ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

マーケティング に関する記事 マーケティング に関する質問

「マーケティング」最新記事一覧

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第2回 ビジネスを継続していくために――BtoB企業に不可欠な「分析の知」
ビジネスを続けていくには、継続してお客さまを見つけることが必要。安定的な取引がある特定の顧客に依存し過ぎると、もしもの時に経営が行き詰まります。特に企業間取引(BtoB)を主体としている企業の場合、これからはマーケティングによる「分析の知」が未来を決めることになるでしょう。(2014/4/23)

シェア拡大が課題:
デジタルマーケティングの専任担当者がいる企業は全体の18.7%、IMJ調査
アイ・エム・ジェイは4月21日、「企業内でWebサイトもしくはデジタルマーケティングに従事している」全国の20〜59歳の男女を対象に行った「BtoB企業のWebマーケティング実態調査」の結果を発表した。(2014/4/22)

ホワイトペーパー:
10個のキーワードで解説する「CMS導入成功の秘訣」
現在のWebサイト運営ツールの主流といえるコンテンツ管理システム(CMS)の導入成功の秘訣をキーワードで解説。新規導入を考える企業はもちろんのこと、既にCMSを導入しており「使いこなせていない」と感じているマーケティング担当者にもぜひ読んでほしい資料だ。(2014/4/22)

マーケ規模17億人:
ソーシャルメディアマーケティングのROI計測事例を紹介
さまざまなブランドがソーシャルメディアマーケティングを実行している。その一方で、自社が取り組んだソーシャルメディア施策のROIをしっかり計測している企業はどれだけいるだろうか。(2014/4/21)

「統合的なマーケティングプラットフォーム」普及の意味:
マーケティング業務“精緻化”の流れを決定付ける――Marketo 取締役 若松幸太郎氏らインタビュー
先日、Marketo 取締役 若松幸太郎氏と電通イーマーケティングワン 第二営業本部 アカウントディレクター 池上ジョナサン氏にインタビューをする機会があった。日本における統合型マーケティングプラットフォーム普及の意味を考える上で、いくつかの貴重なヒントをもらったインタビューだったと思う。(2014/4/16)

企業向けモバイルアプリ開発・実行・管理を網羅するIBMの「MobileFirst Platform」:
PR:ユーザー操作/端末情報を“全て記録”し、UX改善、マーケティング、障害分析に生かす「モバイルDevOps」な開発とは
スマートフォン/タブレット端末の普及により利用が増加しているエンタープライズ向けのモバイルアプリケーション。身近で使用頻度が高いが故に要件の変更や品質改善などの需要が増え、よりアジャイルな開発環境が望まれる。これに対するIBMからの回答、「IBM Worklight」を中心とした「モバイルDevOps」な開発とはどんなものなのだろうか。(2014/4/16)

米国イベントで議論:
ビッグデータ活用で、期待の高いマーケティングの主要5分野はこれだ
マーケティングにおけるビッグデータの役割と効果について議論された米国でのイベント内容をまとめた。ビッグデータによる大きなインパクトが期待されるマーケティングの主要5分野を紹介する。(2014/4/15)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第34回 ウェアラブル端末の革新性、企業のマーケティングに及ぼす変化
次なるデジタルトレンドとして注目を集めるウェアラブル端末。そのポテンシャルと企業のマーケティングにもたらす変化について、「Wearable Tech Expo in Tokyo」を開催した博報堂DYメディアパートナーズのビジネスインキュベーションセンター ビジネスディベロップメントディレクターである上路健介氏に話を聞いた。(2014/4/15)

影響度を可視化:
スパイスボックス、マクロミルと共同で動画マーケティング総合支援サービス「Tube+」を開始
スパイスボックスは4月14日、マクロミルと共同で動画マーケティング領域におけるKPI策定から運用、動画コンテンツの企画/制作、効果分析までを一括で提供する動画マーケティング総合支援サービス「Tube+(チューブプラス)」の提供を開始することを発表した。(2014/4/14)

ビッグデータに消極的な訳:
欧州のマーケターが挙げる「ビッグデータ活用をしない・できない理由」
Circle Researchが行った、欧州のマーケティング専門家を対象にしたビッグデータ活用状況の調査結果が発表された。4割の企業が活用に積極的な一方で、半数以上が活用していなかったり、検討も考えたりしていないと分かった。その理由をまとめた。(2014/4/14)

【連載】海外事例に学ぶマーケティングイノベーション:
第18回 Facebook 動画広告始まる――「自分に合う相手を“探す”」から「より相手に合う“伝え方”」へ
マーケティング活動ROI最大化のためには、ソーシャルメディアの活用が必須である。これまでこの連載を通じて、ブランドに対するサイレントマジョリティの声の活性化が現代のマーケターにとっては必須のミッションとなっていることを訴えてきた。今回は、そんなマーケターにとっての新しい“支援ツール”となるであろう「Video Ads」(Facebook)を紹介したい。デジタルマーケティングの世界におけるソーシャルメディア+動画広告の波は、これからさらに活発化するだろう。(2014/4/11)

【連載】ソーシャルメディアを活用したい中小企業のためのWeb発注力と運用力:
第1回 Webサイトリニューアルに「発注力」が大切な理由――そもそも自分たちは“何”を発注するつもりなのか?
ソーシャルメディアも用いながらWebをもっと活用したい。しかし予算も人手も少ない! といった中小企業のマーケティング担当者のための発注力/運用力を高めるコラムを毎回お届けします。第1回のテーマは「発注力」の重要性。あなたは自社のWebサイトで何をしたいと考えているのでしょうか?(2014/4/10)

製造ITニュース:
「MREAL」と「3Dプリンタ」がモノづくりを加速――キヤノンMJ、3Dソリューション事業を展開
キヤノンマーケティングジャパンは、ビジネスソリューション分野の新たな成長エンジンとして、「3Dソリューション事業」の立ち上げを発表。これに伴い、3D Systems社製の3Dプリンタの取り扱いラインアップを強化した。(2014/4/10)

Facebook活用マーケティング:
SBIマーケティング、タイムカレントと提携、「Facebook一括運用サービス」を開始
SBIマーケティングはタイムカレントと提携し、「Facebook一括運用サービス」を始めた。希望する企業に対して、Facebookを活用したマーケティング展開のトータルサポートをする。(2014/4/9)

環境変化を商機に:
マリンソフトウェア、ビジネス環境の変化要因データを統合型広告運用に取り込む
マリンソフトウェアは、多種類のコンテキストデータを同社の統合型広告運用プラットフォームに取り入れることを可能にしたと発表した。ビジネスに影響する環境の変化要因コンテンツをデータとして取り込むことで、デジタルマーケティングを高度に最適化できる。(2014/4/9)

導入率は前年比112%:
Fortune500社の半数以上がマーケティングオートメーションを利用
「見込み顧客を案件に育てていく」「最適なタイミングで、最適な顧客に最適なキャンペーンを展開する」など、さまざまなマーケティング施策を支援するマーケティングオートメーションだが、実際の企業導入率はどれくらいなのか。(2014/4/7)

LINE@でお店をPRする方法:
LINE@の導入を成功させるための基礎知識
LINEは企業のプロモーション、マーケティングのツールとして、高い効果を発揮しています。今回は、LINE@の導入を成功させるための基礎知識について紹介します。(2014/4/7)

複数チャネル統合で調査:
クロスチャネルマーケティングでデータドリブン企業を実現する5つのステップ
Experian Marketing Servicesによると、80%のマーケターが今年度中にクロスチャネルマーケティングキャンペーンを展開する予定だという。統合するデータ品質をいかに良質にするか、ポイントをまとめた。(2014/4/3)

LINE@でお店をPRする方法:
LINEを利用しているのはどんな人?
LINEは企業のプロモーション、マーケティングのツールとして、高い効果を発揮しています。今回は、どのようなユーザーがLINEを利用しているのかを紹介します。(2014/4/3)

“顔パス”支払い、ヤマダ電機に 「PayPalチェックイン支払い」試験導入
「ヤマダ電機LABI 渋谷」で、“顔パス”感覚で店舗でPayPal決済できる「PayPalチェックイン支払い」のテストマーケティングが始まる。(2014/4/2)

デジタルマーケター、初めの一歩:
無料/格安のデジタルマーケティングツール5種類
無料もしくは格安で利用できるデジタルマーケティングツールがある。すべて英語版なので、グローバル展開を考えている企業に特にお勧めだ。(2014/4/2)

仕事をしたら“視線”を追いかけた:
「人の視線+α」で○○が分かる――近未来はとにかくスゴくなりそうだ
人の視線を追いかける「アイトラッキング」の技術に注目が集まっている。近年、マーケティング活動に使う企業が増えてきたが、どんなことが分かってきたのか。世界シェアトップのトビー・テクノロジー社に話を聞いた。(2014/4/2)

行動履歴データ活用の壁:
7割のマーケター、「データドリブン・マーケティングに失敗」と認識
7割以上のマーケターが行動データに基づく顧客ターゲティングに失敗しているという調査結果が出た。顧客の行動履歴データ活用に向けて欠けていることは何だろうか。(2014/4/1)

想定すらしていなかったビジネスの仮説や気づきを発見できる!:
PR:マーケターのひらめきをデータで加速するQlikViewの真価
クリックテック・ジャパンが提供するBusiness Discoveryプラットフォーム「QlikView」が実現するのは独自の「連想アーキテクチャ」による高速/柔軟なデータ分析。この斬新な分析の仕組みがマーケターにどのような変化をもたらすのか。クリックテック・ジャパン マーケティング本部 本部長 安部知雄氏が語る。(2014/4/1)

米国で面白い動き:
オラクルによるBlueKai買収のインパクト――動き出すマーケティングオートメーション市場
マーケティングオートメーション市場の動きが活発だ。米Marketoが日本法人を設立、米オラクルがBlueKaiを買収した。現状と今後について、市場の状況をまとめた。(2014/3/31)

マーケティング再創造:
アドビ、デジタルマーケティングのカンファレンス開催
米Adobe(以下「アドビ」)は現地時間3月25日、米国ユタ州ソルトレイクシティにてグローバルなデジタルマーケティングのカンファレンス「Adobe Digital Marketing Summit 2014」を開幕したことを発表した。(2014/3/28)

ナーチャリングって何?:
マーケティングオートメーションの要を理解する
顧客のニーズ成熟度や知識レベルに合わせ、最適なタイミングで最適なキャンペーンを実施できないか。マーケティングオートメーションで実現させるための方法を説明する。(2014/3/28)

約85%が携帯電話本体を「高い」と回答――プラスワン・マーケティングのアンケート調査
プラスワン・マーケティングが「携帯電話に関するアンケート」を実施。約85%が携帯電話本体を「高い」と感じており、端末代や料金プランが安くなれば乗り換えを検討しているユーザーも約8割に上る。(2014/3/28)

スペシャルインタビュー:
成果を上げているマーケターは数字にうるさい
統合型広告運用プラットフォームを提供するマリンソフトウェアは3月27日、デジタルマーケティングに携わる担当者206名を対象にした「デジタルマーケティングに関する調査」の結果を発表した。この調査は、「成果を上げている/上げていない」という点に着目し、その理由と日常進めているデジタルマーケティング施策、身に付けている知識/付けたい知識などについて詳しく聞いている。調査の詳細を同社 プロダクトマーケティングマネージャーの土谷薫氏に聞いた。(2014/3/28)

ビジネス戦略の転換期:
ビッグデータへの「取り組み」と「活用」のギャップ、いまだ埋まらず
企業戦略やマーケティングにおけるビッグデータの活用は、どの程度進んでいるのか。実際の取り組みと目指す姿との差がまだ大きいことが分かった。(2014/3/27)

マーケティングオートメーション:
大手の米Marketo、日本法人を設立
マーケティングオートメーションソフトウェア大手の米Marketo Inc.は3月25日、電通イーマーケティングワンとサンブリッジコーポレーションとの共同出資によるマルケトを設立したことを発表した。(2014/3/27)

顧客データ分析で取引の高コンバージョン率を目指す楽天証券
サイト訪問したユーザーが新規で口座開設してから取引に至るまでの流れをスムーズにして、コンバージョン率を高めようという取り組みを楽天証券は進めている。マーケティング担当者に話を聞いた。(2014/3/27)

マーケッターにクラウドダッシュボードを提供、ウイングアーク
ウイングアークはBIダッシュボートの新サービスとして、マーケティングデータの分析や可視化が可能なサービスを開始する。消費動向などの統計データも提供するという。(2014/3/26)

Adobe Summit 2014 レポート:
デジタルマーケティングの“再創造”は「Technology」「Customer」「Leader」「Quantative」がカギを握る
アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティで開催中の「Adobe Summit 2014」。午前中の基調講演に続いて、午後は企業のマーケティング責任者たちによるパネルディスカッションが行われた。昨年も行われたこのセッション。顔ぶれは違うが、議論の俎上に乗せられた主要なテーマはやはり「CMOとは何者か」だった。(2014/3/26)

Adobe Summit 2014 レポート:
アドビとSAPが戦略的なパートナーシップ契約を締結――2014年のテーマは“マーケティング再創造(MARKETING REINOVATION)”
米国ユタ州ソルトレイクシティで開催中の「Adobe Summit 2014」。米アドビはイベントのテーマに“マーケティング再創造(MARKETING REINOVATION)”を掲げ、最新のテクノロジーが実現するデジタルマーケティングの可能性についてデジタルマーケター、代理店、技術者など5500人以上に向けて発表した。(2014/3/26)

【連載】BtoBマーケティングの極意!学びと実践の現場から:
第1回 企業の存続と繁栄の源泉はどこに? BtoBマーケティングから考える日本企業の未来
分かるようで分からないBtoBマーケティング。時代とテクノロジの進歩の早さに私たちは何から学べば良いのだろうか。悩みを抱えるビジネスパーソンに学びの場からの情報提供と現場からの最新動向をお伝えるする連載の第1回。(2014/3/26)

転機をチャンスに変えた瞬間(18)〜プロ野球球団代表 米田純の場合:
壁をぶち破らなければ、人生は変わらない
39歳で初めての転職。野球への思いを断ち切り、マーケティングの分野で生きていくと決めた男に、とんでもないチャンスが舞い込んだ。(2014/3/25)

データサイエンティストが軸:
データマーケティング、成功へのトライアングルとコミュニケーションのこつ
データマーケティングを成功させるための、マーケティング、IT、データサイエンティストの三者間の役割と、コミュニケーションのポイントを紹介する。(2014/3/25)

企業経営に生かそう:
ビッグデータをマーケティングに活用する4つのステップ
ビッグデータの活用を実現する4つのステップがある。ビッグデータとはいえ、通常のマーケティングアプローチとそれほど大きな違いがあるわけではない。(2014/3/24)

「1カ月限定」だったアイドルが、10年以上愛されている5つの理由
10年以上のキャリアを重ねる“ベテラン”地方アイドル「Negicco」。彼女たちがこの10年間活動を継続している理由とは? 書籍『新潟発アイドルNegiccoの成長ストーリーこそ、マーケティングの教科書だ』から紹介します。(2014/3/18)

マクドナルド、ネット販売参入?:
米マクドナルド、デジタル戦略を強化へ ―― デジタル/マーケティング/メニューの3分野をテコ入れ
米マクドナルドが、マーケティング/デジタル/メニューの3分野を重点的に見直し、売り上げ向上を目指すと、Advertising Ageが報じている。(2014/3/17)

Web動画マーケティング任せて:
メンバーズとモバーシャル、ジョイントベンチャー「MOVAAA(ムーヴァー)」設立
メンバーズは3月14日、Web動画制作事業を手掛けるモバーシャルと、Web動画マーケティング支援のジョイントベンチャー「MOVAAA (ムーヴァー)」を設立したことを発表した。(2014/3/17)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
経営者兼新入社員が入社してくる時代だけど、あなたの会社は対応できる?
「スマートフォンアプリの会社を持っています」「マーケティングの会社を起業していました」そんな学生が新卒で入社してくるイマドキ。もしあなたの企業にこういった新入社員が入ってきたらどう対応しますか?(2014/3/17)

転職成功事例:
外資系化学業界のマーケティングからの転職
47歳の東山さん、決して「希望に沿える求人が豊富」という状況ではありませんでしたが、人材紹介会社からの提案に対して柔軟に耳を傾け、あきらめずに活動を続けることで同業界への転職に成功しました。(2014/3/17)

QlikViewで変わるマーケティング部門の仕事:
PR:データ・ドリブン・マーケティングの実現を阻む課題――それはIT部門とマーケティング部門との間に存在するギャップ
IT部門とマーケティング部門の協業はますますその重要性を増している。両部門の思考の違いを乗り越え、協業を困難にする技術的な制約を克服するには? 独自の連想技術で柔軟なデータ活用を支援するクリックテック・ジャパンが、両部門の思考の違いや技術的制約を乗り越えるための解答を示す。(2014/3/18)

消費増税を前に大型家電を中心とした駆け込み需要が増加――GfK Japan調査
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は、家電量販店における主要家電製品の販売動向を発表。1月、2月のエアコン/冷蔵庫/洗濯機の販売台数は、過去5年間の同月と比べて最多。(2014/3/14)

「よりみち」でポイント蓄積:
ロイヤリティ マーケティング、駅チカで初の「チェックイン」キャンペーン
ロイヤリティ マーケティングが、O2Oアプリを使った駅チカでのチェックインキャンペーンを10日間限定で行う。利用者は来店して「チェックイン」するだけで特典を受けられ、企業は来店促進につなげることができる。(2014/3/12)

世界で52億本 レッドブルのブランド戦略
スポーツを利用したマーケティングによってブランド力を構築してきたレッドブル。今回は書籍『レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか』から、レッドブルのスポーツ・マーケティングのキーワードを紹介する。(2014/3/11)

消費増税前に購入を検討しているもの、家電が上位――クロス・マーケティング調査
クロス・マーケティングは3月10日、「増税に際しての消費動向調査」結果を発表した。(2014/3/10)

オーディエンスが知りたいストーリーを:
ハリウッドに学ぶコンテンツマーケティング5つの心得
ハリウッドのコンテンツ制作ノウハウを、コンテンツマーケティングに生かそう――。ClickZ.comに掲載された、マーケターが見習うべきコンテンツ制作の極意5つを紹介する。(2014/3/10)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。