ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マーケティング」最新記事一覧

女性の4割が縦向きのみで視聴:
「スマホ動画は縦向き」が初めて多数派に──モバーシャルが動画視聴実態調査
動画制作と動画マーケティング支援のモバーシャルが20〜50代の男女700人を対象に、スマートフォンの動画視聴実態調査を実施。女性を中心に「縦向きのみ」での視聴傾向が鮮明になった。(2016/9/26)

全体最適×高速PDCAを実現:
サイカ、プロモーション効果分析ツール「XICA magellan」を正式リリース
サイカはプロモーション効果分析ツール「XICA magellan」を正式リリースした。オンライン広告からオフライン広告に至るまであらゆるマーケティング施策の効果を統合的に可視化、分析できるという。(2016/9/21)

ABMに必要な機能を1つのプラットフォームに集約:
「Marketo Account-Based Marketing」を発表
マルケトは、営業チームとマーケティングチームが密接に連携して重要顧客にターゲットを絞り、関係を構築し、測定できるようにする、Marketo Account-Based Marketing(Marketo ABM)の提供開始を発表した。(2016/9/20)

持続可能な検定事業のために:
日本医師会監修の「日本健康マスター検定」が「モニプラ」を活用する理由
超高齢化社会を迎え「健康」がブームになる中、2017年にスタートする「日本健康マスター検定」がSNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」を全面採用した。その理由とは。(2016/9/19)

コールセンター業務を効率化:
AIを活用した自動応答コンタクトセンターサービス、U-NEXT子会社が提供
U-NEXTマーケティングはアドバンスト・メディアと協業し、人工知能を活用した自動応答コンタクトセンターサービス「AIコンシェルジュ」の提供を開始した。(2016/9/15)

LINEを利用したコミュニケーションの最適化も:
マーケティングオートメーション「B→Dash」が「LINEビジネスコネクト」と連携
フロムスクラッチは、同社が開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→Dash」において、「LINEビジネスコネクト」と機能連携すると発表した。(2016/9/14)

見込み客情報の収集を効率化:
マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」が「どこどこJP」と連携
ジーニーは、マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」がアクセスユーザーの位置情報・組織情報取得サービス「どこどこJP」と連携したと発表した。(2016/9/8)

FREETEL、Pokemon GOの通信料0円サービスを9月7日に開始
プラスワン・マーケティングが、Pokemon GOの「パケット通信料0円サービス」を9月7日に開始した。位置情報ゲーム「Pokemon GO」の通信量がカウントされない。新規・既存のFREETEL SIMユーザーが対象となる。(2016/9/7)

マーケティングの因数分解 3つの「C」とは
「絶対うまくいく」と思って始めたビジネスがうまくいかないことは多々ある。そんなときはどこが悪かったのかを考えてみよう。考えるガイドになるのが、マーケティングの因数分解だ。(2016/9/7)

ITmedia マーケティング セミナーリポート:
リードナーチャリングの実践に必要な視点とは?
2016年8月にアイティメディアとイノベーションが共催した「案件につながるB2Bマーケティング入門――リード獲得の後、何をするべきか?」の内容をダイジェストで紹介する。(2016/9/7)

マーケティング戦略立案からツール導入、クリエイティブ運用までサポート:
アサツー ディ・ケイが新会社「アブソルートワン」設立
アサツー ディ・ケイは2016年9月5日、マーケティングコンサルティング領域における新会社「アブソルートワン(Absolute one)」を設立した。(2016/9/5)

車載情報機器:
ソフトバンクが探す、事業性があって自動車メーカーがやっていないこと
「孫正義に頼らずに、革新的なソリューションを見つけたい――」。ソフトバンクは、コネクテッドカーなど6分野の産業に関して、「ソフトバンクと何かやりたい」と考える企業を探している。公募制度「ソフトバンク イノベーションプログラム」を通じて2016年9月30日まで募集中だ。最終選考に残ったアイデアは、プロトタイプの開発やテストマーケティングを経て商用化する。(2016/9/5)

データパートナー契約を締結:
Facebook広告に実購買傾向データを活用、CCCマーケティングがサービス提供
CCCマーケティングは、同社が保有する実購買行動から推計したカテゴリデータによるFacebook広告のターゲティング配信サービスを提供開始した。(2016/9/2)

トレンドキーワードを知る:
コンテンツマーケティング――顧客のニーズに最適なコンテンツを提供し、見込み客を呼び込む
顧客のニーズに最適な一貫性のあるコンテンツを提供し続けることにより、ロイヤルカスタマーを育てていくマーケティング手法。ターゲットを明確にし、関心の高い情報とコミュニケーションで顧客を呼び込む。(2016/9/2)

トレンドキーワードを知る:
リアル行動ターゲティング――リアルな行動データを活用して投資効果の測定や見込み客の絞り込みへ
リアルな行動データを分析しててターゲットを高度に絞り込み、広告のROI向上ど目標の達成率を高める新しいマーケティング手法として「リアル行動ターゲティング」が注目されている。(2016/9/2)

セールスフォース・ドットコムと販売代理契約を締結:
IMJが「Salesforce Pardot」を活用したB2Bマーケティング支援サービスを開始
アイ・エム・ジェイは、コンテンツマーケティングと「Salesforce Pardot」を活用した、B2Bマーケティング支援サービスの提供を開始したと発表した。(2016/9/1)

キヤノンMJ、企業コンプライアンスを支援するサービス「こんぷろカスタム」を提供開始
キヤノンマーケティングジャパンは、コンプライアンス推進の特化した資料や最新情報の提供を行う企業向けサービス「こんぷろカスタム」を発表した。(2016/8/31)

著名人のアカウント発信をサポート:
「Ameba」が著名人のSNS発信を支援する専門組織 「セレブリティマーケティングスタジオ」を設立
サイバーエージェントの「Ameba」は、著名人のソーシャルメディアを活用した発信をサポートする専門組織「セレブリティマーケティングスタジオ」を設立した。(2016/9/1)

『ビジネス2.0』の視点:
人工知能に置き換わると思う職種――2位は企画・マーケティング、1位は?
「あなたの仕事は人工知能に奪われるか」――。ジャストシステムが職種別でアンケートを実施。企画やマーケティング、販売や接客については、AIに仕事が奪われると危惧している人が比較的多いことが分かりました。(2016/8/30)

【インタビュー】リード研所長が聞く:
マーケティングの革新と「明日のMarketo」――フィル・フェルナンデス氏(Marketo会長兼CEO)
進化し続けるマーケティングオートメーション「Marketo」。さまざまな新機能の狙い、そして米Vista Equity Partnersに買収された後の事業の在り方についてトップに聞いた。(2016/9/1)

電子ブックレット:
「シリコンは水晶に必ず勝てる」――SiTime
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、MEMS発振器市場でシェア90%を獲得するSiTimeで、マーケティング担当Executive Vice Presidentを務めるPiyush Sevalia氏のインタビューを紹介します。(2016/8/28)

シームレスなデータ連係を実現:
マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintone」と連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→Dash」は「Sansan」「kintone」との機能連係を新たに開始した。(2016/8/26)

テレビ放送のWeb購買への影響を可視化:
ロックオンが「TVエビス」を提供、テレビとWebを横断したマーケティング施策最適化を実現
ロックオンはトライステージと共同で、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」の新サービスとして「TVエビス」をリリースすると発表した。(2016/8/26)

直感的に利用できるUI:
Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供するマーケティングオートメーションプラットフォームの販売を開始したと発表した。(2016/8/26)

【連載】企業戦略としてのマーケティングオートメーション 最終回:
神田昌典×フィル・フェルナンデス(Marketo会長兼CEO)――「明日のマーケター」の役割について語り合う
マーケティングオートメーションの本質は単なる「効率化」にあらず。大好評連載の最終回は「日本一のマーケター」こと神田昌典氏とMarketo会長兼CEOフィル・フェルナンデス氏の対談を公開。(2016/9/1)

世界中のインフルエンサーを一同にまとめサービスを展開:
「iCON CAST」を運営するTHECOOとC Channel子会社のYellow Agencyが業務提携
THECOOは、C Channel子会社のインフルエンサーマーケティング会社Yellow Agencyと業務提携を行い、プロモーション支援事業を開始した。(2016/8/25)

新商品がヒットする確率は0.3%:
失敗した! そんなときこそ、マーケティングで考えなおそう
新商品がヒットする確率は、実は0.3%とも言われている。失敗して当然――とはいえ、そこから立ち直れるか否かはマーケティングの力を使えるかどうかにある。(2016/8/24)

新規インストール促進からリエンゲージメントまで:
フリークアウト「Red」、スマホアプリ広告向けの配信サービスを開始
フリークアウトが提供するモバイルマーケティングプラットフォーム「Red」は、スマートフォンアプリプロモーションにおける新規インストール/リエンゲージメント広告配信の機能を追加し、サービス提供を開始した。(2016/8/23)

仕事と人工知能に関する実態調査:
マーケティング従事者の約3割が「人工知能に仕事が奪われる」と不安
ジャストシステムは、マーケティングリサーチ情報サイト「Marketing Research Camp」で、職業別「仕事と人工知能に関する実態調査」の結果を発表した。(2016/8/23)

電力供給サービス:
都内に新型コンセント現る、東京電力・ソニー・関電工が新サービス創出へ
東京電力、ソニービジネスソリューション、関電工の3社が、東京都内で新サービスの創出に向けた実証実験を開始した。認証機能付きのコンセント端末をコンビニや飲食店など都内の36カ所に設置し、来店客はこの端末を専用プリペイドカードやクレジットカードで決済すると有償で利用できるというサービスだ。マーケティングやクーポンサービスなどとの連携を視野に、新しい「公共電源」として3社で事業化を模索する。(2016/8/23)

オン・セミコンダクター 副社長 David Somo氏:
PR:強みは5万品種に上る製品群、IoT向けプラットフォーム構築を目指す
2006年以降だけで11件にも及ぶM&Aを実施し、積極的に製品群の拡大を行ってきたオン・セミコンダクター(ON Semiconductor)。手掛ける製品は4万8000品種に上る。広範な製品群を武器に、センサー、マイコン、無線接続機能向けの製品をさらに充実させ、IoT(モノのインターネット)機器開発に向けたプラットフォームを構築するというシナリオを描いている。コーポレートストラテジ&マーケティング担当副社長のDavid Somo氏に同社の技術/製品戦略などについて聞いた。(2016/8/22)

月額利用料10万円から:
ビッグデータ分析のALBERT、データを自動学習して最適な施策を実行するMAツールを提供
ALBERTは、データを自動学習して最適な施策を実行するマーケティングオートメーションツール「rAprog(ラプログ)」を2016年9月にリリースする。(2016/8/22)

自社コミュニティを「ブランド発信の基盤」に:
はなまるうどん、CRM施策をアライドアーキテクツ「モニプラ」に全面移管
アライドアーキテクツは、「はなまるうどん」を展開するはなまるが、CRM施策をSNSマーケティングプラットフォーム「モニプラ」に全面移管した事例を公開した。(2016/8/19)

エンターテイメント特化型マーケティングレーベル「Modern Age」が支援:
トライバルメディアハウス、サマーソニックでVRライブをプロデュース
トライバルメディアハウスのマーケティングレーベル「Modern Age」は音楽フェスティバル「サマーソニック」において、VR映像を活用した視聴体験の企画とディレクション、プロデュースを担当したと発表した。 (2016/8/18)

近畿日本ツーリスト、法人営業にマーケティングオートメーションを採用
約1000人の法人営業担当者向けにクラウド型マーケティングオートメーションを導入。業務の効率化と収益性の向上を目指す。(2016/8/17)

テレビCMの表現効果を手軽に確認可能に:
博報堂、マーケティングダッシュボード「Vision-Graphics」でテレビCM定点観測調査データを閲覧可能に
博報堂は、マーケティングダッシュボード「Vision-Graphics」に、定点観測調査「Best HIT」を搭載したと発表した。(2016/8/17)

トレンドキーワードを知る:
エリアマーケティング――地域によって異なる戦略を立案するエリアマーケティングの意義とは?
地域(エリア)に関するさまざまな情報を調査し、地域の特性に合わせたビジネスを展開するためのマーケティング施策が「エリアマーケティング」である。古くから行われてきた手法だが、テクノロジーが進展した近年は、地図情報システムや統計解析によって確度のより高いマーケティング戦略を立案できるようになった。(2016/8/15)

【連載】“0円”から始めるマーケティングオートメーション 最終回:
お金を払ってでも使いたい「優良」な有料ツールは何が違うのか
オープンソースのツールでマーケティングオートメーションの入り口を開いた後、やりたいことが増えてきたときの適切なツール選択について述べてみたいと思います。(2016/8/25)

法人営業の効率化を加速:
マーケティングオートメーション「リストファインダー」とSansanの名刺情報管理サービスが連携
イノベーションはSansanと連携し、B2B向けマーケティングオートメーションツール「リストファインダー」でSansanの名刺情報を利用して効率的な営業活動が可能になったと発表した。(2016/8/10)

来日インタビュー:
国内市場で存在感を増す台湾製NAS――製品担当者が語るASUSTORの魅力
台湾ASUSTORでマーケティングを統括するアレン氏が来日。日本市場に向けた取り組みや今後の展開を聞いた。(2016/8/10)

人気雑誌とソーシャルメディアのエンゲージメント力のシナジー:
小学館とグリー子会社Glossom、インフルエンサーマーケティングで協業
小学館とGlossomは、ソーシャルプロモーションとマーケティング領域で共同事業を展開していくことを目指して、包括的業務提携することで合意した。(2016/8/10)

【連載】“0円”から始めるマーケティングオートメーション 第5回:
無料のマーケティングオートメーション「Mautic」を使ってみた結果
無料のマーケティングオートメーションは実際にビジネスに使えるのでしょうか。今回は高機能なオープンソースツール「Mautic」を軸に、その活用法を紹介します。(2016/8/19)

顧客の行動をクロスチャネルで把握:
ジーニー、マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」にオフラインキャンペーン機能を追加
ジーニーは、マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」に、オフラインキャンペーン機能を追加したと発表した。(2016/8/9)

製造IT導入事例:
グループ6社の顧客管理を一元化、営業改革を支援するクラウドサービス
日本オラクルの顧客管理・営業支援システムとソーシャルメディア管理システムを、営業改革を図るヤマネホールディングスが採用。グループ6社の顧客情報を一元管理し、ソーシャル・メディア上の情報をマーケティングに活用していく。(2016/8/9)

8カ国語に対応:
CyberZ、40カ国200万人規模のインフルエンサーマーケティング支援サービスを提供開始
CyberZは、40カ国200万人以上のインフルエンサーによるプロモーションを可能にするインフルエンサーマーケティング支援サービス「ENGN」を提供開始した。(2016/8/8)

アクセルスペースと協業:
電通宇宙ラボ、「宇宙ビッグデータ」を活用したビジネスを始動
電通の社内横断組織「電通宇宙ラボ」はアクセルスペースとの協働により、宇宙ビッグデータを活用した事業開発やマーケティング活動への応用を提案していくと発表した。(2016/8/8)

【連載】“0円”から始めるマーケティングオートメーション 第4回:
実はこんなにある無料のマーケティングオートメーション、それぞれの実力は?
続々と新製品が投入されて活況を呈するマーケティングオートメーション市場。世界に目を向ければ、無料で使える製品もたくさん存在します。今回は、その中から代表的な製品を紹介します。(2016/8/12)

他社ツール連携のための同期作業が不要に:
「activecore marketing cloud」が専用メール配信エンジンを搭載
アクティブコアは、マーケティングクラウドソリューション「activecore marketing cloud」の新機能として、専用メールエンジンの搭載を開始したと発表した。(2016/8/5)

【連載】“失敗”から学ぶマーケティングオートメーション活用術 第5回:
シナリオ・コンテンツ策定、スコアリング設計の“無理筋”をどう減らすか?
スムーズな営業引継ぎを実現するための要所となるのが、シナリオ・コンテンツ策定とスコアリング設計。MA運用においてマーケティング担当者の課題となることが多いポイントを解説します。(2016/8/5)

収益に貢献するシスコ無線LANソリューション
老舗企業が取り組む無線LAN導入とその収益貢献モデル――2つの連携機能が鍵に
企業の販売やマーケティング活動がリアル店舗からデジタル世界へと主戦場を移しつつある今、通信インフラ環境構築のためだけでなく、収益貢献に寄与するさまざまな機能を備えた最新無線LANが注目されている。(2016/8/4)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。