ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「cookie」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
Insider's Computer Dictionary [Cookie] − @IT

cookieの仕組みを突く新手の攻撃も、セキュリティ機関が注意喚起
ほとんどのWebブラウザでは、HTTPリクエスト経由で設定されたcookieによってリモートの攻撃者にHTTPSを迂回され、セッション情報を取得される恐れがある。(2015/9/28)

短時間でcookie解読、RC4暗号通信を破る新手法
HTTPS通信などに使われる暗号アルゴリズムの「RC4」を突破する新たな方法をセキュリティ研究者グループが発表した。(2015/7/17)

集英社、『Cookie』電子版の配信開始――『赤ずきんチャチャ』など限定収録
電子版配信日は、紙版発売月の翌月1日。(2015/4/1)

1200万台のデバイスに影響
在宅ワーカーは要注意、家庭用ルータの脆弱性が企業のセキュリティを脅かす
家庭用ルータで「Misfortune Cookie」と呼ばれるセキュリティの脆弱性が広範囲に存在することが明らかになった。多くのデバイスが攻撃者によってコントロールされる可能性があるという。(2015/2/13)

cookieや履歴を要求する拡張機能をチェック、Googleのデバッグツールに新機能
「Chrome Apps & Extensions Developer Tool」の更新に、ユーザーが使っている拡張機能やアプリの挙動をチェックできる機能が加わった。(2014/6/13)

サードパーティーデータの代わりに:
Cookieだけでターゲティングの精度を上げることはできるのか
欧米市場に比べ、アジア圏ではサードパーティーデータの活用が遅れていると言われている。ほとんどの企業は自社サイトを訪問したWebブラウザのCookie情報をベースにターゲティングしている。ターゲティング精度を向上させるにはどうしたらいいのだろうか。(2014/4/28)

お経や住職が無尽蔵に増えていくゲーム「木魚クリッカー」が狂気的 アイテム「Jakucho」で功徳を積みまくれ
Cookie Clickerのパロゲー「木魚クリッカー」が誕生。マニ車や「Jakucho」などのアイテムで功徳を積むスピードが加速する。(2014/1/23)

Ruby on Railsにcookie保存関連の脆弱性、2000サイトで放置状態
Ruby on Railsの「CookieStore」では、ユーザーのセッションハッシュが暗号化されない状態でクライアントサイドのcookieに保存されていた。(2013/11/27)

無料のオリジナルストーリーも:
少女・女性マンガを集めた集英社公式ストアアプリ「マーガレットBOOKストア!」
集英社の人気雑誌「りぼん」「マーガレット」「別冊マーガレット」「YOU」「Cookie」「Cocohana」などの作品が読める公式アプリ「マーガレットBOOKストア!」がリリース。(2013/6/26)

オレオを牛乳に浸すためのカップが開発される
牛乳を普通のコップに入れるとオレオを浸しづらい――そんな問題も「Cookie Dunker」があれば解決。(2013/4/9)

Firefoxの新ポリシー  サードパーティcookieをデフォルトで遮断へ
Firefox 22から導入される新ポリシーでは、ユーザーが閲覧したことのないサードパーティーのcookieを遮断する。(2013/2/26)

Facebook、ターゲティング広告サービス「Facebook Exchange」を一般公開
広告主は「Facebook Exchange」を利用することで、自分のWebサイトを訪問したユーザーのcookie情報に基づく広告を、そのユーザーのFacebook上に表示できるようになる。(2012/9/14)

Google、Safariユーザーの無断追跡問題で2250万ドルの制裁金――Wall Street Journal報道
Googleが広告cookieを利用してAppleのWebブラウザSafariのWeb履歴を追跡していたとされる問題で、Googleが米連邦取引委員会(FTC)と和解し、2250万ドルの制裁金を支払うとWall Street Journalが報じた。(2012/7/11)

FlashやSilverlightの機能を悪用
cookieの削除は効果なし? 「supercookie」による行動追跡を防ぐには
削除したcookie情報を復元、ドメイン横断的に閲覧履歴を収集――。従来のcookieよりも強力な行動追跡機能を持つ「supercookie」の実態と、ユーザー企業がなすべき対策を解説する。(2012/5/25)

GoogleがSafariの設定を迂回してユーザーを追跡していたことが判明
Mac、iPhone、iPadのWebブラウザ「Safari」の初期設定では訪問先のcookieのみ受け入れるようになっているが、Googleがこれを迂回してサードパーティーcookieを埋め込めるようにしていたと研究者が発表し、波紋を呼んでいる。(2012/2/18)

cookie削除後も行動追跡を続ける「supercookie」に研究者が警鐘
スタンフォード大学の研究者は、Microsoftが運営する「live.com」サイトでsupercookieの手法を使って削除したはずのcookieが再生されているのが見つかったと報告した。(2011/8/22)

「怪盗ロワイヤル」が漫画化 ヤンジャンとCookieで連載
DeNAが運営する「Mobage」の人気ゲーム「怪盗ロワイヤル」が漫画化され、集英社「週刊ヤングジャンプ」「Cookie」で連載される。(2011/6/16)

6月のMSセキュリティ情報は16件、日本時間15日に公開
16件のうち9件が「緊急」レベルとなり、IEに報告された「cookie乗っ取り」問題にも対処する。(2011/6/10)

Flash Playerが10.3にバージョンアップ、「Flash cookie」の削除に対応
Adobeが公開したFlash Player 10.3では、「Flash cookie」と呼ばれるローカルストレージがWebブラウザの設定画面から削除できるようになった。深刻な脆弱性も多数修正されている。(2011/5/16)

Google、Android Marketにもターゲティング広告防止オプションを追加
Android Marketの「設定」ページで、AdSenseとAdMobによるcookieを利用した行動追跡を拒否できるようになった。(2011/4/18)

アクセス解析支援サービスの「footprint」、キャリアのユーザーIDを取得可能に
アクセス解析支援サービス「footprint」がバージョンアップ。Cookieエミュレーション機能やキャリアユーザーIDの自動取得機能、テスト環境簡単ログイン機能が追加された。(2010/11/16)

セッションレスCookieエミュレーション対応の携帯コンテンツ変換ソフト「Durian 4.6」
シンメトリックは、セッションレスCookieエミュレーションに対応したJavaベースのマルチキャリア対応携帯コンテンツ変換ソフトウェア「Durian 4.6」の販売を開始した。(2010/11/11)

Twitterで悪質なスクリプトが流通、cookie盗難の恐れ
TwitterのXSSの脆弱性を突いてユーザーのcookieを盗み出す悪質なJavaScriptが出回っているという。(2010/9/8)

Google Chromeの最新βリリース 翻訳機能追加とプライバシー向上
Windows向けにリリースされたGoogle Chromeの最新β版にはページの自動翻訳機能が追加され、サイトごとにCookieなどのプライバシー項目を設定できるようになった。(2010/3/3)

Google、「パーソナライズ検索」をログインなしで利用可能に
これまでGoogleアカウントでログインしないと利用できなかった検索のカスタマイズ機能が、ログインせずに利用できるようになった。調整にはcookieを使用する。(2009/12/7)

Biz.ID Weekly Top10:
「シークレットモード」の効用
ブラウザに履歴やcookie情報を残さずブラウジングできるシークレットモード。最近はある特定の場面でも活躍してくれています。(2009/12/4)

IPA、Operaに存在するセキュリティ問題で注意喚起
サードパーティのCookieの取り扱いに問題が存在すると、IPAが注意を呼び掛けている。(2009/9/17)

ユーザーが制御できない「秘密cookie」、半数強のサイトが利用
米研究チームの発表によると、Adobe Flashを使ってネット上のユーザーの行動をひそかに追跡し続けるサイトが増えているという。(2009/8/13)

Apple、音楽制作ソフト「GarageBand」のセキュリティ問題に対処
「GarageBand 5.1」ではcookieの受け入れにまつわるセキュリティ問題を解決した。(2009/8/5)

アプリケーションテストに応用できるアドオン
Firefoxアドオンの「Web Developer」を使ってセキュリティ問題を発見
この無料のアドオンには、スクリプトの無効化やCookieの表示など、セキュリティテストに役立つ幾つかの機能が用意されている。(2009/4/17)

Google、行動ターゲティング広告に参入
懸念されるユーザーのプライバシー保護については、ユーザーが自分で管理できる「Ads Preferences Manager」や、cookieを無効にするなどの方法で解決できるとしている。(2009/3/12)

米Yahoo!の転職サイトにXSSの脆弱性、不正コードでcookie盗む
Netcraftによれば、米Yahoo! HotJobsサイトに仕掛けられた不正JavaScriptでユーザー認証用のcookieが盗まれていた。(2008/10/29)

IE 8に閲覧履歴を残さないプライバシー機能
IE 8には、履歴やcookieを保存せずにインターネットを閲覧できる「InPrivate Browsing」などの機能が盛り込まれる。(2008/8/26)

Google、コンテンツネットワークの機能を向上
DoubleClickのcookieをGoogleコンテンツネットワークに導入することで、新機能を追加する。(2008/8/8)

Apache Tomcatに不正Cookieの脆弱性
IPAとJPCERT/CCは、オープンソースソフトウェア「Apache Tomcat」で、不正なCookieが送信される脆弱性が見つかったと発表した。(2008/2/12)

Ask.com、検索履歴の「消しゴム」AskEraser機能を導入
Ask.comの新機能「AskEraser」をオンにすると、検索クエリーの履歴や関連cookie情報が、Ask.com側のサーバに保存されなくなる。(2007/12/12)

「クローンの攻撃」で金銭詐取の不正アプリ急増、日本語版も登場
クローンはブラウザのcookieを使った巧妙な手口で増殖する。ちなみに日本語版は間違いだらけ。(2007/9/13)

Googleなど大手サイトのcookie転送に問題発覚、認証かわされる恐れ
Google、Microsoft、Yahoo!などの大手サイトに脆弱性が発覚。「サービスとしてのソフトウェア」を提供しているサイトは特に危険だという。(2007/9/10)

「あなたのプライバシーは守られます」、GoogleがYouTubeでプライバシーポリシー解説
GoogleはユーザーのCookieやIPアドレスといった情報を収集しているが、個人が特定されることはないと強調する。(2007/8/9)

MSがプライバシー対策強化。検索データは「18カ月で匿名化」
Microsoftは18カ月経過後に、検索データからcookie IDやIPアドレスなどを恒久的に削除して匿名化する。(2007/7/23)

Google、cookieの有効期間を2年間に短縮――プライバシー上の懸念に配慮
Google利用者のPCに残るcookieの有効期間が、従来の「2038年まで」から「2年間」に短縮される。(2007/7/17)

Mozilla、Firefox 3.0のα6をリリース
SQLiteエンジンのアップグレード、cookieのパフォーマンス向上、Gecko 1.9エンジンのバグフィックスなどの機能改善などが加えられた。(2007/7/4)

Firefoxに脆弱性、他者サイトのcookie改ざんの恐れも
FirefoxなどMozillaベースのブラウザに脆弱性が存在し、悪用されると攻撃者がよそのサイトのcookieなどのデータを操作できてしまうという。(2007/2/16)

Googleサービスにcookie盗難の脆弱性
Googleの脆弱性が原因で、攻撃者がユーザーのcookieを盗んでGoogle Docs & Spreadsheetsやメールにアクセスできる状態になっていた。(2007/1/17)

Google、Firefoxブラウザの同期ツール公開
Google Browser Syncはインストールしたすべてのコンピュータでブックマーク、履歴、パスワード、cookieの同期が可能になる。(2006/6/9)

星野君のWebアプリほのぼの改造計画(6):
Cookie Monster襲来! 戦え、星野君
(2006/4/15)

スパム時代のサニタイズ開発手法:
Cookieは悪くない――潜む漏えいパターンの真実
日ごろ何げなくPCに保存されているCookieという名の情報保存の仕組み。この仕組みには、アクセス先のサイトによって暗号化を行っていない場合や、無用に長い保存期間で設定されている場合がある。サーバ管理者やユーザーは何に注目すればよいのか。(2005/12/14)

スパム時代のサニタイズ開発手法:
ネットセキュリティの考え方が変わった理由
日ごろ何気なくショッピングサイトなどで見かける暗号化(SSL)や情報保存(Cookie)の仕組み。そのセキュリティは本当に信じられる状態にあるのか? 今回の記事では、利用者が必ず知っておくべき真偽の判断基準を解説する。(2005/12/1)

Google Baseに脆弱性、現在は修正
β版が公開されたばかりのGoogle Baseにクロスサイトスクリプティングの脆弱性が存在し、cookieなどの情報を盗み出せる状態になっていた。(IDG)(2005/11/19)

ユーザーの58%がcookie削除――Web測定の正確性に影響も
JupiterResearchの調査によれば、ユーザーの58%が「cookie」ファイルを削除したことがあるという。(2005/3/16)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。