ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

マーケティング に関する記事 マーケティング に関する質問

「マーケティング」最新記事一覧

メールからWebまで顧客行動を把握:
NTTコム オンライン、米ExactTargetとHubExchangeパートナーシップを締結
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(以下、NTTコム オンライン)は10月23日、米ExactTargetとHubExchangeパートナーシップを締結し、メールからWebまで顧客行動を一元的に把握/管理できる「Visionalist for HubExchange」を提供していくことを発表した。(2014/10/24)

【連載】進化するマーケティングリサーチ:
第4回 購買データの新たな挑戦
マーケティング活動の基本指標となる購買データ。今回は既存のPOSデータや消費者スキャンパネルデータを振りかえるとともに、全く異なる分野であるスマートフォン・タブレット用アプリの最前線から、新たな購買データ活用の可能性を探る。(2014/10/24)

新型iPhone、最もユーザー満足度が高いキャリアは?
先月発売されたばかりの新型スマートフォン「iPhone 6/6 Plus」。NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイルの3キャリアから発売されたが、最も満足度が高かったのはどこか。購入者に、満足度やキャリア選択理由などを聞いた。ネオマーケティング調べ。(2014/10/23)

使えるWebサイト制作叶えます:
ベーシック、中小企業向け無料マーケティングオートメーションツール「Homeup!」ベータ版をリリース
創造カンパニーを掲げるベーシックは10月22日、中小企業をターゲットにした無料マーケティングオートメーションツール「Homeup!(ホームアップ)」のベータ版をリリースしたことを発表した。(2014/10/22)

Radian6 Buddy Media Social Studio:
クロス組織化する企業に欠かせない情報共有の在り方とは――セールスフォース・ドットコム
日本市場で提供が開始されたデジタルマーケティングプラットフォーム「Radian6 Buddy Media Social Studio」。2つのサービスを単一インターフェイスで統合した同製品が、企業にもたらす新たな価値や可能性とは――。(2014/10/22)

【連載】BtoB企業のマーケティング担当者が知らないマーケティング実践ノウハウ:
第3回 BtoBにおけるマーケティング活動の設計は「誰に」「何を」「どのように」で考える
BtoBマーケティング成功の鍵は、1)ターゲット企業における購買関与部門の責任者とどのように出会うのか? 2)提案機会をいかに獲得するか? 3)顧客のニーズをいかに引き出すか? の3点です。ソリューション企業への進化が問われる中、これらをうまくつかいこなす企業は共通する2つの視点を持っていました。(2014/10/17)

行動そのものを評価ができる:
TDSM、MA市場で国内初「TDSM Predictive-LeadScoring」の提供を開始
テクノスデータサイエンス・マーケティングは10月16日、マーケティングオートメーション(MA)市場に対し、統計モデルを活用したアルゴリズム製品「TDSM Predictive Lead Scoring」を国内初で提供することを発表した。(2014/10/16)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第7回 マーケティングに仕事で関わるなら身につけたい「信念と技術、知識と実践」
実務家 兼 大学生としてマーケティングを学ぶ立場からお届けしてきた当連載、学校を無事卒業ということで、今回がいったん区切りとなります。最終回は、BtoBマーケティングを取巻く環境が急変していることを踏まえ、もう一度、学びと実践という観点からマーケティングの現在と未来を考えてみたいと思います。(2014/10/16)

77.5%の人が「上司に恵まれてきた」――点数をつけるとしたら何点?
あなたはこれまで上司に恵まれてきたと思いますか? 上司がいる会社員に聞いたところ、77.5%が「恵まれてきた(とても+まあまあ)」と回答した。ネオマーケティング調べ。(2014/10/15)

2019年までに株式上場:
動画マーケティングのLOCUS、ニッセイ・キャピタルら2社から1億8000万円の資金調達
動画制作および動画マーケティング支援事業を営むLOCUSは10月15日、ニッセイ・キャピタルとみずほキャピタルを割当先とする第三者割当増資を実施し、1億8000万円の資金調達を行ったことを発表した。(2014/10/15)

最適化されたメッセージを配信:
京セラコミュニケーションシステム、デジタルマーケティング分野で米国X Plus One Solutionsと提携
京セラコミュニケーションシステムは10月14日、デジタルマーケティング分野におけるDMP事業共同展開に向け、X Plus One Solutionsと業務提携したことを発表した。(2014/10/14)

企業とオーディエンスとを橋渡し:
トライバルメディアハウス、「LINE ビジネスコネクト パートナープログラム」のパートナーに認定
デジタルマーケティング事業を展開するトライバルメディアハウスは10月14日、LINEが新設した「LINE ビジネスコネクトパートナープログラム」の第1弾パートナーとして認定されたことを発表した。(2014/10/14)

人気のWebコンテンツを電子書籍に――「impress Digital Books」シリーズ創刊
第1弾はネットマーケティングの情報を漫画でまとめた『Webマーケッター瞳』と、総合ニュースサービス「Impress Watch」の著者による『DTMの原点 Vol.2』。(2014/10/14)

窪田順生の時事日想:
「オリンピックとIRで日韓共同観光マーケティング」という人が出てくるワケ
韓国の仁川で行われたアジア大会が閉幕したが、不正疑惑などが相次ぎ後味の悪い大会だった。2018年には、仁川にほど近い平昌で冬季オリンピックが開催されるが、本当に大丈夫なのか。韓国側は「日本を利用して……」と考えているかもしれない。(2014/10/14)

【連載】実践! データマーケティング:
第3回 DMP構築による統合マーケティングの実現
今回はDMPがDSPと連携することにより可能となるマーケティング戦略について今後の展望を交えて解説する。(2014/10/7)

【連載】進化するマーケティングリサーチ:
第3回 インターネット広告とともに進化する広告効果測定
マーケティングリサーチ業界において、今まで費用対効果の問題で成立しなかったビジネスがいよいよ成立しつつある。意欲的なマーケティングリサーチ会社は現在、このデータドリブンマーケティング/DMP関連ビジネスへの参入/関与手段を熱心に「リサーチ」している。(2014/10/6)

【連載】Wunderman's view:
電子メールは古いけど新しい? ――メールマーケティングの基本的な考え方
電子メールをマーケティングに活用するのであれば、その基本的な考え方を知っておくべきでしょう。「メールマーケティング」は、ダイレクトマーケティングの手法の1つに挙げられ、「一個人」を対象とするという考え方が基本です。(2014/10/3)

来場者管理の改善:
シャノン、浜松ホトニクスへのシャノンマーケティングプラットフォーム導入事例を発表
クラウド型のマーケティングオートメーション「シャノンマーケティングプラットフォーム」を提供するシャノンは10月2日、光検出器や画像計測機器の製造/販売事業を営む浜松ホトニクスへ同社ソリューションを導入したことを発表した。(2014/10/2)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第5回 コンテンツマーケティングの未来予想図――潜在興味を追求する冒険は続く
広告会社が生き残るにはどうすればよいのでしょうか。広告会社本来の機能を見つめ直し、テクノロジーに対して適切な対応をしたうえで、アナログ的なスキルを磨くことが必要です。その時に最も重要な鍵となるのがデータなのです。(2014/10/2)

資生堂、魚谷改革で「顧客視点」に転換 新ブランド戦略で事業立て直し
資生堂の魚谷雅彦社長が4月の就任から掲げてきた「マーケティング改革」が本格的に始動する。(2014/9/30)

誠 Weekly Access Top10(2014年9月15日〜9月21日):
特集「世界で売れてる、日本発のヒット商品」がスタートしました
Business Media 誠で特集「世界で売れてる、日本発のヒット商品」をスタートしました。第一弾は、マーケティングに詳しい永井孝尚さんに、衛生用品大手のユニ・チャームと業務用ミラーを扱うコミーを分析していただきました。(2014/9/26)

【連載】Wunderman's view:
FAX――テレマーケティングのきっかけとして実は最もスムーズな手段
テレマーケティングに先駆けて行う“事前情報提供”の手段として、意外にもFAXは有効に機能することが分かった。家庭での出番こそ少なくなりつつあるが、しかし、BtoBのSMB(小規模&中堅企業)、または小売り業や飲食業では依然として活用されているのである。(2014/9/26)

世界で売れてる、日本発のヒット商品:
なぜ海外でウケたのか? ユニ・チャームの紙オムツとコミーの業務用ミラー
ユニ・チャームの紙オムツがインドネシア市場で伸びている。業務用ミラーを扱うコミーの鏡が世界中で支持されている。なぜ両社の商品は、海外でウケているのか。その理由について、マーケティングに詳しい永井孝尚さんに話を聞いた。(2014/9/25)

ad:tech tokyo 2014 レポート:
米国企業の平均寿命は61年から18年へ……、生き残る企業の条件とは
存続する企業と倒産する企業に明暗が分かれるのはなぜか? モバイルデバイスにおけるマーケティングの限界に立ち向かうにはどうするべきか? ad:tech tokyo 2014で行われた2名の起業家によるキーノートをレポートする。(2014/9/24)

摩擦は避けられないが無視もできない
IT部門は「マーケティング」とどう付き合っていくべきか?
2014年9月16〜18日に行われたデジタルマーケティングカンファレンス「ad:tech tokyo 2014」。数あるセッションの中からIT部門に関係の深いところをリポートする。(2014/9/22)

【連載】進化するマーケティングリサーチ:
第2回 データドリブンマーケティングの視点から見たマーケティングリサーチ
今回はマーケティングリサーチの役割と商品開発段階におけるアプローチ方法からデータドリブンマーケティングとの融合による可能性をお伝えする。マーケティングリサーチとデータドリブンマーケティングの融合は、今後、データ活用の可能性を広げるだけでなく、理論や手法の進化も促していくことが期待される。(2014/9/22)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
フィリップスが回転式シェーバーに詰め込んだスゴイ技術――IFAで本国担当者に直撃
ブラウンやパナソニックといった強力な競合メーカーをよそに「回転式シェーバーを、日本のスタンダードにする!」と息巻くフィリップス。その背景には、確かなマーケティングと最新の技術が存在した。IFAの会場で本社の商品開発担当者に詳しい話を聞いた。(2014/9/18)

「ITmedia マーケティング」eBook シリーズ:
ダウンロードフリー! 「変わる広告会社(3)テクノロジーが広告会社とクライアントの関係性を変える」eBook版
「ITmedia マーケティング」編集部では、過去の人気連載をeBook形式に再編集した新シリーズを展開しています。今回は「【連載】変わる広告会社」の第3回「テクノロジーが広告会社とクライアントの関係性を変える」のeBook版をお送りします。(2014/9/18)

【連載】マーケティングオートメーション& SFA時代に問われる「稼ぐ力」:
第4回 経営資源を量から質へシフトせよ
営業現場にSales Force Automation(以下SFA)が浸透し、マーケティングオートメーション(以下MA)によってマーケティング部門が強化されることで、営業部門の役割が変化しようとしている。営業部門に期待される役割の変化を時代の変遷に沿って考察する。(2014/9/18)

【連載】Wunderman's view:
顧客育成におけるソーシャルメディアの活用法とは?
顧客育成で最も重要なことは、いかにして顧客に商品やサービスを継続利用してもらうかということです。今回は「顧客育成」視点でのゲーミフィケーションについて考えながら、マーケティングにおけるソーシャルメディアの活用方法を検討します。(2014/9/17)

「ITmedia マーケティング」eBook シリーズ:
ダウンロードフリー! 「変わる広告会社(2)戦略課題を確実に捉えるマーケティングROI」eBook版
「ITmedia マーケティング」編集部では、過去の人気連載をeBook形式に再編集した新シリーズを展開しています。今回は「【連載】変わる広告会社」の第2回「戦略課題を確実に捉えるマーケティングROI」のeBook版をお送りします。(2014/9/17)

【連載】実践! データマーケティング:
第2回 プライベートDMP構築のポイント
DMP(データを統合的に管理し、マーケティング活動全体を最適化するためのプラットフォーム)を導入すると、あらゆる企業において、容易にすばらしいユーザーコミュニケーションが可能になるように思える。しかし、実際にはそう簡単ではない。今回は、DMPの導入にあたって注意すべきポイントと、DSPとの連携について解説する(本連載では「DMP」は「プライベートDMP」を指す)。(2014/9/16)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第6回 CRMやマーケティングオートメーションと相性がよいのはどんな企業?
CRM、SFA、マーケティングオートメーションの導入企業が増えています。スタートアップ企業や上場を目指して急拡大している企業、あるいは、高い効率性を求める中小企業にこそ、この手のツール活用は必須だと思います。(2014/9/16)

パンとごはん、どちらが好き? 関東と関西で違い
あなたはパンとごはん、どちらが好きですか? 出身地が関東または関西の人に聞いたところ……。ネオマーケティング調べ。(2014/9/12)

サムスン、三次元NAND採用SSD「SSD 850 PRO」など3製品の販売を開始
ITGマーケティングは、Samsung製となる最新SSD「SSD 850 PRO」「SSD 845DC PRO」「SSD 845DC EVO」の販売開始をアナウンスした。(2014/9/12)

仕事耕具:
オウンドメディアの立ち上げ、最短1日で――コンテンツマーケ支援サービス「Cloud CMO」
それはさながら“雲の向こうのマーケティング部長”――。オウンドメディアの立ち上げや運用に欠かせないCMSやSEO対策、SNS投稿、メルマガ配信、アクセス解析などのツールをパッケージで提供するサービスが登場した。(2014/9/12)

【連載】なぜ進まない? ビッグデータ活用:
第4回 テストマーケティングで短期的な成果を作り出す――データドリブンマーケティング導入の決め手
データ活用の取り組みにおいて最も重要なことは「成果を出す」ことである。メンバーのモチベーションを維持し、社内の支援(人的/予算)を受けるためにも、短期的な成果を継続的に出し続けていくことに注力しよう。(2014/9/11)

教育ITキーワード解説
大学が世界で勝ち残る秘策、「大学マーケティング」とは?
米国を中心に、マーケティングを大学の課題解決に生かそうという「大学マーケティング」が広がりつつある。大学マーケティングに注目すべき理由や実現のためのシステムを整理する。(2014/9/11)

ソーシャルマーケティング関連のソフトウェア市場、2018年は588億円規模に
IDCが国内583社にアンケートしたところ、バックエンドシステムとの連携が取られている企業は少数だった。(2014/9/10)

【連載】Wunderman's view:
135%の継続率UPの実例も紹介! 今やスポーツ界でも常識。勝利に導く必須条件「データ分析」
「データ分析の結果をコミュニケーション施策に落とせない」「(データマーケティングが)思ったほど効果的ではなかった」といった声をさまざまな業種のマーケティング担当者から聞きます。彼らはなぜ、データを活用しきれないのでしょうか?(2014/9/10)

「ITmedia マーケティング」eBook シリーズ:
ダウンロードフリー! 「変わる広告会社」(eBook版)
「ITmedia マーケティング」編集部では、過去の人気連載をeBook形式に再編集した新シリーズを展開しています。前回の「戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能」に引き続き、今回から3回にわたって「変わる広告会社」のeBook版をご提供します。(2014/9/9)

【連載】進化するマーケティングリサーチ:
第1回 DMPと融合するマーケティングリサーチ、その可能性
本連載ではマーケティングリサーチ業界に軸足を置いた視点からDMP、そしてデータドリブンマーケティングという考え方について紹介する。そのうえで、マーケティングリサーチ業界の近年の変遷とDMPを中心にした今後の展望をお伝えしていこう。(2014/9/8)

次期iPhoneを「購入したい」は75.5%――ネオマーケティング調べ
ネオマーケティングが「次期iPhone購入意向・iPhone5s/5c満足度調査」の結果を発表。次期iPhoneを購入する意向であると答えた人は75.5%にもなった。キャリアの総合満足度では、LTEの速さや広さなどで評価を得たauが1位に。(2014/9/5)

【連載】BtoB企業のマーケティング担当者が知らないマーケティング実践ノウハウ:
第2回 「営業力の強化」から「選ばれる仕組み作り」へ
「マーケティングの究極の目的とは、セリングを不要にすることである」(ドラッガー)とは何を意味しているのでしょうか? BtoBマーケティングの実践上の課題をテーマにお届けする本連載の第2回では、「取引満足度」というKPIの仕組みとその秘密を解き明かします。(2014/9/4)

【連載】初めてのデータドリブンマーケティング:
第3回 データドリブンマーケティングの実践
「第2回 技術の進化がマーケティングに与えたインパクト」では、技術の進化がマーケティングに与えたインパクトについて解説しました。第3回ではデータを起点にしたマーケティングをどのように行なうかについて解説します。具体的には第1回で解説した新しいK(仮説)/K(検証)/D(データ分析)をどのように実施するかです。(2014/9/3)

【連載】「オムニチャネル」の効果を測る! 統計学を取り入れた分析手法:
第1回 「マス」と「デジタル」は横断して分析できる!
マスの効果は測り難いと言われる一方、マーケティング潮流はオムニチャネルが叫ばれるようになった。このままでは、効果が正確に測れるデジタルだけ改善サイクルを回すことになる。その代替案は「統計学」にあった。(2014/8/29)

松岡功の時事日想:
日本企業の弱点は何だ? 生き残るには「デジタルマーケティング」を知り、生かすべし
日本の製造業は長らく「いいモノはつくるが、マーケティングが弱い」と言われ続けてきた。それを打開する絶好のチャンスが訪れている。デジタルマーケティングとは何か。それをどう考えるべきか。これからビジネスパーソンが考えるべきヒントを与えよう。(2014/8/27)

「いいね!」インセンティブ禁止で影響 「Crocosマーケティング」Facebook関連サービス終了
Facebookの「いいね!」インセンティブ禁止を受け、「Crocosマーケティング」のFacebook関連サービスを終了する。(2014/8/22)

中小製造業ニュース:
“起業したい!”を支援する「創業スクール」が全国各地で開講
中小企業庁は、地域創業促進支援事業の一環として、創業を検討している人を対象とした「創業スクール」を全国各地域で開講すると発表。同スクールでは有料で、経営やマーケティング、会計、税務などの創業に必要な知識を学ぶことができる。(2014/8/20)

ビジネスパーソンが理解しておくべき、新時代のキーワード:
第1回 「iBeacon」とは何か?
ビジネスパーソンが理解しておくべき「新時代のキーワード」をしっかり理解しているだろうか。今回は2014年以降のO2Oマーケティングの切り札とも言われる「iBeacon」の“そうだったのか”を解説しよう。(2014/8/20)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。