ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マーケティング」最新記事一覧

MBBフォーラムを日本で初開催:
策定完了で本格発進、NB-IoTに期待するHuawei
ファーウェイ(Huawei)は2016年11月、プライベートイベント「第7回グローバル・モバイル・ブロードバンド・フォーラム(MBBフォーラム)」を開催し、同社が注力する技術などを展示した。今回、大きなテーマの1つとして取り上げたのがNB(Narrow-Band)-IoTだ。同社でワイヤレス・マーケティング・オペレーション担当プレジデントを務める邱恒(キュウ・コウ)氏は、標準化されているNB-IoTによって、IoT(モノのインターネット)分野のエコシステムの拡大と強化を図ることができると語る。(2016/12/9)

多角的な生活者洞察が可能に:
博報堂とCCCマーケティング、Tカード会員1200万人分の実購買データに基づくリサーチパネル活用で協業
CCCマーケティング、博報堂、博報堂子会社の東京サーベイ・リサーチは業務提携を行い、Tカードの実購買データに基づいたリサーチパネルの会員を起点とした統合マーケティングサービス「パネルドライバー」を共同開発し、提供を開始した。(2016/12/9)

ソニー、αユーザーの創作活動を支援する「α Plaza」を全国展開
ソニーマーケティングは12月8日、銀座、名古屋、大阪、福岡の各ソニーストアにデジタル一眼カメラ“α”のユーザーをサポートする「α Plaza」を開設した。ユーザーサポートをワンストップで提供する場所となる。(2016/12/8)

6000万人の生活者データを可視化:
Tポイント購買データとテレビ視聴データを活用した分析サービス、CCCマーケティングが提供
CCCマーケティングは、企業が自社のマーケティングにTポイント会員6000万人の生活者データを利用できる分析ツール「Market Watch」の提供を開始した。(2016/12/8)

「Z世代」に注目:
「2017年のデジタルマーケティング」トレンド6選
英Kantarが、2017年の課題やチャンスをガイドする「デジタルマーケティングトレンド」のトップ6を発表。マーケティング部門のみならず、広報担当者や企画制作担当者も知っておくと、消費者ニーズをつかむための武器になる。(2016/12/8)

【連載】MARTECH 360 第2回:
テクノロジーの理解がマーケターのキャリアを左右する
今日のマーケターは、複雑なマーケティングテクノロジーを十分に理解するよう努める必要がある。それを怠れば、待ち受けているのは苦難の道だ。(2016/12/9)

全機能を試用可能:
マーケティングオートメーション「SATORI」、無料アカウントサービスを開始
SATORIは、マーケティングオートメーションツール「SATORI」において無料アカウントサービスを開始したと発表した。(2016/12/7)

FREETEL、「REI」のメタルレッド発売中止 KIWAMIのAndroid 6.0や10分かけ放題の延期も
プラスワン・マーケティングは、Androidスマホ「REI」の新色「メタルレッド」の発売を中止する。また、「KIWAMI」のAndroid 6.0バージョンアップや、「10分かけ放題」の提供の延期する。(2016/12/7)

SIM通:
FREETELが新機種発表会 新プラン「スマートコミコミ」を発表!
プラスワン・マーケティングは、「FREETEL 新製品・新サービス発表会」を開催。新製品として、低価格なSIMフリースマホ「Priori 4」、Wi-Fiルーター「ARIA 2」、そして、半年以上利用で残金不要で機種変できる新プラン「スマートコミコミ」を発表した。(2016/12/7)

FREETELの「ARIA 2」、UQの「WiMAX 2+」契約では使えず【追記あり】
プラスワン・マーケティング(FREETEL)が12月2日に発売したモバイル無線LANルーター「ARIA 2」が、UQコミュニケーションズとそのMVNOの「WiMAX 2+」契約のSIMカードに非対応であることが判明した。(2016/12/4)

週刊「調査のチカラ」:
インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログインの利用状況はこの1年間でどう変化したかなど、マーケターが気になるデータをお届けします。(2016/12/3)

FREETEL、17時間連続通信できるSIMフリーWi-Fiルーター「ARIA 2」発売
プラスワン・マーケティングは、12月2日に17時間連続通信可能なSIMロックフリーのWi-Fiルーター「ARIA 2」を発売した。価格は1万1800円(税別)。(2016/12/2)

ビズリーチ、freee、Viibarが導入:
Web接客の「KARTE」がB2B向け活用も視野に「Marketo」と連携
プレイドは、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE」とマルケトが提供するマーケティングオートメーションツール「Marketo」が連携開始したと発表した。(2016/12/2)

事例で見るVRの訴求効果 後編:
VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イベント連動アトラクション型」「エンタメ訴求型」について紹介する。(2016/12/5)

ユーザーの嗜好の変化を自動的に把握して精度アップ:
AI活用で広告ターゲティングを最適化――DACと住信SBIネット銀行、Automagiの3社で試験運用
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと住信SBIネット銀行、Automagiの3社は共同で、Automagiが提供するAI(人工知能)ソリューションを活用したデジタルマーケティングを試験運用すると発表した。(2016/12/1)

【連載】行動経済学で理解する次世代マーケティングキーワード 第4回:
「ピア効果」――仲間同士の盛り上がりが満足度を劇的に高める
仲間同士でつながり合い、切磋琢磨することで成果が上がる「ピア効果」。SNSの普及を背景に、これをうまくマーケティングに取り入れるための考え方を紹介する。(2016/11/30)

「なし」新発売:
「いろはす」ブランドが支持されるワケ
11月28日に新商品「い・ろ・は・す なし」を発売し、ますますラインアップを拡大する「いろはす」ブランド。ミネラルウオーター市場をけん引し、日本コカ・コーラの他ブランドのマーケティングにも生かされる“強さ”の秘密はなんだろうか。(2016/11/29)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
「MVNOは淘汰される」フリーテルの自信
格安スマホ「FREETEL(フリーテル)」がよく売れている。FREETELを製造・販売しているプラスワン・マーケティングは、いまの状況をどのように見ているのか。同社の大仲常務に話を聞いた。(2016/11/29)

「FINAL FANTASY XV」コラボのハイレゾ対応ウォークマン、限定発売
ソニーマーケティングは、「FINAL FANTASY XV」とのコラボレーションモデルとして、ハイレゾ対応ウォークマン、ヘッドフォン、スピーカーの3製品を発売する。ソニーストア限定。(2016/11/28)

売り上げが5年で50億円も成長:
“再び”「ポッキー」が急成長できた理由
横ばい状態が続いていた「ポッキー」の売り上げを5年間で50億円も伸ばしたチームリーダーがいる――。チョコレートマーケティング部の小林正典部長だ。彼はどのようにしてポッキーの売り上げを伸ばしたのだろうか。(2016/11/28)

CV数、ROIを計測可能に:
LinkedInの運用型広告に新機能「コンバージョントラッキング」を追加
リンクトイン・ジャパンは、ビジネス特化型SNS「LinkedIn」の運用型広告・マーケティングソリューションズに新機能「コンバージョントラッキング」を追加したと発表した。(2016/11/25)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第1回】
製薬企業のIT部門は販促活動の環境変化に備えよ――知っておくべき技術トレンド
専門性の高い情報を扱い、医薬品の適正使用を促すサイクルを構築するMR(医薬情報担当者)の業務には、データ分析やデジタルマーケティング技術の活用が大きな効果をもたらす可能性がある。(2016/11/28)

企業の個人データ利用、消費者の7割以上が「不快」に感じる
マーケティングなどで企業が消費者のデータを利用することについて大半の消費者が不快感を示した。健康情報などを使った見守り・安全サービスでの利用には一定の肯定意見もみられる。(2016/11/22)

2017年1月リリース予定:
サムライズ、データ収集無制限のマーケティングプラットフォーム「Webtrends Infinity」を国内提供へ
サムライズは、米Webtrendsが新規に開発したマーケティング・ビッグデータプラットフォーム「Webtrends Infinity」を日本国内でリリースすると発表した。(2016/11/22)

「パートナーシップ」「店舗」「端末」「スマートコミコミ」で攻めるFREETEL
プラスワン・マーケティング(FREETEL)が直近で注力するのは「パートナーシップ」「店舗」「新製品」「スマホプラン」の4ジャンル。また特定アプリの通信量をカウントしない施策も広めていく考えだ。(2016/11/22)

端末代、通信料、5分かけ放題込みで月額1590円から――FREETELの「スマートコミコミ」
プラスワン・マーケティングは、スマホ代、通信料、5分かけ放題込みの「スマートコミコミ」を提供。従来の「かえホーダイ」をリニューアルしたもの。2017年からはFREETEL以外のスマホも選べるようになる。(2016/11/21)

リード研所長が聞く:
B2BとB2Cでマーケティングはどう違うのか? ABMの伝道師に素朴な疑問をぶつけてみた――中東孝夫氏(KDDI)
アカウントベースドマーケティング(ABM)が注目されている。日本においてそれをいち早く実践し、成果を上げてきたエキスパートに話を聞いた。(2016/11/25)

ハイブリッドクラウド、ミッションクリティカル、コンテナの3分野が対象:
富士通とSUSE、企業向けOSS製品開発/サポートで協業
富士通とSUSEが企業向けOSS製品の開発/サポートで戦略的協業を行うと発表。OSSにおけるハイブリッドクラウド対応製品、ミッションクリティカルサポート、将来のコンテナ技術の3分野において、オープンソースコミュニティーでの開発からマーケティング、販売を共同展開する。(2016/11/17)

【連載】コンテクストマーケティング序論 第2回:
手軽なツールの導入でマーケティングを余計に難しくしていないだろうか
企業のWebサイトにおいて、コンテンツを的確に届けるというニーズが高まっています。今回はそれを実現する上で、どういうツールを選定すればよいのかを考えます。(2016/11/23)

導入企業向けマーケティングサービスも提供:
CCCマーケティング、「スマホサイフ」に電子スタンプ機能を追加
CCCマーケティングは、各社のポイントカードを集約できるスマートフォン向けアプリ「スマホサイフ」に電子スタンプサービスを追加した。11月15日から、日比谷花壇で利用できる。(2016/11/15)

「Googleマイビジネス」との連携サービスも:
サイバーエージェント、位置情報の広告活用に特化した専門組織を新設
サイバーエージェントは、位置情報の広告活用に特化した専門組織・ジオマーケティング部署を新設し、「Googleマイビジネス」に登録した店舗情報を一括管理できる「Geo Feed(ジオフィード)」の提供を開始すると発表した。(2016/11/14)

2、3カ月に渡り、検証・改善を実施:
オールアバウト、記事型ネイティブ広告の最適化を図る「運用型コンテンツマーケティング」の提供を開始
オールアバウトは2016年11月14日、記事型ネイティブ広告の運用・改善を実施し、最適化を図る「運用型コンテンツマーケティング」の提供を開始した。(2016/11/14)

発表会にはタレントのSHELLYさんが登場:
スマホでレシートを撮影してポイント付与、クーポンサービス「カタリナ」が新機能を発表
カタリナ マーケティング ジャパンはクーポンサービス「カタリナ」において、スマートフォンでレシートを撮影して送るとポイントがたまる新機能「レシートモード」の提供を開始した。(2016/11/11)

データマネジメントでMAの効果を最大化:
シンフォニーマーケティング、「Oracle Eloqua」のAPI連携ソリューションを提供開始
シンフォニーマーケティングは、同社が提供する顧客データ管理ツールと日本オラクルが提供するマーケティングオートメーション「Oracle Marketing Automation (Oracle Eloqua)」をAPI連携させるソリューションの提供を開始した。(2016/11/10)

大戸屋、低価格メニューを拡充へ 客数伸び悩み「環境変化に合わせた改革必要」
大戸屋ホールディングスは今後、広告宣伝・マーケティング面を強化し、他社との差別化を鮮明に打ち出していくほか、海外事業や中食事業に注力する。(2016/11/9)

マーケターのための「AR」短期集中講座 後編:
「Pokemon GOのような企画を」のムチャぶりはチャンス、デジタルマーケティング全体の中で考えるARの意義
「Pokemon GO」に感化されて「これからはARだよキミ」と言いだした上司のムチャぶりを逆手に取って、ARで成功する販促企画を実現するための考え方を紹介する。(2016/11/9)

デジタルマーケティング関連商品を体系化:
富士通、リアルタイムマーケティングを支援する「eXperience Data Platform」の提供を開始
富士通は、顧客起点のリアルタイムマーケティングを実現するソリューション「eXperience Data Platform」の提供を開始した。(2016/11/8)

エンターテイメント特化型マーケティングレーベル「Modern Age」が支援:
トライバルメディアハウス、キックボクシングイベントのマーケティング支援を開始
トライバルメディアハウスは、キックスロードが主催するキックボクシングイベントのマーケティング支援を開始した。(2016/11/7)

【連載】MARTECH 360:
マーケティング部門がIT部門と連携せざるを得ない理由
IT部門とマーケティング部門は長年こじれた関係にある。だが、マーケターは顧客理解を深める必要上、ITに投資し活用せざるを得ない。新たなビジネスを育てるため、今こそ両部門は長年の確執に終止符を打つべきだ。(2016/11/7)

週刊「調査のチカラ」:
御社に「校閲ガール」はいますか? 調査が明かすメディアと広告の気になる裏側
ECサイトの「プッシュ通知」に消費者が反応するタイミングとは? 「Instagram」の広告を女性たちはどう思っている? 若者は本当にテレビ離れしているの? マーケティング担当者の「そこが知りたい」に答える調査を紹介。(2016/11/5)

リード情報の移行が可能に:
マーケティングオートメーション「MAJIN」が、法人向けクラウドサービス比較サイト「ボクシル」と連携
ジーニーは、マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」において、スマートキャンプが運営する法人向けクラウドサービスマッチングサイト「ボクシル」と連携すると発表した。(2016/11/4)

Sales Cloud、Google Analyticsなど対象:
シャノン、他社サービスと自社MAツールを個別開発なしに連携できる「シャノンコネクト」を発表
シャノンは、同社のマーケティングオートメーションツールにおいて、個別の開発をしなくても国内外のサービスや製品と連携可能にする「シャノンコネクト」を発表した。(2016/11/4)

正確でタイムリーなリード情報を供給:
「SHANON MARKETING PLATFORM」が「kintone」と相互連携
シャノンは、同社のマーケティングオートメーションツールにおいて、サイボウズが提供する業務アプリクラウドサービス「kintone」とデータを相互に連携させるkintoneアプリケーションを提供すると発表した。(2016/10/28)

富士通/富士通マーケティング GLOVIA きらら 販売:
製造管理業務の精度向上を実現、製造も手掛ける卸売業に最適な販売管理パッケージ
富士通と富士通マーケティングは、「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA きらら 販売」のラインアップを強化し、組立加工製造・卸売業向けに製造管理機能を実装した「GLOVIA きらら 販売 TypeIII」の提供を開始する。(2016/10/28)

データ分析経験者を募集中:
データ分析に特化したクラウドソーシングサービス、ADDIXが提供開始
デジタルマーケティング支援のADDIXは、データ分析に特化したクラウドソーシングサービス「FARO CONSULTING β版」の提供を開始した。(2016/10/27)

自らの「体験」に「共感されたい」と考える生活者が6割:
オプトが「デジタル時代におけるブランド消費の価値観」について調査
オプトは、企業のマーケティング支援においてデジタル時代の生活者のブランド消費に関する価値観や動向を把握するためにアンケート調査を実施した。(2016/10/27)

SIM通:
FREETEL、格安スマホ新ブランドと新戦略を発表!
プラスワン・マーケティングは、FREETELブランドに関する発表会を開催。半年ごとに新しいスマホに機種変更できる、「かえホーダイ」などの新サービス、SIMフリースマホの新製品として「極 KIWAMI 2」「雷神 RAIJIN」の2機種を発表した。(2016/10/27)

ホワイトペーパー:
「やっぱり『テレマ』は重要かも」と心が揺れるマーケターに3つの質問
リード獲得キャンペーンを成功に導くためにはやはりテレマーケティングが必要なのか。ABM が注目される中、再評価されるテレマーケティングについて、その意義を再検討してみたい。(2016/10/26)

「SPEEDA」と連携:
コンカーとユーザベース、AI活用のマーケティングプラットフォーム構築に向けた実証実験を開始
出張・経費管理クラウドサービスを提供するコンカーはユーザベースと共同で、AIを活用したマーケティングプラットフォーム構築に関する実証実験を実施する。(2016/10/25)

小売・流通業や消費財メーカー向け:
日立製作所、人工知能を利用した「顧客ロイヤルティ向上サービス」の販売を開始
日立製作所は、人工知能を活用したマーケティング施策立案支援サービスの販売を開始した。顧客の購買単価や商品の購買率を高めるマーケティング施策の立案を支援する。(2016/10/24)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。