ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「人工知能」最新記事一覧

人工知能アドバイスで「職場の幸福感」アップ
「上司に会うなら午前中」「あの同僚ともっと話した方がいい」――日立が職場での“幸福感”アップに有効なアドバイスを自動作成する技術を開発した。(2016/6/27)

ヤマト運輸、荷物問い合わせをLINEトークで 人工知能が会話形式で案内
ヤマト運輸の公式LINEアカウントに人工知能が会話形式で案内する機能を追加。荷物の問い合わせがLINEトーク内で完結する。(2016/6/27)

競技映像のビッグデータが、リオ五輪のメダルを増やす切り札に?
トップアスリートの世界では、選手やコーチに加えて分析スタッフも勝敗を分ける重要な存在だ。その裏にはアスリート用の映像データベースを構築している人々がいる。日本のメダルを支える力はこんなところにもある。(2016/6/27)

日立、京大とAIなど開発 共同で技術革新創出「ラボ」
日立製作所と京都大は23日、未来の課題を探求し、技術革新を創出する「日立京大ラボ」を開設したと発表した。(2016/6/24)

非構造化データから構造化データへの変換を支援、日本語にも対応:
マイクロソフト、「Text Analytics API」を複数言語で利用可能に
マイクロソフトは、非構造化データを分析して構造化データ抽出するAPI「Text Analytics API(プレビュー版)」を複数の言語で利用できるようアップデート。日本語にも対応した。(2016/6/24)

シャープ株主総会:
シャープはデジタル事業で復活できるのか? 成長戦略にAIやIoT
23日に開かれたシャープの定時株主総会では、株主から、人材流出やデジタル事業復活への懸念の声が相次いだ。(2016/6/24)

Pepperが優れた経営判断をするようになったら、孫社長はどうする?
「もしPepperが、ご自身よりも優れた経営判断をするようになったら、孫社長はどうする?」――ソフトバンクグループの株主総会で、孫社長がこんな質問に答えた。(2016/6/23)

GUIの次へ:
Mac版のSiriは操作革命を引き起こすか!? 林信行が「macOS Sierra」をレビュー
WWDC 2016で発表された最新macOS「Sierra」の魅力を林信行が解説する。Mac版Siriはマウス操作が世に広まって以来の、最大の操作革命になるかもしれない。(2016/6/23)

専門家に聞く:
自動運転車に関する3つの疑問
自動運転技術への関心は、日増しに高まっている。だが、“技術的に可能なこと”が、“本当に必要なこと”とは限らない。(2016/6/23)

富士通 ものづくりAIフレームワーク:
製造現場でのAI活用を支援するフレームワーク、WebAPIで既存システムへの組み込みも容易に
富士通は、同社の「ものづくり統合支援ソリューション」に設計・生産現場でAI技術を活用するためのコンサルティングサービスを追加し、2016年10月から提供を開始する。(2016/6/23)

Pepperが次期社長になる可能性も?――孫正義氏が社長続投を決めた理由
「さらに毛が抜けた」と孫氏が言うほど悩んだ社長続投。次期社長の最有力候補だったニケシュ・アローラ氏には「申し訳ない」と話したという。当初は60歳までと考えていたソフトバンクグループ社長の続投を決めた理由とは――。(2016/6/22)

孫社長「悩んでさらに毛が抜けた」 “後継者”アローラ氏退任の理由を語る
ソフトバンクグループの孫社長は、“後継者”ニケシュ・アローラ氏の退任について「とても悩んだ」と明かした。「シンギュラリティ」を迎えるに当たり、「あと5年、10年は社長でいたい」と考えを変えたという。(2016/6/22)

製造業IoT:
NECのモノづくり「見える化ソリューション」、自社工場での実証結果を商品化
NECは、同社の工場で行った実証に基づいて生産現場のデータを収集/可視化し、生産性/サプライチェーン全体の流れや品質の向上を実現する「ものづくり見える化ソリューション」を発売する。(2016/6/22)

「経験と勘」に「計算科学」を融合:
材料開発の新手法を構築へ、開発期間を1/20に
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、機能性材料の試作回数や開発期間を20分の1に短縮することを目指した共通基盤技術の開発を行う。材料分野における日本の技術競争力を維持・強化していくのが狙い。(2016/6/22)

シード・プランニング:
遠隔診療関連サービス市場は、遠隔での健康相談/保険診療が市場をけん引
シード・プランニングは、日本における遠隔診療サービスの市場規模予測を発表した。(2016/6/22)

人工知能の人材開発狙い、大阪大学とパナソニックが「国内初」の共同講座
大阪大学とパナソニックが、人工知能技術とそのビジネス応用に関する人材開発を共同で行う「人工知能共同講座」を開始。2017年春からは他大学/他企業にも門戸を開く。(2016/6/21)

トヨタ、3年以内に「守護天使」開発 事故防止AIなど実現へ
AIが運転手を手助けして事故を防ぐ安全技術を3年以内に実現させ、AIを使った高齢者向けの家庭用介護ロボットも、15年以内に実用化させたい考えも示した。(2016/6/21)

人工知能研究で「周回遅れ」の日本 活路はどこに? 識者に聞く
人工知能の研究開発競争が世界的に激化している。トップを走る米国と比べ「周回遅れ」といわれる日本の活路は。(2016/6/21)

スイスに機械学習研究センターを創設:
Googleの全製品にAIを組み込みたい――同社CEO
Googleが人工知能(AI)への取り組みを深めている。同社は2016年6月16日(米国時間)、スイスのチューリッヒオフィスに機械学習研究センター「Google Research Europe」を開設したと発表した。(2016/6/21)

新連載・意外と知らない教育現場のいま:
小学校のプログラミング必修化は本当に必要か
昨今はブームとも呼べる教育のICT化。ITツールを使えば、果たして学びは劇的に変わるものなのか。そして、小中でのプログラミング授業必修化は正解だったのだろうか――ジャーナリストの鈴木隆祐が読み解く。(2016/6/21)

プロジェクト成功確率向上の近道とは?(3):
残業も減らせる!? 上級エンジニアになるためのDesign Doc超入門
ITシステム開発の問題点の一つであるコミュニケーションの失敗。本連載では、これを防ぐ方法としてお勧めしたい3つのドキュメントを紹介していく。今回は、「技術視点」のドキュメントとして、2000年代以降注目されている「Design Doc」について解説します。(2016/6/21)

優勝校には100万円! アプリで「英単語バトル」に高校生がハマる理由
英単語学習アプリ「mikan」。mikanバトルには開成高校や筑波大学附属駒場高校など、そうそうたる進学校が参加しているという。こんなにも高校生が夢中になる理由とは?(2016/6/21)

日東工器 キュータム:
単三形電池に対応した携帯型吸引器、在宅医療に
日東工器は、単三形電池に対応した携帯型吸引器「キュータム」を開発したと発表した。(2016/6/21)

「義手をメガネのようにしたい」――誰もが自由に設計できる、オープンソース電動義手の狙い
「電動義手」の設計データから使われている部品情報、プログラム、ソースコードまで全てを無料で公開するイクシー。彼らには、腕をなくした家族がいるわけでも自分が義手を必要としているわけでもない。なのにどうしてここまでやるのだろうか?(2016/6/21)

病院で働くPepper、命をつなぐIoTペンダント――富山発、地方の高齢者を救うIT
少子高齢化や人口減少など、地方都市が直面している社会課題は多い。富山県氷見市では、人工知能を搭載したロボットやIoTなど、ITを活用して課題に立ち向かう人々がいる。その先進的な取り組みについて聞いた。(2016/6/20)

AIが乗客と会話する自動運転バスが公道での運転を開始 IBMの人工知能「Watson」導入
移動中に乗客の質問に答えてくれます。(2016/6/19)

Google、スイスに機械学習研究拠点 人工知能や自然言語理解に取り組む
Googleが、スイスのチューリッヒオフィスに機械学習(Machine Learning)専門研究チームを設立した。人工知能、自然言語理解、機械知覚などの研究に取り組む。(2016/6/17)

スマートファクトリー:
政府主導の第4次産業革命団体、国際連携により発信力強化へ
ロボット革命イニシアティブ協議会は、3つのワーキンググループ活動の報告会を開催した。本稿では、製造業のビジネス変革を対象とした「IoTによる製造ビジネス変革ワーキンググループ」の発表内容について紹介する。(2016/6/17)

DSP「Logicad」をDMPと連係して広告配信:
ソネット・メディア・ネットワークス、「検索カテゴリーターゲティング」を開始
ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP「Logicad」をクロスリスティングが提供する「クロスリスティングDMP」と連係させた「検索カテゴリーターゲティング」を開始した。(2016/6/17)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/06/16
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年6月16日)(2016/6/17)

特集:「人工知能」入門(3):
今の日本には、「人工知能」に関する研究を社会実装につなげるエンジニアが必要
「画像解析」は、近年の「人工知能」と呼ばれる技術によって品質とスピードが著しく向上している分野の1つだ。画像解析エンジンを独自に開発し、生体認証をはじめとしたさまざまな分野に応用しようとしている日本のベンチャー企業にLiquidがある。代表の久田康弘氏に、Liquid設立の経緯や、「人工知能」に対する考え方について聞いた。(2016/6/17)

ドコモ吉澤新社長が就任 AI開発に意欲、料金の値下げにも言及
「パートナーのアイデアを広く受け入れ、新たな発想を生み出したい」とコメント。スピード感ある経営判断が重要と意気込みを見せた。(2016/6/16)

手間の掛かる月次振り返りや資料作成の工数を削減:
Webサイトを分析する人工知能「AIアナリスト」が解析レポートを完全自動化
WACULは、Webサイトを分析する人工知能「AIアナリスト」に月次実績をレポート化する「評価機能」を追加したと発表した。 (2016/6/16)

農機メーカー、人手不足やTPPにらみIT融合加速 無人トラクターなど開発進む
人手不足や環太平洋戦略的経済連携協定の発効をにらみ、クボタや井関農機など農業機械メーカーがITと融合させた最先端の機械やサービス開発に力を入れている。(2016/6/16)

Siriの開放は遅すぎた? 人工知能競争で後手に回るApple
Siriで業界に先駆けたAppleだが、今や人工知能(AI)の分野ではGoogleやAmazonといった競合他社に後れを取っている。(ロイター)(2016/6/16)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
人命に対する責任を人工知能に問えるのか
ブラックボックスに誰が責任を持つのか。(2016/6/16)

人工知能「KIBIT」がクルマ選びを支援 ガリバーが導入
中古車販売のガリバーは人工知能「KIBIT」を活用し、自動接客サービスを開発する。(2016/6/15)

ゲーム感覚でプログラミングを学べるWebサービス「MOZER」 「進撃の巨人」とコラボも
ゲーム開発でプログラミングを学べるオンライン学習ツール「MOZER」がリリースされた。外部コンテンツともコラボし、第1弾として「進撃の巨人」イベントを開催予定。(2016/6/15)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
AppleはiPhone 7(仮)以降をどのように進化させるのか
毎年恒例、世界開発者会議「WWDC 2016」で次期OS群をお披露目したApple。基調講演では、iPhoneが今後どのように進化していくのかが(謎もまだ多いが)語られた。(2016/6/15)

WWDC 2016現地レポート:
4つの新OSで何が変わる? Appleが示した7つの方向性を林信行が読み解く
Appleの4つのOSが秋ごろ一斉にアップデートする。これにより一般ユーザーにどんな恩恵があるのか、開発者にとってはどうなのかを林信行が解説する。(2016/6/15)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
きっかけは「スマホショック」、パナソニックがIoTに舵を切る理由
IoTがもたらす革新は、製造業にどういう影響をもたらしているのだろうか。大手電機のパナソニックでは、自社内や自社外でIoTを活用した業務プロセスやビジネスモデルの変革に積極的に取り組んでいる。危機感の裏付けになっているのが「スマホショック」だ。同社のIoT戦略を取り仕切るパナソニック 全社CTO室 技術戦略部 ソフトウェア戦略担当 理事 梶本一夫氏に話を聞いた。(2016/6/15)

エン・ジャパン AI意識調査:
「一般事務」「経理」などのルーティンワークはAIに代替される!?
エン・ジャパンが運営する人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」は、「AI(人工知能)に代替される仕事、されない仕事」についてのアンケート調査結果を発表した。(2016/6/15)

東大で8社による寄付講座を開始:
パナが成長の「キモ」とするAI、人材育成も強化へ
東京大学は2016年6月、パナソニックなど8社による9億円の寄付で、大学院理工学系研究科知能機械情報学専攻に「先端人工知能学教育寄付講座」を設置すると発表した。寄付講座を開始する狙いについて、パナソニック技術戦略部でソフトウェア戦略担当理事を務める梶本一夫氏に話を聞いた。(2016/6/14)

三井住友銀、AIによる金融商品提案へ 脳科学で顧客の投資パターン分析
三井住友銀が、AIを使って顧客ごとに最適な金融商品を提供していけるよう、顧客の投資行動パターンを脳科学を使ってあらかじめ分析する作業を始める。(2016/6/14)

音声認識などのディープラーニングモデルで、高い処理速度を実現:
マイクロソフト、無償ディープラーニングツールキットの最新版「CNTK 1.5」を公開
マイクロソフトは、プログラミング言語やツール機能、テキスト/音声読み取り機能を強化したオープンソースのディープラーニングツールキット「CNTK 1.5」をリリースした。(2016/6/14)

AWS Summit Tokyo 2016:
「パブリッククラウドは安いか」ではない、企業文化を変えるために使う
2016年6月1日、AWS Summit Tokyo 2016のパネルディスカッションで、NTTドコモの栄藤稔氏、三菱東京UFJ銀行の村林聡氏、日本経済新聞社の渡辺洋之氏が、それぞれの危機感と、日本企業がバブリッククラウドを活用していかざるを得ない理由について語った。(2016/6/14)

Weekly Access Top10:
たけのこ陣営の者です
この戦いに、キミの手で決着をつけよう。(2016/6/13)

該当ページの課題がすぐに分かる:
人工知能でWeb改善の「AIアナリスト」、URL入力だけでページの課題を見つける新機能を搭載
WACULは、人工知能「AIアナリスト」に指定したWebページの課題を発見する「調査機能」を追加したと発表した。(2016/6/13)

特集:Cognitive Servicesを探る:
ボットにCognitive Servicesを組み込んでみる
マイクロソフトが提供するCognitive Servicesがどんなものかを、Text Analytics APIを使いながら見てみよう。(2016/6/13)

世界を変えるAI技術「ディープラーニング」が製造業にもたらすインパクト
人工知能やディープラーニングといった言葉が注目を集めていますが、それはITの世界だけにとどまるものではなく、製造業においても導入・検討されています。製造業にとって人工知能やディープラーニングがどのようなインパクトをもたらすか、解説します。(2016/6/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。