ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

マーケティング に関する記事 マーケティング に関する質問

「マーケティング」最新記事一覧

大江戸温泉物語、コールセンターシステム導入で対応できない通話を“ほぼゼロ”に
関西地区の電話問い合わせ業務を集約し、広告・宣伝効果の検証などマーケティング活動への活用も可能になったという。(2014/7/29)

ビッグデータの認知度向上、目的はマーケティング強化が最多
IDCの調査によると、「ビッグデータ」という言葉の認知度は、IT部門では2013年の74.8%から2014年は88.4%に向上していることが分かった。(2014/7/28)

「ITmedia マーケティング」eBook シリーズ:
ダウンロードフリー! 「戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能」(eBook版)
「ITmedia マーケティング」編集部では、過去の人気連載をeBook 形式に再編集した新シリーズを開始します。PDFでフォーマットされていますので、PCのみならず、スマートフォンでも手軽に読むことができます。第1弾は「戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能」です!(2014/7/28)

【連載】実践! データマーケティング:
第1回 なぜ、いま、DMPなのか?
最近のデジタルマーケティング分野における重要キーワードにDMP(Data Management Platform)がある。DMPとは、企業が持つ顧客データやマーケティングデータ、ネット上だけではなくリアル店舗などのオフラインのデータも含めたさまざまなデータを統合的に管理することにより、マーケティング活動全体を最適化するためのプラットフォームを指す。本連載では、プライベートDMP導入の課題から、DSPと連携することで可能となるデータマーケティング戦略の現在と未来をお伝えする。(2014/7/28)

MarkeZineとITmediaエンタープライズの編集長が解決策を探る:
PR:なぜITとマーケティングの協業はうまくいかないのか?
相次ぐ競合参入とスマート化する消費者により、企業にはこれまでにないほどのスピードや変化対応力が求められている。そんな中、IT部門は情報戦略をリードしていかなければならない。そのために、顧客を掌握するマーケティング部門との協業は大前提となるはずだが、組織の“壁”に阻まれているケースは多い。日本IBMが、マーケティング部門の代弁者としてMarkeZine編集長の押久保剛氏、IT部門の代弁者としてITmediaエンタープライズ編集長の大津心氏に、ITとマーケティングの協業のあるべき姿を聞いた。(2014/7/28)

ヤフーとトレジャーデータ、法人向けビッグデータ分析で提携
ヤフーとトレジャーデータが法人向けのビッグデータを活用マーケティングの分野で提携する。(2014/7/25)

企業におけるソーシャルメディア活用に関する調査:
LINE、Google+を活用する企業がいずれも3割超え
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションとループス・コミュニケーションズは7月23日、「企業におけるソーシャルメディア活用状況」に関する調査結果を発表した。(2014/7/23)

【連載】マーケティングオートメーション& SFA時代に問われる「稼ぐ力」:
第2回 「マーケティング活動」の詳細解説――メッセージ開発とチャネルの検討
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の高い付加情報を、営業部門に託すことである。この役割を担うにあたり、マーケティング部門の業務は「マーケティング活動」と「見込み客管理活動」に分けられる。今回、次回の2回に分け、各々の活動のミッションについて議論する。(2014/7/22)

「広告が面白い」と思うメディアはどれ?
あなたが情報収集されるメディアの中で、「この広告は面白いなあ」と思うことはありますか? 20歳以上の男女に聞いた。ネオマーケティング調べ。(2014/7/17)

【連載】初めてのデータドリブンマーケティング:
第1回 KKDの変遷――「勘」「経験」「度胸」から「仮説」「検証」「データ分析」へ
データを起点としたPDCAサイクルの繰り返しはマーケティング領域でも年々その重要性を増しています。いわゆる“データドリブン”は、現代のマーケティング活動における常識となりつつあるのです。(2014/7/14)

マーケティング施策効率化:
ビッグデータを活用したマーケティングKPI運用サービス、メンバーズとサイカ
メンバーズは7月9日、サイカと共同でマーケティングKPI運用サービスの提供を開始する。KPI管理ダッシュボードや統計分析によるモデル構築、レポートサービスを統合し、企業のマーケティング施策の効率化、ビジネス成果の最大化を支援する。(2014/7/9)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第5回 インサイドセールスなしには語れないBtoBマーケティング
BtoBマーケティングにおいては1件の商談の背後にはいくつかの商談があります。背後に何の見込みもないまま、まったく新しい顧客を求めて営業するのと、関係するいくつかの案件を同時に進めていくのとでは、後の成果が目に見えて違ってきます。インサイドセールス、コンテンツマーケティングやインバウンドマーケティングといったIT活用はこのようなスマートなマーケティング展開を支援します。(2014/7/11)

「8年かかった新商品」の理由:
「綾鷹」担当者に聞く、ペットボトル緑茶のラインアップ戦略
最近ペットボトル緑茶の市場が拡大しているという。新商品が多数登場したことが原因というが、ライバルの多い市場で生き残るコツはあるのか。発売8年目にして新しいレギュラー商品「綾鷹まろやか仕立て」を投入した、「綾鷹」のマーケティング担当者に聞いた。(2014/7/8)

雑誌風フォトブック作成アプリ「Mags Inc.」に法人向けサービスが登場
オリジナルフォトブック作成アプリ「Mags Inc.」に、広告表示やマーケティングを行える法人向けサービス「Mags Inc. for Bussiness」が登場。(2014/7/7)

NEWS
“納得感”のある人事目標管理(MBO)を、クレオが支援システム発売
多くの企業が導入する人事目標管理(MBO)については、目標設定や結果の評価が合理的でないなどの問題も指摘される。クレオマーケティングの人事目標管理システムはMBOプロセスの可視化を実現する。(2014/7/7)

デジタルマーケの専門家が選んだ書籍の動画書評&要約配信サービス「マーケターの“強化”書」
デジタルマーケティングの講師が選んだ厳選書籍の動画書評と3500字程度の要約を配信する「マーケターの“強化”書」がスタート。(2014/7/4)

安全システム:
ZMPが「Core i7」搭載の自動運転用コントローラを開発、2015年7月に発売
ベンチャー企業のZMPはインテルの高性能CPU「Core i7」を搭載した自動運転技術開発用のコントローラボックス「IZAC」を開発する。今後、設計試作とテストマーケティングを行い、2015年7月に発売する予定である。(2014/7/3)

ITGマーケティング、Samsung製SSD購入者が対象のキャッシュバックキャンペーンを開始――最大5000円分
ITGマーケティングは、Samsung製SSD(容量250Gバイト以上)を対象としたキャッシュバックキャンペーンの実施を発表した。(2014/7/1)

シンフォニーマーケティング 庭山氏に聞く
“売れる仕組み作り”に方程式はあるのか?
企業のマーケティング部門は、売り上げ向上のため、KPI設定をどうすべきか、どのように管理していくべきかという課題を抱えている。売れる仕組みをチェックするための方程式は存在するのか、専門家に話を聞いた。(2014/6/30)

シンフォニーマーケティング 庭山氏に聞く
専門家に聞く「なぜわが社のSFAは効果が上がらないのか?」
SFAを導入したものの投資に見合った効果が上がらず、使いこなせないままになっているケースが多く見受けられる。なぜわが社のSFAは思うような効果が出ないのか。マーケティングの専門家に話を聞いた。(2014/6/30)

SIMロックフリースマホ「freetel nico」、スペックを引き上げて9月に発売
プラスワン・マーケティングのSIMロックフリースマートフォン「freetel」シリーズの「freetel nico」がスペックを変更して9月上旬に発売される。(2014/6/26)

【連載】MARKETING INNOVATORS:
広告自体がユーザーに役立つ“学び”として機能する ―― ピンタレスト・ジャパン 代表取締役社長 定国直樹氏(後編)
前編に引き続き、ピンタレスト・ジャパン 代表取締役社長 定国直樹氏のインタビューをお送りする。マーケティング観点でみた場合、ピンタレストにはどのような価値があるのだろうか?(2014/6/26)

鞄の中のデジモノ百科:
気になる! ソフトバンクセレクション女性マーケターのカバンの中身
ソフトバンクセレクションの宇佐美悠さんはマーケティング担当。女性ならではの「多くなりがちな荷物」を上手に整理し、自社製品プロモーションもできる鞄の中身作りをしている。(2014/6/25)

【連載】MARKETING INNOVATORS:
広告に「学び」と「喜び」を ―― ピンタレスト・ジャパン 代表取締役社長 定国直樹氏(前編)
自分の気に入った画像を「ボード」と呼ばれる画面に「ピン」で留めていく。そんなシンプルなサービスが全世界でユーザー数を伸ばし続けている。ピンタレスト・ジャパン 代表取締役社長 定国直樹氏に、ピンタレストが持つマーケティングの効果と日本でのビジネス展開について聞いた。(2014/6/25)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第2回 潜在興味を映す鏡――Topic Model が可能にする潜在インサイトの発見
コンテンツマーケティングを成功に導けるかどうかは、見込み客の潜在興味を探し出せるかどうかにかかっています。そのカギを握るのが、潜在興味を映し出す「鏡」を見つけること。どこにその「鏡」はあるのでしょうか。(2014/6/24)

Adobe Digital Marketing Symposium:
マーケティングという世界をゼロから見直す
アドビシステムズが主催する「Adobe Digital Marketing Symposium」が6月12日、六本木で開催された。マーケティング担当者を中心に、2500人以上が訪れた。(2014/6/17)

【連載】なぜ進まない? ビッグデータ活用:
第1回 現場を知るコンサルタントが伝授する、「データドリブンマーケティング実現のための4つのステップ」
企業のマーケティング現場においてデータ活用は進んでいるのだろうか? 残念ながら答えは否である。本連載では、マーケティングのビッグデータ活用を阻害する要因を浮き彫りにしながら、その現実的な解決策を提示する。(2014/6/16)

COMPUTEX TAIPEI 2014:
新しい時代のNASを目指して――新興NASメーカー「ASUSTOR」ブースをチェック
ASUSTeK傘下のNASメーカーであるASUSTORは、ユーザー層の拡大するNAS市場に向けて、より手軽にデータを扱えるさまざまなソリューションを提供していく。マーケティングを統括するアレン氏に聞いた。(2014/6/13)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第4回 企業サイトの運用を激変させるマーケティングオートメーションツールの衝撃体験
学生と実務家という立場で書かせていただいているこの連載も4回目を迎えることができました。今回は特に、実務家の立場からこれまで続けてきた仕事の事や、最近話題にのぼることが多い「マーケティングオートメーションツール」について触れてみたいと思います。(2014/6/13)

CMO Japan Summit 2014:
CMO Japan Summit 2014で学ぶ“データサイエンティスト”の育て方
多くの場合、一般の事業会社にとって、データマーケティングで必要なのは、「分析」業務以前の「集計」業務であろう。「CMO Japan Summit 2014」のパネルディスカッションから、“使えるデータサイエンティスト”の育て方を学ぶ。(2014/6/11)

Salesforce World Tour Tokyo:
One to One デジタルマーケティングの時代の幕開け、Salesforce ExactTarget Marketing Cloud 日本語対応版、本日発売
セールスフォース・ドットコムは6月10日、 Salesforce ExactTarget Marketing Cloud の日本市場への提供を開始したと発表した。同社では、Salesforce ExactTarget Marketing Cloud を“One to One デジタルマーケティング・プラットフォーム”と位置づけ、BtoC、BtoB 問わず、市場における1対1の取り引きを可視化し、管理を可能にするツールとして、日本市場での導入を進めていく。(2014/6/10)

【オウンドメディア対談】サイボウズ+デサント:
オウンドメディアで“未来の顧客”にアプローチ
自社サイトをメディア化し、オリジナルコンテンツを作ることで、自社のファンを育てる――。オウンドメディアはいま、企業から熱い注目を集めている。しかし、どのようにすれば、オウンドメディアを企業のマーケティングに活用できるのだろうか? サイボウズ式編集長とデサントのユニークなマーケティング担当との対談で明らかにする。(2014/6/10)

NEWS
個別の顧客に最適化したマーケティングを実現、日本オラクルが支援ツールを提供
日本オラクルは、クラウド型マーケティング支援サービス群「Oracle Marketing Cloud」に、クロスチャネルマーケティングを実現する「Oracle Responsys Marketing Cloud Services」を新たに追加した。(2014/6/10)

ホワイトペーパー:
マーケティングのデータ活用に関するアンケート調査レポート
ITmedia マーケティング会員とTechTargetジャパン会員を対象にした「マーケティングのデータ活用」に関する読者調査を実施。本リポートでは、データ分析ツールの活用状況やデータサイエンティストの活動実態などをまとめている。(2014/6/6)

スマホケースに求めるのは「保護機能」「スタイル」「防水性」 ネオマーケティングが調査
ネオマーケティングの「スマートフォンケースに関する調査」結果が発表。主に「保護機能」「スタイル」「防水性」を重視することが判明した。(2014/6/4)

ワイヤレスジャパン2014:
O2Oだけじゃない BLEを使った「Beacon」の可能性
アップルのiBeaconなど、BLEを使ったロケーション技術への注目が集まっている。O2Oなどマーケティング分野での利用が増えそうだが、子供やお年寄りの見守りニーズにも応用可能だ。(2014/6/4)

ホワイトペーパー:
クラウド全盛時代に、大手企業にメール配信システムWEBCASが選ばれる理由とは
EC業界大手企業をはじめ、数十〜数百万規模の会員を抱える企業、ネットマーケティングに注力する企業の多くが、メール配信システムWEBCASを選定するという。なぜ先進ビッグユーザーにWEBCASが選ばれるのか、その秘密を探る。(2014/6/4)

SIMロックフリースマホ「freetel LTE XM」のスペックが明らかに
プラスワン・マーケティングが8月中旬〜下旬に発売を予定しているSIMフリースマートフォン「freetel LTE XM」の詳細が明らかになった。(2014/6/3)

NEWS
撮影も録音も不要、しゃべるアバター動画広告作成サービス提供開始
ソフトバンクコマース&サービスは、アバターと音声合成を組み合わせて動画広告を作成するサービス「PIP-Maker for アドバタイズメント」と「PIP-Maker for マーケティング」を2014年6月2日に提供開始した。(2014/6/3)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第37回 「発信したい欲」は日本以上! インドネシアのインフルエンサーを企業が活かすコツ――サイバー・バズ現地法人 PT.Bina Blog IndonesiaCOO 長船哲也氏
世界4位の人口約2.4億人に支えられる内需と今後の成長性が魅力のインドネシア。現地のブログやソーシャルメディアを活用したマーケティングの状況について、サイバー・バズの現地法人 PT.Bina Blog Indonesia COOの長船哲也氏に話を聞いた。(2014/6/3)

NEWS
気象情報など外部データと自社データを統合分析できるマーケター向けツール
ウイングアーク1stは、マーケティング担当者向けクラウドBIダッシュボードサービス「MotionBoard Cloud for DMP」を6月2日に提供開始する。自社データを気象情報や人口統計情報などの外部データと統合して分析することができる。(2014/6/2)

U-NEXT、月額2110円からの音声通話付き格安スマホを提供
U-NEXTは、7月から音声通話機能付き格安・高速通信サービス「U-mobile」を提供する。提携端末にはHuaweiの「Ascend G6」やプラスワン・マーケティングの「freetel priori」をラインアップ。(2014/5/30)

IBM Software Xcite Spring 2014 Report:
ビッグデータマーケティングの未来が中延商店街にあった
5月21日に開催された「IBM Software Xcite Spring 2014」の事例講演の中から、ビックデータ時代のマーケティングの進化の行方について語った講演を紹介する。(2014/5/30)

マーケティングの意味再考:
デジタルマーケターの営業責任、どのように評価すべきか
デジタルマーケターは、営業マンでもある。その営業の評価は難しい。デジタルマーケティングの世界は、顧客との接点の細分化が進み、接点ごとの施策に目がいきがちだからだ。指標となる3つを紹介する。(2014/5/30)

「まだ180度くらい」の声も
ソーシャルだけでは不十分、企業が夢想する“360度顧客分析”の実現度
CRMなど既存のマーケティングツールでは顧客を理解できない――そう考える企業が顧客を“360度の視点”で理解できる手法の導入を急いでいる。(2014/5/30)

1000店舗に導入へ:
顧客感動システム総合研究所、美容業界のモバイル販促支援へSMSを積極的に活用
昨今のスマートフォンの普及により、マーケティングツールとしてシンプルなSMSの活用が見直されている。美容業界でも積極的に活用していこうという動きがある。(2014/5/29)

HP Digital Marketing Hub:
「顧客の時代」を乗り切るための経営改革
グローバル競争力という観点からマーケティングを見ていくと、課題や対策はもはやマーケティング部門だけのものではなく、根本的な組織/体制作りが必要となる……。日本ヒューレット・パッカード(日本HP)主催のユーザー向けイベント「HP Digital Marketing Hub ロードショー東京」の基調講演をまとめた。(2014/5/29)

HP Digital Marketing Hub:
日本企業に必要なのは「分析力」と「グローバルレベルでの変革」
2014年5月27日、六本木のリッツ・カールトンで「HP Digital Marketing Hub ロードショー東京」が開催された。イベント全体を貫くメッセージは「市場環境の変化に対応した経営改革の必要性」。いまやデジタルマーケティングは経営改革の最重要アプローチとなった。(2014/5/29)

誠実な対応、好まれます:
セグメントメッセージでメールマーケティングの効果が上がる
メールマーケティングの効果を上げる鉄則は何か。それは顧客ごとにセグメント化したメッセージを送ることだという。過小評価せずに、一度挑戦することをお勧めする。(2014/5/28)

8つの落とし穴:
CRM導入で起きやすいミスとその回避法
マーケティング強化のためにCRM導入/刷新を行う企業は多いが、せっかくコスト/工数をかけても、残念ながら失敗に終わってしまうケースも少なくない。どのようにすれば、失敗を回避できるのだろうか。(2014/5/28)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。