ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

特選プレミアムコンテンツガイド
医療の質の向上を決定づける病院の“モバイル推進”戦略とは?
医療の現場でモバイルデバイスの採用が着実に進んでいる。電子カルテや検査データへの閲覧性を高める環境を実現することで、医療の質の向上につなげるために、仮想化技術やモバイル技術をどう活用すればよいだろう。(2016/7/22)

CTCSPがシステムを構築:
富士電機、三重工場の基盤へNimbleの仮想化ストレージ導入──I/O性能を3倍に、データ格納効率も大幅改善
富士電機三重工場は、予測分析機能を備えたフラッシュストレージ製品「Nimble Storage」を活用した仮想化共有ストレージシステムを導入した。I/O性能を3倍に拡大した他、データの圧縮や消費電力の削減にも成功したという。(2016/7/12)

富士電機、工場に「予測分析型」フラッシュストレージを導入
富士電機は仮想化環境におけるストレージのパフォーマンスの課題解決と運用管理の効率化を図るため、三重工場に予測分析フラッシュストレージを導入した。(2016/7/12)

CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き(4):
デスクトップ仮想化「導入までの流れとポイント」【後編】
設計・解析の現場でも、デスクトップ仮想化の一方式であるVDIに対する関心が高まっている。連載「CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き」では、VDIの基礎解説や導入メリット、運用ポイントなどを分かりやすく解説していく。第4回は前回の続きとして、実装方針の策定と検討の最終確認作業となる導入前検証について取り上げる。(2016/7/12)

サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関する調査レポート
「バックアップ」と「性能」、主要仮想化技術に潜む根深い課題
TechTargetジャパンは2016年4〜5月に、「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化に関するアンケート調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2016/7/11)

パケット処理機能を高速化、SDNとNFVに対応:
SUSE、Linuxカーネル4.4ベースの「SUSE Linux Enterprise 12 SP2」β版の提供を開始
SUSEは、「SUSE Linux Enterprise 12 Service Pack2」のパブリックベータ版の提供を開始すると発表した。ソフトウェア定義型ネットワーキング(SDN)とネットワーク機能仮想化(NFV)に対応した他、以前のサービスパックからSP2へ直接移行できる「スキップサービスパック」機能を備える。(2016/7/7)

“クライアント仮想化第4世代”の開始で市場が拡大:
クライアント仮想化市場は年平均8%成長、IDCが予測
IDCジャパンが2016〜2020年のクライアント仮想化ソリューションの市場予測を発表。2020年の市場規模は6611億円まで拡大し、大学などでも仮想化技術の導入が進むという。(2016/6/30)

ホワイトペーパー:
東京海上日動が、災害対策強化で取り組む「データセンター仮想化」とは
東京海上日動がデータセンターネットワークを刷新し、複数のデータセンターとのシームレスな接続、クラウドとの連携、SDN対応を推進している。同社が見据えるのは災害対策強化を可能にする「仮想データセンター」の実現だ。(2016/6/30)

日本ビジネスシステムズ株式会社提供ホワイトペーパー
ネットワークセキュリティ徹底解説、標的型攻撃対策に「仮想化」が必要な理由
標的型攻撃に対して、物理アプライアンスだけで構成されたネットワークが多くの弱点を持つことが知られるようになった。そこで、今後さらに高度化することが予想されるサイバー攻撃のリスクを抑えるためのセキュリティ対策について、基礎から応用まで解説する。(2016/6/30)

兼松エレクトロニクス株式会社提供ホワイトペーパー
物理ネットワークが抱えるセキュリティリスク、低コストで克服する方法は?
物理アプライアンスのみで構成された従来型ネットワークには、構成変更作業に時間と人的リソースが必要、機器の入れ替えによるコスト増、セキュリティリスクの増大といった課題がある。そこで、これらの問題を解決する方法として、ネットワーク仮想化が注目されている。(2016/6/30)

富士ソフト株式会社提供ホワイトペーパー
ネットワーク仮想化でVDIの3大課題を一気に解決 その秘密とは?
VDIを導入した企業の中には、ネットワークの負荷増大、ユーザー数の増加、セキュリティセグメントの細分化などへの対応を課題とするケースが見られる。そこで、これらの課題を解決するネットワーク仮想化の技術を紹介する。(2016/6/30)

NVIDIA、AMD、Intelが三つどもえの戦い
今更聞けない「GPU仮想化」の真実、なぜ価格破壊が止まらないのか?
複雑なグラフィック処理が必要な仮想デスクトップユーザーに役立つ「GPU仮想化」。ベンダー間の競争激化を背景に、その導入のハードルが急速に下がりつつある。(2016/6/29)

CADニュース:
オフィス・3D CAD向けのデスクトップ仮想化を支えるストレージシステム
ネットアップは、JVCケンウッドが、オフィス用途や3D CAD向けの仮想デスクトップ基盤にNetApp オールフラッシュFASなどを導入したと発表した。(2016/6/28)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「クラウドの5つの特徴」
クラウドコンピューティングに備わっているべき5つの特徴と、それを支える仮想化、運用や調達の自動化といった技術について解説します。(2016/6/27)

セキュリティ強化と運用管理の負荷軽減に効果あり
医療機関にも「安全なインターネット接続」を――セキュリティ強化の一手は“仮想化”
医療機関では「診療の補助や患者へのインフォームドコンセント、臨床研究のためにインターネットへ接続したい」という要望があり、医療情報部門は対応に頭を悩ませている。セキュアなネットワーク整備の解決策とは。(2016/6/20)

実用フェーズに入ったOpenStack
従来型仮想環境の限界と、「OpenStack」導入の最適解を探る
いよいよ実用フェーズに入ったOpenStack。従来型の仮想環境から乗り換える企業も増えている。だが、OpenStack構築・運用の内製化は、やはり一定のスキルやノウハウがなければ難しいのだろうか?(2016/6/28)

ストレージに「EMC Unity」を採用し、コストメリットを追求:
EMC、オールフラッシュ対応コンバージドシステム「VCE Vblock 350」をリリース
EMCジャパンは、ミッドレンジのオールフラッシュ対応ストレージ「EMC Unity」、サーバ、ネットワーク、仮想化基盤をパッケージ化した「VCE Vblock 350」の販売を本格展開すると発表した。(2016/6/22)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
Hyper-Vを有効化したサーバの導入時間を85%短縮、メリットを生み出す秘訣を探る
Windows Server 2008/2008 R2のメインストリームサポートが終了し、延長サポート期間に入っていることから、サーバ環境の移行が進みつつある。このタイミングで仮想化環境を導入しITインフラを刷新するのであれば、全体的なコストや工数を抑えるための製品選びをしたい。(2016/6/20)

CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き(3):
デスクトップ仮想化「導入までの流れとポイント」【前編】
設計・解析の現場でも、デスクトップ仮想化の一方式であるVDIに対する関心が高まっている。連載「CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き」では、VDIの基礎解説や導入メリット、運用ポイントなどを分かりやすく解説していく。第3回では、導入検討を効率的に行うためのヒントを提示する。(2016/6/14)

一刻を争う現場は性能低下を許さない
ストレージ速度を何より重視する現代「医療IT」の仮想デスクトップ環境
命が関わる医療現場のIT活用においてシステムの処理速度は「命」にもかかわる問題だ。仮想環境の普及が進む医療システムにおいて、その生死を左右しかねないキーパーツがストレージだという。(2016/6/14)

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパー
既存ネットワーク上に仮想ネットワークを構築、気になるコスト・工数・セキュリティを探る
サーバ仮想化などによりシステム調達の時間とコストは大幅に削減されたが、従来型ネットワークが足かせとなり、リードタイムはなかなか短縮できずにいる。そこで、物理ネットワークの課題を解消する存在として注目される、オーバーレイ型のネットワーク仮想化技術を紹介する。(2016/6/13)

質の高いパートナー連携が可能にする
HDDをオールフラッシュ相当に、「旧式ストレージをSDSで再生する方法」とは
調達しやすいサーバを使って仮想化運用するSDS(Software Defined Storage)では、信頼性の高いサーバベンダーと技術力の高いソフトウェアベンダーの連携でHDDでもオールフラッシュ相当の性能を発揮するという。(2016/6/15)

ボトルネックはコストがかさむストレージ
仮想化導入を一気に進める「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」パートナーシップ最前線
投資ではストレージ需要増大とコスト抑制が相反する、そのレベルは常に上がっている。この問題を解決するのがSDS(Software Defined Storage)を超えたハイパーコンバージドインフラストラクチャ」だ。(2016/6/15)

その手法はNVIDIA、Intel、AMDで三社三様
ゲームをやらないお堅いオフィスにもGPUの仮想化を勧めたい理由
GPU仮想化は、グラフィックス処理の負荷が高いアプリケーションでないと意味がないと考えてしまいがちだが、Microsoft OfficeやWebブラウザしか使わない部署のスタッフにもメリットがある。(2016/6/10)

PR:アナタの会社で「ネットワーク仮想化」ができない理由
クラウドや仮想化が身近になったものの、ネットワークの仮想化は進んでいないという企業は多い。コスト削減や効率化、ビジネスのスピードアップなど、さまざまなメリットがある一方で導入が進まないのには、日本企業の情報システム部門が抱える課題があるという。(2016/5/31)

ワイルドカードのHTML5接続も台頭
徹底比較:VDIの「画面転送プロトコル」、主要3社の技術に違いは?
デスクトップ仮想化製品の主要ベンダーであるCitrix、VMware、Microsoftは、それぞれ独自の画面転送プロトコルを展開する。各社のプロトコルを比較しながら紹介する。(2016/5/31)

図研「CR-8000」、JVCケンウッドの仮想化環境で運用開始
図研の電気CAD「CR-8000」がJVCケンウッドの仮想化環境で運用開始された。従来環境と比べても遜色ないパフォーマンスを達成したという。(2016/5/27)

電力供給サービス:
スマートメーターの運用管理、中国電力がネットワーク仮想化技術を導入
中国電力はこのほど伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、EMCジャパンおよびVMwareと4社共同でネットワーク仮想化技術を活用したスマートメーター運用管理システムの基盤を構築した。同システム基盤の構築はCTCが、EMCジャパンのデータ記憶装置とVMwareのネットワーク仮想化ソフトウェアを最適な形で組み合わせることにより実現した。(2016/5/26)

「NETWORLD CLOUD MART」でハイブリッドクラウド普及を後押し
実践さながらの「炎のトレーニング」に個性が光る、ネットワールドのパートナー支援策
ストレージや仮想化製品など、幅広いIT商材を取りそろえるディストリビューターのネットワールドは、クラウドビジネスのどこに軸足を置き、どのようなビジネス戦略を打ち出そうとしているのだろうか。(2016/5/23)

業務課題から考えるデスクトップ仮想化 徹底解説【最終回】
Horizon 7、XenDesktop 7.8、MS VDI、注目の新機能をピックアップ
主要デスクトップ仮想化製品の「VMware Horizon 7」「Citrix XenDesktop 7.8」、そしてサーバOS「Windows Server 2016」のデスクトップ仮想化機能について最新情報をまとめた。(2016/5/16)

CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き(2):
デスクトップ仮想化がCAD、CAE現場にもたらすメリット
設計・解析の現場でも、デスクトップ仮想化の一方式であるVDIに対する関心が高まっている。連載「CAD/CAE環境をVDIへ移行するための 手引き」では、VDIの基礎解説や導入メリット、運用ポイントなどを分かりやすく解説していく。第2回では、CADやCAE現場におけるデスクトップ仮想化の導入メリットについて掘り下げる。(2016/5/10)

サーバ仮想化、プライベートクラウドだけでは複雑さが残る
これが最新の企業ITインフラ、クラウドのメリットをオンプレミスでかなえる方法
パブリッククラウドの持つ俊敏性や柔軟性、管理性をオンプレミスでも実現したい――近年こうした要求が一般企業で強まっている。だが、サーバ仮想化やクラウド基盤ソフトの導入だけでは解決しない複雑さが存在する。(2016/4/28)

ホワイトペーパー:
VMware vSphereとMicrosoft Hyper-Vを比較、ユーザーが注目すべき違いは?
定番の仮想化技術「VMware vSphere」と「Microsoft Hyper-V」のどちらを利用すべきか。当コンテンツでは、両技術の基本的な違いから価格に現れない差異、ユーザーニーズの強いディザスタリカバリ機能などについて解説する。(2016/4/26)

ホワイトペーパー:
2大仮想化製品を機能面から徹底比較
サーバ仮想化導入時の製品選定に重視すべきポイントは何か。2大仮想化プラットフォーム「VMware vSphere 5.5」と「Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V」をさまざまな角度から比較して、最適な製品を探る。(2016/4/25)

複雑化するインフラのセキュリティ課題を解決するには:
PR:仮想化による「インターネット分離」でインフラのセキュリティ強化を
ワークスタイルが多様化し、デバイスやアプリケーションの在り方が複雑になってきた。さまざまな利用シーンをサポートし、要件に応じた最適な環境を提供するために、多くの企業担当者が従来型システムに課題を感じている。特にインフラ管理とセキュリティ管理の難しさは、スムーズな業務を行う上で大きな妨げになっている。そんな中で、企業での需要が高まっているのが仮想デスクトップ/仮想アプリケーションソリューションだ。(2016/4/25)

「えっ、わが社がライセンス違反?」とならないために:
PR:クラウド、仮想化、サーバ更新、モバイル利用――複雑化するIT環境で気を付けたいライセンス管理の盲点
クラウドやサーバ仮想化、モバイルデバイスからのアクセスなどが一般的になったことで、ソフトウェアのライセンス管理が複雑化している。「正規ライセンスを購入しているから大丈夫」ではなく、知らないうちにライセンス違反……といったケースもあるのだ。正しくライセンスを管理するには、どういった対応や仕組みが必要なのだろうか。(2016/4/25)

PR:なぜ自動化できない? システム運用管理を取り巻く“七不思議”
仮想化やクラウドなど、企業システムの技術は日進月歩で進化しているが、デメリットもある。運用管理作業が複雑になってしまうことだ。複雑な作業を標準化し、自動化しようという動きもあるが、なかなか導入が進まないのが現状だ。そこには運用管理を取り巻く“七不思議”があるという。(2016/4/25)

10名様に商品券3000円分が当たる!
「デスクトップ仮想化に関するアンケート」
簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で10名様に「商品券(3000円分)」をプレゼント。(2016/4/26)

仮想化されているのは半分以下
世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実
世界24カ国の上級管理職1140人を対象に、可用性に関するアンケート調査を実施した。その結果、サーバ仮想化の現状、投資意向、バックアップや災害復旧の体制が見えてきた。(2016/4/21)

Windowsアプリも利用可能に
「iPad」か「Android」タブレットか モバイルVDIに最適なデバイスを選ぶ
モバイルデバイスをめぐる状況は常に進化している。それにより、VDIへのアクセスやアプリケーション仮想化を効果的に使えるようになった。どのように進化しているのか紹介する。(2016/4/20)

エキスパートが語る
始めよう、自治体ITシステムにおけるセキュリティ強化とクラウドの活用
マイナンバーの運用が開始された今、自治体は何をすべきか。本稿ではデルとヴイエムウェアの共催セミナーから、サーバ、ストレージ仮想化に加え、ネットワーク仮想化によるセキュリティ強化などの対策を紹介する。(2016/4/13)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:Microsoftが米国政府と全面対決
巻頭特集は、メールサービス市場におけるOffice 365とGoogle Appsのシェア争いの現状を紹介。また、仮想環境の構築に際して「VMwareは複雑で高すぎる」として不採用を決めたSaaSプロバイダーの事例、ユーザーデータをめぐってMicrosoftが米国政府を訴えた件について、同社担当者に話をきいた。(2016/4/11)

【お知らせ】サーバ仮想化/デスクトップ仮想化の導入に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「サーバ仮想化/デスクトップ仮想化導入」についてお伺いします。(2016/4/11)

製造ITニュース:
デジタルビジネス向けの新アーキテクチャを発表
シスコシステムズは、デジタルビジネス向けに、新たなアーキテクチャ「Digital Network Architecture(DNA)」を発表した。デジタルネットワーク基盤を構築するための仮想化や自動化、アナリティクス、クラウドなどを一体化するものだ。(2016/4/8)

チェック方法から解消方法まで
ストレージのI/Oパフォーマンスを低下させる「ミスアライメント」問題
仮想化の普及に伴い、ストレージは複数の段階で抽象化されるようになった。このとき、ファイルが「ミスアライメント」状態になると、I/O速度が低下し、さまざまな場面で不都合を生じさせることになる。(2016/4/7)

CAD、CAE環境をVDIへ移行するための手引き(1):
デスクトップ仮想化とは?
設計・解析の現場でも、デスクトップ仮想化の一方式であるVDIに対する関心が高まっている。連載「CAD/CAE環境をVDIへ移行するための 手引き」では、VDIの基礎解説や導入メリット、運用ポイントなどを分かりやすく解説していく。(2016/4/4)

仮想化/クラウドに向け強化:
インテル、BroadwellベースサーバCPU「Xeon E5-2600 v4」を発表
インテルは2016年3月31日(米国時間)、Broadwellベースの新たなサーバCPU製品ファミリ「Intel Xeon processor E5-2600 v4」を全世界で発表した。特に仮想化関連の機能強化が目立つ。(2016/4/1)

仮想化、クラウドで「ライセンスの重複・違反」が続出?:
PR:コスト最適化、コンプライアンス担保に不可欠な、ソフトウェアライセンスの知識を1日で習得するには
仮想化、クラウドの浸透によりシステムが複雑化している今、「ソフトウェアライセンスの重複によるコスト増大」「意図しないライセンス違反」などの問題が相次いでいる。これを受けて、SAMAC(一般社団法人 ソフトウェア資産管理評価認定協会)は、ライセンス管理の知識・ノウハウを短時間で身につけられる研修・資格制度「SAMACライセンスマネージャー(CLM: Certified License Manager)」を展開し好評を博しているという。その中身とメリットとは?(2016/3/31)

特集:クラウド/OSS時代の「業務を止めない」運用ノウハウ(2):
運用管理担当者を悩ませる「混在環境、6つの傾向」と対策
運用現場におけるさまざまな製品、物理/仮想環境、クラウドサービスなどの混在は、運用管理担当者にとって大きな重荷となっている。では、混在環境の何が問題なのか?――混在環境の「傾向と対策」を整理し“重荷”の真因をあらためてはっきりさせておこう。(2016/3/24)

ホワイトペーパー:
14製品を徹底比較 自社にマッチする仮想バックアップ製品はどれだ?
高度な機能を持つ仮想環境のバックアップ製品は多数リリースされている。では自社の環境にマッチする製品は果たしてどれなのか? 13ベンダー14製品を徹底比較した本ホワイトペーパーで、じっくり比較検討してみてはいかがだろう。(2016/3/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。