ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Google」最新記事一覧

Google、また1つソーシャルサービスを終了──「Spaces」を4月17日に完全停止へ
Googleが昨年6月に立ち上げたソーシャルサービス「Google Spaces」を4月17日に終了し、コンテンツも完全に削除する。Orkut、Buzz、Waveと同じ運命をたどる。(2017/2/27)

Microsoftの更新プログラム公開延期で相次ぐ未解決の脆弱性、今度はEdgeとIEにも
米Googleの研究者が、EdgeとIEの未解決の脆弱性を突くコンセプト実証コードを公開した。(2017/2/27)

「Googleアシスタント」がAndroid 6.0以降のスマホにやってくる(まずは英語版)
Googleが、音声認識AIアシスタント「Googleアシスタント」を、Android 6.0以降搭載のスマートフォンでも使えるようにすると発表した。(2017/2/27)

Excel VBAプログラマーのためのGoogle Apps Script入門(3):
GASでGoogleスプレッドシートのセルのフォーマット、文字位置、色、サイズ、けい線などを変えるには
Googleが提供するGoogle Apps Script(GAS)のプログラミングで、Google Apps(主にスプレッドシート)を操作する方法を解説していく連載。今回は、スプレッドシートのセルのフォーマット、文字位置、色、サイズ、けい線などを変える各メソッドの使い方について。(2017/2/27)

パスワード変更推奨:
CDN企業Cloudflareのバグで、多数のサービスで機密データ流出の可能性
UberやFitbitなどを含む多数のWebサービスにサイト運営支援サービスを提供しているCloudflareのバグにより、顧客Webサービスのユーザーのパスワードを含む機密データが流出し、Googleなどの検索エンジンのキャッシュに残っていたとCloudflareが発表した。主要検索エンジンはキャッシュをクリア済みという。(2017/2/25)

一部Googleアカウントで強制的にログアウトされる現象 Google「セキュリティには影響ありません」
再ログインすれば、問題なく使えるとのこと。(2017/2/24)

ネット上の会話を有益かつ円滑に グーグルが有害コメントを選別する人工知能ツールを導入
誹謗中傷で「言いたいことも言えない」こんな世の中を変えられる?(2017/2/24)

Alphabetの自動運転企業Waymo、競合するUberとその傘下のOttoを特許侵害で提訴
Google自動運転プロジェクトのスピンオフ企業Waymoが、元従業員らが立ち上げ、Uberに買収された自動運転トラック企業OttoとUberを、営業秘密保護法違反および特許侵害で提訴した。OttoのCEOはWaymo退社直前に大量の機密情報を会社からダウンロードしていた。(2017/2/24)

GoogleのiOS版入力アプリ「Gboard」が音声入力対応、「Google Doodle」も表示
Google検索の結果も入力できるiOS向けGoogle製キーボード「Gboard」に、音声入力機能と「Google Doodle」を入力する機能が追加され、新たに15カ国語(日本語はまだ)をサポートした。(2017/2/24)

「Googleアカウントが変更されました」突然の強制ログアウト続出 Google「フィッシングではない」
「Googleアカウントが変更されました」――Googleのサービスから強制ログアウトされたユーザーが続出。Googleによると「フィッシングなどではない」という。(2017/2/24)

SHA-1衝突攻撃がついに現実に、Google発表 90日後にコード公開
GoogleはSHA-1ハッシュが同じでコンテンツが異なる2つのPDFも公表した。90日後には、こうしたPDFを生成するためのコードを公開するとも予告している。(2017/2/24)

Google、“毒コメント”にリアルタイムで対処する機械学習API「Perspective」公開
Googleがパブリッシャーを対象に、コンテンツに付けられた不適切なコメントをリアルタイムで検出するAPI「Perspective」を公開した。Tensorflowを採用し、機械学習でコメントが“毒性”かどうかを評価する。(2017/2/24)

VRお絵かきソフト「Tilt Brush」がOculus Riftに対応 仮想空間が立体的なキャンバスに
昨年、GoogleがHTC Vive向けにリリースしたもの。(2017/2/23)

グーグル先生仕事早すぎぃ! Google検索トップ画面が「地球に似た7つの惑星発見」仕様のアニメーションに
実装までわずか数時間。(2017/2/23)

劇場版「ソードアート・オンライン」と「Xperia Ear」がコラボ ボイスパックとスペシャルパッケージを販売
ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Ear」が劇場版の「ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」とコラボレーションする。Xperia Earのアシスタント音声をアスナに変更できるプラグインアプリをGoogle Playで販売するほか、Xperia Earのスペシャルパッケージも期間限定で販売する。(2017/2/22)

次期iPhoneのFaceTimeカメラに3Dカメラシステム採用?
初代Kinectに使われていてたPrimeSense、AR技術のトップ企業だったMetaioの技術がついに採用か? AppleのARはついに来るのか? それはGoogleのTango的なものなのか?(2017/2/22)

Google、企業向け有料カスタム検索サービス「Google Site Search」終了へ
Googleが有料の企業サイト内検索サービス「Google Site Search」の新規受付を3月30日で終了する。現行顧客は契約期間終了後、無料でGoogleロゴや広告が表示されるCSEに自動移行される。(2017/2/22)

Cloud MLでも利用可能:
仮想マシンにNVIDIA Tesla K80 GPUをアタッチ、GCPでパブリックベータ提供開始
米グーグルは、クラウドサービスGoogle Cloud Platform(GCP)で、NVIDIA Tesla K80 GPUのパブリックベータ提供を開始したことを明らかにした。提供リージョンは「us-east1(サウスカロライナ州バークレー)」「asia-east1(台湾)」「europe-west1(ベルギー サン・ギスラン)」。(2017/2/22)

Windowsに未解決の脆弱性、Google研究者が情報公開
この問題は、公開が延期された2月の月例セキュリティ更新プログラムで対応される予定だったのではないかとGoogle研究者は推測している。(2017/2/21)

「SSL技術セミナー」イベントレポート
GoogleやMozillaの「SHA-2移行運動」で自社サイトが“危険サイト”になる?
Webサイトの安全性を確保するために、企業が取り得る手段とは何か。暗号アルゴリズムや攻撃の動向といった技術的な背景を踏まえて、具体策を探る。(2017/2/20)

カスタムインスタンスも検討
徹底ガイド:Googleクラウドのインスタンスから最適なタイプを選ぶには?
「Google Cloud Platform」には幅広いインスタンスタイプがある。Googleクラウドが用意するインスタンスタイプの中から自社のワークロードに最適なタイプを選ぶためのガイドラインを提示する。(2017/2/20)

一時「Google Play」から入手可能に
Androidの“正規アプリ”4種にスパイウェア混入――業界蒼白の仕組みとは
「Google Play」で公開されていた4種のAndroidアプリにスパイウェアが混入されていたことが判明した。このスパイウェアはどのような仕組みなのか。なぜGoogle Playの審査を通過できたのか。(2017/2/20)

「Googleで働きたい」手紙を送った7歳の少女にCEOからまさかのお返事
がんばって夢を追い続ければ実現できると、暖かな返事がGoogleのサンダー・ピチャイCEOから届きました。(2017/2/20)

AIとピアノでセッションできる「A.I. Duet」、GoogleがMagentaで公開
Googleが、「TensorFlow」と「Magenta」プロジェクトで構築したオンライン音楽アプリ「A.I. Duet」を公開した。画面上の鍵盤でメロディーを弾くと、すぐにそのメロディーをアレンジしたレスポンスが返ってくる。(2017/2/17)

GoogleのAIライブラリ「TensorFlow」がVer.1.0に 高速化してより柔軟に、新APIも追加
Googleがオープンソースで公開しているディープラーニング対応の機械学習ライブラリ「TensorFlow」が“プロダクトレディ”なバージョン1.0にアップデートした。58倍高速化し、多数の新APIが追加され、Python APIの安定性が向上した。(2017/2/17)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
マズそうなシフォンケーキを「おいしく」してみる――便利な写真編集アプリ「Snapseed」を使ってみよう(その1)
Googleの写真編集アプリ「Snapseed」は、無料であることが信じられないほどに多機能だ。今回のiPhoneカメラ講座では、こいつを使ってシフォンケーキを「おいしく」してみよう。(2017/2/16)

Google Playの日本語偽サイト出現、SMSで誘導か
トレンドマイクロが日本語版Google Playのフィッシングサイトへの注意を呼び掛けた。SMSで誘導する手口が確認されている。(2017/2/16)

大幅な高速化を達成:
利用広がるTensorFlow、バージョン1.0がリリース
米グーグルは2017年2月15日(現地時間)、オープンソースの機械学習ライブラリ「TensorFlow」のバージョン1.0を発表した。(2017/2/16)

NestアプリにAIでドアを検出し、変化をプッシュ通知する機能
Alphabet(Googleの親会社)傘下のNest Labsが、Wi-Fiカメラ「Nest Cam」にディープラーニングで映像からドアを検出し、ドアからの出入りを動画付きでプッシュ通知する機能をアプリに追加した。(2017/2/15)

Google、NewSQL「Cloud Spanner」をβ公開
Googleが、AnWordsやGoogle Playなどのサービスで採用してきたNewSQLを基にした「Cloud Spanner」のβ版を公開した。(2017/2/15)

「ミッションクリティカル用途に利用可能」:
米グーグル、GCPでACID特性と拡張性を兼ね備えたデータベースサービス「Cloud Spanner」を発表
米グーグルは2017年2月14日(現地時間)、パブリッククラウドサービスGoogle Cloud Platformで、従来のリレーショナルデータベースと同様にトランザクションの一貫性を保証する一方、水平なスケーリングとデータ分散を実現したデータベースサービス、「Cloud Spanner」のパブリックベータを提供開始したと発表した(2017/2/15)

AI同士は協力するか競争するか Google DeepMind、AIにゲームをプレイさせて研究
学習やルール変更による行動の変化を見られるメリットがあるそうです。(2017/2/15)

Googleマップにお気に入りの場所のリスト作成・シェア機能
Android/iOS版Googleマップで、場所を「お気に入り」「行きたい場所」などのリストにまとめて保存し、それを他のユーザーと共有もできるようになった。(2017/2/14)

故プリンスの楽曲、SpotifyやApple Musicなどでストリーミング可能に
昨年4月に急逝したプリンスの25枚のアルバムが、Spotify、Apple Music、Google Play Musicなどの音楽サービスでストリーミングできるようになった。Universal Music Groupが楽曲のライセンス権を取得したため。(2017/2/13)

Ford、Google出身者のAI企業に10億ドル投資、4年で完全自動運転実現へ
2021年までの完全自動運転車量産開始を掲げる米Ford Motorが、自動運転向け人工知能(AI)開発の新興企業Argo AIに10億ドル投資する。Argo AIはGoogleとUberの自動運転プロジェクトの幹部2人が創業した。(2017/2/13)

それでもヒトは機械との会話を求めている
音声認識の理想と限界、AmazonやGoogleの技術でも「魔法の呪文」には遠い?
「Amazon Echo」や「Google Home」、Appleの「Siri」のような音声認識はスマートホームIoTの構成要素として急速に定着している。だが音声認識の技術はまだまだ課題がある。(2017/2/12)

モザイクのような状態から再現 Google、元画像を推測して高解像度化する技術を開発
どんな風に実用化できるのか、想像力がふくらみますな。(2017/2/10)

Evernote、Googleクラウドにデータ移行 3ペタバイト分
50億個のノートと50億個の添付ファイルを移行したという。(2017/2/10)

「Android Wear 2.0」搭載「LG Watch」2モデルと更新可能端末リスト発表
Googleが、「Android Wear 2.0」のリリースと、初の搭載端末「LG Watch Style」および「LG Watch Sport」、アップデート可能な既存モデル一覧を発表した。(2017/2/9)

Excel VBAプログラマーのためのGoogle Apps Script入門(2):
GASでGoogleスプレッドシートのセルの値、行数や列数を取得したり、セルに値を入力したりする基本
Googleが提供するGoogle Apps Script(GAS)のプログラミングで、Google Apps(主にスプレッドシート)を操作する方法を解説していく連載。今回は、スプレッドシートのオブジェクトを整理し、セル操作に関する基本的なメソッドの使い方を紹介する。(2017/2/9)

「Google Cloud Search」で「G Suite」内の横断検索が可能に
Googleの企業向けプロダクティビティスイート「G Suite」(旧Google Apps)に、サービス内のドキュメントやメール、従業員などを横断して検索できる「Cloud Search」機能が追加される。(2017/2/8)

Android版Googleマップに新機能 1タップでリアルタイムに通勤情報が見られる
即座に最短ルートを見られるように。(2017/2/8)

KDDIが「Tango」を活用した実証実験を実施 「SNOW MIKU 2017」で雪ミクとAR体験
KDDIとクリプトン・フューチャー・メディアは、Google社「Tango」の空間認識技術を活用した仮想キャラクターによる案内サービスの実証実験を実施する。「SNOW MIKU 2017」とのコラボレーションの一環として「雪ミク」とのAR体験を提供する。(2017/2/7)

Google、AMPコンテンツでオリジナルURLのシェアを容易に
Googleのメディアコンテンツ表示高速化プロジェクト「AMP」対応コンテンツのURLはこれまで、オリジナルではなく「www.google.com/amp/〜」と表示されていたが、アンカーアイコンを追加することでオリジナルURLでのシェアがしやすくなった。(2017/2/7)

雪ミクとコラボした世界初の実証実験 Androidで空間認識「Tango」活用で
Googleの空間認識技術「Tango」を活用した実証実験を北海道で行う。(2017/2/7)

Android版Googleマップに3つのタブ追加 最寄り駅の時刻表も1タップで表示
Android版Googleマップのホーム画面に場所、車、電車のタブが追加された。タップ/スワイプで近隣スポットや渋滞情報を加味したナビ、最寄り駅の時刻表などを確認できる。(2017/2/7)

FacebookとGoogle、仏大統領選に向けて虚偽ニュース対策を立ち上げ
米大統領選の結果に影響を与えたと非難されているFacebookとGoogleが、フランス大統領選に向けてフランスでの虚偽ニュース対策を立ち上げた。GoogleとFirst Draft Newsによる「CrossCheck」にはFacebookも協力する。(2017/2/7)

Google、Androidの月例セキュリティパッチを公開
端末メーカーなどのパートナーには1月3日までに通知し、PixelやNexusなどGoogleの端末向けにはOTA(無線経由)でセキュリティアップデートが配信された。(2017/2/7)

AppleやMicrosoftなど米97+30社、移民規制のトランプ大統領令に合同異議申し立て
Apple、Google、Facebook、Microsoftなどを含む97の米国企業が、ドナルド・トランプ米大統領による移民規制に関する大統領令に異議を申し立てる法廷助言書(amicus brief)をこの問題を審議中の控訴裁に提出した。【UPDATE】遅れてAdobeやHP、Teslaなど3社が加わり、127社の連名になった。(127社のリスト掲載)(2017/2/7)

「縄張り+動物名」で検索 Google検索の謎機能“動物の縄張り範囲”表示機能がサバンナでは便利そう
百獣の王「ライオン」がないけどね。(2017/2/6)

宇宙ビジネスの新潮流:
XPRIZE最終年、各チームが選ぶロケットは?
日本からもHAKUTOが出場する賞金総額3000万ドルの月面無人探査レース「Google Lunar XPRIZE」に関して重大な発表がなされ、ファイナリストが16チームから5チームへと絞られた。各チームの動向をお伝えしたい。(2017/2/6)

キュレーションメディア“狙い撃ち” Google検索、アルゴリズム変更の狙い
日本のGoogleが、内容の薄いキュレーションメディアを狙い撃ちにするアルゴリズム変更を実施。その背景や、影響を受けるサイトなどについて、SEO専門家の辻正浩さんに聞いた。(2017/2/3)

Google、日本語サイトの評価方法を変更 検索上位狙う「低品質なコンテンツ」の順位ダウンへ
継続的にWebサイトの品質評価アルゴリズムの改善を行うという。(2017/2/3)

Googleが検索アルゴリズムを変更 「品質の低いサイト」の検索順位を下げ、オリジナル記事を上位に
SEO対策の対策。(2017/2/3)

特集: 新たなアプリ「ボット」の時代:
LUISを使って頭の悪いLINE Botを作ってみよう!
LUIS(自然言語解析サービス)とロケスマWeb(お店発見Webサービス)とGoogle Geocoding APIを使って、ユーザーが探しているお店を教えてくれるLINE Botを作ってみよう!(2017/2/3)

Tech TIPS:
Googleカレンダーでデフォルトの通知設定を変更する
Googleカレンダーでデフォルトの通知設定を変更する方法を紹介する。これを設定しておけば、いちいち予定を入れるごとに通知の設定をしなくて済むようになる。(2017/2/3)

開発者必須のツールとなるか
Googleがファジングを自動実行する脆弱性検知ツール「OSS-Fuzz」を公開
Googleがファジングテストを行うツールを発表。GitHubでβ版が公開されている。ファジングテストとは何か。OSS-Fuzzを利用することで何が得られるのか。(2017/2/3)

Googleスピンアウトの自動運転車企業Waymo、安全性の大幅アップについて説明
Googleからスピンアウトした自動運転技術企業Waymoが、自動運転中の人間による自動運転解除の1000マイル当たりの平均回数が2016年には2015年の4分の1に減り、安全性が高まったと発表した。(2017/2/2)

「表現の自由」より「プライバシー」優越なら削除可能 Google検索削除で最高裁が初判断
「検索事業者の表現の自由と比較して、プライバシーが優越することが明らかな場合には、検索結果の削除を求めることができる」と最高裁が初判断。(2017/2/2)

当面の対策は「不正なOfficeファイルを開かない」
Google スプレッドシートを悪用してマルウェア制御、サイバー攻撃の手口が進化
犯罪集団Carbanakがサイバー攻撃の手口を進化させており、マルウェアの制御インフラとしてGoogleのクラウドサービスを利用していた可能性がある。(2017/2/2)

Dropboxがオンラインドキュメントツール「Dropbox Paper」を公開 「Googleドキュメント」のようなチーム作業向け機能を搭載
チーム利用のドキュメントツールに新しい選択肢ができました。(2017/2/1)

「バイト病欠でペナルティ」セブン-イレブン加盟店にいたずら Googleマップで一時「罰金店」に
Googleマップの機能を使ったいたずらとみられています。(2017/2/1)

Google、iOS版Chromeをオープンソース化
Googleが、iOS版Chromeを他のプラットフォーム同様にオープンソース化した。これによりiOS版の開発スピードが上がるとしている。また、サードパーティー製の新たなiOS向けブラウザを開発できる。(2017/2/1)

Dropbox、Google Docsのようなドキュメントツール「Paper」を正式リリース
Dropboxが、Google DocsやMicrosoftのOffice 365の文書ツールのようなコラボレーション機能付き文書作成サービス「Dropbox Paper」の正式版をリリースした。日本語にも対応する。(2017/1/31)

Google、トランプ大統領の移民入国規制に対抗する人権団体に寄付
最大400万ドルを移民向け人権団体に寄付することを明らかにした。(2017/1/31)

HTTP接続、終わりの始まり
GoogleやMozillaが“HTTPサイト根絶運動”に本腰、Web担当者は何をすべきか?
「Google Chrome」「Firefox」といった主要なWebブラウザが、WebサイトのHTTPS化を促す取り組みを進めている。その背景には何があるのか。企業が取るべき手段と合わせて解説する。(2017/1/31)

Google翻訳アプリでサンフランシスコを「高い城の男」状態に
トランプ政権による多様性弾圧で1984的ディストピア感あふれる米サンフランシスコ。そこでもう1つのディストピアSFである「高い城の男」的日本占領下っぽい撮影をしてみた。Google翻訳アプリで。(2017/1/30)

「多様な選択肢と企業向けサポート」を提供:
IBM POWER8対応ディープラーニング開発ツール群「IBM PowerAI」が「TensorFlow」フレームワークをサポート
IBMのディープラーニング開発ツール群「IBM PowerAI」がグーグルの「TensorFlow」フレームワークをサポートした。(2017/1/30)

「WebEx」プラグインの脆弱性はFirefoxとIEにも影響、Ciscoが更新版で対処
CiscoはGoogle ChromeとMozilla Firefox、MicrosoftのInternet Explorer(IE)向けのソフトウェアアップデートを公開して「WebEx」の脆弱性に対処したことを明らかにした。(2017/1/30)

MicrosoftやTwitterなど、大手IT企業が続々とトランプ大統領令に懸念を表明
ドナルド・トランプ米大統領が1月27日に署名した移民規制大統領令について、Google、Facebook、Microsoft、Twitter、Teslaなどをはじめとする多数のIT企業のCEOがTwitterやFacebookで懸念を表明している。(2017/1/29)

GoogleのピチャイCEO、移民規制に関するトランプ大統領令を受け、従業員に警告
Googleのスンダー・ピチャイCEOが、ドナルド・トランプ米大統領が1月27日に署名した移民規制に関する大統領令を受け、この大統領令の影響を受ける可能性のある海外滞在中の従業員にすぐ帰国するよう警告し、従業員に懸念を表明するメッセージを送った。(2017/1/29)

ITはみ出しコラム:
GoogleからXiaomiを経て、FacebookのVR責任者になったヒューゴ・バーラ氏とは?
かつてはAndroidやNexusの顔として知られていました。(2017/1/29)

Apple、GoogleらのAI(人工知能)普及団体に参加
Appleが、GoogleやFacebookが立ち上げた人工知能普及団体「Partnership on AI」に創立メンバーとして参加する。同団体の評議員会には、イーロン・マスク氏らのAI団体「OpenAI」の研究員も参加する。(2017/1/28)

Tech TIPS:
Google Chromeのアドレスバーで計算や単位変換を行う
Google Chromeのアドレスバーで計算や単位変換を行う方法を紹介する。(2017/1/27)

HTCのハードウェア責任者がGoogleの「Daydream」チームに
FacebookがVR責任者としてXiaomiの幹部を採用したのに続き、GoogleはHTC Viveのデザインも統括したデザイナーをDaydreamチームに迎える。(2017/1/27)

Alphabet(Googleの親会社)、“その他”部門の営業損失10億ドルで純利益が予測に届かず
Googleの親会社、Alphabetの10〜12月期の決算は、売上高は2桁台の増加だったが純利益は8%増でアナリスト予測に届かなかった。広告のモバイルへのシフトや「X」などの“その他”部門の10億ドルの営業損失が響いた。(2017/1/27)

Google、ルート証明書発行の独自インフラを構築
米GoogleはGlobalSign R2とR4の2つのルート認証局を取得し、認証局を運営する「Google Trust Services」を開設した。(2017/1/27)

「Chrome 56」の安定版リリース リロードが28%高速化、HTTPでの警告を追加
Googleがデスクトップ版Chromeをバージョン56にアップデートした。特にFacebookで時間のかかっていたページのリロードが28%高速化し、Firefox 51と同様のHTTPページでの警告が追加された。(2017/1/27)

特集:IoT、FinTech時代、「求められるエンジニア」になるためには(3):
三菱ふそうトラック・バスのCIOが「グーグルを目指す」と語る真意とは
デジタルトランスフォーメーションが進み、多くの企業がテクノロジの力によるゲームチェンジに危機感を抱き、実践に乗り出している。これは既存事業のしがらみがないスタートアップや新興企業だけの話ではない。日本の伝統ある大企業も、すでにデジタルの戦いに乗り出している。(2017/1/30)

「Google→行くogle」「YouTube→あなたはチューブ」 Google翻訳アプリの“珍翻訳”報告でTwitterがカオスに
固有名詞をむりやり翻訳するとおかしくなりがち。(2017/1/26)

Google→Xiaomiのヒューゴ・バーラ氏、次はFacebookのVR/AR責任者に
GoogleのAndroid担当から中国Xiaomiのグローバル担当に転職し、先ごろ退任してシリコンバレーに戻るとしていたヒューゴ・バーラ氏が次はFacebookでOculus CRを含むVR/AR担当責任者に就任する。(2017/1/26)

Gmail、JavaScriptファイルの添付を禁止へ(2月13日から)
Googleが、セキュリティ上の理由からGmailへの添付を禁じているファイルに、JavaScriptコード(.js)を追加する。2月13日から.jsファイルを添付しようとすると、警告が表示されるようになる。(2017/1/26)

Google、iPhoneサポートの「Android Wear 2.0」を2月上旬リリースへ
Googleが、「Android Wear 2.0」の開発者向け最終プレビュー版をリリースした。このアップデートで、iOSとの連係が強化された。正式版のリリースは2月上旬の見込みだ。(2017/1/26)

Google Playで配信のアプリにランサムウェア、個人情報盗み身代金要求
Google Playからダウンロードしたアプリにランサムウェアが仕込まれているのが見つかったという。感染すると、端末から連絡先情報やSMSメッセージを盗み出し、管理者権限を要求する。これを許可すると端末がロックされて身代金を要求される。(2017/1/26)

Google I/O 2017は5月17〜19日に2016年と同じ野外会場で──クイズで告知
Googleが、今年の年次開発者会議「Google I/O」の日程と会場をクイズで告知した。複数のクイズを解くと、開催は5月17〜19日の3日間で、会場は昨年と同じ本社キャンパス近くの野外イベントホールShoreline Amphitheatreであることが分かる。(2017/1/26)

2要素認証が突破される可能性も
「Gmail」に新たな脅威、“偽ログイン画面”でアカウント情報がダダ漏れの危険
「Gmail」経由でGoogleアカウント情報を不正に入手する新たなフィッシング詐欺が発生した。その手口は単純にも見えるが巧妙で、気付くのが難しいという。(2017/1/26)

スマホ版「Google翻訳」でカメラのリアルタイム変換が可能に またGoogleが未来を実現してしまったか……
ただし精度はもう一歩。(2017/1/25)

Android/iOS版Google翻訳、カメラでのリアルタイム英語←→日本語翻訳が可能に
Android/iOS版Google翻訳アプリがアップデートし、「リアルタイムカメラ翻訳」で英語←→日本語の翻訳が可能になった。翻訳したいテキストにカメラを合わせると、瞬時に翻訳結果が表示される。(2017/1/25)

Google、インストールせずにアプリをお試しできる「Android Instant Apps」のテストを開始
Googleが2016年のGoogle I/Oで発表した、Androidアプリの機能をアプリをインストールせずに使える「Android Instant Apps」のテストが、一部のユーザーを対象にスタートした。(2017/1/25)

Cisco、Google Chrome向け拡張機能「WebEx」の深刻な脆弱性を修正
悪用された場合、攻撃者が特定のパターンのURLをWebサイトに仕込んでユーザーに参照させ、WebExセッションを開始させることによって任意のコードを実行できてしまう恐れがある。(2017/1/25)

Google、教育市場向けChromebook拡充 将来はタブレットも
Googleが、教育市場向けの新Chromebook「Acer Chromebook Spin 11」と「ASUS Chromebook C213」を発表した。いずれも充電不要のスタイラスや2台のカメラを搭載し、Androidアプリを利用できる。(2017/1/25)

Tech TIPS:
Google Chromeを既定のブラウザにする(Windows/Mac)
Google Chromeを既定のブラウザにする方法を紹介する。(2017/1/24)

Tech TIPS:
Google ChromeでPDFファイルをクリックしてもファイルが開かない場合の対処方法(Windows/Mac)
Google ChromeでPDFファイルをクリックしてもファイルが開かない場合の対処方法を紹介する。(2017/1/24)

Google先生のカラーピッカー機能がパパッと使えて便利そう 「カラーピッカー」で検索するだけ
CSSで使いやすい色表記で、Web制作に役立ちそう。(2017/1/24)

Pokemon GO、韓国に対応 Googleマップ問題もクリア
Googleマップ問題で提供が遅れていた韓国でPokemon GOがプレイ可能に。(2017/1/24)

“ChromebookでAndroidアプリ”ローリングアウト、対応モデル一覧も更新
Googleが2016年の開発者会議で発表したChromebookでのAndroidアプリ利用が、一部のモデルで可能になった。今後利用できるようになるモデル一覧も更新された。(2017/1/24)

Tech TIPS:
Googleサービスで複数アカウントの同時ログインがうまくいかない場合の対処方法
Googleサービスで複数アカウントの同時ログインがうまくいかない場合の対処方法を紹介する。(2017/1/23)

中国、ネット規制で“抜け道VPN”の監視体制強化 Google、Facebook、Twitterなどのアクセスが困難に?
中国国内からアクセスが禁止されているWebサイトに接続できる、違法な仮想プライベートネットワーク(VPN)サービスの提供を規制する。(2017/1/23)

Xiaomiのグローバル展開に従事したヒューゴ・バーラ副社長が退任へ
GoogleのAndroid担当幹部からXiaomiのグローバル担当副社長に転身したヒューゴ・バーラ氏が同職を退任し、シリコンバレーに戻る。(2017/1/23)

元Googleの検索責任者、アミット・シングハル氏がUber入り
Googleの検索アルゴリズムを統括していた元Googleフェローのアミット・シングハル氏が、Uberのエンジニアリング担当上級副社長に就任した。ドライバーと乗客を結びつけるアルゴリズムや自動運転車システムに取り組む。(2017/1/23)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。