ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「Google」最新記事一覧

【連載】Google アナリティクス360スイート完全攻略 第1回:
Google アナリティクス360スイート、広範囲で複雑な関係を図解してみる
この春にGoogleが発表した「Google アナリティクス360スイート」。「Google アナリティクスを起点にした」Googleのマーケティングプラットフォーム戦略について、複数回に分けて解説していきます。(2016/5/24)

車にゴキブリホイホイ? Google、事故時に歩行者が車に張り付く粘着システムを特許取得
どうやってはがすのかも気になる。(2016/5/23)

GoogleのATAPプロジェクト「Spotlight」の新作360度アニメ作品「Pearl」公開
Googleの先端技術開発チームATAPが、360度動画プロジェクト「Spotlight Stories」の新作「Pearl」をYouTubeで公開した。AndroidおよびiOS端末でオスカー獲得ディレクターの作品を視点を変えながら楽しめる。(2016/5/23)

Google、Androidの各種センサー利用の自由研究用アプリ「サイエンス ジャーナル」
Googleが、子ども向け研究アプリ「サイエンス ジャーナル」をリリースした。Androidの各種センサーで記録したデータをリアルタイムでグラフ化する。オプションのキットで研究の幅を広げられる。(2016/5/23)

ひた隠しにしてきたプロジェクト:
GoogleからAI用プロセッサ「TPU」が登場
Googleが、人工知能(AI)に向けたアクセラレータチップ「Tensor Processing Unit(TPU)」を独自開発したことを明らかにした。同社が2015年にリリースした、オープンソースのアルゴリズム「TensorFlow」に対応するという。(2016/5/23)

AWS、Azure、Googleの覇権は続く?
クラウド“ビッグスリー”は指名買いの時代へ、今後の動向を大予測する
2016年もパブリッククラウドには大きな変化が起こるだろう。特にAmazon、Microsoft、Googleのトップ3社は、自社のアイデンティティーを確立する年となるだろうと予測する専門家もいる。(2016/5/23)

Project Jacquard:
リーバイス、Googleと開発中のスマホ操作デニムジャケットを来春発売へ
昨年のGoogle I/Oで発表された“着るウェアラブル”プロジェクト「Project Jacquard」の成果として、Levi'sが来春、「COMMUTER」ブランドでスマートフォンを操作できるデニムジャケットを発売する。袖をタップしたりスワイプすることで、接続したスマートフォンを操作できる。(2016/5/22)

“ウェアラブル”の今:
「Android Wear 2.0」でスマートウォッチがスタンドアローン化すると何が起こるか
Googleが今秋、ウェアラブルデバイス向けOS「Android Wear」のメジャーバージョンアップを行うと発表し、その機能の一部をGoogle I/Oで披露した。人工知能を活用した「Google Assistant」など、ウェアラブルデバイスの未来を変えうる新しい技術が目を引いた。(2016/5/22)

Googleとリーバイスがスマートジャケット開発 服を触ってスマートフォンの操作が可能
これが本物のウェアラブルデバイスかも?(2016/5/22)

電子ブックレット:
GoogleのAIに望むこと――“人間を賢く”
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、Googleの人工知能「AlphaGo」に関する記事を紹介します。(2016/5/22)

Google、“組み立てスマートフォン”「Project Ara」の開発者版を年内提供へ(今度こそ)
Googleが2013年から取り組んでいるATAPのモジュール式スマートフォン「Project Ara」の開発者向けプロトタイプが第4四半期に登場する。Google I/Oのセッションでは「OK Google、カメラを外して」と言うとカメラモジュールが外れるデモが披露された。(2016/5/21)

「Google Play」の有料アプリとコンテンツを家族共有できる「ファミリーグループ」が7月登場へ
Googleが、オンラインストア「Google Play」の有料コンテンツを家族間で共有できる「ファミリーグループ」を発表した。7月2日に有効になる。共有できるかどうかは販売元の設定による。(2016/5/20)

Google、VR(Daydream)でもNexus方式に──オリジナルヘッドセット発売へ
Googleが、VRプラットフォーム「Daydream」向けのオリジナルヘッドセットとコントローラーを発売する計画を発表した。今秋に同社の製品を含む複数のVRシステムが登場しそうだ。(2016/5/20)

ChromebookにAndroidアプリがやってくる──今秋タッチ対応新モデルも
GoogleがAndroidアプリおよびGoogle PlayをChrome OS端末からも利用できるようにすると発表した。Google I/OでAndroidアプリ開発者向けに最適化のためのセッションが設けられ、今秋までの対応を促した。秋には複数の新Chromebookやハイブリッド端末が登場する見込みだ。(2016/5/20)

セキュリティのアレ(25):
「Google Hacking(グーグル ハッキング)」とは
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第25回は用語解説シリーズです。「Google Hacking(グーグル ハッキング)」を取り上げます。(2016/5/20)

マルチデバイスで使える強力なコラボレーション機能
Googleは「Google for Work」にどこまで本気? 企業ユーザーを魅了できるか
Googleの「Google for Work」ブランドで数多くの企業向けサービスを提供している。その中のコラボレーションサービスについて、どのような展開を進めているのか紹介する。(2016/5/20)

アプリの単体動作も実現 この秋リリースされる「Android Wear 2.0」で変わること
GoogleがAndroid Wearのメジャーバージョンアップを発表しました。この秋リリースする2.0では、スマホなしの単体アプリが作れるようになるほか、ウォッチフェイスのComplications対応、手書きやキーボードでの文字入力対応などが盛り込まれます。(2016/5/19)

「AndroidアプリをChrome OSに」セッションが一時的に表示される
「Google I/O 2016」のスケジュールページに「Bring Your Android App to Chrome OS」というセッションが表示された。その後タイトルと概要が変更されたが、AndroidアプリをChromebookで使えるようにする取り組みについての内容のようだ。(2016/5/19)

「Android N」コードネームの公募スタート 「Nで始まるお菓子」といえば……
Googleが「Android N」のコードネームの公募を始めた。「N」で始まるお菓子やスイーツの名前といえば……。(2016/5/19)

「Android N」の名前募集開始、「VR Mode」搭載のプレビュー3リリース
Googleは年次開発者会議「Google I/O 2016」で、次期Android OS「Android N」のプレビュー3のリリースを発表した。「VR Mode」や「Instant Apps」などの新機能が追加された。OSの名称公募も始まった。(2016/5/19)

Google I/O 2016の基調講演まとめ AI中心、VRの取り組みも
Google I/O 2016の基調講演ではAIアシスタントの「Google Assistant」やVRプラットフォーム「Daydream」などの他、Android Nの進捗などが発表された。主な項目をまとめてみた。(2016/5/19)

GoogleがVRプラットフォーム「Daydream」発表 スマホがVRゴーグルに 秋にも専用ヘッドセット登場
「VRはモバイルで、親しみやすく、誰でも使えるものであるべき」とGoogle。(2016/5/19)

2016年秋より始動:
Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 専用VR HMDにコントローラーも
「Daydream」には、モバイルOSの次期バージョン「Android N」に「VR Mode」が搭載されること、VR体験に最適なハードウェアを備えるDaydream Readyスマートフォンとコントローラー付きVR HMDの発売、VRアプリ配信プラットフォームなどが含まれる。(2016/5/19)

Google、AI bot入りメッセージングアプリ「Allo」とビデオチャットアプリ「Duo」を今夏公開へ
Googleが、AI bot「Google Assistant」を内蔵するメッセージングアプリ「Allo」とネット環境が不良でも高解像度の画像で使えるビデオチャットアプリ「Duo」を今夏公開する。Alloでは友達との会話にbotが参加して待ち合わせ場所の情報を表示したり、適切な受け答えの候補を提示したりする。(2016/5/19)

Googleの人工知能bot「Google Assistant」はサービス横断で活躍する対話型アシスタント
MicrosoftやFacebookに続き、Googleも人工知能bot「Google Assistant」を発表した。「Google Now」などで収集した膨大なユーザーデータで学習したAIで、音声やテキストでの質問や命令にユーザーのコンテキストに沿った応対をする。(2016/5/19)

Google、VRプラットフォーム「Daydream」発表 HMDは端末セット形式で今秋登場
GoogleはVRプラットフォーム「Daydream」を発表した。ヘッドセットはスタンドアロンではなく、「Gear VR」のようにスマートフォンをセットする形式だ。小型のコントローラーが付属するシステムは今秋登場の予定だ。(2016/5/19)

パーソナルアシスタント機能「Google assistant」発表――「Google Home」や新チャットアプリも
Googleが開発者向け会議「Google I/O 2016」で、パーソナルアシスタント機能「Google assistant」を発表。この機能を内蔵した小型デバイス「Google Home」や、新チャットアプリ「Allo」、ビデオ電話アプリ「Duo」も発表した。(2016/5/19)

Google、Amazon Echo対抗の音声アシスタント端末「Google Home」を年内発売へ
Googleが、Amazon.comの「Echo」対抗の音声アシスタント端末「Google Home」を年内に発売する。「OK Google」と呼び掛けて、「Google Now」と同様の命令や質問ができる他、「Chromecast」のように音楽や動画を転送してスピーカーや接続するテレビで視聴できる。(2016/5/19)

Google、美術作品を超高解像度で撮影する「Art Camera」開発 Webサイトで画像公開
米Googleが美術作品をギガピクセル規模で撮影するロボットカメラ「Art Camera」を開発。一部作品をWebサイトで公開している。(2016/5/18)

Google、モバイル版画像検索結果にショッピング広告表示へ
Googleが、モバイル版画像検索の結果の上部にカード状の商品広告「ショッピング広告」を表示すると発表した。(2016/5/18)

Googleが小規模グループでの話題共有サービス「Spaces」をリリース アプリを閉じずに検索やYouTubeが使用・共有可能
TwitterやSkype、LINEに次ぐ新たなコミュニケーションサービスとなれるでしょうか。(2016/5/17)

Google傘下のWaze、ベイエリアで相乗り通勤サービス「Carpool」のテストを開始
Google傘下のソーシャルナビゲーション企業Wazeが、Wazeアプリを使った相乗り通勤サービスのパイロットプログラム「Waze Carpool」をカリフォルニアのベイエリアで開始した。(2016/5/17)

Google I/O直前うわさまとめ 「Android VR」やAmazon Echo対抗サービス?
日本時間の5月19日午前2時スタートのGoogle I/O 2016の基調講演で発表されそうな項目のうわさをまとめてみた。「Android VR」やProject Tangoのエリア認識技術の他、Android Wearのアップデートや新しいメッセージングアプリなどが予想されている。(2016/5/17)

Google、新ソーシャルサービス「Spaces」をAndroid/iOS/Webで公開
Googleが、トピックごとに情報をグループ共有するための新ソーシャルサービス「Spaces」を公開した。アプリ内のGoogle検索で検索した情報や、スマートフォン内の写真などを投稿でき、コメント欄にはFacebookメッセンジャーのスタンプのような画像も用意されている。(2016/5/17)

Google Chrome、Flashに代わってHTML5をデフォルトに
Flashが必要なWebサイトでは、ユーザーが初めて閲覧した際にFlashの実行を許可するかどうかをユーザーに選択してもらう画面をまず表示する。(2016/5/17)

Googleマップの声が突然ロボット声に変更? 元声の女性が「長い間ありがとうございました」と感謝のメッセージ公開
野口さん「当初はGoogleさんに使用していただいていると知りませんでした」。(2016/5/16)

IoT時代の無線規格を知る【Thread編】(1):
Google傘下が主導した無線規格「Thread」とは
家庭やオフィスに無線メッシュネットワークを形成し、丸ごとインターネットに接続できる低消費無線通信の新規格「Thread」。Threadは、Wi-FiやBluetoothなどの既存の無線規格で実現することが難しいIoTの世界を実現する。今回は入門編として、Threadの基礎を紹介する。(2016/5/17)

ITはみ出しコラム:
Googleが今度こそダンボールじゃないVR HMDを出してくる?
日本時間5月19日から始まるGoogle I/O 2016。期待したいのはやはり「VR」です。(2016/5/14)

Google、自然言語理解(NLU)の基礎となる「SyntaxNet」をオープンソース化
Googleが、自然言語理解のためのニューラルネットワークフレームワーク「SyntaxNet」をオープンソースで公開した。機械学習システム「TensorFlow」の一部としてGitHubで公開された。SyntaxNetの構文解析ツール「Parsey McParseface」は“世界一正確に構文解析するツール”という。(2016/5/13)

Google、iOS向け検索ボタン付きキーボード「GBoard」(まずは英語版)
Googleが、iPhoneおよびiPad向けのキーボードアプリ「GBoard」を米国のApp Storeで公開した。キーボードから1タップでGoogle検索し、カード状で表示される検索結果をアプリ内にペーストできるのが特徴。レストラン情報カードや絵文字、GIF、動画などをペーストできる。また、Swypeのようなスライド式入力をサポートする。(2016/5/13)

GoogleのVR HMDはやはりスタンドアロン型でGoogle I/Oで発表か?
5月18日開催のGoogle I/Oで、Googleオリジナルのスタンドアロン(スマートフォンもPCも不要)のVR HMDが発表されると、ベテランジャーナリストがツイートした。「Gear VRよりはましで、ViveやOculus Riftよりは劣る」としている。(2016/5/12)

「Google翻訳」のAndroidアプリ、他のアプリ内での「タップして翻訳」が可能に
Android端末のほとんどすべてのアプリで、テキストを選択するとその場で「Google翻訳」アイコンがポップアップして翻訳できる機能が追加された。Facebookメッセンジャーでも外国語ユーザーとチャットできる。Google翻訳のバージョン5.0のオプトイン機能だ。(2016/5/12)

「Google Chrome 50」安定版のアップデート公開、5件の脆弱性を修正
最新版となる「Chrome 50.0.2661.102」では5件の脆弱性を修正した。(2016/5/12)

ソフトバンク、「Google Play Music」が90日間無料になるキャンペーン
ソフトバンクは、3500万曲以上が聴き放題のストリーミングサービス「Google Play Music」が90日間無料になるキャンペーンを実施する。対象はソフトバンクとY!mobileのAndroid搭載スマートフォン・タブレットのユーザー。(2016/5/11)

製品分解で探るアジアの新トレンド(5):
必要ならばデグレードも、中国メーカーの柔軟さ
今回焦点を当てるのはBaidu(百度)である。“中国のGoogle”とも呼ばれる同社の製品では、ネットワークメディアプレーヤー「影棒」が話題だ。その影棒を分解し、チップの性能を見てみると、中国メーカーの臨機応変さが浮かび上がってくる。(2016/5/11)

ホームで北海道新幹線H5系車両とご対面! 新函館北斗駅がGoogleストリートビューに公開
H5系車両の内部も公開されています。(2016/5/10)

米FTC、モバイル端末の脆弱性対応を調査 AppleやGoogleなど8社に情報提供を指示
FTCはAppleやGoogleなど8社に対し、モバイル端末に発覚した脆弱性や、その脆弱性を修正した時期などについて報告するよう命じた。(2016/5/10)

グーグルが「秘書の日」にイベント 彼女たちの仕事術とは?
日本ではまだまだ認知度の低い「秘書の日」。そんな中、グーグルは社内外から約25人の秘書を集めたイベントを初めて開催した。そこではどんな話が飛び出したのだろうか。(2016/5/10)

自動運転技術:
グーグルの自動運転技術はプラグインハイブリッドミニバンが最適!?
グーグルの自動運転プロジェクトとFiat Chrysler Automobile(FCA)が自動運転技術の開発で提携すると発表。グーグルの自動運転プロジェクトが自動車メーカーと提携するのは、同プロジェクトが2009年に発足してから初めて。まずはプラグインハイブリッドミニバン「パシフィカ ハイブリッド」ベースの自動運転実験車を100台製造する。(2016/5/9)

Google、blogspotの全ブログにHTTPSバージョンを提供
オプトイン方式の設定で「HTTPSリダイレクト」を有効にすると、HTTPのblogspotブログが自動的にHTTPSブログにリダイレクトされる。(2016/5/6)

業務効率を爆上げするChromeのショートカットキー5選
知っていると便利なGoogle Chromeの小技。ショートカットキーをマスターすれば、業務も時短に。(2016/5/6)

Apple、元Google X→Nestの松岡陽子氏をヘルスケア幹部として採用
Appleが、「Google X」の立ち上げメンバーでNestのCTOを務めた松岡陽子氏を「HealthKit」や「CareKit」などのヘルスケアプロジェクトの幹部として迎えた。(2016/5/5)

Google、自動運転車でクライスラーと提携 専用ミニバン製造へ
Googleが、トヨタのLexusベースやオリジナルのプロトタイプに加え、新たにFiat Chrysler Automobilesとの提携によるミニバンタイプの自動運転車を製造すると発表した。同社が自動車メーカーと提携して自動運転車を製造するのはこれが初めてだ。(2016/5/4)

キャリアニュース:
口コミから見る「働きやすい会社」ランキング2016
転職口コミサイト「キャリコネ」を運営するグローバルウェイが「ユーザーの口コミから見る『働きやすい会社』ランキング」を発表。1位は「グーグル」、製造業関連では10位内に「豊田自動織機」「ブラザー工業」「東京エレクトロン」が選ばれた。(2016/5/2)

Android版「Googleフォト」、検索バー追加やSDへの移動など新機能追加
Android版「Googleフォト」がバージョン1.19にアップデートされた。検索関連のユーザーインタフェースが変わった他、BGM付きスライドショー(ムービー)作成機能やSDカードへのデータ保存機能などが追加された。(2016/5/2)

Google、「Chrome 50」安定版の脆弱性を修正
「Chrome 50.0.2661.94」では9件のセキュリティ問題に対処した。(2016/5/2)

GoogleのピチャイCEO、「時代はモバイル第一からAI(人工知能)第一へ」
Googleのスンダー・ピチャイCEOが同社恒例の「創業者からの手紙」を初めて担当し、「世界の情報を整理し、誰もが活用できる価値あるものにする」というGoogle創業以来のミッションを果たすため、機械学習とAI(人工知能)に重点を置くと説明した。(2016/4/30)

Chromebook Pixelよりコッチか:
3200×1800液晶と第6世代Core Mで薄型軽量の「HP Chromebook 13」 499ドルから
「HP Chromebook 13」は、Googleが海外展開する高性能ノート「Chromebook Pixel」に近いハイスペックで、薄型軽量ボディーかつ499ドルからと求めやすい。(2016/4/29)

Google Cloud Platform事例
音楽配信サービスSpotifyのGoogle Cloud Platform移行に残る謎
約7500万人の会員を擁する音楽配信サービスSpotifyが、自社データセンターからGoogle Cloud Platformに移行した。SpotifyがGoogleを選んだ理由とは何か。そして、既に使用していたAWSはどうするのか?(2016/4/29)

Google AppsのAndroid版Googleカレンダーに会議時間調整機能「時間を探す」
Googleが、企業および教育機関向け「Google Apps」のAndroid版Googleカレンダーに、ミーティング設定のためにメンバーの空き時間を自動で探し出し、候補を提示する新機能「時間を探す」を追加した。(2016/4/28)

「Google Play Music」ファミリープランが日本でも 月1480円で6人まで 「Apple Music」と同額
「Google Play Music」で、家族6人まで月額1480円で聴き放題になる「ファミリープラン」がスタート。Apple Musicと同額だ。(2016/4/28)

YouTube、スキップできない6秒動画広告「Bumper」を5月からスタート
Googleが、モバイル版YouTubeアプリユーザーをターゲットにする6秒動画広告「Bumper」を5月からスタートする。12秒以上のTrueView広告と異なり、途中でスキップできない。(2016/4/27)

Google、Android Wear端末向け1クリック着せ替えバンド「MODE」発売 50ドルから
Googleが、スライドボタンで簡単に着脱できる「Android Wear」向けバンド「MODE」を発表した。バンドを交換できるすべてのAndroid Wear端末で利用できる。米国での販売価格はシリコン製が49.95ドル、革製は59.95ドルだ。(2016/4/27)

GoogleのGmail、Microsoft Exchangeをサポート(Nexus以外でも)
Googleが、Android版GmailでようやくMicrosoft Exchangeをサポートした。Nexus以外の端末でもExchangeのメール、カレンダー、連絡先をGmailで利用できる。(2016/4/26)

“Google Apps先生”は営業出身の新人情シス 社内浸透の立役者に
せっかく導入したのに、スケジュールの活用だけにとどまってしまいがちなグループウェア。どうしたらもっといろいろな機能を使ってもらえるかと考えたオープンハウスの情シスが編み出した手法とは?(2016/4/26)

「AWSに見劣りしない」は本当?
DisneyがGoogleクラウドを選んだ理由とは
「Amazon Web Service」が依然としてトップを走る一方、「Google Cloud Platform」も大きな成長を見せ、ユーザー企業が再検討するほど魅力的な機能を備えるようになっている。(2016/4/26)

Google、社内インキュベーター「Area 120」立ち上げか
Googleが、アイデアを持つ従業員の新企業立ち上げをサポートする社内インキュベーター「Area 120」(20%ルールに由来する名称)を立ち上げ中であると米メディアが報じた。(2016/4/25)

MicrosoftとGoogle、世界での法的争いを終了すると発表
2014年2月にCEOに就任したサティア・ナデラCEOの下でマルチプラットフォーム化を推進するMicrosoftと、サンダー・ピチャイCEO率いるGoogleが、世界での訴訟をすべて取り下げ、今後は「製品で精力的に競い合う」と発表した。(2016/4/25)

Tech TIPS:
Google Chromeに保存されているWebサイトのIDとパスワードの情報を確認する
Google Chromeのオートコンプリート機能で保存されたIDとパスワードは、実は簡単に確認できる。うっかり忘れた時でも、Google Chromeに保存されているパスワードを確認すれば大丈夫。(2016/4/25)

Googleの親会社Alphabet、売上高は好調もFiberなどへの投資がかさみ純利益は予想を下回る
Alphabetの1〜3月期の決算は、売上高は17%増の202億2570万ドル、純利益は20%増の42億700万ドルの増収増益だった。モバイル広告が好調だった。(2016/4/22)

Google Keepにも“後で読む”機能追加 ラベルでの分類も可能に
GoogleのEvernote対抗メモツール「Google Keep」に、Webページをメモとラベル付きで保存する機能が追加された。Chromeブラウザの拡張機能も使えば、ほとんどの環境から後で読むためにWebページをラベル付きでGoogle Keepに保存できる。(2016/4/21)

なんてシュールさだ…… Googleストリートビューに落馬の瞬間が4コマ漫画みたいな感じで撮影される
広大な緑。走り去る馬。倒れた人間。(2016/4/21)

Google Inboxにイベント情報まとめや“後で読む”まとめ機能
Googleのメールアプリ「Inbox」に、イベント関連メールの更新をまとめて確認できる機能、後で読みたいWebページをまとめておける「INBOXに保存」機能、ニュースレターの興味のあるコンテンツを見つけやすくする機能が追加された。(2016/4/21)

「GoogleのAndroid戦略は検索市場の支配強化狙い」──EUが異議告知書送付
欧州委員会が、GoogleがGoogle Play Storeを端末にプリインストールしたい端末メーカーにGoogle検索やChromeもプリインストールするよう義務付けたり、Google検索だけをプリンストールするメーカーに報奨金を提供することはEU競争法に違反する疑いがあるとして異議告知書を送付した。(2016/4/21)

「Androidのユーザーを守った」、Googleがセキュリティ状況を報告
Google Playからのみアプリを入手している端末では、潜在的有害アプリが見つかったのは0.15%未満。セキュリティアップデートの対象となるAndroidは全体の70.8%だった。(2016/4/20)

書籍転載:
ゲーム開発が変わる!Google Cloud Platform実践インフラ構築 第2章
あらゆる書籍の中から、Windows Server Insider読者に有用だと考えられる情報をピックアップして転載する本連載。今回は、ゲームインフラエンジニア向けのGoogleのクラウドサービス「Google Cloud Platform」の中からGoogle Cloud Platformの概要ならびに料金に関する章を転載する。(2016/4/20)

Computer Weekly:
音楽配信サービスSpotifyのGoogle Cloud Platform移行に残る謎
約7500万人の会員を擁する音楽配信サービスSpotifyが、自社データセンターからGoogle Cloud Platformに移行した。SpotifyがGoogleを選んだ理由とは何か。そして、既に使用していたAWSはどうするのか?(2016/4/20)

Google Play MusicでPodcast配信開始 まず北米から
Googleのオンライン音楽サービス「Google Play Music」でのPodcast配信をスタートした。まずは米国とカナダのWebアプリおよびAndroidアプリで提供を開始した。音楽同様にユーザーの好みに合うプレイリストを紹介してくれる。(2016/4/19)

YouTube、360度ライブストリーミングをサポート “空間音声”で臨場感アップ
Google傘下のYouTubeが、360度動画によるライブストリーミング機能と、360度動画のサウンドも3Dにする「空間音声」機能を追加した。コーチェラ・フェスティバルが360度ライブ配信を行う計画だ。(2016/4/19)

避難所や給水所をGoogleマップに表示 「熊本地震リソースマップ」
熊本県内の避難所や給水所などの位置情報をまとめた「熊本地震リソースマップ」が、災害情報サイト「Google クライシスレスポンス」に掲載されている。(2016/4/18)

Google、Chromeウェブストアのポリシー改定 違反アプリは7月15日から削除へ
Googleは、ChromeブラウザやChromebook向けのアプリと拡張機能を公開するChromeウェブストアの開発者ポリシーを改定し、Google Play Storeと同様に、ユーザーのどのようなデータにアクセスするかを明示するよう義務付けた。違反アプリは修正しないと7月15日から削除される。(2016/4/18)

特選ブックレットガイド:
Apple、Google、Microsoftも注目するAR技術
AR(拡張現実)・VR(仮想現実)技術への関心が、ここ数年でさらに高まっています。(2016/4/18)

熊本地震:
ネットで安否確認 Google「パーソンファインダー」、Facebook「災害情報センター」公開
熊本県の地震を受け、Googleは「パーソンファインダー」を、Facebookは「災害時情報センター」を開設した。(2016/4/15)

Google、安否確認サービス「パーソンファインダー」提供開始
昨夜発生した熊本県の地震を受けて。(2016/4/15)

Google、「Android N」のプレビュー2リリース 新絵文字やショートカット機能を追加
Googleが、次期Android OS「Android N(コードネーム)」の開発者向けプレビュー2をリリースした。絵文字のデザインが変わり、特定の設定付きショートカットをホーム画面に置けるようになる。(2016/4/14)

Facebook、DARPA出身のGoogle ATAPチームリーダーを引き抜き、ハードウェアチーム立ち上げ
Facebookが、Googleの意欲的な開発チームATAPを率いてきた“女海賊”レジーナ・デューガン氏を引き抜き、新たに設立するハードウェア部門のリーダーに迎えた。(2016/4/14)

「Google Chrome 50」の安定版がリリース Windows XPなど旧OSのサポート終了
Googleが、Webブラウザ「Chrome」のバージョン50をWindows、Mac、Linux向けに公開した。同バージョンからWindows XP/Vistaなどの旧OSはサポートされなくなる。セキュリティ問題は危険度「高」2件を含む20件が修正された。(2016/4/14)

【連載】初めての競合分析 第1回:
Google Analyticsだけでは足りない――Web戦略に「競合分析」が欠かせない理由
近年、Web戦略において重要性を増す「競合分析」について、その具体的な手法を一緒に学んでいきましょう。(2016/4/14)

モバイル版Googleカレンダーに目標達成サポート機能「Goal」
Android/iOS版Googleカレンダーに、目標達成のための新機能「Goal」が追加された(ローリングアウト中)。「週に3回ジムに通う」といった目標を設定しておくと、さぼれないようにプッシュ通知したり、延期するとリスケジュールしてくれたりする。(2016/4/13)

「OpenStackユーザーよ、CinderボリュームをGoogle Cloud Storageにバックアップしよう」
米グーグルは2016年4月11日(米国時間)、Google Cloud Platformブログで、OpenStackのMitakaリリースに、同社が米レッドハット、Biarcaと協力して開発したCinderバックアップドライバーを提供したことをアピールした。(2016/4/13)

「POWER9」搭載サーバを開発中:
GoogleがIBM「POWER」サーバに移行へ
Googleは、同社の大規模なデータセンターのサーバを、Intelのx86からIBMの「POWER」に移行すべく、準備を進めているという。ARMサーバへの移行も想定されているが、可能性としては低いようだ。(2016/4/12)

Google、Androidを音声で操作できるアクセシビリティアプリ「Voice Access」をβ公開
Googleが、Android端末向けアクセシビリティアプリ「Voice Access」のβ版を公開した。「Chromeを起動」「ホームに戻る」「下にスクロール」などの音声での操作が可能になる。アイテムに表示される数字で指定できるのが便利そうだ。(2016/4/12)

Googleストリートビューに交通事故? 「日本三大酷道(こくどう)」として知られる国道425号線に転倒したバイクの姿が
整備が行き届いておらず、国道ならぬ“酷道”として有名な場所です。(2016/4/11)

Google、「Android Studio 2.0」正式版リリース 3倍高速に
GoogleがAndroidアプリ向け統合開発環境(IDE)の「Android Studio 2.0」の正式版をリリースした。コードの書き換えをすぐに確認できる「Instant Run」やクラウド経由のテスト環境「Cloud Test Lab」などの新機能が追加された。また、エミュレータの速度は3倍速くなったとしている。(2016/4/11)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:Microsoftが米国政府と全面対決
巻頭特集は、メールサービス市場におけるOffice 365とGoogle Appsのシェア争いの現状を紹介。また、仮想環境の構築に際して「VMwareは複雑で高すぎる」として不採用を決めたSaaSプロバイダーの事例、ユーザーデータをめぐってMicrosoftが米国政府を訴えた件について、同社担当者に話をきいた。(2016/4/11)

β版で「画面分割マルチタスク」をレビュー
徹底レビュー:iPadの後追いとは言わせない、「Android N」の“1画面2アプリ”機能を試してみた
GoogleはモバイルOS「Android」の次期バージョンである「Android N」(コードネーム)の開発者向けβ版をリリースした。その新機能の実力とは。実際に試してみた。(2016/4/9)

AMPとは:
Googleの検索結果で上位表示されるAccelerated Mobile Pagesに、はてブやLINEも対応表明
はてなは、同社のAndroidアプリ「はてなブックマーク」に、「Accelerated Mobile Pages(AMP)」に対応する新機能を実装した。またLINEも対応を発表している。AMPとは何か。どうすれば対応できるのか。(2016/4/8)

Microsoft EdgeもFlashを一時停止へ 今夏のアップデートで
MicrosoftのWindows 10のWebブラウザ「Edge」が、AppleのSafariやGoogleのChromeと同様にFlashコンテンツを初期設定で再生しないようになる。今夏の「Anniversary Update」で実施の予定だ。(2016/4/8)

米Yahoo!中核事業の買収にGoogleが意欲?
経営不振に陥っている米Yahoo!の中核事業の買収に、Googleなどが名乗りを上げているという。(2016/4/8)

「鶏の鳴き声」で検索すると「コケコッコー!」 Googleに鳴き声検索機能
19種類の動物の鳴き声が聴けます。(2016/4/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。