ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Google」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

総務省、Googleなどに「通信の秘密」適用へ 各国で規制強化
総務省が設置した有識者会議は21日、米グーグルなどプラットフォーマーと呼ばれる巨大IT企業の規制に向けた主要論点案をまとめた。電気通信事業法が定める「通信の秘密」の規制の適用を検討することなどを盛り込んだ。(2019/1/22)

Google、フランス当局からGDPR違反で5000万ユーロの罰金
仏データ保護規制当局CNILが、GoogleがGDPR(一般データ保護規則)に違反したとして5000万ユーロ(約62億円)の罰金支払いを命じた。昨年5月に施行されたGDPRがフランスで適用されるのは初だ。(2019/1/22)

Googleの「BBR」よりも高性能:
携帯電話ネットワークの混雑を軽減する「ExLL」プロトコルを開発、蔚山科学技術大
韓国の蔚山科学技術大学校の研究チームが、携帯電話ネットワークの混雑を軽減する超低遅延輻輳制御プロトコル「ExLL」を開発した。Googleの「BBR」よりも高性能だという。(2019/1/22)

「Googleマップ」のナビ、一部地域で「制限速度」と「ネズミ捕り」アイコン表示開始
Googleマップのナビゲーション画面に、走行中の道路の制限速度とスピード違反取り締まりスポットが表示されるようになったと複数のメディアが報じた。北米など一部の地域でローリングアウトしていることをGoogleが認めた。(2019/1/21)

Googleマップの佐賀駅がなぜかインド北部に 「ニューデリーから車で4時間」「インドランド佐賀」
おかげで経路検索ができません。【追記】(2019/1/20)

「Cortanaは他のAIアシスタントと競合せず、協調する」とMicrosoftのナデラCEO
Microsoftのサティア・ナデラCEOがメディア向けイベントで、同社のAIアシスタント「Cortana」をAlexaやGoogleアシスタントと競合させるのではなく、スキルやアプリとして連携させていくと語った。(2019/1/19)

Google Wear OS搭載、クラシカルデザインのスマートウォッチ 「TicWatch C2」 Mobvoiから
中国Mobvoiは、1月18日にGoogle Wear OSを搭載したスマートウォッチ 「TicWatch C2」を発売。ステンレススチールや本革を取り入れたクラシカルなデザインで、各種センサーや防水・防塵性能も備えている。カラーはローズゴールド、ブラック、シルバーの3色で、価格は2万4499円(税別)。(2019/1/18)

Google、Fossilのスマートウォッチ関連知財と人材を4000万ドルで買収
Googleが、2015年からWear OS搭載スマートウォッチを製造販売しているファッションブランドのFossil Groupのスマートウォッチ関連IPと人材を4000万ドルで買収する。(2019/1/18)

機械学習などに向く:
Tesla T4がGoogle Cloud Platformで利用可能に、日本のリージョンもGPUインスタンスに対応
NVIDIAの最新GPU「Tesla T4」がGoogle Cloud Platformで、パブリックβとして利用可能になった。利用料金はGPU1基当たり1時間0.29ドル。GPUに最適化したソフトウェアを実装したコンテナもNVIDIAのカタログであるNGCからダウンロードできる。(2019/1/18)

Google、「G Suite」の「Basic」と「Business」を4月2日に値上げへ
Googleが「G Suite」を初めて値上げする。4月2日から「Basic」プランが月額5ドルから6ドルに、「Business」プランは10ドルから12ドルになる。「Enterprise」プランは25ドルに据え置きだ。(2019/1/17)

日本の製造業を創造業に変える! マインドフルネス(2):
ケーススタディーから学ぶ「マインドフルネストレーニング」の実践と活用法
「マインドフルネス」をご存じだろうか。「念」や「気付き」に由来するそのトレーニング法が注目され、近年ではGoogleやIntel、IBMといった世界的企業がビジネスパーソンの能力開発に活用している。何かに行き詰まった思考から抜け出し、自分自身の能力を最大限に引き出すマインドフルネストレーニングについて解説する。(2019/1/17)

業務を効率化し、意思決定のスピードを加速:
朝日広告社、「Google データポータル」を活用したデータ統合と可視化のための自動収集ソリューションを提供
朝日広告社は、Googleが無料で提供するBIツール「Google データポータル」を活用した、データ統合と可視化のための自動収集ソリューションを提供開始した。(2019/1/16)

Google、G Suiteも「マテリアルデザイン」に
Googleが段階的に進めている各種サービスの「マテリアルデザイン」化の一環として、「G Suite」のドキュメント、スプレッドシート、スライド、サイトのデザインを変更した。(2019/1/16)

ディープラーニングツール概説(前編)
Google、Microsoft、Facebookのディープラーニングフレームワーク
ディープラーニングプログラムを一から構築することも可能だが、既存のフレームワークやラッパー、周辺ツールを使うことでより迅速かつ容易に開発できる。まずは大企業が提供する主要なツールを簡単に紹介する。(2019/1/16)

Google従業員、IT企業にハラスメント対策を求めるキャンペーン展開
昨年11月にセクハラ抗議デモ#GoogleWalkoutを実施したGoogleの従業員有志らが、社内ハラスメントにつながる雇用契約での強制仲裁条項削除を求め、1月15日にソーシャルキャンペーン「End Forced Arbitration」を展開する。(2019/1/15)

GoogleとWordPress.com、中小ニュースメディア向けプラットフォーム「Newspack」立ち上げ
GoogleとWordPress.comが、ニュースサイトの開設・運営を簡易化するプラットフォーム「Newspack」を発表した。コンテンツに専念できるようCMS設定ツールなどを提供する。2020年1月までは無料。(2019/1/15)

日本企業も活発に活動:
FacebookやGoogleも参加するOSSコンプライアンスのプロジェクト、「OpenChain」とは
2018年12月、「OpenChain」というOSS関連プロジェクトにFacebook、Google、Uberという著名企業3社が同時に加入し、一部で話題を呼んだ。同プロジェクトはユニークなやり方で、ユーザー企業におけるOSSコンプライアンスの課題に応えようとしている。(2019/1/15)

異なる設計思想
AWSのネットワークはAzureやGCPより高リスク? 監視企業がレポート
ThousandEyesが発表したレポートによるとAWSのネットワーク処理はAzureやGoogle Cloud Platformと大きく異なり、パフォーマンスの問題が発生する可能性があるという。AWSは何が違うのか。(2019/1/15)

Google、「Chromecast Audio」販売終了へ
Googleが、手持ちのスピーカーをスマートフォンやスマートスピーカーとWi-Fi接続して音声をキャストする端末「Chomecast Audio」(4980円)の製造を終了し、在庫がなくなり次第販売も終了する。(2019/1/13)

ITはみ出しコラム:
TwitterのCEOが休暇に「スマホ断ち」して行ったこと
AppleやGoogleは「デジタル中毒対策」に乗り出していますが、ついついスマホに手が伸びてしまうもの。ただ、Twitterのジャック・ドーシーCEOや、salesforce.comのマーク・ベニオフCEOといった「スマホが必須」と思われるような人たちは、長期休暇を「デジタル断ち」で過ごしています。(2019/1/13)

Google検索のナレッジグラフ、偽情報の拡散に悪用も 研究者が指摘
ユーザーはGoogleの検索結果をうのみにする傾向があることから、ナレッジグラフは偽情報を拡散させたり、政治目的で悪用されたりする恐れもあると研究者は指摘している。(2019/1/11)

Wikipedia、Google翻訳を編集ツールで採用
Wikipediaを運営する非営利団体Wikimedia Foundationが、コンテンツ翻訳ツールで「Google翻訳」を利用できるようにしたと発表した。両者の合意により、無償で利用でき、コンテンツはGoogleに送信されるが編集者の個人情報などは収集されない。(2019/1/11)

Chromeブラウザの広告ブロック機能、7月9日に世界で有効に
Googleが昨年2月から北米と欧州で実施しているChromeブラウザでの問題広告ブロックを、7月9日から世界で提供する。(2019/1/10)

Google検索に「検索の続き」や「後で読む」が可能な新機能「activity card」
Googleが、ログインした状態でのGoogle検索で、過去に検索したことのある検索クエリを入力すると検索履歴に基づいた「activity card」を表示する機能を発表した。編集も可能で、よく検索するサイトをテーマ別にまとめておくこともできる。(2019/1/10)

モバイル版GoogleマップのナビでGoogleアシスタントが利用可能に
Googleが、「Googleアシスタント」をモバイル版「Googleマップ」で使えるようにした。ナビ画面から離れずに質問したり、音楽やPodcastの再生ができる。AndroidではSMSやメッセージの送信も可能だ。(2019/1/9)

Google Playに迷惑広告表示のフェイクアプリ、900万人に感染
ゲームやリモコンなどを装って迷惑な広告を執拗に表示する不正アプリが85本見つかり、Google Playから削除された。(2019/1/9)

CES 2019:
GoogleアシスタントについてCESで発表された新機能まとめ マップサポートや通訳など
Googleアシスタントがモバイル版「Googleマップ」のナビ画面で使えるようになった。また、Google Homeおよびスマートディスプレイの「通訳モード」でリアルタイムの通訳機能が使えるようになる。その他、AmazonのACK対抗のサードパーティーを取り込むプラットフォームなども発表された。(2019/1/9)

Googleアシスタント搭載端末が10億台超へ(Androidスマホを含めて)
Googleが、AIアシスタント「Googleアシスタント」搭載端末が1月末に10億台を突破すると発表した。Amazonの「Alexa」は、最近の幹部インタビュー記事によると1億台だ。(2019/1/8)

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開
最も深刻な脆弱性では、リモートの攻撃者が細工を施したファイルを使って特権で任意のコードを実行できてしまう恐れがある。(2019/1/8)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Apple Watch Series 4」「Google Pixel 3」 最新デバイスの何に注目する?
2018年もさまざまな最新デバイスが登場した。外観や機能の見どころは幾つかあるが、有識者は何に注目するのか。本稿では「Apple Watch Series 4」「Google Pixel 3」について有識者が注目した点について解説する。(2019/1/8)

CES 2019:
Googleアシスタント搭載キッチン専用スマートディスプレイ「KitchenAid Smart Display」
米家電メーカーのKitchenAidが「Googleアシスタント」搭載のスマートディスプレイを発表した。キッチンでの利用を前提とした防水レベルIPX5の10インチディスプレイだ。レシピ検索もキッチンタイマーも音声で使える。(2019/1/7)

ITはみ出しコラム:
世界を席巻する「GAFA」 Google、Apple、Facebook、Amazonの2018年まとめ
昨今は「GAFA」とまとめて呼ばれることも多い、Google、Apple、Facebook、Amazon.com。世界を騒がせたこの4社の2018年を振り返ります。(2018/12/30)

今日のリサーチ:
日本のテレビCMはグーグルで年を越しユーキャンで新年を迎える――サイカ調査
年末年始にテレビCMの出稿が増える企業とは?(2018/12/28)

CES 2019:
LG、「Dolby Atmos」+「DTS:X」+「Googleアシスタント」のサウンドバーをCESで披露へ
LG Electronicsが、来年のCES 2019で披露する予定のサウンドバーを一足先に発表。開発ではMeridian Audioと提携し、「Dolby Atmos」と「DTS:X」の両方に対応し、「Googleアシスタント」を搭載する。(2018/12/28)

宮古・石垣への経路検索:
沖縄県、グーグルにデータを提供
沖縄県は路線バスや離島向けフェリーなど公共交通機関の路線情報を集約し、統一規格で提供する「オープンデータ」整備事業で、宮古・石垣島のオープンデータを大手検索サイト「グーグル」に提供。早ければ19年3月にも同サイトで経路検索ができるようにする。(2018/12/27)

非承認となった商品を自動的に除外:
Google ショッピング広告の掲載商品数を最大化、アイレップが「Marketia Feed Manager」に機能追加
アイレップは、Google ショッピング広告の掲載商品数の最大化機能を「Marketia Feed Manager」に追加実装したと発表した。(2018/12/26)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeの拡張機能がアクセスできるサイトを制限して安全性を高める
Google Chromeの拡張機能は通常、全てのサイトに対するアクセスの許可を求めてきます。これを制限することで安全性を高める方法を紹介します。(2018/12/26)

スマホで遺失物を探せる厚さ1.28mmのカード型トラッカー「FINDORBIT CARD」販売開始
epiceがスマホの専用アプリで遺失物を探せるカード型トラッカーの販売を開始。カードのボタンを押せばマナーモードでもスマホのアラーム音を鳴らすことができ、それぞれが30m以上離れると両方からアラーム音が鳴る仕組みを搭載している。「Google Home」や「Amazon Alexa」にも対応する予定だ。(2018/12/25)

Googleさん:
Googleサンタにお願い Pixel 3使ってさらに欲しくなったものたち
クリスマスイブイブなので、Googleさんに今後出してほしい製品やサービスを考えてみました。米国では既に使えるものは来年には来日してほしいところ。(2018/12/23)

AIアシスタントIQテスト、「Googleアシスタント」がトップで「Siri」が2位
「Googleアシスタント」、Appleの「Siri」、Amazonの「Alexa」、Microsoftの「Cortana」に800件の質問をした結果、正解率が最も高かったのはGoogleアシスタントだったと、Loup Venturesが調査の結果を報告した。(2018/12/21)

Apple、Googleから引き抜いたAI担当者ジャナンドレア氏を幹部チームに昇格
Appleが4月にGoogleから引き抜いた機会学習およびAI担当者を上級副社長に昇格し、「Apple Leadership」チームに迎えた。(2018/12/21)

「Googleアシスタント」の「ホーム・アローン」パロディCM 主演は38歳のマコーレー・カルキン
Googleが、1990年の大ヒットクリスマス映画「ホーム・アローン」で主役を演じたマコーレー・カルキン(当時10歳、現在は38歳)を主役に、この映画の名場面を再現しながらGoogleアシスタントの機能をアピールするCMを公開した。(2018/12/20)

Waymoに提訴された元OTTOのCEO、「自動運転でのアメリカ横断に成功」
Google系列のWaymoから自動運転技術を盗んだとして提訴されたUber傘下のOTTOの創業者、アントニー・レヴァンドウスキ氏が、新たに立ち上げた企業Prontoの自動運転システムで、人の介入なしの自動運転だけでのアメリカ大陸横断に成功したと発表した。(2018/12/20)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Google Home Miniを目覚まし時計風に変身させるスタンドが意外に実用的だった
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はGoogle Home Miniを、目覚まし時計のように変身させられるスタンドキットを試してみた。(2018/12/19)

Google Play、レビュー不正の悪質アプリ数千本を摘発
Google Playではレビューに関する不正が見つかった場合、アプリそのものに対しても措置を講じている。(2018/12/19)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeで、シークレットモードでも拡張機能を使えるようにする
Google Chromeのシークレットモード(シークレットウィンドウ)では通常、拡張機能が利用できません。しかし簡単な操作で設定を変えれば、拡張機能も使えるようになります。その手順と注意点を説明します。(2018/12/19)

使い勝手が向上
Netflixの継続的デプロイツール「Spinnaker」がKubernetesとの連携を強化
NetflixとGoogleが主導する継続的デプロイツール「Spinnaker」とKubernetesの連携機能が刷新され、企業にとっての魅力が増している。(2018/12/19)

Google、ニューヨークオフィス拡大に1億ドルを投じ、同地での雇用倍増へ
Googleが、ニューヨークキャンパスを拡大し、同地での雇用を現在の2倍の1万4000人にすると発表した。Amazon.comの第2本社より中心地に近いハドソン川沿いだ。(2018/12/18)

「Googleアシスタント」がフライト遅延を自主的に教えてくれるように
モバイル版「Googleアシスタント」が、ユーザーが搭乗予定の飛行機が遅延する可能性があると、ユーザーが尋ねなくても通知するようになる。機械学習により、航空会社からのアナウンスがなくても遅延する可能性が高いと通知する。この機能は向こう数週間中に使えるようになる見込み。(2018/12/18)

Google、中国向け検閲可能検索サービス「Dragonfly」を断念か──The Intercept報道
Googleの中国向け検閲可能検索サービスプロジェクト「Dragonfly」が実質的に終了したとThe Interceptが報じた。社内外からの批判の高まりや社内のセキュリティ&プライバシーチームによる幹部への抗議が奏功したとしている。(2018/12/18)

Googleさん:
Googleに詰問するなら
Googleのスンダー・ピチャイCEOを招請した公聴会が12月12日に開かれました。個人データ収集や中国再進出について問い質す目的でしたが、成果はいまひとつでした。(2018/12/16)

ITはみ出しコラム:
AmazonがようやくChromecastを販売再開 Googleとの終戦に向けた大きな一歩?
ユーザー不在の締め出し合戦を繰り広げてきたAmazonとGoogle。Amazonが「Chromecast」の販売を再開したことで、ようやく状況が変わるかもしれません。(2018/12/16)

Google、(他社のように)汎用の顔認識APIを当面は提供しないと宣言
「Project Maven」で米国防総省にAIと顔認識技術を提供することで批判されているGoogleが、技術およびポリシー上の課題を解決するまでは汎用的な顔認識APIを提供しないと宣言した。(2018/12/14)

モバイル版「Googleマップ」の「経路」にシェアサイクルLimeも表示
GoogleがシェアサイクルのLimeと提携し、AndroidおよびiOS版の「Googleマップ」の経路検索結果に、シェアサイクルのスクーターあるいは自転車が表示されるようにした。米国とオーストラリアの一部都市で利用可能だ。(2018/12/14)

昭文社、希望退職80人募集 「無料ナビアプリの影響で業績悪化」 「Googleマップ」地図提供のゼンリンは好調
地図事業を展開する昭文社は12月13日、「出版不況や無料ナビアプリの影響で業績が悪化した」とし、希望退職者を募集すると発表した。45歳以上の従業員80人程度の希望退職を募る。ライバルのゼンリンは「Googleマップ」など無料アプリにデータを提供しており、好業績が続いている。(2018/12/14)

Amazon、約1年ぶりにGoogleのChromecastの販売再開
Amazon.comがようやくGoogleのChromecastとChromecast Ultraの販売を再開した。Android TVに「Amazonプライム・ビデオ」アプリも復活した。(2018/12/14)

Google検索の2018年まとめ、日本の「急上昇」は「ワールドカップ」や「漫画村」
Googleが毎年恒例「Year in Search:検索で振り返る」の2018年版を公開した。日本で急上昇した検索語として「漫画村」や「仮想通貨とは」、「バーチャル ユーチューバーの仕組み」などがランクインした。(2018/12/13)

Google、デスクトップ向け「Chrome 71」のセキュリティアップデート公開
最新版となる「Chrome 71.0.3578.98」では、外部の研究者から情報が寄せられた1件のセキュリティ問題を修正した。(2018/12/13)

カナリアリリースに役立つ機能も
「Google Compute Engine」の新機能で、仮想マシン作成、複製、管理がもっと楽に?
「Google Compute Engine」(GCE)に追加された新機能の中でも、イメージとテンプレートを中心とする機能は、管理者による仮想マシンの作成と管理の効率を高める可能性がある。(2018/12/13)

Googleが2018年の検索ランキングを発表 5位「漫画村」、2位「オリンピック」、1位は……?
ドラマ部門では「今日から俺は」、映画部門では「カメラを止めるな」が首位に。(2018/12/12)

モバイル決済おトク情報(Google Pay編):最大5000円のGoogle Playクレジットが当たるチャンス!
Googleの決済サービス「Google Pay」がいろいろなキャンペーンを実施しているのをご存じだろうか。この記事では、12月12日現在においてGoogleが主催して実施しているキャンペーンをまとめた。(2018/12/12)

「iPhoneは他社の製品です」議員の質問に困惑するGoogleのCEO
Googleのスンダー・ピチャイCEOの米下院による公聴会で、ある議員がiPhoneについて質問し、ピチャイ氏は困惑気味に「iPhoneは別の企業の製品です」と答えた。(2018/12/12)

GoogleのCEO、中国での「Dragonfly」立ち上げは「計画していない」と下院公聴会で証言
Googleのスンダー・ピチャイCEOが米下院公聴会で初めて証言。中国向け「Project Dragonfly」については「いまのことろ実施する計画はない」とこれまでの説明を繰り返した。(2018/12/12)

AR空間をより自然に見せ、録画も可能に:
Google、AR環境の構築に役立つ「ARCore」と「Sceneform」に新機能を追加
Googleは、AR環境を構築するためのプラットフォーム「ARCore」と3Dレンダリングライブラリ「Sceneform」を、いずれもVersion 1.6にアップデートした。AR空間をより自然に見せる改善が多数盛り込まれている。(2018/12/12)

Google Chrome完全ガイド:
スマホ版Google ChromeでPCのブックマークを素早く開く
会社や自宅にあるWindows PCにブックマークしてあるWebページを、外出中にスマートフォンで見たい、といったことはないでしょうか。Google Chromeなら「ブックマークの同期」で簡単に実現できます。(2018/12/12)

「Google+」2019年4月にサービス終了 約5250万人の個人情報流出のおそれで4カ月前倒し
いまのところ第三者が閲覧した形跡はないとのこと。(2018/12/11)

GoogleのピチャイCEO、米下院の公聴会でプライバシーについて証言へ
米下院司法委員会によるGoogleのスンダー・ピチャイCEOの公聴会が日本時間の12月12日午前0時からライブ配信される。同社の個人データの扱いについて、厳しい質問が予想される。(2018/12/11)

KubeCon + CloudNativeCon 2018:
Red Hat OpenShift、サーバレス実装の開発者プレビューを発表
 Red Hatは12月10日(米国時間)、「Red Hat OpenShift」で、Googleが2018年7月に発表した「Knative」などによるサーバレス機能を、デベロッパープレビューとして提供すると発表した。(2018/12/11)

iOS版「Googleマップ」アプリにもAI採用「おすすめ」タブ追加
GoogleがiOS版「Googleマップ」に「おすすめ」タブを追加した。Android版には6月から使えている機能だ。位置情報と履歴を有効にしておくと、おすすめのレストランやカフェの情報を表示する。(2018/12/11)

「Google+」の終了が2019年8月から4月に繰り上げ 5250万人に影響の新たなバグ発見で
Googleが、一般ユーザー向け「Google+」の終了時期を2019年8月から4月に繰り上げる。11月のアップデートで新たなバグがあり、企業向けも含む約5250万人の非公開個人情報が影響をうけたため(実被害はなかったとしている)。(2018/12/11)

使いやすく、割安なのは?
AWS、Azure、GCPのコンテナレジストリを比較 Docker Hubとの違いは?
コンテナイメージのレジストリとして「Docker Hub」を使っている開発者は少なくないが、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft、Googleが提供するサービスを利用するという選択肢もある。これらの特徴を比較してみよう。(2018/12/11)

アプリの利用増加で懸念
Apple、Google、Samsungに医療記録の管理を任せて大丈夫か?
米国では、モバイルデバイスを用いて自身の医療記録にアクセスする利用者が増えている。だが、こうしたデバイスに保管される医療データのセキュリティとプライバシーに懸念する声もある。(2018/12/11)

Googleの映像制作ツール「Earth Studio」始動 衛星画像と3Dデータを空撮映像風にできる
Googleが持つ地図用データを、そのまま映像素材に使えるとはすごい。(2018/12/10)

Google、本社キャンパス拡張プランを当局に提出 地域貢献スペースも
Googleがカリフォルニア州マウンテンビューの本社キャンパス拡張計画書を市当局に提出した。是会の計画より駐車スペースを大幅に減らし、地域住民も利用できる公園や商業施設、住宅を増やした。(2018/12/10)

ドローンいらず? 飛行動画作成できる「Google Earth Studio」登場
Googleが、「Google Earth」の膨大な量の3D画像と衛星画像を使ってアニメーション動画を作れるツール「Google Earth Studio」のプレビュー版を発表した。Googleアカウントで申し込める。(2018/12/10)

Google、知らずに広告詐欺SDK利用のアプリ開発者に警告、削除依頼
Googleが、Google Playストアに登録されている複数のアプリに広告詐欺コードを含むSDKが利用されていたとして、該当するアプリの開発者に削除を求めた。猶予期間中にSDKを削除しない場合は措置をとるとしている。(2018/12/10)

「AlphaZero」がチェス、将棋、囲碁の各世界最強AIを打ち負かす
Google系列のAI企業DeepMindの強化学習採用AI「AlphaZero」が、チェスのAI世界チャンピオン「Stockfish」、世界コンピュータ将棋選手権の2017年の勝者「elmo」、そして自社の囲碁AIで世界最強の「AlphaGo Zero」に勝利した。(2018/12/9)

ITはみ出しコラム:
EdgeブラウザがついにChromiumを採用へ Mozillaは「独占は危険」と警告
「Edge」が「Chromium」ベースのブラウザになる――ウワサは本当でした。Googleの「Chrome」と同じエンジンになることで、警戒を強めているのが「Firefox」のMozillaです。(2018/12/9)

管理方法を中心に解説
Chrome、Firefox、IE、Edgeを比較 ビジネス利用の視点で見ると?
主なWebブラウザであるGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Internet Explorer、Microsoft Edgeについて、それぞれの管理方法や機能を紹介する。(2018/12/8)

「Google翻訳」、ジェンダーバイアス排除のため性別の選択が可能に
Googleが、「Google翻訳」で、例えば英語の「外科医」が単語に性別のあるフランス語で「男性の外科医」と翻訳される「ジェンダーバイアス」を排除するため、翻訳結果で性別を選べるようにした(日本語はまだ未対応)。(2018/12/7)

Google、「Allo」は2019年3月に終了、「Duo」は存続、一般向け「ハングアウト」は2つに分割と説明
Googleが、コラボレーションアプリの「Allo」を終了し、一般向け「ハングアウト」はG Suite版と同様に分割すると発表した。同社のコラボアプリは「メッセージ」「Duo」「ハングアウトChat」「ハングアウトMeet」の4つになる。(2018/12/7)

SMS機能や印刷管理、セキュリティが向上:
Googleが「Chrome Enterprise 71」をリリース
Googleは、企業向け管理ツールの最新バージョン「Chrome Enterprise 71」をリリースし、主な3つの機能を紹介した。(2018/12/7)

外の世界とのタッチポイントを増やせ!:
PR:今、最も面白い職種は「プロダクトマネジャー」だ――及川卓也氏が説く、DX時代のIT業界サヴァイブ術
Microsoft、Googleなどの時代の先端を行く米国テクノロジー企業でプロダクトマネジャーやエンジニアリングマネジャーを歴任し、現在複数の企業の顧問を務める及川卓也氏に、日本のシステム開発界隈が今度どのように変わっていくのか、そこで活躍するエンジニアに必要な資質などを聞いた。(2018/12/7)

安定版の「Google Chrome 71」公開、不正防止の対策実装
計43件の脆弱性が修正された他、Web上の不正防止を目指す対策が導入される。(2018/12/6)

Waymo、自動運転車による配車サービス「Waymo One」をフェニックスで一般提供開始
GoogleからスピンオフしたAlphabet傘下の自動運転企業Waymoが、自動運転車による配車サービスを米アリゾナ州フェニックスで一般向けに提供開始した。(2018/12/6)

Microsoft、ブラウザエンジンEdgeHTMLを捨てChromiumに移行か
MicrosoftがWindows 10の標準Webブラウザ「Edge」のレンダリングエンジンをEdgeHTMLからGoogleのChromeと同じBlinkに変更すると米メディアが報じた。(2018/12/5)

広告詐欺の不正コード混入か、Google Playの人気アプリ削除
中国のCheetah Mobileが提供する「CM File Manager」と、米Kika Techの「Kika Keyboard」が、Google Playから削除された。(2018/12/5)

Google、オープンソースのAndroid/iOSアプリ開発SDK「Flutter 1.0」リリース
Googleが、2月にβ版を公開したオープンソースのAndroid/iOSアプリ開発SDKの正式版「Flutter 1.0」をリリースした。(2018/12/5)

Mostly Harmless:
Google、Microsoftに続いてAmazonも プラットフォーマーがプロセッサ開発を手掛けるわけ
Google、Microsoftに続き、Amazonも独自開発のプロセッサ「AWS Graviton」と「AWS Inferentia」を発表しました。プラットフォーマーが自社でプロセッサを開発するメリットは、どこにあるのでしょうか?(2018/12/5)

AI時代のバイアス:
Googleの文章提案AI、「性別ある代名詞」が消えた訳
メール作成時に文章の一部を入力すると、続く文章を自動作成して提案する、Googleの文章提案機能は、ジェンダー属性のある代名詞は提案しない。(2018/12/4)

Google、PixelとNexusの12月のセキュリティ情報公開 メモリなど多数の問題を修正
Googleが、PixelとNexus向けのセキュリティおよび機能アップデートの配信を開始した。バックグラウンとのアプリが終了してしまう問題や、カメラ関連の機能の改善が行われる。(2018/12/4)

なぜ作った Google Homeと魚ロボを組み合わせた結果がシュールでかわいい
インテリジェンスな魚さんです。(2018/12/4)

政府がGoogleなど巨大IT企業規制へ、独禁法の課徴金を引き上げ検討
政府が米Googleなど「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業の規制強化に乗り出すのは、データの寡占が進めば他の企業の参入機会が失われ、競争環境の悪化につながると懸念するからだ。(2018/12/3)

Google、一般向け「ハングアウト」も「ハングアウトChat」と「ハングアウトMeet」に分割へ
Googleが2020年中に一般向け「ハングアウト」を終了するという報道に、中の人が個人Twitterで反論。終了するのではなく、「ハングアウトChat」と「ハングアウトMeet」に分割するとしている。(2018/12/3)

Android最新バージョンへの更新は進んでいない
「Androidエコシステムのセキュリティ」透明性レポート――情報開示に向けた一歩
Googleは2018年11月に「Androidエコシステムのセキュリティ」透明性レポートを初公開した。このデータから見えることと、公開されなかったデータから推測されることについて解説する。(2018/12/3)

Googleさん:
Google墓場入りして困るもの
まだうわさ段階ですが、Googleが「ハングアウト」を2020年中に終了するようです。Googleのサービスで何がなくなると一番困るか考えてみました。(2018/12/2)

Google、「ハングアウト」を2020年に終了か
Googleが一般ユーザー向けコミュニケーションサービス「ハングアウト」の提供を2020年中に終了すると、米9TO5Googleが報じた。(2018/12/1)

Googler、「Project Dragonfly」抗議のための「スト基金」立ち上げ 数時間で20万ドル超
Googleが内外に秘密裏に進めていた中国政府公認検閲付き検索サービスプロジェクト「Project Dragonfly」に抗議する従業員が「スト基金」を立ち上げたところ、数時間で20万ドルを超えた。(2018/11/30)

個人情報を守るGoogleの「オンデバイスAI」技術とは?
Googleの「Pixel 3/Pixel 3 XL」に採用された新しいAI技術について、開発チームのリーダー、特別名誉科学者のブレイス・アグエラ・イ・アルカス氏が語った。キーワードは「オンデバイスAI」と「フェデレーションラーニング」(協調機械学習)だ。(2018/11/30)

Cloud IAMで一元管理:
Google、SaaSとLDAPアプリの管理を統一できる「Secure LDAP」機能の正式版を公開
Googleは、同社の「G Suite」または「Cloud IAM」を使って、従来のLDAPベースのアプリケーションやITインフラへのアクセスを管理できる「Secure LDAP」機能の正式提供を開始した。(2018/11/30)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。