ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Google」最新記事一覧

Googleマップに太陽系の惑星が追加 土星探査機カッシーニの成果が反映
各惑星の衛星やISSの様子もメニューから選んで見られます。(2017/10/17)

Googleフォト、人間のように犬や猫も個体識別できるように 名前などでラベル付けして、ペット写真をグループ化
アルバム、ムービー作成などがしやすくなったとのこと。(2017/10/17)

Chromeブラウザ、拡張機能の「勝手に設定変更」を警告する機能追加へ
GoogleがChromeブラウザのWindows版に、ダウンロードした拡張機能がユーザーの知らないうちに設定を変更すると「設定を元に戻しますか?」と聞いてくる機能を追加した。(2017/10/17)

Googleマップで水星や金星が探検可能に 「カッシーニ」のデータで
Googleマップに、土星探索機「Cassini」から送られてきた膨大な写真データで作った惑星や衛星の“地図”が追加された。ストリートビューはないものの、かなり近くまでズームインできる。(2017/10/17)

WPA2の脆弱性「KRACK」対処パッチ、Microsoftは対応済み、AppleのOSとAndroidは数週間中
Wi-Fi暗号化技術「WPA2」の脆弱性対処について、Microsoftは10月10日の月例セキュリティ更新で対処済みと語った。AppleとGoogleは向う数週間中にパッチを提供するとしている。(2017/10/17)

「スマスピ」おしゃべり広場:
Google Homeの家電連携で“未来”に浸る
スマスピ連載4回目は、「Google Home」を使った家電操作がテーマ。Googleの「Chromecast」を接続したテレビとフィリップスのLED照明「Hue」を試した。(2017/10/16)

ファーウェイ、「HUAWEI P10」のソフトウェアアップデートを実施 端末セキュリティを強化
ファーウェイは「HUAWEI P10」のソフトウェアアップデートを実施。Google セキュリティパッチによる端末セキュリティの強化などを行う。(2017/10/16)

ITはみ出しコラム:
スマートスピーカーはやっぱり好きな名前で呼びたい?
スマホだけでなくスマートスピーカーに話し掛けるのが当たり前の時代になりそうですが、「Hey Siri」は日本人にはちょっと恥ずかしいし、「ねぇ、Google」は何だか味気ないような気がします。(2017/10/15)

Google、“すべての人に機会を提供する”10億ドルの教育・訓練イニシアチブ
Googleが、「新技術で生まれた機会をすべての人々に届ける」ためにIT教育・職業訓練を無償で提供するイニシアチブを立ち上げ、向う5年間で10億ドルを投資すると発表した。(2017/10/13)

石川温のスマホ業界新聞:
グーグルが自社ブランドスマホ「Pixel 2」「Pixel 2 XL」を発表――スマホの競争軸は「AIとソフトウェアとハードウェア」の組み合わせに
Googleブランドの新スマートフォンが登場した。現時点で日本での発売予定はないが、今後のスマホの競争軸を示唆する機種であることは間違いなさそうだ。(2017/10/13)

Amazonの音声アシスタント「Alexa」、マルチユーザー対応に
「Google Home」の“キラー機能”だったユーザーの声による命令者の識別機能が、Amazonの「Echo」シリーズでも使えるようになった。(2017/10/12)

「Google Home Mini」の上部タップ操作、完全無効化へ
Googleが、一部の「Google Home Mini」で意図せず自動的に音声を録音してしまうバグに対処するため、当初は一部無効化するとしていた上部タップ操作を、アラーム停止を含めてすべて無効にすると発表した。(2017/10/12)

1日に何千回も起動:
「Home Mini」が音声や物音を勝手にGoogleに送信? 一部製品の不具合に対処
「Google Home Mini」が1日に何千回も起動して、家の中の音声や物音を勝手に録音し、Googleに送信してしまうという問題が報告された。(2017/10/12)

両社が「透明性レポート」を公表
GoogleやAppleへの政府からのデータ提供要求が増加、不透明な監視活動の声も
GoogleやAppleの「透明性レポート」によると、各国政府からのデータ提供要求が増加している。Googleによると、監視目的のデータ提供要求の約半数は米国政府からのものだったという。(2017/10/12)

他のWebブラウザも同様の措置
Chromeが中国の認証局WoSign証明書を無効化、Googleが不信感を持つ理由とは
「Google Chrome」は、中国の認証局WoSignが発行した証明書を信頼できる証明書としては扱わない方針にした。この決定に至ったいきさつと、WoSign認証局の証明書を使用中のユーザー企業が取るべき対策を解説する。(2017/10/12)

「スマスピ」おしゃべり広場:
Google Homeで「ラジカセがあった時代」にタイムスリップ
Google Homeの音楽機能を試してみたのだが……。(2017/10/11)

ロシア検索大手Yandexの音声AIアシスタント「アリス」誕生
ロシアの検索最大手Yandexが、「Googleアシスタント」やAppleの「Siri」、Amazon.comの「Alexa」、Microsoftの「Cortana」のような音声で制御するAIアシスタント「Alice」を発表した。自然なロシア語で会話できる。(2017/10/11)

新連載・「スマスピ」おしゃべり広場:
LINEよりGoogleのスマートスピーカーが欲しい理由
GoogleとLINEが国内発売したスマートスピーカー。どちらが“買い”なのか?(2017/10/11)

「スマートスピーカー」の今と近未来(2):
「ねえGoogle、Google Homeは使いものになる?」実際に触って実力をチェック
スマートスピーカーは実際、どのような用途で価値を発揮するか。どんな人にとって便利か。ここでは、2017年10月6日に日本で発売されたばかりのGoogle Homeに焦点を当て、実際に触って、その使い勝手を独自の視点でまとめてお伝えする。(2017/10/11)

スマートスピーカーと連携するサウンドバー、ソニーが発売
ソニーは「Googleアシスタント」搭載のスマートスピーカーと連携するサウンドバーを発売する。(2017/10/10)

みんなで作る「街頭演説まるみえマップ」登場 演説のYouTube、地図にプロット
22日投開票の衆院選に向け、候補者の街頭演説の動画をGoogleマップ上にプロットして共有できるサービスが登場した。(2017/10/10)

YouTubeなどGoogleサービスもロシアによる米情報操作に利用されていた──Washington Post報道
Facebook、Twitterに続き、Googleも米大統領選でのロシアによる情報操作に利用されていたことが社内調査で分かったとWashington Postが報じた。(2017/10/10)

Googleさん:
「Pixel 2」を買えなくてがっかりな気持ちをGoogleさんに伝えてみた
「Pixelをずっと待っているNexus 5Xユーザーです。なにとぞ日本でPixel 2を」と「Made by Google」の公式Twitterアカウントにお願いしてみました。(2017/10/9)

Alphabetの気球式ネット網「Project Loon」、ハリケーン被害のプエルトリコ支援へ
Googleが2013年に立ち上げた気球を使う通信網プロジェクト「Loon」が、大型ハリケーンの被害で携帯回線の83%が使えなくなっているプエルトリコでの一時的なサービス提供をFCCに申請し、許可を得た。(2017/10/8)

太田智美がなんかやる:
日本に上陸した「Google Home」とじゃんけんしてみた そこから見えた方向性とは
GoogleとLINE、それぞれのスマートスピーカーを比べてみた。(2017/10/7)

石野純也のMobile Eye:
「Google Home」と「Clova WAVE」は何が違う? 2社の戦略を読み解く
スマートスピーカー「Google Home」と「Clova WAVE」が発表された。そもそもスマートスピーカーとは? また2製品は何が違うのか? 各社の戦略を読み解いていく。(2017/10/7)

AIスピーカー、日本でも商戦過熱 グーグル、LINEが発表 ソニーは年内投入
日本語で話しかけると人工知能が認識し、音楽の再生や家電操作などをする「AIスピーカー」の販売競争が国内で勃発する。(2017/10/6)

「スマートスピーカー」の今と近未来(1):
日本で発売の「Google Home」と未発売の「Amazon Echo」、スマートスピーカーの今
Google Homeが日本に上陸した。グーグルは2017年10月5日、スマートスピーカー「Google Home」の日本発売を発表した。だが、スマートスピーカーの世界は、順風満帆というわけではない。3回に分けてスマートスピーカーの現在を探る連載の第1回として、主に米国におけるスマートスピーカーの利用実態を解説する。(2017/10/6)

マストドンつまみ食い日記:
Google Home、Amazon Echo 音声合成だけのマストドンアプリとかどう?
日本は今、空前のスマートスピーカーブームです。(2017/10/5)

「Google Home」で操作できる家電は?
「Google Home」発表に合わせ、複数の家電メーカーが対応を明らかにしている。スピーカーに話しかけるだけで照明の色が変わり、ロボットが掃除を始める!(2017/10/5)

Google Assistantの「リアルな機械音声」 作ったのはDeepMind
囲碁AI「AlphaGo」などを開発したDeepMindが、「Google Assistant」の機械音声を新たなアルゴリズムで開発した。(2017/10/5)

「Google Home」を使うメリットを整理する
「Google Home」が10月6日に発売される。いわゆるスマートスピーカーだけど、何ができて、どんなメリットがあるのか? 5日の発表内容をもとにまとめた。(2017/10/5)

Google Home Miniは6000円:
スマートスピーカー「Google Home」が日本上陸、検索・音声認識技術を武器に
グーグルは2017年10月5日、日本語に対応した同社のスマートスピーカー「Google Home」を、日本で販売すると発表した。販売されるのは、2016年11月から存在している機種「Google Home」と、本社が発表したばかりのコンパクトなAmazon Echo Dot対抗機種の「Google Home Mini」。検索・音声認識を武器に展開する。(2017/10/5)

会話をリアルタイムで翻訳できるイヤフォン「Pixel Buds」登場 Googleから
Googleが独自のワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」を発表。Googleアシスタントやリアルタイム翻訳が利用できる。日本での発売は未定。(2017/10/5)

Googleのスマートイヤフォン「Pixel Buds」がすごい 40言語を自動翻訳、「ほんやくコンニャクだ!」との声も
ドラえもんの道具がまた現実に。(2017/10/5)

「Mini」も:
Google、「Google Home」日本で発売 音声操作のスマートスピーカー
Googleは10月5日、スマートスピーカー「Google Home」を日本で発売する。(2017/10/5)

ハードウェア強化:
Google、新製品発表 スマホや対話型スピーカー端末など
Googleが新型スマートフォン「Pixel 2」や対話型スピーカー端末などの新製品を発表した。(2017/10/5)

Googleが新スマホ「Pixel 2」「Pixel 2 XL」を発表 ただし日本での発売はアナウンスされず……
日本でも出してくれませんかGoogleさん……。(2017/10/5)

「Pixel 2」他発表の「Made by Google」イベントまとめ
Googleが「Pixel 2/2 XL」「Google Home Mini」「Google Home Max」「Pixelbook」「Pixelbook Pen」「Daydream View」「Google Pixel Buds」「Google Clips」を発表したイベントをまとめた。(2017/10/5)

AI搭載ハンズフリーカメラ「Google Clips」、249ドルで発売へ
Googleが、AIで判断したベストショットを自動撮影し、数秒間の動画「クリップ」として保存する小型ハンズフリーカメラ「Google Clips」を249ドルで発売する。(2017/10/5)

丸形の「Google Home Mini」、大音量の「Google Home Max」発表 Miniは日本でも発売
Googleはスピーカーデバイスの新製品「Google Home Mini」と「Google Home Max」を発表。Miniはドーナツ型の丸いボディーを採用しており、日本でも発売する。Maxは大音量のスピーカーを内蔵している。(2017/10/5)

5型と6型の2種類、Google Lens搭載 「Pixel 2」「Pixel 2 XL」発表
Googleが最新スマートフォン「Pixel 2」「Pixel 2 XL」を発表。5型と6型の2種類を用意した。日本では発売されないようだ。(2017/10/5)

会話のリアルタイム翻訳もできる無線イヤフォン「Pixel Buds」登場
Googleが「Googleアシスタント」搭載のBluetoothイヤフォン「Pixel Buds」を159ドルで発売する(日本での発売は未定)。Pixel端末と接続すれば、会話のリアルタイム音声翻訳もできる。(2017/10/5)

新Chromebook「Pixelbook」は999ドルから、別売スタイラスは99ドル
GoogleがハイエンドChromebook「Pixelbook」を発表した。初の「Googleアシスタント」搭載ノートPCだ。音声だけでなく専用キーからもアシスタントを呼び出せる。重さ1.1キロで価格は999〜1649ドル。(2017/10/5)

日本では販売せず:
「Google Lens」搭載オリジナルAndroid端末「Pixel 2」と「Pixel 2 XL」
Googleの2代目Pixelも販売地域に日本は含まれなかった。米国では10月4日予約開始、17日発売だ。(2017/10/5)

Google、スマートスピーカー「Home」を日本で発売 マカロン型の新製品「Mini」も
Made by GoogleイベントでGoogle Homeの日本発売が発表された。(2017/10/5)

日本上陸「Google Home」、記者が一足先に使ってみた(動画あり)
乗り換え案内からタイマー機能まで――発売前に「Google Home」を使ってみた。(2017/10/5)

「Google Home」あす日本上陸 小型版「Mini」は23日発売
スマートスピーカー「Google Home」は、10月6日に日本発売。よりコンパクトにした「Google Home Mini」も23日に発売する。価格はそれぞれ1万4000円、6000円(いずれも税別)。(2017/10/5)

「Google Home」が10月6日に発売 小型の「Google Home Mini」も登場
音声アシスタントデバイスの「Google Home」がいよいよ日本上陸。10月6日に発売する。小型の「Google Home Mini」も登場する。(2017/10/5)

MSのSurface戦略とも意外な共通点
GoogleのApple化が進む HTCのPixelチーム買収で生まれる新スマホを予想
GoogleがHTCの一部を買収するという発表があった。これはAcqui-hire(買収による人材の獲得)だという。Googleは何のために人材を獲得したのだろうか? 販売数拡大ではないGoogleの真の成長戦略を探る。(2017/10/5)

Google、プログラミング不要で“機械学習”試せるサイト公開
Googleは、人工知能などに用いる「機械学習」をプログラミングせずにブラウザ上で試せるサイトを公開した。(2017/10/4)

柔軟性を大幅に拡張:
Google Cloud、Cloud IAMで1287の権限をきめ細かく制御する新機能
Googleは2017年10月3日(米国時間)、権限管理の「Google Cloud Identity and Access Management(Cloud IAM)」で、権限をきめ細かく定義できる機能「custom roles」のβ提供を開始した。これにより1287の権限を1つずつ、ユーザー/ユーザーグループに与えられるようになったという。(2017/10/4)

「Google Cloud Platform」への影響は
Googleは「AIファースト」戦略で“真の企業向けITベンダー”になれるか
「AIファースト」戦略を進めるGoogleは、コンシューマー向けサービスで培った技術を生かし、企業向け市場での存在感を高めようとしている。(2017/10/4)

CEATEC JAPAN 2017:
auショップ店員「レナ」が進化 AI搭載、TangoのAR活用
KDDIが、Googleの空間認識技術「Tango」を活用したバーチャルショップ店員「レナ」を「CEATEC JAPAN 2017」で展示する。(2017/10/3)

Facebook、「災害支援ハブ」のラスベガス銃撃事件のページに虚偽情報掲載(削除済み)
虚偽ニュース撲滅に取り組むFacebookとGoogleのサービス上に、10月2日のラスベガス銃撃事件に関する誤情報が掲載された。(2017/10/3)

Google検索およびGoogleニュースでの有料コンテンツの扱い変更
Googleが有料コンテンツパブリッシャー向けに提供してきた「First Click Free(検索結果の最初の1本は有料でも無料で読めるようにするサービス)」を終了し、パブリッシャーが無料化するコンテンツを柔軟に決められる「Flexible Sampling」に移行した。(2017/10/3)

Googleさん:
10月4日の「Made by Google」イベントで発表されそうなことまとめ
AppleのiPhone発表イベントほどには注目されない「Made by Google」ではありますが、Androidユーザーとしては楽しみです。今年発表されそうな製品(次期Pixel、Google Home、Chromebookなど)について、これまでのうわさをまとめてみました。(2017/9/30)

メディア対抗の4時間耐久レースに「Google スプレッドシート」で挑む ラスト1周でまさかの……
マツダが協賛する「第28回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」に、ITmedia×MONOistチームが参戦。作戦は「Google スプレッドシート」にあり……?(2017/9/30)

抜本的な防止策はあるのか
沈黙のGoogleと過熱するメディア、2017年8月世界的ネットワーク障害の全貌をまとめた
2017年8月25日、Googleによるネットワーク誤設定に起因し、OCNを含む複数のAS(自律システム)で大規模な通信障害が発生した。障害当時、何が起こったかを時系列で整理し、一連の騒動を考察する。(2017/9/29)

Amazon、4K/HDRサポートで8980円の新「Fire TV」発売へ
Amazon.comが、第5世代「Apple TV」に対抗するかのように、4K/HDR対応の新「Fire TV」を発表した。Googleの「Chromecast Ultra」のようにテレビのHDMI端子に直接つなぐタイプで価格はApple TVの半額以下の8980円。(2017/9/28)

Google運営のTLD、HSTSに追加 まずは「.foo」「.dev」が対象
HTTPを自動的にHTTPSに変換するHSTSプレロードリストに、Googleが運営するトップレベルドメインの「.foo」「.dev」などを追加する。(2017/9/28)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10秋の大型アップデートで「ストア」が変わる
AppleやGoogleのアプリストアに後れを取っているWindowsストア。いよいよWindows 10の次期大型アップデート「Fall Creators Update」でテコ入れされるようだ。(2017/9/28)

Google検索のロゴが19周年記念仕様に ルーレットを回すと19種のコンテンツがどれか遊べるぞ
新作「ヘビゲーム」も収録。(2017/9/27)

Google、AWSより一足先に秒単位課金を開始
AWSが10月2日からEC2の課金体系を時間単位から秒単位に変更すると発表した数日後、Googleが9月26日からこれまで分単位だった課金体系を秒単位に変更すると発表した。(2017/9/27)

Google創立19周年記念Doodleで新作ゲームなど19のお楽しみ
創立19周年を迎えたGoogleが、検索ページトップのロゴに19のお楽しみを仕込んだ。クリックして選ぶと、簡単なゲームやアニメ、実験的体験などを楽しめる。(2017/9/27)

来週話題になるハナシ:
なぜコストコはグーグルよりも魅力的な職場なのか
「大量に買いたいから」「安いから」といった理由で、コストコで買い物をしたことがある人も多いのでは。会員制、低価格、大量買いといったビジネスモデルで店舗数が増えているが、本場の米国では単なる激安店以外によく知られていることがある。それは……。(2017/9/27)

Apple、「Siri」と「Spotlight」の検索エンジンをBingからGoogleに変更
Appleが、これまで「Bing」を採用していた「Siri」、iOSでの検索、「Spotlight」の検索エンジンを、Googleの「Google」に切り替えた。AppleがTechCrunchに送った声明文でそう認めた。Webブラウザ「Safari」のデフォルト検索エンジンと統一したとしている。(2017/9/26)

基本料金、1ステップ当たり200円:
Excel文書をGoogleスプレッドシートに移行支援、永和がVBAからGoogle Apps Scriptへの変換サービスを提供開始
永和システムマネジメントは、既存のExcel文書をGoogleスプレッドシートに移行させる際に、文書に埋め込まれているVBAプログラムをGoogle Apps Scriptに変換する「HIKKOSHI クラウド for Excel」の提供を開始する。(2017/9/25)

「Twitter Lite」のAndroidアプリ、フィリピンで試験的リリース
Twitterが4月に公開した軽量版Twitterサービス「Twitter Lite」のAndroidアプリ版がフィリピンのGoogle Play Storeで試験的に公開された。(2017/9/25)

Google、「Chrome 61」のセキュリティアップデート公開
最新版となる「Chrome 61.0.3163.100」では3件のセキュリティ問題に対処した。(2017/9/25)

Bose、「Googleアシスタント」搭載無線ヘッドフォン「QC35 II」を349.95ドルで発売
Boseが、Googleの音声アシスタント「Googleアシスタント」呼び出し専用ボタン付き無線ヘッドフォン「QC35 II」を発売した。日本でも販売している「QC35」の後継モデルで、Siriの呼び出しもできる。(2017/9/22)

「ユニバーサルOS」が鍵に
Windows 10 MobileがiOSやAndroidに大逆転勝利する“最後のシナリオ”
MicrosoftはモバイルOSでApple、Googleとの競争に負けた。だがモバイル用とデスクトップ用のOSの融合を進めることで優位に立てる可能性がある。(2017/9/22)

Google、HTCのスマホ事業の一部を買収
Pixel開発チームがGoogleへ。(2017/9/21)

Pixelチームを買収:
米Google、台湾HTCの一部スマホ事業を11億ドルで取得へ
Googleが台湾HTCからスマートフォン事業の一部を11億ドルで買収。(2017/9/21)

Google、HTCのPixelチーム買収を正式発表
Googleが、HTCのPixel端末関連チームを買収すると発表した。買収総額は約11億ドル(約1237億円)。HTCの人材はGoogleのハードウェア部門に参加する。HTCはスマートフォンとVIVEを含むVR製品の提供を続ける。(2017/9/21)

Alphabet傘下のNest、ホームセキュリティ製品「Nest Secure」を499ドルで発売へ
Googleが2014年に買収し、現在Alphabet傘下にあるNestが、ホームセキュリティ製品「Nest Secure」と屋外監視カメラ「Nest Cam IQ Outdoor」を11月に発売する。2018年にはカメラ付き呼び鈴「Nest Hello」も発売する。(2017/9/21)

HTC株式、取引を一時停止「9月21日の重大発表のため」 Googleによる買収発表か?
Googleがスマートフォン部門を買収するとうわさされるHTC株式の取引が一時停止になる。9月21日に重要な発表があるためだ。(2017/9/21)

Amazon、Alexa搭載スマートメガネを開発中?
Amazonが「Google Glass」のような、AIアシスタント搭載のスマートメガネを年内にも発表するとFinancial Timesが報じた。(2017/9/21)

Google検索で回線速度の測定が可能に 「スピードテスト」でググるだけ
接続先が海外のため、他のスピードテストサイトより低めの結果が出ます。(2017/9/20)

YouTubeやマップ検索ができるキーボードアプリ“Gboard”、ついに日本語対応 Google日本語入力も搭載
待ってました。(2017/9/20)

Googleのキーボードアプリ「Gboard」iOS版が日本語対応
「Google日本語入力」を利用できるGoogleのキーボードアプリ「Gboard」iOS版が日本語に対応した。(2017/9/20)

Google、「Cloud Natural Language API」に自動カテゴリ分けとエンティティ感情分析機能
Googleの本語対応の自然言語API「Cloud Natural Language API」に、テキストを70以上のカテゴリに自動分類する機能と、特定エンティティ(固有名詞)についての感情分析機能が追加された。(2017/9/20)

「Pixel 2」と「Pixel 2 XL」のカラバリと価格をDroid Lifeがリーク
Googleが10月4日に発表する見込みの次期Pixel端末の、小さい方の「Pixel 2」は新色「Kinda Blue」追加で価格は649ドルから、大きい「Pixel 2 XL」は黒白ツートンと黒の2色で849ドルからであるとDroid Liefが画像付きでリークした。(2017/9/20)

新Chromebook「Pixelbook」は1199ドルからで別売スタイラスあり──Droid Lifeがリーク
Googleの10月4日のイベントで発表される見込みの新Chromebookは「Pixelbook」という名称のハイブリッドモデルで、価格は約13万円から。99ドルの別売スタイラスも用意されるという。(2017/9/20)

「Google Home Mini」と新「Daydream View」の画像と価格がリーク
米Android専門メディアDroid Lifeが、10月4日の「Made by Google」イベントで発表される見込みの「Google Home Mini」と新しい「Daydream View」の画像と価格をリークした。(2017/9/20)

Google、「G Suite」の「Gmail」と「Inbox」で住所や電話番号を自動リンク化
G SuiteのメールアプリGmailとInboxのメールに入力された住所、メールアドレス、電話番号がリンクとして表示され、これらをタップ(クリック)すると、住所ならGoogleマップが、メールアドレスなら新規メール作成画面が、電話番号なら電話アプリからの発信画面が表示されるようになる。(2017/9/19)

GoogleドライブのAndroidバックアップは2週間使わないと2カ月後に削除される
GoogleドライブではAndroid 6.0以降搭載の端末のデータバックアップが可能だが、端末に2週間以上アクセスしないと2カ月後にバックアップが削除されることはあまり知られていないようだ。(2017/9/19)

AWS課金、時間単位から秒単位へ AzureとGoogle Cloud Platformは分単位
Amazon.comのクラウドサービスAWSの料金体系が、立ち上げ以来の時間単位から秒単位に変わる。事実上の値下げになる。競合するMicrosoftのAzureとGoogle Cloud Platformはそれぞれ分単位だ。(2017/9/19)

Facebook、広告での「嫌ユダヤ」など不適切なターゲット設定問題に対処
Facebookが、広告のターゲットとして「ヒットラーは正しい」「嫌ユダヤ」などのキーワードを入力したユーザーを設定できるようになっているとの指摘を受け、問題を解決するまで項目をターゲティングフィールドから削除した。同様の問題はGoogleとTwitterの広告サービスでも指摘されている。(2017/9/16)

「ワンツーフィニッシュを目指す」:
Google Cloud Platform、ソフトバンクとクラウドエースがやろうとしていること
ソフトバンクは2017年8月末、Google Cloud Platform(GCP)のプレミアサービスパートナー認定を取得したことを発表した。クラウドエースと共同で、日本のGCP需要に対応していくという。ソフトバンクICTイノベーション本部クラウドサービス統括部統括部長の鈴木勝久氏と、クラウドエース代表取締役の吉積礼敏氏に、両社の狙いを聞いた。(2017/9/15)

「Google Earth VR」にストリートビュー追加
Googleが、VRヘッドセット対応の「Google Earth VR」に、ストリートビューを追加した。AT&Tパークや世界の名所旧跡をVRで楽しめる。(2017/9/15)

Google Playにまたマルウェア感染アプリ、高度な技術でチェックかわす
Check Pointによると、今回のマルウェアは少なくとも50本のアプリに仕込まれていて、Google Playから削除されるまでの間に100万回〜420万回もダウンロードされていた。(2017/9/15)

Google、次期「Pixel」発表イベントは10月4日と“発表”
Googleがティーザー動画で10月4日にイベントを開催すると発表した。特設サイトでは「スマートフォンを買い換えるなら10月4日まで待ってみて」とも。(2017/9/15)

ファーウェイ、「nova lite」「Mate S」のソフトウェアアップデートを実施
ファーウェイは「HUAWEI nova lite」「HUAWEI Mate S」のソフトウェアアップデートを実施。Google セキュリティパッチによる端末セキュリティの強化などを行う。(2017/9/13)

「牛乳は超危険!」って本当? Google検索最上位に出てくる記事を検証してみた
「牛乳」と検索してびっくり。(2017/9/13)

単独インタビュー:
NutanixのCEOとCTOに聞いた、エンタープライズクラウドの近未来
Nutanixは2017年6月末、Nutanix .NEXT Conference 2017で、ソフトウェア単体での展開、アプリケーション視点のクラウド管理ツール「Nutanix Calm」、Google Cloud Platform(GCP)上で同社のソフトウェアスタックを動かし、これを従量課金で使えるサービスの「Xi Cloud Services」を発表した。本記事ではNutanixのCEO、ディラージ・パンディ氏およびNutanix CTOであるスニル・ポッティ氏への単独インタビューの抜粋をお届けする。(2017/9/13)

東京・大阪から接続可能:
Google Cloud Platform、専有接続の「Dedicated Interconnect」を提供開始
 Googleは2017年9月7日(米国時間)、Google Cloud Platform(GCP)で、専用接続を通じて、ユーザー組織がGCP上の自らのネットワークセグメントにプライベート接続できるオプション、「Dedicated Interconnect」の提供を明らかにした。現時点ではβ段階で、SLAは適用されないようだ。(2017/9/11)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(10):
Googleはインターネットを再構築したいのか(後編)
GoogleのSDNスタック「Espresso」は、インターネットルーティングの全体的な在り方を変える可能性がある。「Googleはインターネットを再構築したいのか(前編)」に続き、後編をお届けする。(2017/9/11)

タイトルで検索すると違法サイトがトップに…… 漫画家が1カ月間「違法アップロードサイト対策」をしてみた結果
Googleへの通報の過程と結果を漫画で描いています。(2017/9/10)

ITはみ出しコラム:
AppleやGoogleだけじゃない Amazonの本社もやっぱりスゴい(バナナ好き注目)
米Amazonがシアトルの第1本社「HQ1」と同等規模の第2本社「HQ2」を北米に建設する計画を発表しました。ところで、第1本社のHQ1とはどんなキャンパスなのでしょうか。(2017/9/10)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。