ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サーバ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Server & Storage − @IT
質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

Intel、脆弱性対策パッチによるリブート増加問題やパフォーマンスへの影響について説明
「Meltdown」「Spectre」と呼ばれるCPUの脆弱性の対策パッチによってリブートが増加する問題や、サーバのパフォーマンスに及ぼす影響を調べたベンチマークの結果について報告した。(2018/1/19)

Java、Node.js、C#、Pythonに続き対応言語を増加:
AWS、サーバレスの「AWS Lambda」でGo言語と.NET Core 2.0をサポート
AWSは2018年1月15日、サーバレスコンピューティングサービス「AWS Lambda」で、プログラミング言語のGoと.NET Core 2.0をサポートしたと発表した。(2018/1/17)

Macを狙う新手のマルウェア、DNS設定乗っ取られる恐れ
新手のマルウェア「OSX/MaMi」に感染すると、DNSサーバを乗っ取られ、通信に割り込む中間者攻撃を仕掛けられる恐れがある。(2018/1/16)

中古PC活用:
NAS4Freeをインストールして中古PC/サーバでNASを作ってみよう
中古PC活用の第5弾。今回は、NAS用OSをインストールして、NASを構築してみる。NAS用OSにはさまざまあるが、今回はLinuxベースの無償NAS用OS「NAS4Free」を取り上げる。(2018/1/12)

ランサムウェアは増加の一途、脆弱性の見直しが急務――トレンドマイクロ、「2017年国内サイバー犯罪動向」を発表
トレンドマイクロが、「2017年国内サイバー犯罪動向」を発表。企業における2017年のサイバー攻撃の三大脅威は、ランサムウェア「WannaCry」、公開サーバからの情報漏えい、ビジネスメール詐欺(BEC)だった。(2018/1/11)

古いマシンで目立って低下:
セキュリティパッチ適用でPC・サーバーの速度低下=Microsoft
Microsoftがリリースしたセキュリティパッチで、古いIntelプロセッサを搭載するPCやサーバの一部で速度が落ちたという。(2018/1/10)

人工知能ニュース:
消費電力が従来比8分の1のAIサーバを米国ベンチャーと開発へ
ソシオネクストは、AIプロセッサを開発する米Gyrfalcon Technologyと、AI分野でのソリューション開発と提供において戦略的パートナーシップを締結した。コンパクトで低消費電力のAIシステムの提供を目指す。(2018/1/9)

今どきのNASでWindowsファイルサーバは断捨離できるか!?:
第1回 今どきのNASでWindowsファイルサーバは置き換えられる?
古くなったWindowsファイルサーバを断捨離してNASにすることは可能か? 最近のNASはとても高機能で、ファイル共有だけではなく、運用を簡単にするさまざまな機能も持っている。(2017/12/28)

さくら、TITAN X搭載GPUサーバサービスの新規提供を一時停止 NVIDIAのライセンス条件変更で
「TITAN X」を搭載したGPUサーバーサービス「さくらの専用サーバ 高火力シリーズ Quad GPUモデル」の新規受け付けが一時停止。NVIDIAのドライバソフト使用に関するライセンスが改訂されたため。(2017/12/22)

製造業IoT:
LoRaWANにも対応するIoT用の小さなサーバ「OpenBlocks IoT VX2」、リモート管理も可能に
ぷらっとホームはIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」と、「OpenBlocks IoT Family」向けファームウェア「IoT Gateway Firmware 3.0(FW3.0)」を発表。LTE/3G通信や次世代IoT通信規格「LoRaWAN」にも対応した。SaaS型遠隔管理サービスである「Air Manage for IoT」も標準で利用可能だ。(2017/12/20)

セキュリティ企業がサイバー攻撃の被害に、ドメイン登録業者が盲点
セキュリティ企業「Fox-IT」のDNS情報が何者かに改ざんされ、トラフィックが攻撃者のサーバへ一時的にリダイレクトされる被害に遭った。(2017/12/20)

「ふるさと納税」大みそか対策 ヤフー、決済サーバ能力最大3倍に
ヤフーが、1年間で最もふるさと納税の寄付が集中する大みそかに備えて、決済用のサーバーの能力を前年比2〜3倍に増強した。(2017/12/19)

IoT問題はモバイル技術で解決せよ:
「エッジにシフト」なIoTでQualcommを選ぶ理由
IoT(モノのインターネット)の活用が広がるとともに従来の「エッジ→クラウド転送→サーバ処理」では対応できない場面が増えつつある。エッジ側の処理能力向上が急務だが、そこには解決しなければならない問題が山積している。(2017/12/18)

「使った瞬間に違いが分かるほどのパフォーマンスの向上が見られる」:
PR:最新版SPARC M8登場! Software in Silicon v2で何が強化されたの? Solaris 11.4はどうなるの?
2017年11月16日にOracle SPARCサーバ製品のユーザー限定セミナー「Oracle SPARC Leaders Club」が行われ、最新の「Oracle SPARC M8」プロセッサを搭載した新サーバについての説明がありました。このセミナーでは、米国のOracle本社からプロダクトマネジメント担当のバイスプレジデントであるMarshall Choy(マーシャル・チョイ)さんが来日して講演しました。SPARCはこれまでどのように進化してきたのか。最新のSPARC M8プロセッサでは、どのような進化を遂げたのか。そして、SPARC/Solarisは今後どうなっていくのかについてお話を伺います。(2017/12/18)

オンプレミスで利用可能な仮想マシンイメージも提供:
AWS、LinuxサーバOSの次期バージョン「Amazon Linux 2」のLTS候補版を提供開始
AWSは、Linuxディストリビューション「Amazon Linux 2」の「LTS Candidate」(長期サポート候補版)を提供開始した。Amazon EC2用のAMI、Dockerコンテナイメージ、主要な仮想化ソリューション用の仮想マシンイメージで提供されている。(2017/12/15)

国内屈指の専門家が語り尽くす
ネットワーク仮想化が当たり前になっていない理由
サーバ、ストレージに続く仮想化の第3の波である「ネットワーク仮想化」。ネットワークは仮想化するべきなのか? スペシャリストたちが本音で語る。(2017/12/15)

ユーザーに悪意はないかもしれないが……
ファイルサーバでの迷惑行為を止めさせる最も効果的な手段とは?
ファイルサーバに関して、保存サイズや期間などのルールを定めているはず。しかし、ルールを認識しつつ、ユーザーが自覚せずに行いがちな迷惑行為も多々ある。(2017/12/12)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
「GbEのMarvell」より脱却なるか、Caviumの買収は理想的だが新CEOの手腕は不明
ネットワークプロセッサに強みを持つMarvellが、同種企業であるCaviumの買収を発表した。製品も顧客も重複が少なく、ARMサーバ向けSoCなどで存在感を高めているCaviumのハイエンド製品はHPCやクラウドからの関心も高く理想的といえるが、買収後にうまく事業が回転するかは不透明だ。(2017/12/8)

x86サーバに比べて約4倍の機械学習速度:
人工知能ワークロード向けプロセッサを搭載――IBM、次世代Power Systemsサーバを発表
IBMは、次世代のPower Systemsサーバ「Power System AC922」を発表した。人工知能ワークロード向けに設計されたプロセッサ「POWER9」を採用。ディープラーニングによる機械学習は、x86サーバと比べて約4倍高速化した。(2017/12/7)

より安価でより高いスループットを提供するHCI
「ハイパーコンバージドはちょっと」という人に知ってほしいNVMeとSDSの深い関係
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)は仮想サーバシステムの利用を選択している管理担当者にとって魅力的な選択肢だ。登場から少し時間がたち、性能も向上している。改めて知るべきポイントを解説する。(2017/12/7)

仮想化で変わるSMBのITインフラ【前編】
物理ネットワークは問題だらけ!? ネットワークも仮想化すべき理由
サーバは仮想化していても、ネットワークは物理環境のままという企業は多い。だがそれではビジネスの変化に追随できない。物理ネットワークの運用は限界にきている。(2017/12/7)

東アジアを狙うマルウェア「UBoatRAT」、日本のWebサーバも攻撃に利用
攻撃にはGoogleやMicrosoftのサービスを駆使し、日本のWebサーバも利用されていたという。(2017/12/1)

Tech TIPS:
Chromeで信頼されなくなるSymantec発行のSSL証明書かどうか判定・確認する方法
Googleは近い将来、ChromeブラウザでSymantecやジオトラスト、RapidSSLなどが発行したSSL証明書を信頼しないようにすると発表した。これがWebサーバ管理者にどのような影響を与えるのか、またどの証明書が該当するのか判断する方法を説明する。(2017/12/1)

サーバセキュリティを学べるゲームを無料で トレンドマイクロが提供へ
トレンドマイクロは、企業のセキュリティ担当者を対象に、インシデント対応を疑似体験できるビデオシミュレーションゲームの無償提供を開始した。(2017/11/29)

オンプレミス環境でMicrosoft Azureの運用が可能に:
Azureと多機能を通した連携へ――Dell EMC、「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表
デルとEMCジャパンは「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表した。第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバにAzure Stackを組み込んだことで、Azureの機能をオンプレミスでも利用可能にした。(2017/11/29)

スマホゲーム「どうぶつの森 ポケットキャンプ」で近日改修を実施
サーバの通信負荷軽減のための改修を行います。(2017/11/24)

高いセキュリティと経済性を提供:
“シリコンレベルの信頼性”を備える――HPE、AMDのEPYCプロセッサ搭載サーバ「HPE ProLiant DL385 Gen10」を発表
Hewlett Packard Enterprise(HPE)は「HPE Gen10」サーバの新モデル「HPE ProLiant DL385 Gen10」を発表した。AMDの「EPYC」プロセッサを搭載し、最適なパフォーマンスとセキュリティを提供するとしている。(2017/11/22)

PCやサーバ、IoTプラットフォームに影響:
Intelプロセッサの管理エンジンに脆弱性、直ちにファームウェアの更新を
Intelのプロセッサを搭載したPCやサーバ、IoTプラットフォームに影響が及ぶ恐れがあり、OEMから更新版のファームウェアを入手するよう強く勧告している。(2017/11/22)

新サーバ「PowerEdge C4140」がベース:
機械学習やディープラーニングの導入や収益化を迅速に――Dell EMC「Dell EMC Machine and Deep Learning Ready Bundles」発表
Dell EMCは、機械学習やディープラーニングの導入を支援し、迅速な収益化を支援する新製品群として、サーバ「Dell EMC PowerEdge C4140」およびソリューション「Dell EMC Machine and Deep Learning Ready Bundles」を発表した。(2017/11/16)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(45):
「Azure Backupエージェント」による「システム状態」のバックアップが正式サポート
これまでプレビュー提供だった「Azure Backupエージェント」による個別サーバの「システム状態」のクラウドへのバックアップが、正式にサポートされました。これにより、オンプレミスのActive Directoryドメインコントローラー、ファイルサーバ、IISサーバのデータとシステム構成を、追加のバックアップサーバやバックアップ装置なしで、クラウドだけで保護できるようになります。(2017/11/15)

Intel Xeonの競合品と位置付け:
Qualcomm、サーバ用ARM SoCを発表
Qualcommが、サーバ向けARM SoC(System on Chip)「Centriq」シリーズを発表した。「Centriq 2460」については、Intel「Xeon Platinum 8180」の競合品と位置付けている。(2017/11/14)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
うわさのサーバ向けARMプロセッサ「Qualcomm Centriq 2400」が正式ローンチ Intel Xeonと比較した実力は?
Qualcommが投入したサーバ向けARM SoC「Centriq 2400」は、Intel Xeonの牙城を崩せるのか。米カリフォルニアで開催されたローンチイベントを現地からレポートする。(2017/11/9)

Facebook、リベンジポルノを未然に防ぐ機能をテスト中 メッセンジャーで自分宛に写真送付
Facebookが、拡散されたくない写真をFacebook Messengerで自分宛に送ると、AIがその写真のフィンガープリントをサーバに保存し、照合することで同じ写真の投稿を未然に防ぐリベンジポルノ対策を4カ国でテスト中だ。(2017/11/8)

NEC、BTOサーバの需要予測にAI技術を活用
NECは、受注生産方式で製造しているIAサーバ「Express5800」向けにAI技術を活用した需要予測を開始する。(2017/11/8)

米セキュリティ企業、ブラザー製プリンタの脆弱性情報を公開
脆弱性を悪用すれば、細工を施したHTTPリクエストを送り付ける手口でリモートからDoS攻撃を仕掛け、プリンタ内蔵のWebサーバをフリーズさせることが可能とされる(追記あり)。(2017/11/8)

マウス、4ベイ搭載小型筐体を採用する法人向けデスクトップサーバ「MousePro SV230ES」
マウスコンピューターは、OSとしてWindows Server 2016 Essentialsを導入した法人向けの小型デスクトップサーバ「MousePro SV230ES」シリーズを発表した。(2017/10/31)

サーバ仮想化? ちょっと待って、DB統合にはもっといい方法があるんです!:
PR:コストも運用管理の手間も大きく削減。最新データベース統合ソリューションの6つのメリットをクローズアップ!
社内に散在するデータベースを集約した統合データベース基盤を作る際のベストアプローチって何でしょう? 「サーバ仮想化!」──いいえ、データベース統合に関しては、必ずしもそうではありません。コストも運用の手間も大きく減らすことができるもっといい方法が他にあるんです!(2017/11/14)

セキュリティ・アディッショナルタイム(19):
転んだ経験が、いつかセキュリティを進める力に
複数のサーバ群からなるサービスサイトをサイバー攻撃からリアルタイムに防ぐ演習「Hardening Project」。高いセキュリティ技術だけでは勝ち残れず、サービス本体の売り上げを高める目的がある。サービスを守る技術を競う同様の取り組みを併せて4つ紹介する。(2017/10/25)

ファームウェアへの脅威に備えるには
“ハードウェアレベル”の防御をかなえる、新たなサーバセキュリティとは
セキュリティにおいて、ファームウェアへの脅威が増している。しかし、攻撃への備えができていない企業も少なくない。新たな脅威に備えるサーバセキュリティを紹介する。(2017/10/23)

組み込み開発ニュース:
「Xeon」とFPGAをシームレスに連携、「インテルPAC」でソフト開発が容易に
インテルがFPGAユーザー向けのイベント「インテルFPGAテクノロジー・デイ」を開催。サーバ向けプロセッサ「Xeon」とFPGAがシームレスに動作する「インテル プログラマブル・アクセラレーション・カード(PAC)」を国内向けに初披露した。(2017/10/20)

ダース・ベイダーがまさかの転身 自動おつまみ排出装置「STAR WARS おつまみサーバー」が楽しそう
ストームトルーパー型もあります。(2017/10/19)

「サーバは、どれでも同じ」ではない
これからのデータセンターに、サーバの運用とセキュリティの自動化が必須な理由
機械学習/深層学習に取り組む上で、サーバの役割はより重要になっている。サーバは高性能なだけでなく、運用管理でも近代化が期待され、セキュリティ強化も求められる。(2017/10/18)

ITインフラはサーバが主役
機械学習やAIのニーズで変わる企業のサーバ選び、何がポイント?
SDSやGPU、FPGAといった技術の浸透によって、データセンターにおけるサーバの役割がより重要になってきている。企業はどのような視点でサーバを選定すべきなのか。(2017/10/18)

Dell EMC XCシリーズがWindows Server 2016 Hyper-Vに対応:
Dell EMC、Microsoftユーザーのサポートを強化し、複数製品をアップデート
デルとEMCジャパンはXCシリーズのデータバックアップ機能を強化した。さらに、Dell EMC Ready Bundle for Microsoft SQL Serverに、最新のサーバ機とストレージ装置を追加した。(2017/10/18)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
ITインフラは長く使うほど高くつく? 費用対効果を最大化する更新サイクルとは
ITインフラは延命して長期間利用する方が効率的と考えがちだが、そんな常識は過去のものとなったようだ。IDCの調査で、サーバを長期利用すると運用コストが指数関数的に増大し、イノベーションの足かせになってしまうことが判明した。(2017/10/13)

サードウェーブデジノス、Xeon搭載の法人向けエントリーサーバ
サードウェーブデジノスは、法人向けサーバの新シリーズ「THIRDWAVE SERVER」を発表、第一弾モデル2製品の販売を開始する。(2017/10/11)

国内シェアトップは富士通、メインフレーム、x86サーバが前年同期比でプラスに:
2017年第2四半期の国内サーバ市場は7四半期ぶりのプラス成長、しかし出荷台数はマイナス――IDC調査
IDC Japanは、2017年第2四半期の国内サーバ市場動向を発表した。出荷額は、7四半期ぶりのプラス成長となる1014億円。出荷台数は同3.3%減の10万8600台だった。(2017/10/11)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年9月版:
Struts 2の脆弱性、三度目の正直なのか
2017年9月のセキュリティクラスタ、話題の中心は「Apache Struts 2」でした。リモートからサーバOSのコマンドが実行できる脆弱(ぜいじゃく)性が見つかったのは、2017年に限っても3度目です。未成年者のネットを使った犯罪では、中学生とは思えないほど手の込んでいたチケットの販売詐欺と、メルカリを使ったウイルス情報販売が話題になりました。またBluetoothをオンにしているだけで乗っ取られるという「BlueBorne」脆弱性が公表されてAndroidユーザーを中心に騒ぎとなりました。(2017/10/11)

「クラウド移行後」を見据えたプラットフォーム徹底解説【第1回】
クラウド移行後に取り組みたい、「コンテナ」「アプリプラットフォーム」「サーバレス」って何?
企業システムを真にクラウドネイティブで競争力のあるものに変革していくには、3つの技術を避けては通れない。その3つとは、コンテナ、アプリケーション、サーバレスだ。それぞれの特徴を解説する。(2017/10/11)

さくら、無料SSL証明書「Let's Encrypt」のスポンサーに レンタルサーバに簡単設定機能も
さくらインターネットは、無料サーバ証明書「Let's Encrypt」を発行する米国の非営利団体「ISRG」を、シルバースポンサーとして支援する。(2017/10/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。