ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マーケティング」最新記事一覧

EC向けCRM:
Facebook「コレクション」からクロスセルにつながるCRMシナリオ設計、シナジーマーケティングが提供
シナジーマーケティングは、Facebookの広告フォーマット「コレクション」を活用して既存顧客のアップセル・クロスセルにつなげるCRMソリューションの提供を開始すると発表した。(2017/6/23)

リスクマネジメントにも対応:
ソニーマーケティング、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスのノウハウを外販
ソニーマーケティングは、企業と顧客との円滑なコミュニケーションをサポートし、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスノウハウの外部提供を開始する。(2017/6/22)

FREETELが「iPhone 6s」のApple認定整備済品を300台限定で発売 「スマコミ+」契約が条件
FREETEL(プラスワン・マーケティング)の「スマートコミコミ+(スマコミ+)」の対象端末にiPhone 6s(64GB・ゴールド)を追加した。Apple認定の整備済品(CPO)で、300台限定で販売する。(2017/6/22)

【新連載】真説・人工知能に関する12の誤解:
人工知能って結局何なの? 知能と知性の違いから考える
人工知能という言葉が“マーケティング用語”のような形でちまたに溢れる昨今、人工知能に対してさまざまな誤解が生まれています。この連載では、さまざまな角度から、それらの誤解を検証していきます。(2017/6/22)

庭山一郎の「欧州マーケティング紀行」 【後編】:
B2Bエージェンシーの世界選抜とグローバルマーケティングについて語り合う
B2Bマーケティングエージェンシーの各国代表が集うIDN(InterDirect Network)。今回は同組織の役割や現在直面する課題について解説。(2017/6/21)

庭山一郎の「欧州マーケティング紀行」 【前編】:
英語の国で生まれたB2Bマーケティング、欧州各地の最新事情
「InterDirect Managers Meeting 2017」に参加するため2017年5月に欧州に出張したシンフォニーマーケティング代表取締役の庭山一郎氏。かの地におけるB2Bマーケティングの現状を解説する。(2017/6/20)

顧客接触機会を営業担当に自動で通知:
月額5000円から使えるマーケティングオートメーション「Kairos3」がSFA機能を提供
カイロスマーケティングは、顧客接触の機会を自動で営業担当者に知らせるクラウド型営業支援システム「Kairos3 SFA」の販売を開始した。(2017/6/19)

「Krux」がブランド変更:
「Salesforce DMP」がB2Cマーケティングを成功に導く3つの要素
「Salesforce Marketing Cloud」傘下で「Salesforce DMP」として生まれ変わったDMP製品「Krux」。国内提供開始に当たって説明された製品ビジョンとは何か。(2017/6/19)

【CASE STUDY】LeadGen. Segment 活用事例|アイティメディア:
PR:“マーケティングチームのクラウド化”で最大効果を発揮 質の高いリード獲得でパートナー様の案件機会を拡大
ヴイエムウェアではパートナー企業様への案件機会の提供を目的に、オンラインメディアを活用したリード獲得の仕組みが始動。そこでは「LeadGen. Segment」が採用された。果たして、その成果は?(2017/6/16)

【連載】ニューロマーケティングで「1つ上」のCRM 第1回:
顧客は自分の本音を語れない、ならば「脳」に聞いてみよう
脳科学の知見を応用し、顧客の本音を探る手法として注目される「ニューロマーケティング」。その概要を分かりやすく解説する。(2017/6/19)

営業力は「カゴメ」が1位:
国内飲料メーカーの「営業体制」を比較 各社の強みは?
国内飲料メーカーの営業体制の違いは?――TPCマーケティングリサーチ調べ。(2017/6/16)

B2Bマーケティングに関するアンケート調査:
マーケティングオートメーション格差が鮮明に――シャノン調査
シャノンは国内のB2B企業のマーケティング担当者および販促担当者を対象にアンケート調査を実施。その調査結果と分析内容を発表した。(2017/6/15)

ブランド好きな顧客に2タイプのセグメント:
マーケティング施策に反応しない「ネコ型顧客」が6割、ネットイヤーグループが調査
ネットイヤーグループは、顧客セグメントの新たな視点として「ネコ型顧客」「イヌ型顧客」の2つを定義し、それぞれに有効なマーケティングコミュニケーションの調査研究を開始した。(2017/6/15)

リテールテックプロダクトユニット「ASE」を発足:
フリークアウト、流通・小売業向けにジオマーケティングサービスを提供
フリークアウトは、流通・小売業向けのリテールテックプロダクトユニット「ASE(エース)」を発足した。(2017/6/14)

ITRが調査:
統合型マーケティング支援ツール、選定のポイントは「運用コスト」
アイ・ティ・アール(ITR)は従業員数100人以上でマーケティング関連製品の導入に積極的な国内企業などを対象に、それらの製品に関するユーザー動向調査を実施した。(2017/6/14)

インフルエンサーマーケティングの効果を最大化:
インフルエンサーの投稿写真から広告バナーを制作、THECOOとクリエイターズマッチがサービス提供
THECOOとクリエイターズマッチは事業提携し、インフルエンサーマーケティングの一環としてインフルエンサーが投稿した写真から広告バナーを制作するサービス「Adgenic」の提供を開始した。(2017/6/14)

潜在顧客の獲得も強化:
Twitterの“困っている”に反応する「リプライマーケティング」、ガイアックス子会社が開始
ガイアックス子会社のアディッシュは、SNSにおける“困っている”や“探している”といった「つぶやき」に対してサービス紹介のリプライを個別送付する「リプライマーケティング」の提供を開始した。(2017/6/13)

タグマネジメントから「ユニバーサルデータハブ」へ:
データの「サイロ化」に挑むTealiumの戦略とは?
デジタルマーケティングの取り組みが進み、施策が増える一方で、各システムに散在し断片化したデータの一元管理が求められるようになっている。解決の鍵になると期待される「ユニバーサルデータハブ」とは何か。(2017/6/13)

脱Accessで作業速度が5倍――ネット専業「じぶん銀行」のデータ活用法とは?
スマートフォンでATMを利用できるようにするなど、インターネット銀行ならではの施策を次々と打ち出している「じぶん銀行」。同行が今、目指しているのはDWHを活用した「1to1マーケティング」だという。(2017/6/13)

マーケティングオートメーションとも連携:
メジャース、クラウド型イベント管理システム「Event Cloud Mix」提供開始
セミナーや展示会などのイベントマーケティングを行うメジャースは、クラウド型イベント管理システム「Event Cloud Mix」をリリースした。(2017/6/12)

2.2億PV/5000万UUのメディア・コンテンツ群データを活用:
小学館が独自DMPを開発、コンテンツマーケティングの支援業務を開始
小学館は、独自のデータマーケティング基盤「コトバDMP」を開発。自社のメディア・コンテンツから得られる興味関心データを活用し、コンテンツマーケティングの支援業務を開始する。(2017/6/9)

キヤノンMJがSMPを販売:
シャノンとキヤノンマーケティングジャパン、デジタルマーケティング分野で販売提携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」(以下、SMP)の販売ならびに導入運用支援において、キヤノンマーケティングジャパン(以下、キヤノンMJ)との販売提携に合意したと発表した。(2017/6/8)

セミナーレポート:
製造業のための“すべらない”コンテンツマーケティング、成果を挙げるポイントは?
2017年5月18日、アイティメディアとALUHAが共催した「製造業におけるコンテンツマーケティング」をテーマにしたセミナーの内容をダイジェストで紹介する。(2017/6/7)

B2B営業/マーケティングに関する実態:
B2Bにおける新規開拓、依然として残る「飛び込み営業や代表電話へテレアポ」――イノベーション調査
イノベーションは、企業のB2B営業/マーケティングに関する取り組み状況を調査した。 (2017/6/6)

簡単ではない「ソフトウェア定義ストレージ」の運用
ハイパーコンバージドの核となる「SDS」、その役割と技術の選び方
ベンダーは、マーケティング戦略で「ソフトウェア定義テクノロジー」という言葉をよく用いる。しかし、実際の実装では企業がソフトウェア定義を習熟するまでには長い時間を要する。(2017/6/6)

広告配信から来店成果計測まで:
次世代IoTデバイスを活用したO2Oマーケティング実現へ、SMNとマッシュルームが協業
ソネット・メディア・ネットワークスとマッシュルームは、次世代IoTデバイスを活用したO2Oマーケティングソリューションの事業展開に向けた共同開発について合意した。(2017/6/5)

過去に効果出たページ構成をテンプレ化:
質問に答えるだけでWebページ作成、「ferret One」が簡単アシスト機能を実装
ベーシックは、Webマーケティングツール「ferret One」において、過去に効果の出たページ構成を基にしたテンプレートを提供し、Webページ制作を支援する「簡単アシスト機能」をリリースした。(2017/6/5)

CMSで作成したWebコンテンツをスムーズにCCMP内に取り込み:
マーケティングオートメーション「Experian Cross-Channel Marketing Platform」が機能強化
エクスペリアンジャパンはマーケティングオートメーション(MA)ツール「Experian Cross-Channel Marketing Platform(CCMP)」の機能強化を発表した。(2017/6/2)

顧客視点のアプローチ実現のために:
三菱東京UFJ銀行のデジタルマーケティング、ライフイベントを提案機会につなげるためのデータ活用とは?
ライフイベントに即応した施策の実現へ、メガバンクのデジタルマーケティングを支えるシステムはいかにして進化を遂げたのか。(2017/5/31)

「MAJIN」にLINE@連携機能を追加:
LINEを連携させた新たなマーケティングオートメーションツール、日本経済社とジーニーが共同開発
日本経済社とジーニーは、ジーニーのMAツール「MAJIN」とLINEを連携させた新たなMAツールを共同開発し、2017年6月に提供開始すると発表した。(2017/5/30)

抽選で1名さまに:
ソニーのスマートウォッチ「wena wrist」が当たる ITmedia マーケティング無料メルマガ購読キャンペーン
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選で1名さまに、ハイブリッドスマートウォッチ「wena wrist(WN-WT01S)」をプレゼントします。(2017/5/29)

「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」レポート:
動画広告に最適な「尺」「デザイン」「メッセージ」他、ヒトクセ 宮崎 航氏が語る実践的ノウハウ
本稿では、2017年5月11日に実施された「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」におけるヒトクセ 宮崎 航氏の講演の内容をダイジェストで紹介する。(2017/5/26)

「異端」の販売戦略とは:
赤城乳業の名物部長が語る「ガリガリ君」秘話
ITmedia ビジネスオンライン編集部が主催する読者イベント「アクションリーダー学」に、「ガリガリ君」のマーケティングを手掛ける赤城乳業 営業本部 マーケティング部の萩原史雄部長が登壇。大ヒットの裏話を語った。(2017/5/25)

1ドメインかつ5万PVまで無料:
スターティアラボ、マーケティングオートメーションツール「BowNow」に無料プランを追加
スターティアラボは、マーケティングオートメーションツール「BowNow」に無料プランを追加すると発表した。2017年6月から先行受付を開始し、7月末から提供を開始する。(2017/5/25)

データから得られるインサイトを自動表示:
マーケティング特化の人工知能「Datorama Genius」が登場
マーケティングに特化した人工知能「Datorama Genius」を発表した。(2017/5/25)

ファッション誌を中心に:
集英社がインフルエンサーマーケティング事業に参入
集英社はインフルエンサーマーケティング事業に参入すると発表した。出版社ならではの強みを生かして発信力のあるインフルエンサーがソーシャルメディア上で各企業の商品やサービスを投稿し、拡散を図る。(2017/5/24)

セミナーレポート:
「SPEEDA」の急成長を支えるユーザベース自身のABM戦略とは
アイティメディアとユーザベースが「ABM時代のデジタルマーケティングとは」をテーマに共催したセミナーの内容を、ダイジェストで紹介する。(2017/5/31)

「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」特別講演レポート:
LINEとTwitterの幹部が語る、これからのマーケティングにおけるSNS活用
「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」から、LINE 上級執行役員の田端信太郎氏とTwitter Japan 代表取締役 笹本 裕氏による特別講演の要点をレポートする。(2017/5/22)

「ショップジャパン」が採用:
アライドアーキテクツ、マーケティング施策の影響度を“人軸”で可視化する「ブランドタッチマネージャー」を提供
アライドアーキテクツは、SNS連携して取得した生活者のデータを蓄積し、マーケティング施策の影響度を定量・定性的に可視化できる新サービス「ブランドタッチマネージャー」の提供を開始した。(2017/5/19)

電力供給サービス:
需要家との接点を強化しやすく、電気事業者向けクラウドに新機能
NTTデータは電力事業者向けクラウドサービス「ECONO-CREA」のメニューに、マーケティング機能を追加した。電力およびガス自由化がスタートし、重要さを増す需要家接点の強化や業務効率化を支援する。(2017/5/19)

マーケティングと営業を結び顧客接点を強化:
アシストグループ のれんがデジタルマーケティングソリューションを提供開始
のれんは、デジタルマーケティングソリューション「NOREN musubi」を提供開始した。(2017/5/18)

Webサイト制作の知識なくても使える:
Pardot連携フォームやLPの制作を支援する「MAPlus MAコントローラー」、toBeマーケティングが提供
「Salesforce Pardot」の導入支援を行うtoBeマーケティングは、Pardot活用支援サービスの一環としてLP制作を支援するツール「MAPlus MAコントローラー」の提供を開始すると発表した。(2017/5/18)

生活者理解のためのデータを自社のツールで統合管理:
インテージのマーケティング支援データをBIやCRMと接続可能にする「INTAGE connect」が登場
インテージは、同社が保有する各種マーケティング支援データとBIツールやCRMツールとの連携が可能になる「INTAGE connect」を2017年5月16日より提供を開始した。(2017/5/17)

情報拡散の構造をクラスタごとに分析:
ADK、多面的な若者バイラルマーケティング分析を可能にする「ワカナビセブン」を開発
アサツー ディ・ケイは、若年層の情報拡散の構造をクラスタごとに分析する新しい手法「ワカナビセブン」を開発したと発表した。(2017/5/16)

ABM支援サービスとも連動:
Phone AppliとtoBeマーケティング、名刺管理×マーケティングオートメーションによる営業支援サービスを提供
Phone AppliはtoBeマーケティングと協業し、Salesforce連携名刺管理サービス「MAPlus 名刺管理」の提供を開始したと発表した。(2017/5/16)

Phone Appliら、Salesforceとも連携し営業活動を支援する「MAPlus 名刺管理」発表
Phone AppliとtoBeマーケティングは、名刺管理とマーケティングオートメーション(MA)を連携させ、企業のマーケティング活動を促進するソリューション「MAPlus 名刺管理」を発表。名刺取得後の負荷を軽減し、スピード感ある営業活動の実現を支援する。(2017/5/16)

マーケティングオートメーションをもっと有効に使いこなすために:
ソリューション営業を超えてゆけ――「インサイト営業」からマーケティングシナリオを生み出す
2017年4月にサンブリッジが主催した「インサイト営業」をテーマにしたセミナーの内容をダイジェストで紹介する(2017/5/16)

顧客獲得から育成、CRMまで一気通貫で支援:
オールアバウトが「運用型コンテンツマーケティング」にSATORIのマーケティングオートメーションを導入
オールアバウトは、「運用型コンテンツマーケティング」に、DMP内蔵型のマーケティングオートメーションツール「SATORI」を導入し、プロモーション効果の最大化を図る取り組みを開始した。(2017/5/15)

「XDP」と「TREASURE DMP」を連携:
富士通とトレジャーデータがデジタルマーケティング事業で協業
富士通はデータマネージメントサービスを展開するトレジャーデータとデジタルマーケティング事業で協業することに合意した。(2017/5/15)

予算皆無で「モノ」をどう売り込む?
IoTベンチャーが飛びつくべき5つの“無料マーケティング戦略”
多くの企業によってチャレンジが続くIoT市場。その中で自社の製品を売り込むには効果的なマーケティング施策が重要だ。無料で取り組むことができる施策を紹介する。(2017/5/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。