9/10)

見落としがちな、サーバ仮想化の次のステップ
サーバ仮想化の次に取り組むこと、仮想マシンが無防備のままでは?
水際のセキュリティを強化しても、内部の無防備なサーバネットワークは少なくない。このような構成では一度侵入されると素早く拡散してしまう。シンプルに守る方法を探る。(2018/9/7)

Google Chrome完全ガイド:
Google ChromeでWebサイトのSSLサーバ証明書を調査・確認する
デスクトップ版Google Chromeを活用すると、WebサイトのSSLサーバ証明書を簡単に調べることができます。Webサイト管理者を対象に、その手順や注意点を説明します。(2018/9/5)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:音声アシスタントアプリ開発のヒント
特集は、音声アシスタントアプリ開発の現場で起こっていること、そして開発の注意点。他に、Windows 10への移行でIT部門にもたらされるチャンス、なりすまし攻撃の防御方法、サーバレスとマイクロサービスの比較などの記事をお届けする。(2018/9/4)

X-RayとCloudWatchだけでは不足する場合も
導入経験者が語る「新しいサーバレス監視ツール」の魅力と弱点とは
サーバレス監視ツールはほんの数年で目覚ましい進歩を遂げてきた。だが、サーバレスインフラを包括的に可視化する機能は依然強く待ち望まれている。(2018/8/30)

Publickey:
「サーバレス」は、データベースやコンテナへも広がっている
AWS Lambdaの登場以降、各ベンダーで広がりを見せつつある「サーバレス」。最近では、データベースやコンテナにおいても、サーバレスという言葉が使われるようになってきており、その意味合いも少しずつ変わってきているのです。(2018/8/24)

マストドンつまみ食い日記:
さくらのVPSがマストドンのスタートアップスクリプトに対応 安価なサーバ構築容易に
さくらインターネットの低価格なプランでもマストドンインスタンス構築が可能になった。(2018/8/23)

イベント駆動型のアプローチに注意
メインフレームにもサーバレス? その効果と注意点
サーバレステクノロジーはアプリケーションを近代化させる選択肢として登場した。だが、どのようなときでも最適というわけではない。(2018/8/23)

製造ITニュース:
紙文書をクラウドに保管へ、クラウドサービスで提供する文書管理システム
富士通九州システムズは、文書管理システムをクラウドサービスで提供する「GLOVIA smart ECM SaaS」の販売を開始した。紙文書やファイルサーバに蓄積した資産をクラウド上で安全に保管し、活用できる。(2018/8/21)

変化に強いシステムを目指し、マイクロサービス、サーバレス、内製化に挑戦 最先端技術に挑むダイソーの情シスたち
市場環境の変化が速い小売業界で勝ち残るためには、システムも変化に柔軟に対応できるものでなければならない。ならばマイクロサービス、サーバレス、内製化に挑戦しよう――。そんな大創産業の情シス課長、丸本健二郎氏の挑戦を追った。(2018/8/21)

Appleサーバをハッキングした16歳少年の動機は?
オーストラリア在住の16歳の少年がAppleのサーバをハッキングし、逮捕された。(2018/8/17)

Windows Server 2008のサポート終了に備えよ(4):
サーバ移行後のWindows Server 2016環境でWindows 10を効果的に活用するために
前回まで、サポートが終了するWindows Server 2008/2008 R2から、最新のWindows Server 2016へのサーバ移行を解説してきた。今回からは、サーバ移行後、Windows Server 2016を効果的に活用するためのトピックを紹介する。(2018/8/17)

サーバレスとコンテナ技術でも変わらない
「サーバレスでも開発者はインフラを気にすべきだ」と専門家が口をそろえる理由
サーバレスアーキテクチャとコンテナ技術のおかげで、新しいアプリケーションを構築する際のインフラの役割は小さくなっている。それでも、開発者にとっては残念な話だが、インフラの重要性は変わっていない。(2018/8/17)

Google Cloud Next ‘18発表まとめ(1):
Google Cloudが推進する、さまざまな「サーバレス」
Googleのクラウド事業部門Google Cloudが、2018年7月にサンフランシスコで年次カンファレンス「Google Cloud Next ‘18」を開催した。本連載では、同イベントにおける数々の発表を、クラウドエースおよび吉積情報のエンジニアが解説する。第1回として、アプリケーション開発関連の発表をまとめる。(2018/8/16)

IT用語解説系マンガ:食べ超(144):
サマータイムで学べるウラシマ効果とは?
サーバ機への打ち水には、とくにポジティブな効果はないことが実証されています。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2018/8/15)

業務部門と情報システム部門の役割分担が鍵
ファイルサーバの無法地帯化を防止する効率的なアクセス権管理とは?
人事異動や組織変更のたびに、ファイルサーバのフォルダのアクセス権変更作業に追われる企業は少なくない。しかしこの作業を怠ると、重大なセキュリティリスクを招く。(2018/8/13)

Weekly Memo:
AWSに顧客を奪われるな! Windows Server新環境への移行に向けたマイクロソフトの“深謀遠慮”
企業システムのサーバOSとして数多く利用されている「Windows Server 2008」のサポート終了に伴い、日本マイクロソフトが新しい利用環境への移行支援策を打ち出した。その発表会見では競合に対抗した“深謀遠慮”が感じられた。(2018/8/13)

推論性能は既存の11倍:
Intelの次期プロセッサ、AI機能を追加
Intelは、米国カリフォルニア州の本社で開催した「Intel Data-Centric Innovation Summit」において、次期サーバ向け「Cascade Lake」「Cooper Lake」「Ice Lake」の詳細などを発表した。(2018/8/13)

約54万台のWindow Server 2008サーバの移行を支援:
2020年にはサポート終了――日本マイクロソフト、「マイクロソフトサーバー移行支援センター」を設立
日本マイクロソフトは「マイクロソフトサーバー移行支援センター」を設立する。サポート終了を迎えるWindows Server 2008とSQL Server 2008のバージョンアップを促す。オンプレミス環境からクラウド環境への移行も進める。(2018/8/10)

「お酒はガソリン」「ガソスタかと思った」 給油機ドリンクサーバーからお酒が飲めるガソスタ居酒屋
担当者からも話を聞きました。(2018/8/8)

AWS、Azure、WordPressを安全に運用する
クラウドやサーバレスが浸透、IT運用チームが実践すべきセキュリティ対策は?
企業のセキュリティ対策は、クラウド化やサーバレスプラットフォームの導入に伴い、ファイアウォールといった従来の対策にとどまらなくなった。新しい環境でデータとアプリケーションのセキュリティを確保するには。(2018/8/8)

流出NEM事件、発生から半年 海外サーバ経由、通信記録欠損……犯人特定は高いハードル
コインチェックが不正アクセスの被害を受け、約580億円相当NEMが流出した事件は発生から半年が経過した。警視庁は捜査を進めているが、通信が海外の複数のサーバを経由している上、一部の記録が欠損しているため、犯人特定は容易ではない。(2018/8/3)

ファイルサーバの運用改善で作業時間短縮
情シス主導の働き方改革 ファイルサーバの容量削減を成功させるには
働き方改革など全社的な課題解決への情報システム部門の貢献が大きく期待されている。ファイルサーバの利用環境の改善はその第一歩となるテーマだ。(2018/8/1)

知らないでは済まされない
Windows Server 2008のサポート終了はただのサーバ移行問題では終わらない
Windows Serverの延長サポート終了問題。サーバ移行だけを考えていては失敗しかねない。全体を最適化しつつ、コストをかけない方法とは。(2018/7/31)

うちの規模じゃ常時SSLは無理?
高額な製品を使わない「常時SSL実現 虎の巻」 その内容とは
常時SSLは、もはや当たり前のものとして認識されている。そのためには高額な製品導入や、Webサーバにさまざまな設定が必要だ。しかし今、その「常識」に変化が起きている。(2018/7/31)

サーバも重要な「エンドポイント」:
目指すは自動復旧と根本原因解析――ソフォスがサーバ向けエンドポイントプロテクションを発表
ソフォスは「Sophos Intercept X」のWindowsサーバ版「Sophos Intercept X for Server」を発表した。復旧を含むインシデント対応の自動化と根本原因の解析を目指す。(2018/7/31)

盗まれたカード情報、1800件保存のサーバ発見 確認は異例、売買に利用か
サイバー犯罪で盗まれた国内の個人利用者らのカード情報を、ネット上で大量に保存するサーバが見つかった。情報は日々増減しており、最大で1800件分に達する日があったという。(2018/7/30)

Tech TIPS:
Windows 10などでIPアドレスやMACアドレスを確認する方法
ネットワークのトラブルシューティングなどのために、IPアドレスやデフォルトゲートウェイ、DNS/DHCPサーバ情報などを調査したいことがある。そのためには、ipconfigコマンドがよく使われるが、GUI画面でも確認できる。その方法をまとめておく。(2018/7/30)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(56):
Azureとオンプレミスを同期する「Azureファイル同期(Azure File Sync)」サービス
2018年7月19日(米国時間)、AzureストレージのSMBファイル共有とオンプレミスのファイルサーバを同期する「Azureファイル同期(Azure File Sync)」サービスの一般提供が開始されました。(2018/7/30)

対策したはずの設定にもミスが:
ファーストサーバのZenlogic、ストレージ障害の原因は「想定以上の負荷」
ホスティングサービスの「Zenlogic」がサービスの全面停止が3日間続く、異例のメンテナンスを行いました。ファーストサーバが公開した報告書から、障害の原因とメンテナンスの長期化に至った背景を推測します。(2018/7/25)

Google Cloud Next ’18:
Google、GCPでオンプレミスKubernetes、Istio、サーバレスなどを発表
Googleは2018年7月24日(米国時間)、同社がサンフランシスコで開催中のGoogle Cloud Platform(GCP)に関する年次イベント「Google Cloud Next ’18」で、Kubernetes、Istio、サービス監視、サーバレスなどのマネージドサービスを統合した「Google Services Platform」を発表した。(2018/7/25)

FordやGM、Teslaなどの情報も露呈、rsyncの設定不備で誰にでもアクセスできる状態に
工業オートメーションなどのサービスを手掛けるLevel One Roboticsのサーバで、FordやGMなどの自動車大手を含む100社以上の企業の情報が、誰にでもアクセスできる状態になっていた。(2018/7/24)

世界の拠点に分散するファイルサーバを一元管理――NECのファイルサーバ統合管理ソフト「NIAS」がV4.1に
NECは、ファイルサーバ統合管理ソフト「NIAS(NEC Information Assessment System)」の新バージョン「V4.1」を発表。企業の海外拠点や工場、店舗といった複数拠点に分散するファイルサーバの一括管理機能や、個人情報データのセキュリティなどが強化された。(2018/7/23)

ファイルサービスをAzureで集中管理、ローカルデータアクセスも維持:
Microsoft、「Azure File Sync」を正式リリース
Microsoftは、クラウドとオンプレミスファイルサーバの両方のメリットを享受できる「Azure File Sync」の正式提供を開始した。(2018/7/23)

開発チームの時間を節約する
サーバレスアーキテクチャの長所と短所 コンテナとの違いは?
サーバレスのトレンドは開発者にメリットをもたらす可能性がある。だがトレードオフは必要だ。サーバレスコンピューティングには開発者が理解すべき側面がたくさんある。(2018/7/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。