“みんゴル”開発元がQuest向け新作VRゴルフゲームを5月発売 原宿で一足先に体験してきた(1/3 ページ)

» 2024年04月12日 20時20分 公開
[渡辺まりかITmedia]

 「みんなのGOLF」などで知られるクラップハンズ(横浜市)が、Meta Questシリーズ向けのVRゲーム「アルティメット スイング ゴルフ」を発表した。同日からMeta Storeで予約を受け付け、5月17日に配信を始める。価格は2990円(税込み)。

 発売に先がけ、Meta Questは4月12日から27日にかけてファッションスポーツブランド「Lacoste」とコラボレーションしたポップアップイベント「世界最小のゴルフ場」を「Lacoste Harajuku」(渋谷区)にオープンした。

 初日に行われた報道陣向けの発表会では、クラップハンズの八木宏之氏(プロモーションディレクター)や、Metaのピエール・キャン氏(Reality Labs 日本マーケティング統括)が登壇し、アルティメット スイング ゴルフの魅力やMeta Questとスポーツタイトルの相性の良さを紹介した。

アルティメット スイング ゴルフ 今回発表された「アルティメット スイング ゴルフ」メインイメージ。販売価格は2990円だ

よりリアルなゴルフを求めて行き着いたVRプラットフォーム

 アルティメット スイング ゴルフは、18ホール1ラウンドのコースを5つ、キャディは4キャラクター、その他にコスチュームやコスチャームカラーを選べる、リアル寄りのVRゴルフゲームだ。対応機種はMeta Quest 2/3/Proのみ。

アバターの見た目を選べる アバターの性別や見た目、コスチュームなどを選べて楽しい。なお、下半身は表示されないため選べない
選べるキャディ キャディを選べる。なお、左は「サクラ」さん、右は「ダニエル」さんという設定のようだ

 ミッションクリア形式の「チャレンジ」、通常のストローク形式でスコアの更新を目指す「フリープレイ」、1人でじっくり練習する「トレーニング」、フレンドや世界中のプレイヤー最大4人でラウンドする「オンライン対戦」の4つのモードを備え、ゴルフ経験者をはじめ、初心者や未経験者でも気軽に楽しめるような工夫を施しているのが特徴だ。

 オンライン対戦ではボイスチャットの他、文字入力なしにボタンを押すだけでコミュニケーションできる「定型文チャット」、拍手や応援といったモーションを使える。定型文チャットではそれぞれ相手の国の言語を表示し、言語の壁を超えたコミュニケーションもできるという。

4つのモード 4つのプレイモードを選べる

 さらに、Meta Quest 3のMR機能を生かした「MRプレイ」では、部屋の中でパットゴルフを楽しめる。

MRプレイ 部屋の中でパットゴルフを楽しめる「MRプレイ」のイメージ図

 良いショットやパットができるとプレイヤーは経験値を獲得できる。その経験値に応じてアバターの基本性能の向上、キャディのボイスパターンやコスチュームの増加などを楽しめるのも、本作の魅力となっている。

キャディのコスチューム変化 経験値が上がるとキャディの見た目を変えられるようになる

 25年以上にわたりゴルフゲームを開発してきたクラップハンズの八木氏は「どこまでリアルなゴルフに近づけられるのかという究極のテーマに基づいて開発を続け、ついにMeta Questの中に、限りなくリアルなゴルフに近い体験ができることを見いだせた」と話した。

クラップハンズの八木宏之氏 クラップハンズの八木宏之氏

 さらにリアルなゴルフより優れている点として「天候や時間を気にせずコースを回れること」「世界中のプレイヤーと対戦できること」を挙げた。リアルで集まることが難しくても、これならゴルフ仲間との親交が深まりそうだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー